河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

プロモ山訪問記 

バリ島まで来ました。
ジョグジャカルタを出てから二日間
ほとんど寝てなく昨日はあまり動かずお休み。
それでも色々有ったのですが
ぼちぼち書いて追いつこうと思います。

さてブログ上は四日前の7月2日に戻ります。
ジョグジャカルタ発は朝の8時半。
ホテルまでバスが迎に来てくれます。
まあ快適、一人だったので私は助手席。

_MG_8983.jpg 
バスは特筆することもなく延々10時間走り続け・・
いや特筆しとこうかな?
追い越し追い抜き当たり前。
一車線道路の路側帯使って抜きまくる!!
インドネシアは運転マナー良いと
感じてたのですがウソでした。
いや歩行者に対してはわりと優しいんです。
でも走り出したら・・でした(^_^;

一度バス乗り換えて普通のワンボックス二台に分乗。
急な坂道を駆け上がり暗くなってプロモ山に到着。
翌日は3時半発!!すぐに就寝。

さて翌朝、スマホのセットミスで目覚ましが鳴らないトラブル!!
しかし不思議なもので気にしてると起きられますね。
ちゃんと集合時間に間に合いました。

ここからはジープとなってましたが
実際はランクル40!!
他のツアーも全てこれを使います。
そう何十台、百台以上かも?
40がそろうのは壮観でした!!

_E0A7923.jpg 
これは日が昇ってから撮影ですがこんな道を
画像に写ってる外輪山の上まで連れて行ってくれます。

土産物屋の間を縫って展望台へ。
あれ?あれほど人がいたのに二三人しかいない??
実は展望台間違えたんです。
土産物屋が密集する場所から階段があるのですが
現地兄ちゃんのこっちに登れるよとの
言葉に従って穴場?に登ってしまいました。
これが正解、正規?の展望台は人だらけ。
角度もこっちが良かった!!
おかげでゆっくり撮影できました。

_E0A7796.jpg 
ここ雲海が出るらしいのですが
今日は空振りっぽい。
まあしかたがない焼けそうな雰囲気なので
今回は納得するしかないな。
じょじょに空が白んできて望み通り朝焼け!!

_E0A7843.jpg 
壮大です!!

_E0A7849.jpg 
真っ赤とまでは行かなかったけど
それはまた現像で・・なんでもない(^_^;

その後カルデラ中央に降り一時間半ほど止まるとのこと?

_E0A7920.jpg 
みんな馬で遊ぶのかな?
なんかシルクロードみたい、行ったことないけど。

_E0A7894.jpg 
しばらくして気がつく。
馬も人もみんな前方の噴火口目指してる。
そうか!!登れるのか!!
そういえばそんなこと言ってた。
寝ぼけてて忘れてました。

この場所から約一時間。
途中までは馬でもいけます。

_E0A8067.jpg 
ここからこれを登れば噴火口!!
_E0A7990.jpg 
複線ですが片方完全に砂でつぶれてる。
すれ違いも大変、ちょっときつかった。
登り切ると。

_E0A8001.jpg 
熱帯だから真昼だったら全部日が入るな。
惜しいけどしょうがない。

_E0A8021.jpg 
煮えたぎってます!!

さてプロモ山訪問記はこれぐらい。
あとはホテル戻って次の目的地へ
また長時間バスの旅らしい・・

ちなみに外輪山のそばは素晴らしい田園地帯・・
では無いな・・段々畑地帯。

_E0A8119.jpg 
よくこんな斜面耕すよね?
人の営みに感動してプロモ山を後にしました。


写真  :  trackback 0   :  comment 0   

ジョグジャカルタとプランバナン遺跡 

今日はジョグジャカルタの名所。

ここはインドネシアの古都。

スルタンの王宮、クラトンがあり

それに付随する水の宮殿、タマン・サリも有名です。


_E0A6627.jpg 

さて、ここの用途わかりますか。

簡単に言うと王宮に使える女性の水浴場です。

奥に塔が見えますね?

王様はそこからこんなふうに覗き見・・いや品定め。


_E0A6645.jpg 

気に入った女性を見つけると・・と言うわけです。

王様は良いなぁ・・いや何でもないです。


その王様が住んでいたクラトン。

今では使用されていませんが御子孫は健在だそうです。


_E0A6701.jpg 

このクラトンと駅の間を一直線に結ぶのがマリオボロ通り。

ショッピングセンターや土産物屋、食べ物屋台に露天商。

観光案内所からスタバにバーガーキングなどなど

観光客に必要そうなありとあらゆるものが並んでいます。

いや・・酒飲めるところは無いか・・(T.T)


_E0A6433のコピー 

さてもう一つの世界遺産、プランナバンに行きましょう。

行き方は簡単、このあたりからトランスジョグジャの1Aに乗って終点下車です。

ヒンズー教の大遺跡で私も勘違いしてたんですが

ボロブドゥールと別の世界遺産に指定されています。

ジョグジャカルタの遺跡としていっしょの登録だと思っていました。

入場料は例によって350000ルピア・・高い。


ここでミス。

塔だから時間は午後でも良いだろうと。

まあ、撮れましたけどね。

でも午前中に撮りたいところが沢山ある。

入場料高いから迷いましたよ・・でも結局昨日今日二回入りました。

5000円超え・・こちらの感覚だととんでもない値段です(T.T)


