河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

ラオス・ルアンパバーン到着 

バンコクからひとっ飛び。
ラオスの古都、ルアンパバーンに着きました。

前に来たのは20年以上前。
えっこれで行くの??と思わず声が出ちゃう
日本の中古のプロペラ機に乗って
小屋のような飛行場に着いたのを鮮明に覚えています。

今はすっかり立派になって
もちろん機材もジェットです。

_E0A4015.jpg 
なんとなくタイとは空気が違う。
期待がふくらんできました!!

イミグレも問題なし。
日本人は15日以内ならビザ不要。
実はビザ不要の国は少ないみたいで
他の欧米人はアライバルビザの所得が必須みたい。
ビザカウンターの長蛇の列を横目に私は悠々通過。

イミグレの人も前の人(中国人)までは
むすっとして嫌な感じだったのですが
私の番になると急にニコニコ。
いや日本人で良かった。

空港から市内へはタクシー
50000kip・・高いのか安いのかわからん?
後で計算したら700円弱かな?
市街まで15分ほど、乗り合いと思うと高い気がする。
でもこれしかないみたい。

一応タクシーとなってますが
実際は乗り合いタクシー。
同じ方向の人を何人も乗せて出発。
つまり一人50000kipという事みたいです。
某国みたいに定員以上詰め込むことはしない模様です。

普通に到着、少し休むと夕方。
今回はツーリストエリアのど真ん中。
エアコンもTVも冷蔵庫も
もちろんバストイレ付き(シャワーだけだけど)の
ごく普通のホテルです。

28337043_1690214304393481_7126751443122215187_o.jpg 
4泊でUS90、一泊2500円ほど。
ラオスの物価を考えると高級なのかも知れない。

さてまず物価になれない。
単位がメチャクチャでかいんです。
ビール買うと15000kipだいたい200円。
これレストランはどこも同じ。

_E0A4103_20180228121339f99.jpg 
メコン川沿いの高そうな食堂も
小屋がけの屋台も今のところ全部同じ、さすが共産圏。
一応店で買うと12000kipだからちょっと安い・・当然か。

そうタイに比べてそれほど物価安くない・・いやかえって高いかも。
これいつも思うのですがタイって国
もちろんツーリスト価格も有るんですが隣接して
地元の人用の地元価格の店も必ずあるんです。
外国人が行っても問題無い、つまり好きに選べる。

途上国になればなるほどツーリスト価格と地元価格が乖離して
外国人は高い金を払わざるを得なくなります。
タイがバックパッカーに人気なのはこのあたりもあるかも。

実は空港であまり両替しなかったんですよ。
一昔前外国人はラオスでの支払いほぼUS$だったんです。
何度か行く内にだんだんkipを使うようになり
今ではだいたいkip払いになりました(例外有り)
私は多少のUS持ってきてるので
kipは少しで良いな・・と思ったわけです。

まあタイバーツもけっこう使えるし
両替所はそこら中にある・・問題なと思う。

_E0A4052.jpg 
初日はメコンに沈む夕日を見て
ナイトマーケット。

_E0A4347.jpg 
実は効き過ぎのエアコンにやられて
今ちょっと体調悪いんですよね(^_^;
ここは無理せずにのんびり撮影しようと思ってます。
ではラオス編、お楽しみに。

追記です。
1日歩いたらビアラオ20000kipの店もありました
その周辺はみんなその値段、カルテル組んでる(笑)
店での値段も色々でした、ちょっと結論が早かったようです。
やっぱりもう共産圏とは言えませんね。


写真  :  trackback 0   :  comment 0   

国鉄に乗ってバーンパイン宮殿 

今日はアユタヤ郊外の
名所バーンパイン宮殿を訪問。

普通の人はツアーやバスで行くそうですが
私はいつもタイ国鉄で行きます。

_E0A3740.jpg 
アユタヤ駅。
突然ですがタイの物価安いです。
その中でも飛び抜けて安いのが国鉄。
たとえばバンコクからアユタヤ
70キロぐらい有るそうですがわずか15B(50円ほど)
バンコク市街のMRTなどは少し乗ると30Bぐらいになるので
その安さが際立ちます
そしてアユタヤ〜バーンパインまでは3B・・10円!!
他は上がっても国鉄は値上げしないようです。
いや・・安い!!

バーンパイン駅はアユタヤから二駅目、約12キロ離れてます。
といっても一駅目は止まらない列車も多いので
注意が必要、まあ駅名表に英語も書いてあるのでわかるでしょう。

駅を降りて10分ほどで宮殿の真っ白い塀にぶつかります。
でもここからが長い・・
入口は反対側、壁に沿ってさらに15分ほど
やっと宮殿の入口に到着です。


_E0A3887-2.jpg 
天気はまあまあ花もまあまあ
実は数年前に行った時、すごく条件良かったんです。
あの時とはカメラの画素数も違うしソフトも進化してる
そんなわけで撮り直したんですが・・
まあ贅沢行ってもきりがない、次!!