正面から。

_E0A7432_201807011750153d1.jpg 

この向きが東向き・・やはり正面は欲しい。


それはともかくかなりの規模です。

私はインドでヒンズー寺院沢山見てますが

けっして見劣りしませんね。

もっとも向こうは遺跡ではなく現役寺院。

かなり趣が違います。

これは西からつまり初日。


_E0A7154.jpg 

下から見上げてみましょう。

日曜だと言うこともありすごい人。


_E0A7589.jpg 

でもトゥドゥン被ってくれてるので絵になるし顔も解らない!!


さて二回も入ってもったいない・・ですが

仕方ない面もあるのです。

ここは夕日のプランバナンとも言われていて夕日の名所。

一日で済ますには丸一日いなければなりません。

なかにリーズナブルで清潔なレストラン有るので可能ですが

時間がもったいない気もします。

だから午前午後二回にわけるのは合理的・・と言っておこう。


_E0A7292のコピー 

夕焼けにもなりました。


_E0A7417-2.jpg 

さてライトアップがはじまってるのも解ると思います。

もう少し時間が経つと空とライトのバランスが整い

綺麗な夜景に・・

ところがピピピピ〜〜〜と突然の笛。

あれ?立ち入り禁止でも三脚禁止でもないよな?

遺跡に登ってるわけでもないし???

別の人だろうと撮っているとまたピピピピ〜〜〜!!

やっぱり俺???何???えっ閉園時間???

あと30分開いててよ〜〜〜高いんだから(笑)

まあ素直に帰りました。

閉じ込められたらたまらん(笑)

しかしライトアップするならもうしばらく開けてればいいのに。

このあたりナゾです、ちなみに公園外からはほとんど見えません(笑)

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

ボロブドゥール遺跡 

昨日までジョグジャカルタ近郊
ボロブドゥール遺跡を訪ねていました。
世界三大仏教遺跡に数えられもちろん世界遺産。
ジャワ島のハイライトと言える場所です。

最近ここは日の出を見るのが人気。
ジョグジャカルタから一時間ほどでいけるのですが
それなら遺跡のそばに泊まろう!!
というわけでバス移動。

ジョクジャカルタの街は地元でジョグジャと
呼ばれています。
市内バスの名前もトランスジョグジャ。
ジャカルタと同じように駅があります。

RgW-069.jpg 
基本プリペイドカードのようですが
駅員がお金受け取って備え付けカードで通してくれます。
3500ルピア30円ほどですね。
バスはエアコン付きの新型。
ジャカルタのように専用レーンではないですが快適。
これに乗ってジャンボールターミナルへ。
ここからボロブドゥール行きのバスへ乗り換え。

RgW-074.jpg 
エアコンもないボロボロバスです(笑)
料金は25000ルピア、高くないかい?
ぼられてる気がするけど
ガイドブックにも同じ値段が書いてある。
まあ仕方ない200円ほどだ・・外国人料金なのでしょう。

さてかなりくたびれた遺跡横の宿に落ち着き
明日の日の出前に入るツアーを探す。

ボロブドゥール遺跡は基本朝の6時からです。
でもツアーに参加すればその前に入れるとのことです。
しかしツアー会社が見つからない??
まあいいか、日の出がちょうど6時頃です。
ギリギリ間に合うだろう。

5時半から並び一番に飛び込む。
ちなみに料金350000ルピア!!約2800円!!!高い!!
ちなみにインドネシア人は320円ほど、差有りすぎ!!

さて結果から言いますと・・まあ間に合ったと言っていいでしょう。
少し雲が出てたので時間的には丁度良かった。

_E0A5748.jpg 
霞の出方がなんとなく熱帯。

一つだけ露出した仏様。
昔はもっと沢山外に出ていた記憶があるのですが
今はこれ一つしか見られません。
あぶなく見落とすところだった。
上の写真の籠?の中に仏様が座っておられます。

_E0A5919のコピー2 

昼も再訪。
ここでちょっとトラブル。
朝一旦出る時に確認したんですよ。
もう一度入れるかって?
どうも怪しげだったけどOKと言うから
信じて出ました、この値段だしね。
で朝食後入ろうとしたら
チケットは一回限りだと言われた(^_^;

朝、大丈夫だと言われたよと言ったら
撮った写真確認されて意外と簡単に入れてくれました。
なぜ写真確認?と思ったけど
ちゃんと私が買ったチケットか調べたんでしょうね。
とにかく良かったありがとうございました。

_E0A6234のコピー 
また趣が変わりますね。
まあ完全に満足ではないけどこんなもんでしょう。

RgD-696.jpg 
ちなみに全景です。
上まで登るの結構しんどい(笑)

なんかとりあえず一山越えた感じです。
いやまだこれから!!
ちょっと疲れ気味ですが気合い入れて次行きます!!





写真  :  trackback 0   :  comment 0   

インドネシア国鉄 

インドネシア、色々微妙な事の多い国ですが
鉄道に関してはなかなか感心させられます。

主要都市間には特急が走っていて
これがちゃんと時間通りに運行するんです!!

一説によると日本並みとのこと
実際、いままで二回特急使ってますが
両方とも時間通りでした。
これがどんなに嬉しいことか!!
ちゃんと予定が立てられるんです(笑)

_E0A5515_2018062618030244b.jpg 
予約方法も簡単。
ネットやコンビニでもできるようですが
どうやらその後駅に出向いて確定する必要がある模様。
まあたまたま駅そばに泊まっていたので
直接駅に行けば問題なし。

窓口もありますが専用の端末が並んでいます。
そばに係員がいることがおおいので
聞けば全てやってくれます。
私の場合みんな操作してくれました。
席の場所も選べるのですが
バンドン〜ジョグジャカルタはなんと残席2!!
しかもエグゼクティブクラスのみ!!
乗ってる時間は7時間以上!!いくらだ??
2000円ほどでした。

_MG_8881.jpg 
その車内。
もちろんエアコン付きで充分快適です。

ちなみにジャカルタ〜バンドン間の列車
これはエコノミークラスです。

_MG_8861.jpg 
変らんじゃん(笑)
解りづらいですがシートピッチが倍くらい違います。
それとシートが回転しないことかな?
中央で向かい合わせなのが解るかと思います。

車内サービスはほぼ同じ。
時々車内販売が廻ってくるので食事も問題なし。
難をあげるとトイレの清潔度がイマイチかな?
まあ汚いわけじゃ無いんですけどね。
ちょっと清潔感にはかけます。
まあ写真は遠慮しておきます(笑)

特筆すべきは山間部の車窓。
山間の村や棚田群が次から次へと現れます。
_E0A5599.jpg 
ちょっとヨーロッパぽくない?
赤瓦のせいかな?

RgC-407.jpg 
そして棚田。

こんなもんじゃないんです。
予備知識無いから良い場所はあっという間に通り過ぎ・・
ともかく、あらためてじっくり撮ってみたくなる風景でした。

さて今までそれどこ?って場所ばかりだったと思いますが
これからしばらく大観光地巡りになります。
手始めは世界遺産のボロブドール。
天気も晴れてきました!!
明日はいけるかな?


写真  :  trackback 0   :  comment 0   

バンドン 

ジャカルタからバンドンへ移動しました。

世界史をちゃんとやった方なら

アジアアフリカ会議の開催地として覚えてるはず。


私は地理でインドネシアの夏の首都と習った覚えがあります。

でも夏・・いつも夏なのに?記憶違いかな??

まあ高原地帯で標高700m

明らかにジャカルタとは空気が違います。

そのせいか昔から外国人も多く

ジャワのパリとも言われる気持ちの良い街です。


見所はアジアアフリカ会議関連。

会議場が博物館になっています。


_E0A5363.jpg 

嬉しいことに中も撮影可。


_E0A5199.jpg 

私、不勉強で知らなかったのですが

これ日本も参加してたんですね。


_E0A5152.jpg 

途上国の自主独立に関する会議のイメージだったので

日本は参加してないと思っていました。

考えてみれば会議は1955年。

戦後10年市語っていなく日本も復興してない頃です。

不思議じゃないですね。


でっかいモスクも有ります。

意外と知られていませんがインドネシアは

世界最大のムスリム人口を持つイスラム国家。


_E0A5339.jpg 

食事はもちろん屋台で。


IMG_20180624_121910.jpg 

BASO RUDALって書いてある。

この屋台はやたら見かける。

おっきな肉団子がメチャクチャ美味い!!

バソがソバかな?肉団子かも?いずれにしても覚えやすい。


さてバンドンに来たのにはもう一つ理由がありました。

ローカル線で一時間ほど戻ったササクサートというところに

オランダ時代から有る大鉄橋があるというのです。

電車で行けるなら行ってみたい。

ちなみに見るだけならジャカルタからの幹線なので

車窓から眺められます、気付かないうちに過ぎちゃったけど(^_^;


バンドン駅で調べたら12時20分発があって一日それ一本だけ。

帰りは向こうを17時頃、まだ明るいな、良いでしょう。


_E0A5515.jpg 

ちなみにバンドン駅。

ヤシの木が良い感じ!!

奥の三角屋根がホームですが

跨線橋も地下道もありません。


メインは北口。

切符売り場で聞くと

ここでは売ってない、向こうで買ってくれをホームを指さす。

そっかkの売り場は特急専門かよし入ろう。

ところが改札で止められてしいます。

基本的に切符を持ってないと通れないようです。


コミューター(Commuter)に乗りたいんだよと訴える

何人か話してるうちにそれは伝わったみたい。

でもササクサートはFullだと・・??

えっコミューターは指定席じゃないだろ??

でもFullだ英語わかる?と言われてしまった。


こりゃやっぱりコミューターが通じてないな!!