時刻表見ると11:10分発がある、まだ10:15余裕だ。
もう一カ所撮るも水面が波立ちすぎ。
少し粘って多少写るようになった。

_E0A3940-2.jpg 
10:30、まあ間に合うな。
歩いてるとなんか木のうろに可愛い人形。

_E0A3961.jpg 
なんかタイっぽくて良い!!
おっと10:40ギリギリだな。
あとは熱帯の太陽の下、早足で駅へ!!
途中撮りたい景色もあったんだけど
しかたないパス。
何とか11:05ごろ到着。
あれ時刻表と時間違う11:13発になってる
まあ大差ないな。

実は今日はもう一カ所ロッブリー
と言う街を訪問予定
到着は12:30だから着いて昼飯だ。
乗客もそこそこ集まり出す・・が列車はこない??
11:30ごろ汽笛が・・貨物列車でした。
みんな当然のような顔で待ってる・・列車は来ない腹減った(笑)
結局12:15分ごろ一時間遅れで到着。
おい、一応バンコク近郊で幹線だぞ・・まあタイらしい。

実は待ってる間に天気が悪化、ロッブリーはやめました。
炎天下早足で30分はきつかった
宿に戻って午後はお休み(^_^;



写真  :  trackback 0   :  comment 0   

アユタヤ その2 

一応・・本当に一応晴れました。
と言っても日本だったら撮らないようなガスっ晴れ。
でもここのところの天気見ると撮るしか無い。

アユタヤはほぼ平坦な街。
観光・・いや撮影もレンタサイクルがベストです。
たいていの宿でも安価(50Bほど)に貸してくれて
もちろん私も宿で借りて遺跡巡りへGo!!

まずはアユタヤの最重要寺院だった
ワット・プラシー・サンペットへ。
王宮に隣接し、三基の仏塔が並び建つ
アユタヤのシンボルと言って良いかと思います。

_E0A3196-2.jpg 
ちなみに現像で頑張っています。
本当はもっと汚い空です(^_^;

次は少し郊外に出て日本人町。
実はアユタヤ何度も来てます。
だから何時にどこに行けばいいか
だいたいわかってるんです。
コース的には遠回り、もうメチャクチャなのですが
まあ仕方ないですね。

_E0A3236.jpg 
ここは戦国末期から江戸初期にかけて
日本人町があったところです。
歴史で習った山田長政が活躍した場所でもあります。
敷地内には日本庭園も。

_E0A3277.jpg 
後ろはチャオプラヤー川。
今は王宮から離れてる気がしますが
当時水運が中心だったことを考えると
かなり良い場所だったことがわかります。

少し早いけど次の撮影は午後だ。
くそ暑くてバテ気味なので早めの食事。

道路沿いのレストラン・・いや食堂に入る。
全部タイ語だ・・まったく読めない。
まあ適当に頼んだら美味しそうなものが出てきた!!

28168631_1687025821378996_6605510218909638027_n.jpg 
鶏肉と野菜を炒めとろみと少しの辛味が付いたものに
絶妙なトロトロ玉子焼きがのった一皿、美味い!!
値段は40B(140円ほど)!!安い!!
残念ながらビールはなかった(T.T)
どうやらタイでは昼間ビールは買えない模様。
コンビニでも17時以降でないと買えません。
昔はこんな事無かったのになぁ・・

次は寝釈迦で有名、ワットロカヤスタ。
実は初めに行ったワットプラシーサンペットのすぐそばです。
ここは午後でないと逆光になるのでしかたない。

_E0A3556.jpg 
今でもちゃんと信仰の場です。

次行こう!!ゾウさんとワットプラーム。
前行った時とコースが変わってた。
ゾウも暑いらしい、ブシャ〜〜〜!!

_E0A3693.jpg 
さて・・実はバテバテです。
ほんの二週間前は-10℃の世界、今は30℃越え。
流石にきついので一旦宿に戻り休憩。

次はワットプラシーサンペットの夕景とライトアップ。
時間を見計らって出発。
あれ・・雲が出てきた・・日没までは時間があるのに
お日様隠れちゃいました。

_E0A3725.jpg 

まあいいや、ライトアップ待とう。

ん?いつ点くんだ??
くそ、蚊が寄ってきた・・痒い!!
おっと野犬も動き出した・・
実はタイの夜、恐いのは人間より野犬。
やばいかな(^_^;

でもいつ点くんだ??もう真っ暗・・
うわっ!!蚊が・・もうやだ(T.T)

7時まで待ってみましたが今日は点かない模様(T.T)(T.T)
まあこんな事もあります・・
言葉が不自由だと確認できないのが不便。
いやライトアップ有ると思い込んで確認する気も
無かったんですけどね。