もう一度時刻表の場所に戻りCommuterの横に書いてある

というかCommuterが横に書いてあるのですがKELETA LOCAL

きっとこれがインドネシア語で普通列車なのだろう。

これを写して再度改札へ。

さっきの人にケレタロカル(インドネシア語はそのまま読めば通じます)と

言うと「お~~!!」みたいな感じであっさり通過。

なんだやっぱりそっちがわかって無かったんじゃん。


しかし向こうに行けない、列車がとうせんぼ。

まあこれは何とかなる、一旦乗って向こう側に降りればよい(笑)

逆側に付くと人が沢山、おおこれはローカル線乗り場!!

さて切符は・・南口に出されちゃいました(笑)


結論言うと南北通路がないせいか

基本的に北口が特急用、南口がローカル用になっているようです。

南口には英語でCommuterと書いた窓口もあり

時間も窓口に張り出してある。


さて、切符を買うか!!

ササクサート一枚ね、ナンダラコータラ!!

???だからササクサート。

向こうも英語になる、ササクサートの駅はシャットアウトだよ

行けないよ・・・


_E0A5531.jpg 

無理に行くところでもない・・今日はホテルで休憩だ。

南口を出たら小さなSLと夏雲が気持ち良く迎えてくれました。

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

ジャカルタは大都市 

今日は完全な曇り
いきなり疲れが出てちょっとさぼってます。
とにかく蒸し暑い・・歩く・・いや
外にいるだけで疲れちゃうんです。
まだ先は長いしゆっくり行きます。

さてジャカルタ・・名前は知っていても
あまり印象無い方が多いと思います。
中心部は大都市!!

_E0A4380.jpg 
こんな場所にいるとどこにいるのかわからなくなります。
でも少し離れると・・

_E0A3190.jpg 
トゥクトゥクみたいなのはハジャイと呼ばれる
三輪タクシー、まあトゥクトゥクと同じと思ってもらってけっこうです。
ここは中央駅と言えるガンビル駅から
昨日紹介した郊外電車で二駅。
かなり栄えてる場所だと思います。
ちなみにこのあたりに泊まってます。

移動手段は鉄道とバス。
なかでもバスウェイと呼ばれる
BTSシステムは素晴らしい。

一枚目の写真でもわかりますね?
中央部をバス専用路線にして渋滞知らず。
乗り降りも専用の駅でおこない支払いもここです。

RgB-250.jpg 
これ・・路線もはっきりわかって便利そうなのですが
一度も使っていません、なぜか?
チケットがプリペイドカードのみ。
しかも初めに40000ルピア払い20000ルピアはカード代。
終わっても返金は無しです(おそらく違ってたら教えて)
鉄道が一乗り3000ルピアほど(ただしカード代10000)なので
とても使い切れないしタクシーでも初乗り7500。
つまり長くいないとメリット無いんです。
多少割り増しでも一回料金があればいいのに。

食事は安い・・いやそうでもない?
一般には安いです。

_MG_8831_2018062214125768a.jpg 
ナシアヤム、ナシはご飯アヤムは鶏。
これで200円ほど、中心部デパートのフードコートの値段です。
きのうちゃんとした店構えの店で
似たようなもの食べたのですが
まあ肉もこれの倍くらい野菜炒めもつけて1000円ほど。
正直日本で同じようなものを同じ量たべても
大差無い?って値段でした。

まあジャカルタは物価高いと聞いていますし
これから地方に行ったら認識変わると思います。

明日、バンドンに鉄道で移動。
三時間ほど特急乗って700円少し・・
この感覚が普通の物価に近いのかも知れませんね。



写真  :  trackback 0   :  comment 0   

ジャカルタ 

一昨日日本を発ちインドネシアのジャカルタに着きました。
飛行機が6時間も遅れ乗り継ぎのマニラでは10時間缶詰。
流石に疲れた・・途中食事が出たのが救いかな?

まあそんなわけでジャカルタ着。
初日はコタ地区へ。
バタビアと呼ばれた昔を色濃く残す地区です。

おっと私の泊まってるのは
中心街に近いチキニ地区。
ここからコタへはコミューターと呼ばれる
郊外電車で行くのが便利。
これです!!

_E0A3820.jpg 
そう日本の中古電車なんです。
中も綺麗。

IMG_8820.jpg 
実は乗り心地や音まで同じ。
保線や整備も頑張ってる模様。
これ乗ってるとどこにいるのかわからなくなります。
なんか変な感じ。

さてコタ地区でした。
植民地時代の建物が並びます。

_E0A3445.jpg 
ちょっと良い感じ。

中心のファタヒラ広場。
ここがバタビアの中心。
インドネシアの定番なのかここだけなのか?
蛍光色の自転車が走り回っていました。

_E0A3514.jpg 
天気良く見えますがまったく安定しない天気。
曇ってる間は食事。

ミーゴレン屋台・・いや屋台ですらない
ミーゴレン売り。

IMG_8823.jpg 
右の麺に野菜や左のなんだろう?練り物の天ぷらかな??
合わせてくれて200円ほど、観光地なのでぼられてる可能性有り(笑)