さてビールでも飲んで明日も頑張ろう。


写真  :  trackback 0   :  comment 0   

アユタヤ その一 

朝起きるとどんより曇り・・
実はまだペースがつかめず疲れ気味
今日は休みだ(^^)

まあそう言ってもゴロゴロしてるだけじゃ
時間もてあまします。
お昼前に街に出てみました。

とりあえず昼飯。
やっぱりカオマンガイを食べねば。

_E0A2900.jpg 
スペシャル頼んで約150円屋台だけど・・でも美味くて安い!!
ちょっと足りなかったのでタイソーセージ。

_E0A2907_20180224231715f8c.jpg 
そこら中でいろんな形の売ってます。
これはかなりでかい!!
少し酸味があって餅米かな?もちもちした食感。
初めて来た頃は苦手でしたがいつの間にか好物に。
だいたい10B〜20B(これは20B)安いのも嬉しい。

さてと下見。
ブラブラ歩いて行くとワットマハタートの前に出た。

そうだ!!木に取り込まれた仏頭撮れるな。
アップの写真は良く見るでしょうから
少し引いて縦位置で。

_E0A2917.jpg 
ちょっと不気味な気もしますが
これぞアユタヤ。

簡単に解説しておきますと
アユタヤ陥落時、寺院や仏像が破壊されました。
長い年月の内に転がっていた仏頭が
木に取り込まれたって訳です。
歴史と偶然が残した奇観です。

さてまたもブラブラ歩いて寝釈迦のある
ワットロカヤスタへ。
行ったことある人はわかると思いますが
結構な距離です。
普段は自転車借りるのですが
今日はヒマなので歩き。
ウォーキング始めてから長
距離歩くの何とも思わなくなりました。

少し日が出てきた?撮ってみよう。

_E0A3000.jpg 
ここがツーリストエリアの最西端。
市街地に戻ります。
おお、ゾウだ!!そういえばエレファントキャンプがあったな。
だんだん記憶が蘇ってきます。

_E0A3057.jpg 
暑いので水浴びですね。
なんとか青空もここまで。
あとは宿に戻って一休み。
今日も良く歩きました。
疲れたからタイマッサージうけて極楽気分。
一時間700円ほどでできるんです。
これで疲れ取れるかな?
明日は晴れると信じて早寝しよう、天気予報悪いけど(^_^;
写真  :  trackback 0   :  comment 0   

アユタヤへ 

今日は移動日
と言ってもバンコクから日帰り圏内のアユタヤへ。
私はバンコクよりのんびりしたアユタヤの方が好き。
だからしばらく滞在することにしました。
天気が悪い方で安定してるのがちょっと心配(^_^;

そう天気悪いんです。
朝起きたら小雨がふる熱帯らしくない天気。
アユタヤまでは一時間半ほどなので
チェックアウトギリギリまでグデグデして駅へ。

駅までは徒歩5分ほど余裕過ぎる。
駅に言ったらエースタンオリエントエクスプレスが停まってた。

_E0A2848.jpg 
いつかは乗りたいと思いながら・・いやこの格好じゃ止められる(笑)

私が乗ったのはこちら

_E0A2874.jpg 
アユタヤまで一時間半ほど乗って15B、50円くらいかな?
バンコクの地下鉄より安い。
中を見てみましょう。

_E0A2884.jpg 
詳しい人教えて。
私、この車両日本のお古だと思うのですが
違うでしょうか?
とにかく乗ってて懐かしい・・
ただし長距離はパスかな?

何の問題もなくアユタヤ着。
中はボロボロですが外見は綺麗。

_E0A2887_201802232314480ec.jpg 
国際観光地だけあって外国人も目立ちます。
あれ?日本語表記もあるぞ??
前に来た時は無かった気がする。

_E0A2894.jpg 
アユタヤの駅は市街地と川をはさんで反対側になります。
つまり街へは渡し船、確か日本円で10円か20円ほどのはず。
船着き場までは旅行社や食堂、レンタサイクルなど
観光業者が軒を連ねています。
桟橋で写真撮ってたらボート乗るのか?とおばちゃんが聞いてくる。
ボートツアーの客引きと思って乗らないよと言うと
あっそう、みたいな感じでしつこくもなく引っ込んだ。
ちなみにこんな場所。

_MG_8785.jpg 
撮った後間に合いそうだったのでそのまま乗船。
あれ?お金どこで払うの?
そういえば前に来た時乗る前に払った記憶が・・・
あっあのおばちゃん!!