ぼられてるというと水の値段がわからない。
コンビ日で買って3000ルピア(約25円)ほどだったんですよ。
ところが次に出てくるジャカルタ一の名所
ムルデカ広場の廻りで買うと
同じチェーンのコンビニで5000ルピア(40円)した。
田舎に行くともっと安いのかな??
普通スーパーやコンビニで物価感覚つかむのですが
インドネシアではそれは通用し無さそう。
なんとなく先が心配になります。

さてムルデカ広場。
中心に民主記念塔・モナスがそびえ立ちます。
なんか待てば撮れそうだったので
木陰でをひたすら待ちます。
結局夕方まで待ち夕焼けを撮影。

_E0A4030.jpg 
ただこの後雲が増えちゃってライトアップは不満足。

_E0A4079.jpg 

昼の写真は持ち越しになりました。
こんな感じで今回の取材旅スタート。
なんかいろいろありそうな予感。
約一月間、どうぞお付き合いください。



写真  :  trackback 0   :  comment 0   

富士五湖周辺 

ブログさぼりすぎ!!
まあほとんどSNSでことたりてるからなぁ(苦笑)

いつも言ってますがこのブログは備忘録にもなっています。
我々の仕事って昔撮った写真使ったりするので
写真の問い合わせがたびたび来ます。

昔はデータベースつくって
どこにいつ行ったか管理していたのですが
これ書き始めてから検索で撮影日時わかるので
とても重宝しています。

先日は撮影時の感想も・・と依頼が来て
え・・あまり覚えて無い・・そっかブログ読めば
と言うわけでその取材を読み直し
その時の状況を思い出すことができました。

というわけでさぼりながらもブログは続けます。
だれも読んでくれなくても(^_^;

さて西沢渓谷を出て一気に富士吉田に出ました。
なんとなく新緑でここが撮りたくなった。

_E0A2391.jpg 
新倉山浅間公園。
桜の時期は凄まじい人なのですが
この日はほとんど人来ない。
一時間ほどいて三組ほどかな?
それも全部外国人!!
中国・タイ・シンガポールと国籍もさまざま。
みんな日本を楽しんでくれてるようでなによりでした。

ちなみに写真撮る方に悪い?お知らせ。
ここ混雑時の三脚禁止になりました。

_E0A2272.jpg 
確かに場所取りすごかったですからね。
まあ完全禁止でないだけ良いかな?
最近そんなことが増えました。
風景カメラマンは骨の髄まで三脚使用、染みついてる人が多いですが
もうそんな時代じゃないかも知れませんね(^_^;

さて続いて花の都公園。
ネモフィラが満開との情報を得て一走り。

_E0A2615.jpg 
富士山はっきり見えるし良いのですが
右側の植え込みが一部枯れています。
気がついたらそれが気になって気になって(^_^;
実際写真にするとそうでも無いのわかってるのですが・・
いかがでしょうか?

山中湖、河口湖とチェックするも風があってつまらない。
そうだ?紅葉台に登ってみるか?
中学の時のキャンプ以来だ(笑)
もっと樹海の真ん中にあって人工物が見えないと思ってた。

_E0A2890.jpg 
それにしても知らなかった・・ここって車で登れるのですね。
ものすごい悪路ですが展望台まで車道がある。
車で登らないでみたいな看板があったので
下で聞いてみると大丈夫だよ、車でOKとのこと。
行ってみるとほとんど問題なし。
ただし車高の低い車の方や
そうでなくてもぬかるんでそうな時ははやめた方が無難です。
歩いても30分ほどです。

_E0A3053.jpg 
その後精進湖も撮って翌朝山中湖。
一応逆さ富士も撮れたな。
午後から天気崩れる予報、そしてそのまま梅雨入り。

ほんの数日でしたが結構密度の濃い撮影ができました。
心残りは忙しすぎてラーメンが・・(笑)

最後ちょっと都留によってリニア。
やっぱり早い!!防音壁があるので橋の先端ギリギリで
車両を止めたかったのですが難しいや。
連写じゃタイミングつかめなかったので一発撮りで何とか撮影。
それも5度目ぐらいかな?
テストらしく何度も往復してくれて助かった。

_E0A3186.jpg 
あとはそのまま帰宅。
一山越えれば我が家です。
家に帰ると写真整理の日々、そして来週早々出発です。
次も目的地は・・インドネシアです。

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

西沢渓谷、ハイキングガイド風に 

さてまたしても帰宅してから書いています。
この日は日曜日
秩父を出てそのまま帰るか検討。
結局、雁坂トンネルを抜けて
山梨県に移動することに決定。

地図見ていただければわかるように
秩父から山梨県は山の向こう側
トンネルを抜けるとすぐなんです。

途中西沢渓谷を初撮影。
今まで気になってはいましたがいつも素通りでした。

深い谷間なので曇りの日に撮るのが普通。
ライブラリーで写真検索しても晴れのはない。
しかしながら、この季節
お日様はかなり真上まで来てる、何とかなるのでは・・。

_E0A2030.jpg 
車は道の駅周辺にかなりの規模の無料駐車場があり
日曜にもかかわらず余裕で駐められました。
ちなみに渓谷入口そばにも駐車場ありますが
有料もしくは坂道付き(笑)
道の駅から渓谷入口まで平坦な道を徒歩5分ほどなので
便利さも考えて道の駅に駐めて問題無いでしょう。

ここの遊歩道は一周四時間ほどの山路で
基本的には一方通行。
途中手を使うような場所も有るそうなので
サンダルではきついスニーカーは余裕、まあそんな道です。

しばらく車も通れる(一般車は通れません)林道を行き
30分ほどで今は廃業している西沢山荘前へ。

_E0A2040_20180606101840e2c.jpg 
さらに少し行くと二股つり橋、
ここから西沢渓谷がスタートです。

_E0A2050.jpg 
しかし良い天気だ・・なんだかもったいない気がする

_E0A2055.jpg 
二股つり橋から鶏冠山。
ここを目指す方も多いい模様
もちろん本格的な装備が必要です。

さて本格的でない私は遊歩道へ。
見上げると新緑がまぶしい。

_E0A2076-2.jpg 

そして見下ろすとコバルトブルーの渓谷。
_E0A2086.jpg 
やはりコントラスト強くなっちゃうけど
デジタルなら何とかなるかな?
道も思ったより悪くない。
でも雨が降ったら滑りそうだな・・そのあたり注意。

西沢山荘から一時間半。
西沢渓谷のメインイベント七ツ釜五段の滝へ到着。
ここは縦位置かな?

_E0A2131.jpg 
やっぱりコントラスト強いな。
デジタルじゃなきゃあきらめるところです。

ただここで失敗!!
ハイキングマップにこれから行く上の道から
滝が良く見えるって書いてあったのです。
良く見る写真は滝壺が連なってる写真。
きっとそこから撮るのだろうと早合点。
滝自体に光が入ってるので
上からならもっと良いアングルで撮れる!!だろう・・

でここは急いで撤収。
気になった場所がもう一カ所有ったのですが
影が強く後で来ればいいやと素通り。
ここは基本一歩通行ですがそばなら戻れるだろう・・

ところが!!これから後はしばらく急な細い階段。
かなりしんどい登り。
これは戻れない・・まあ上からがメインだから・・
大汗かいて登りました急いで見下ろせる場所へ
木の隙間から遠くに見えるだけでした(T.T)

さて撤収!!
あまり条件良くないのにあの階段もう一回登るのヤダ(笑)
今回は初めての訪問、下見も兼ねてます。
またいずれリベンジします。

実はここからは昔のトロッコ道。
昭和43年まで三塩軌道という木材運搬用の
トロッコが走っていたそうで
その廃線跡が遊歩道になっています。

なんと線路もそのまま。

_E0A2167.jpg 
下りは動力無し、惰性だけで下まで行ったそうなので
もう急な登り下りや岩場はなく快適なハイキング道になります。
この道を一時間半ほど下ります

もう西沢渓谷は見えませんが
所々国境の山々を見渡す絶景が迎えてくれます。

_E0A2191_20180606105905d69.jpg 
滝の撮影がメインだったので撮影はあまり満足していませんが
山歩きというかハイキングとしては満足。
全行程4時間ほど適度な運動とすばらしい眺望。
朝、出れば道の駅に戻って昼食もできるし
車で少し下れば温泉もあります。

日頃運動不足だとこぼしてるあなた。
たまには山歩きいかがですか?














写真  :  trackback 0   :  comment 0   

東北からはとっくに帰って秩父・天空のポピー 

おっと・・更新忘れてた。
東北の桜撮影はとっくに終わり。
三陸を南に、そして山形に山越え。
最後は最上川を撮っておしまい。

今は・・秩父にいます。
目的は天空のポピー。

_E0A1214.jpg 
秩父から寄居方面へ少し行き山に登るとこんな景色が広がります。
秩父高原牧場の牧草地なのですがこの時期ポピー畑になります。

天空のポピーがキャッチフレーズ。
だったら雲海が出そうじゃないですか?
秩父盆地は秋に雲海で覆われ絶景スポットになっています。
昨夜は雨、美味くするとこの時期でも雲海出る??

昨夜家を出て4時起き・・秩父盆地はクリア(^_^;
まあせっかく起きたので行ってみよう。
七時前に着いたのですが駐車場はもちろん
花畑も九時まで入場不可能(^_^;(^_^;
眠かったのに・・もっとゆっくりするんだった。

実際には8時半ごろ入場開始。
結構な人出。
でも花畑が広いので撮影は楽。
途中雲が増えちゃいましたがまあまあでしょう。

_E0A1437-3.jpg 
さて?この後どうしよう??
とりあえず長瀞の畳岩へ。
ひたすら長瀞ライン下りの船を待つ。
初めの何本かは雲がかかってパス。
とくに一本は通る時だけ陰るという良くあるパターン。
仕方ないよね(T.T)
少し粘ってなんとか撮れました。

_E0A1571.jpg 
さてごらんのように午後から快晴。
何撮ろうか??