ごめんなさい、ただ乗りしてしまいました。
悪気はなかったんです・・
このボート何度も乗ると思います。
これからは絶対払いますので勘弁してください(^_^;

悪行の報いか?
渡ったとたんにスコールで足止め。
スナップ用に持ってきた
EOS-Mも何故か故障。

やっぱり神様は見ているんですね(^_^;

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

バンコク チャイナタウンからカオサン通り、ワットアルン 

今日はひたすら歩き回っていました。
宿のすぐそばフォアランポーン駅を覗き
チャイナタウンへ。
まだ旧正月の気分が濃厚でした。

_E0A2373.jpg 
そのままチャオプラヤーエクスプレス・・
バンコク来た人じゃなきゃわかりませんよね?
バンコクは中心にチャオプラヤー川という大きな川が
流れていまして公共交通として船の便があります。
それがチャオプラヤーエクスプレス。

しかしながら昔さんざん乗ったのに
船着き場がわからない??
探しながら歩いてたら初めの目的地
ワットアルンの対岸に着いてしまった。
でも撮影場所だけチェックして
今度こそチャオプラヤーエクスプレス。

と思ったらスコール!!
えっ乾期のバンコクでスコール??
まあ無いことではないけどあまりないぞ(笑)
軒下をたどってたら何か食堂発見ちょうど昼時。

_MG_8780.jpg 
この手の屋台風屋外食堂、いたる所にあります。
前の人が食べてる料理指さして出してもらう。

_MG_8776_20180223002743d5f.jpg 
トロトロのブタ肉である!!
タマゴも半熟トロトロ!!!美味い!!!
ちなみに50B約170円ほどコスパ最高!!!

さて雨もやんだ、ボート乗り場は??
あれまたわからなくなってしまった。
てきとうに撮影しながら歩きます。

_E0A2495-2.jpg 
トゥクトゥクが綺麗に並んでた。

気がついたら当面の目的地カオサン通りに到着。
知ってる人は知ってる
バックパッカーのメッカ。
無数の安宿やレストラン、旅行会社や土産物屋が
軒を連ねています。

_E0A2463.jpg 
世界中のバックパッカーが集まるので
タイであってタイじゃない
英語(日本語も)で全て事が足りる。
そして昼からビール飲んでも問題無い(笑)

そう、もう天気ダメだからビール飲んで帰ろうと
ここを目指したのです。
表通りは物価高いしうるさいから一本裏通りに行きます。

_E0A2422.jpg 
こうして見ると良い場所だね(笑)
本当はゴチャゴチャした騒がしい場所です。

さて二枚上の写真見て
あれ晴れてるじゃん、夕景ぐらい撮れるんじゃない?
と思った方するどい。

実はビール飲んでるうちに晴れてきました。
写真はカオサンを離れる時に撮ったもの。
とりあえずワットアルンかな?
チャオプラヤー川に望む大寺院で
バンコクのランドマークと言って良いでしょう。
また歩き・・本当によく歩く。

それほど焼けたわけでもなく
満足とは言い難い・・また来るようですね。

_E0A2548-3.jpg 
さて今度こそチャオプラヤーエクスプレスで帰ろう。
あれまた船着き場通り過ぎた・・え〜〜〜い面倒くさい歩くぞ。
結局往復10キロ以上歩き通しました。
暑かった・・やっぱりビールが美味い(^_^;





写真  :  trackback 0   :  comment 0   

バンコク 雲台が・・ 

昨日無事バンコクに着きました。
予定では15時半着。
ホテルに荷物おいて夕景撮影行けるな
と考えていましたが到着が30分遅れ
イミグレも大混雑でロビーに着いたのは5時頃。
ホテル寄ったら間に合わないな・・と

実は先日、先輩カメラマンのYさんから
今バンコクだよ、と連絡いただきまして
撮影場所で会う約束でした。
空港から直接の方が近いところなので
荷物持ったまま現地へ。

ちょうど薄暮が始まる絶好に時間に到着。
もちろんYさんとも合流。
最近人気の絶景スポット、鉄道市場。

_E0A1942.jpg 
実はここでハプニング。
バックから三脚出したらあれネジが一本無い(^_^;

私はL字クランプ使ってるのですが
それを雲台に固定する一番大事なネジが無いのです。
え〜〜〜!!しかも手持ち無理な場所じゃん!!
現地でバックひっくり返して中を捜索・・無い(T.T)

しゃーない空はどんどん暗くなる。
センターポールを固定するネジと
サイズがいっしょなのを発見!!

とりあえずそれで取り付けますが
当然ポールがぐらぐら。
チェーンを持っていたので雲台に巻き付け
カメラバックを重りに。
それでも風が吹くと揺れる・・
よかったほぼ無風の日で。

_E0A1981.jpg 
うんブレてない!!何とかなった!!
Yさん隣でうるさくしてごめんなさい。
さぞ落ち着かなかったことと思います。

いっしょにビール飲んでおのおの宿へ。
少し迷ったけど問題無くチェックイン。
フォランポーン駅(バンコク中央駅)から徒歩5分。
一泊200B・・700円ぐらい(笑)
でもエアコン付きで清潔なカプセルホテル風の宿です。

さて今日、朝起きて周辺散歩。
朝食取ってパソコンで昨日のバックアップ取ってたら
あっという間に11時???
やっぱり海外だと時間が経つの早く感じる。

本日の予定はホームセンター探してネジを買うこと。
駅に着いたら・・あれ???9時???
あっ・・時差治してなかったんだ(^_^;
いやいくらなんでも時間たつの早すぎると思ったんです。

_E0A2040.jpg 
バンコク/ホームセンターで検索したらそばに有った。
でもIKEAやニトリみたいな感じで
ネジなどDYI用品はほとんど売っていない。

バンコク/dyiで検索するとホームプロと言う店がヒット。
行ってみるとケースに数本入ったパック売りですが
お目当ての品を発見。
70円くらいかな?まあ良いかな、他を探す方が大変だし
電車賃の方が高くつく。

でも微妙なサイズがわからない。
カスタマーセンターがあったので
ネジ見せてこれと同じサイズが欲しいと伝えたら
係員呼んで売り場へ案内してくれた。
でもやっぱりわからない。
日本のようにサンプルネジがあるわけでもない。

さてどうしよう?と考えてたら案内してくれたおばちゃんが
おもむろに新品のパッケージを破りだして
ナット出してくれた!!
ビニールの小袋とかではなく
厚紙とビニールできちっと包装されてたものです。

一つ目合わない・・すると一つ大きいサイズをビリビリと!!
ビンゴ!!ぴったりだ!!さすがタイ(笑)
ほんの70円ほどで・・なんか申し訳ない。

まあ、これで何とか撮影続けられそうです。
私の三脚はイタリアメーカーなので
独自規格かも?とはらはらしてたんです。
よかったよかった(笑)

上の二枚は鉄道市場、下はホームセンター行く途中に撮った
エラワン廟、最近爆弾テロがあったところですが
綺麗に修復されていました。
写真  :  trackback 0   :  comment 0   

明日からタイ 

明日からタイへ行って来ます。
とりあえずバンコクから世界遺産のアユタヤで一週間。
ラオスのルアンパバーンへ飛びその後は進み方次第。
おそらく北タイへ出て南下、チャンマイ、スコータイ等を
撮影しつつバンコクから帰国。

IhJ-193.jpg 
全部で約1月の旅となります。
実はちゃんとタイに行くのは久々。
ちゃんとというのはトランジット含めずにという意味ね。
バンコクは東南アジアのハブになっているので
なにかと寄ることが多くなります。

いや・・実際久々な気がする・・
ここのところLCCの利用が多くクアラルンプールの方が
お馴染みになってる気がします。
調べてみたら2013年にカンボジア行った時に寄ったのが
最後ですね。
5年前か・・しかもバンコクは2,3日しかいなかった模様。
ずいぶん変わってるんだろうな。

IhC-545-2  
例によって誤字脱字だらけの文章になると思いますが
そこは大目に見てお付き合い下さい。

明日は4時起き、ほぼ始発で地元を発ちます。
では明日バンコクから!!

写真、上は世界遺産のスコータイ下はバンコクのワットアルンです、


写真  :  trackback 0   :  comment 0   

諏訪湖の御神渡り、松本から野猿公苑。 

実は自宅で書いています。
今年の冬はことのほか寒く
ブログ書いてる余裕があまりありませんでした。
まあ言い訳しても仕方ないです。
諏訪湖を出てからの報告です。

そう、諏訪湖の御神渡りは撮影翌日、認定されました。
これで堂々と御神渡りとキャプションに書けます。
実は帰りがけにもう一度撮ってきました。

RbB-607.jpg 
今回の方が条件良いですね。
全体を広角で見るとこんな感じになります。

_E0A1887.jpg 
五期ぶりの御神渡り。
ここはまあ満足できました!!

しかし、今回の取材満足できたのはここだけ。
諏訪湖から松本・松代・志賀高原と廻ったのですが
寒い・・くそ寒いだけでほとんど収穫無し。
雪晴れでと思った松本は曇り。
苦し紛れで日本画調に。

_E0A0075.jpg 
松代も雪ほとんど無し。
志賀高原も降って欲しい時は降らず
降らなくて良い時はドカ雪・・思い通りになりません。

RbC-077.jpg 

約30年ぶりかな?
野猿公苑も行ってみましたがなぜかここではあまり雪が降らない?