ご存じの方はご存じだと思うけど
私は歴史オタクでもあります。
寄井に行けば鉢形城跡があるな!!行ってみよう。
まだフィルムの頃来たことあるのですが
こんなもの無かったぞ!!

_E0A1577.jpg 
驚くほど綺麗に整備されていました。

どこ撮ろうかと言いながら
三箇所撮ったか!!まあよかろう(笑)

昨夜寝不足だった分今夜はのんびり過ごします。
もう無理は利かない・・(^_^;(^_^;(^_^;

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

三陸海岸 

弘前を後にし三陸海岸を南下しています。
天気予報は最悪だったのですが
とりあえず青空にはなりました。

まずは八戸の蕪島。
数年前の火災で中心にある神社は全焼してしまいました。
いぜん再建中で絡めることはできません。
でもウミネコは元気!!

_E0A9792-2-2.jpg 
しかし明るい気分はここまで
今回、天気が期待できないのに
このルートを取ったのは
震災遺跡を見ておきたかったからなんです。

_E0A0437.jpg 
三陸鉄道・島越駅。
カルボナード島越駅という宮沢賢治の童話に由来する
愛称を持っています。
手前に中途半端な階段がありますよね?
これが震災前までのホームに続く階段です。
この駅は震災で線路もろともほとんど流失しました。
今は高架もコンクリートで補強され
第二の堤防としても機能しているそうです。

_E0A0451.jpg 
たろう観光ホテル。
大きな被害が出た田老の街で震災遺構として保存されています。
しかしあの田老の防波堤を超えてくるなんて・・
わからない方は検索して見てください。

一夜明けて(今日です)陸前高田。
瓦礫はすっかり無くなりましたが胸が締め付けられる。
何というか埋め立て地の様相を呈しています。
とてもここに街があったなんて信じられない。
奇跡の一本松はレプリカになっても立ち続けます。

_E0A0541.jpg 
そして南三陸町。
ここも陸前高田と同じ、埋め立て地のよう。
ただ土地のかさ上げはかなり進んで
以前階段を登って眺めた場所がほぼ街の高さ。
震災遺構として当面の保存が決まった防災庁舎も
かさ上げされた土地の間に隠れがちです。

_E0A0566_2018050215281674f.jpg 
ただこkの「南三陸さんさん商店街」は
すごい賑わいでした。

_E0A0549.jpg 
数年前にもきましたが規模と言い賑わいと言い
ものすごく差があります。
こうやってじょじょにでも進んでいくのでしょうね。
早くこの賑わいが街中に広がりますように。


写真  :  trackback 0   :  comment 0   

弘前城と津軽鉄道 

山形県を離れ青森県に来ています。
秋田県でも角館を予定していたのですが
天候の都合でパス。
弘前にほぼ直行しました。

実は桜の弘前は初めてです。
人に言わせると今年はイマイチらしいのですが
普段桜を見慣れてる私からしても
え〜〜〜これでイマイチ??
流石天下名だたる?弘前城です。

いくつかお見せしましょう。
西堀、凄まじい人でしたが何とか撮影。

_E0A8723.jpg 
外濠の花筏、人を避けて早朝撮影。

_E0A8979_2018042920245190b.jpg 
本丸のライトアップ、これも人の合間を縫うようにして撮影。

_E0A8646.jpg 
ライトアップされた桜と岩木山。

_E0A8550.jpg 
比較的余裕持って撮れたのはここだけ。

まあそんなわけで人混みを縫うようにして
いろいろ撮ってきました。

最後におまけ?
津軽鉄道の芦野公園駅も撮影。

_E0A9696-2.jpg 
駅長さん(かな?)が
サービスしながらカメラマンを裁いてくれていたので
人の割りに撮影はスムーズでした。
しかし「カジキマグロ釣りに来たんですか?」
と言われたのですがどんな意味だったんだろう?
わかるけどわからないと言っておこう(笑)


写真  :  trackback 0   :  comment 0   

置賜さくら回廊から寒河江・山寺・天童 

昨日まで数日晴れ続き。

やっと仕事が動いてきました。


前のブログの翌日です。

前日より条件が良かったので

撮り直しも含めて置賜さくら回廊。

まずは鉄!!行ってみよう。

フラワー長井線。

昔のJR長井線を第三セクターの

山形鉄道が引き継ぎました。


_E0A6624.jpg 

この場所昔から撮りたかったんですよ。

やっと季節と天気が合った!!


続いて釜の越ザクラ。


_E0A6697.jpg 

おわかりになるでしょうか?