_E0A0964-2.jpg 
ご存じの方も多いと思いますが
ここはスノーモンキーとして外国人に大人気。
平日なら体感的な感じとしては
西洋人4割中国人などアジア人4割日本人は2割くらいかな?
休日にはもう少し日本人増えますが驚きます。

ところでスノーモンキーと言われるように
雪の中でお風呂に入ってる猿が定番。
雪が降るまで三日ほど待ちましたが
降ってこれぐらいでした。

_E0A1524.jpg 

これを撮った後天気予報を見ると明後日は一日雪。
気温は氷点下10度以下・・待ちましたよ凍えながら。

しかし実際は快晴・・志賀高原に行こうか迷いましたが
雪はないし下からみる限り樹氷も少なめ。

普段なら条件良くなるまで待つのですが
何度も言うように今年はことのほか寒い。
さらには今月の20日から熱帯地方へ行く予定があります。
身体がついていかない、もう無理・・我慢できない
先に記したように最後にもう一度諏訪湖、
それが上に乗せた写真。

今回は御神渡りが一番の目的だったから良いかな?
野猿公苑も最近の雰囲気わかったし・・・

まあ言い訳考えて帰ること考え始めたら
ダメですよね・・写真は・・
やはり私は熱帯だ!!
今回の取材は終了、次回ホームグランド?に戻って
撮りまくってきます。







写真  :  trackback 0   :  comment 0   

諏訪湖・御神渡り(今一歩) 

諏訪湖が全面結氷したとの情報を聞き

諏訪に来ました、狙いは御神渡り。

湖を諏訪の神様が渡ったとされる

湖面の亀裂です。


着いてすぐ観光案内所へ。

この質問慣れてるのか、ニヤッと笑いもう少しとのこと。

だいたいの場所を聞き下見へ。


全面結氷した諏訪湖・・なかなか面白い!!

関東の人間にとってこれだけの湖が氷るのを

見るだけでも興奮します。


_E0A1344-2.jpg 

湖底からお湯や天然ガスが吹き上がるところが

釜穴とよばれます、アクセントに丁度良い。


しぶき氷もここかしこに。


_E0A1410.jpg 

地元の人と話してみると

もう少し下諏訪側で湖面が割れて

少し盛り上がってるとのこと行ってみます。


_E0A1520.jpg 

少し粘ればもっと盛り上がるかな?

ちなみに超望遠420mm。


今朝もう一度チェック。

う~~~ん変わらん・・向こう岸はどうだろう?

う~~~んダメだ、ついでだ一周してみよう。

あれ・・人が集まってる??TVも来てる。

おお・・行けそうじゃん!!


_E0A1588.jpg 

実は昨日の段階で

御神渡りになったとしても節分すぎ。

この冷えじゃ無理かも・・との憶測が流れていたんです。

今日チェックしてダメなら一旦離れようと思っていました。

完全ではないですがとりあえず撮れたのはラッキーです。


_E0A1570-3.jpg 

御神渡りになるには諏訪大社の認定が必要です。

つまりはまだ御神渡りではないのです。

このまま認定されれば良いのですが。

認定されねばキャプションに御神渡りと書けない。


さて一旦北に行きますが

初めに予想されてた三日すぎに戻ってくるか?

思案のしどころです、まあいいかな?

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

秩父三大氷柱 

冬の撮影その2に出ています。

今回も私の備忘録。

あああんな所に行ってるんだぐらいで

お読みください。


今回、どこに行くか迷いました。

私あまり雪景色は得意じゃないんですよ。

得意じゃないから場所も知らない(^_^;

とりあえず比較的行き慣れた秩父から入りました。


秩父の冬は氷柱(ツララ)です。

もともと三十槌の氷柱が有名だったのですが

いくつか人工の見所もできて

最近は秩父三大氷柱として売り出しています。


初めは元祖の氷柱、ライトアップは期間中毎日。

冷え込んだから立派に育ってるかな?

と思いましたがイマイチなのかな?

まあ繊細で綺麗としておきます。


_E0A0419.jpg 

翌日はあしがくぼの氷柱から。

ここはライトアップ撮りに再訪するので

最後に回します。


小鹿野町に出て尾ノ内渓谷百景の氷柱・・の前に

わらじカツ丼。

タレに漬けた特大カツが二枚。

味もお腹も満足!!


27173325_1656079054473673_4199982207961760526_o.jpg 

さて山に入り尾ノ内渓谷百景の氷柱。

はじめこの百景が良くわからなかったんですよ。

見所100もないし。

ポスターには「ひゃっけ~~~」あっ駄洒落か(^_^;


ここのライトアップは基本的に土曜のみ。

早めに来てたのですがあまりに寒くストーブの有る場所に避難。

てきとうに戻ったら三脚立てる場所が無い・・いや一カ所だけ隙間が。

なんとか撮影できました。

ここの氷柱は渓谷に水をまいて作りますが

なかなか壮大!!一見の価値あり!!


_E0A0968.jpg 

そしてあしがくぼの氷柱。

ここも人工ですが正丸峠と秩父市街の間の国道沿い。

西武の駅も隣接していて立地は三箇所の中で抜群。


_E0A1192.jpg 


右に見える光跡は西武秩父線の電車です。


まだ5回目と歴史は新しいのですが

年々盛大になってるようです。


_E0A1162.jpg 

ここは金土日にライトアップ。

かなりの人が見物に来ていました。


さて一日一カ所、秩父に三日もかかってしまいました。

実は昨夜のうちに諏訪まで走りこの後は北上です。

いや・・天気次第なので自分でも良くわかりませんが(笑)

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

西伊豆と平塚タンメン 

自宅で書いています。

伊豆半島も先っぽまで行くと遠いですが
付け根からだと近いですね。
高速使わないでも一時間半で帰れました。
温泉沢山あるしラーメン美味しいし(笑)
骨休みがてらの仕事には一番良いかも。
あまり動いてくれませんけどね。

さて昨日の続き。
撮影自体は一昨日です。

この日は朝から夕方まで
富士山に一片の雲もかからない希有な一日。

大瀬崎・戸田・恋人岬・黄金崎と定番の青空写真を撮影。
その中から戸田岬と富士山。

RaC-764-2.jpg 
恋人岬・・あれ誰だ(笑)

RaC-685.jpg 
廻りはアベック(死語)ばかり。
一人寂しく撮影して戻りました。

そして堂ヶ島まで戻ります。
カメラ構えたらいきなり船が飛び出してきた!!

_E0A9697.jpg 
この岩の隙間から天窓洞という海蝕洞に入れます。
いままで何故か荒れた日にしか来たこと無かったので
遊覧船のルート知りませんでした。

天窓洞は上からも眺められます。

_E0A9729.jpg 
光が差してるのわかりますよね。
これ今度条件良い日に船乗って撮りたいな。

最後は黄金崎で夕映え撮影。
でもこの日は日曜日、沢山の人が集まってきた。
三脚立てたら顰蹙っぽいな(^_^;
手持ちで撮れるだけ撮って退散。

RaC-660-2.jpg 
実は水平線に雲があって粘っても仕方ないと
判断したんですけどね。
富士山はきれいに見えるから良いか?

さて今回は麺分が足りない(笑)
帰り道、平塚で堪能しました!!

何も考えず昼頃平塚通過。
どこか美味しい店は?と検索したら
平塚タンメン・ラオシャンとういのがヒットしました。
ん?平塚はタンメン・・野菜ラーメンが名物なのか?
人気店を探し、行ってみると大行列!!
タンメンに行列か・・どうしよう??と思いましたが
運良く駐車場が開いたので行列参加。

並で400円!!安いぞ。
意外と開店は良くそれほど待たずに入店。
えっ・・!!野菜がない??
そっか湯麺、中国読みでタンメンか!!
口上を読むとスープに酢で味がついてますが
ラー油と酢で自分で味付けしてくださいとのこと。
なるほどスープはほとんどお湯か?
麺を味わうのだな、値段からみてもそうだろう。
と勝手になっとく。
そして出てきました!!ちなみに中盛り二玉分で500円。

IMG_20180115_131111-2.jpg 
具はタマネギだけ潔いほどシンプル。
とりあえず一口・・美味い!!

ほとんどお湯なんて間違いでした。
そのままでもの凄く美味しい!!
表現難しいけど優しい味、酢は感じますが
ぜんぜんつんつんしない。
少し食べてラー油投入。

IMG_20180115_131156.jpg 
これはこれで美味しいけど
個人的にはそのままの方が好きかな?
なおチャーシュー(これもうまそうでした)やワカメなどの
具も頼むことはできます。
地元の人はワカメ入りを頼む率が多かった印象。

すごく気に入りました。
平塚周辺に何店も有る模様。
これは通る度に寄ってしまいそう。

さて今回の小取材も無事終了。
冬なので当然とは言え毎日快晴!!
日数の割りには撮影できました。
最後に美味しいラーメンにもたどり着いたし
初取材としては上出来。

次は少し寒いところも行こうと思います。
好き嫌いせずに撮らねば!!
次回お楽しみに!!




写真  :  trackback 0   :  comment 0   

南伊豆から西伊豆 

今日は雲が多く

富士山も半分ぐらいしか見えません。

寒い方も行こうと思っていましたが

一旦帰ることにしました。


ここから家までその気になれば2時間かからず

戻れちゃいますしね。


この数日、南伊豆から西伊豆を

撮り廻っていました。


一昨日は田牛(トウジと読みます)海岸。

サンドスキーで有名。

土曜日と言うこともあって

何人か滑っていました。


_E0A8979.jpg 

ここは最近この洞窟でも有名。

龍宮窟。

上から見るとハート形に見える?


_E0A8767.jpg 

ちょっと季節的にきついかな?

曇りか夏の真昼だな。


西伊豆に廻り雲見海岸から富士山。

あまりよろしくない真っ正面光(笑)

まあ良いでしょう。


_E0A9106-3.jpg 

松崎のなまこ壁通りなどを撮り

堂ヶ島の夕日で締め。


_E0A9168.jpg 

翌日はまた明日にしましょう。


さて家まで安全運転!!

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

東伊豆 

2018年初めの取材に出発しました。

今回は小手調べ。

初めに伊豆を回って条件良ければ山梨へ。

最大で10日ほどの小取材です。


9日にゆっくり出発。

さて初ラーメン・・と思いましたが

連休明け、正月明け、冬休み明け・・・

ようするに狙った店がことごとく休み(T.T)

まあ仕方ないですね・・これからこれから(^_^;


10日は伊東の城ヶ崎海岸から。

前に来た時1月初めなら吊り橋と朝日撮れるな・・

と見当付けていました、結果当たり!!


_E0A7451.jpg 

日が昇ってからも当然撮影。


_E0A7582.jpg 

昼以降は伊東市街や東伊豆をのんびり撮りながら南下。

熱川温泉と伊豆急。


_E0A7755.jpg 

この日は下田で車中泊。

11日つまり今日は爪木崎。

でも勘違いしてたんですよね。

撮影できるの朝一だと思い込んでた。

何度も来たことあるのに(^_^;

もちろん水仙の花は撮れるけど定番風景は午後でした。

待ってても仕方ないので一旦アロエの里へ。


_E0A8095.jpg 

今年はダメって噂聞いてたけど

まあ許せるのでは?例年はもっときれいなのかな?

最近来てないのでわかりません(^_^;


爪木崎に戻り撮影。


_E0A8406.jpg 

正直、水仙の密度は昔に比べイマイチでした。

散策してる人からも

あれ?こんなもんだっけ??とか

昔はもっとすごかったとか聞こえてくる。

時期がずれたか、外れ年か?他に理由があるのか?

どうなんでしょう?


さて今日の最後、奥石廊の夕景撮影。

ずごい風!!おまけにどんどん冷えてくる。

車のすぐそばで撮れるので

サンダル履きで出てしまった・・寒い!!

すぐ終わると我慢して撮ってたけど

こんな時に限って長くなるんだよね。


_E0A8520.jpg 

真面目に冷え切ってしまって辛かった(^_^;

この後温泉に一直線!!

日本人で良かった!!!

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

2017年 

毎年この時期になるとその年を振り返る記事を
書くことにしています。

今年も色々あったのですがなんか後半の結石に
すべて持っていかれて
その前のことの印象が薄くなってます(^_^;

とりあえずその結石の報告から。
結論から言いますと石は体外へ出て完治しました!!
結構大きかったので撮ってみました(笑)

_E0A7330-2.jpg 

体外衝撃波破砕術から2週間。
水飲んで薬飲んで運動して・・
そして検査日の前日トイレで何か違和感??
そう違和感程度でした。
尿と共に石を排出!!
翌日検査してもらって体内に残っていないことを確認
無事完治のお墨付きをいただきました!!

発症したのは夏の白川郷。

_E0A4733.jpg 
この写真撮った後だったな・・
車の中で七転八倒(T.T)
痛みの合間を縫って帰宅・・高山ラーメンも食べずに・・

それから半年、体内に石を抱えたままの生活。
大丈夫と思っていてもやはり無理はできませんでした。

そう、そのおかげで海外はドクターストップ。
幸い痛みの再発は秋の取材帰ってからでしたが
もし外国で発症していたら・・考えただけでも恐ろしい(^_^;

結局今年は・・何年ぶりだろう?海外取材ゼロ!!
もう海外メインのカメラマンっていう看板降ろさねばなりません。
飛行機乗ったのも2月の沖縄取材のみ。

_E0A9174_20171227112336d24.jpg 
今帰仁城のカンヒザクラ。

春から夏は主に西日本、秋は北海道から東北。
桜のシーズンは花と天気に裏切られまくりで惨敗。
初夏から夏はぼちぼち。
紅葉の次期は比較的恵まれて満足。
まあ長い目で見るとバランス取れるように
なっているのでしょう。

_E0A2231.jpg 
湯布院のサクラ。

_E0A8834_20171001160415c86.jpg 
層雲峡の紅葉。

国内に専念するとやはり行く場所増えますね。
結局今年一枚訪れた都道府県は
北海道から沖縄まで38都道府県でした!!
行ってないのは四国四県と岩手県宮城県千葉県奈良県和歌山県。
四国四県と千葉県は去年行ってるし岩手宮城も一昨年撮ってる
一番撮影感間隔開いてるのは和歌山県の模様
来年はそのあたりを撮影かな?

いやその前に冬の取材を考えねば。
結石でバタバタしてたので
まだ何に予定も立っていません。
久々に海外も考えてますが
いまからで良いチケット取れるかな?

さて今年も私のつたないブログにお付き合いいただき
ありがとうございました。
写真の発信もSNSがふえ、もう役目は終わった感もありますが
こりずに来年も続けますのでよろしくお願いします(^^)

今年もあと数日を残すのみ。
皆様のご健康とご活躍を祈念して今年の最後にしたいと思います。
ん・・そういえばぴったりの写真がありました。
妙義山の「日本一のだいこくさま」

QGC-284 コピー
では、良いお年をお迎えください。









写真  :  trackback 0   :  comment 0