満開のさくらの間に十字架のように

幹だけの木があります。

あれが釜の越ザクラ・・・

樹齢1200年以上と言われていますが

もうほとんど枯れ死状態なんです。


後ろに見えるピンクが濃い桜が二代目。

それ以外にもソメイヨシノがみごとに咲き誇り

みごとな眺めではあります。


この周辺には他にも樹齢1000年を越す

立派な桜が多数有ります。


_E0A6668.jpg 

やはり樹齢1200年以上と言われる薬師ザクラ。


釜の越ザクラがこの状態でも

充分見応えが有る地域ですので

訪れる方ご安心ください。


続いて寒河江公園。

ツツジの季節には行ったこと有りますが

この季節は初めて。

お弁当持ってのんびりしたい。


_E0A6837.jpg 

さっと撮って山寺に移動。

この季節は麓からなので楽ちん。


_E0A6896.jpg 

これ直前まで風が吹いてて

すごい花吹雪だったんですよ。

私が構えたら何故か風ストップ???

30分ほど待ったけどぜんぜん吹かない・・

まあこんなもんだ(^_^;


そして天童に移動。

お風呂入って北上するつもりでしたが

翌日、有名な人間将棋が開催されるとの話し。

温泉街のしだれ桜もライトアップ。


_E0A7034.jpg 

実はこのライトアップ、先日友達と飲んだ時に

おしえてもらっていました。

まさかぴったりタイミングが合うとは!!

ここのライトアップは天童桜まつり期間のみだそうです。


そして日曜、人間将棋撮って・・いや見てきました。

すごい人で初めに構えた場所から動くの不可能。

まあ撮りはしましたが撮ったと言うだけ。


でも豪華ゲストのトークショーや

本番の人間将棋も盛り上がり

将棋にあまり興味無い私でも充分楽しめました。

ヒフミンいや加藤先生面白すぎ!!


_E0A7260.jpg 

ただ一つの問題点。

食べ物屋台が少なすぎるよ・・

主食系は無料のそばとカレーのみ。

無料そばなもちろんカレーももの凄い行列。

おかげで全て終わる三時過ぎまで

昼飯お預け(T.T)

せっかくだからすぐそばの河北町まで行き

大好物の冷たい肉ソバ。


31124730_1749034371844807_7258667697162944512_o.jpg 

この日はメチャクチャ暑かったので

いつにも増して美味しく感じました(^^)


さて今は秋田県に入っています。

しばらく天気悪い模様。

この数日の馬鹿陽気で桜も一気に咲いた模様。

これからどう動くか・・思案のしどころです。

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

喜多方から米沢・置賜 

さて今回の取材、思った通りに進みません。
天気商売ですからしかたないですが
滑り出し低調すぎ(^_^;

喜多方に一週間もいてしまいました。
私が粘ってる間
入れ替わり立ち替わり
友達カメラマンが喜多方を通過。
結局私だけ一週間も滞在してしまいました。
ラーメンが目当てじゃないですよ。
食べたけどね(笑)

30656436_1739620322786212_5011740549644812288_o.jpg 
まあ、それはともかく
喜多方滞在中は天気予報メチャクチャ。
晴れ予報なのに雨降ったり・・でも突然晴れたり。
正直、何カットか撮り損ねました。
いえ・・晴れると思わずにビール飲んじゃって
動けなかったわけですけどね・・(^_^;

それでも苦戦中も会津若松含めて何カットか撮ってます。
鶴ヶ城・・もう散り始め・・まあ撮れないより良し。

_E0A4647.jpg 
本格的な撮影は昨日から。
とにかくここが撮れるまで動かないと決めてた
日中線記念自転車歩行者道のしだれ桜並木。

_E0A5606-2.jpg 
ここまで時間無駄にしたら
せめてここだけは撮りたかったんですよ。
まあそれなりに満足。

あとは米沢に向かって移動です。
途中狙っていた日中線記念館。

_E0A5765.jpg 
右の三角屋根が昔日の熱塩駅です。
ここが日中線の終点。

ちなみに日中線とは喜多方とここ熱塩を
結んでいた旧国鉄のローカル線です。
このもう少し先に日中温泉があり
そこから付けられた名前ですが何故??て感じですよね。

さて県境の峠を越え山形県へ!!
米沢城跡・松が岬公園は満開・・いや
満開ちょい後かな??まあ何とかなる。

_E0A6014-3.jpg 
そして現在、置賜です。
ここは「置賜桜回廊」として名所・銘木が沢山あります。
そのなかから久保桜のライトアップ。

_E0A6600.jpg 
ここは日本三大桜の一つだそうな。
あれ??と思った人、私も思いました。
ここの説明版によると日本三大桜は
山梨・神代桜と岐阜・薄墨桜そしてここだそうです。
普通はここじゃなくて三春の滝桜なのですが・・
まあ野暮なことは言わないでおきます(笑)

このあたりでもソメイヨシノは葉桜になってきています。
ざっと撮ってさらに北上します!!
写真  :  trackback 0   :  comment 0   

破間川ダムの雪流れ 

春の取材に出ています。

とりあえずサクラは置いておいて

新潟県・魚沼市の破間川ダムから入りました。


_E0A3938_2018041310014702b.jpg 

山の中に流氷?

なんでも雪解け水で水位が上がり

氷が流れ出すことによって

おこる現象だそうです。


最近注目されていて

現地でも知った顔が沢山。

とはいえ撮影できないほど

人が押しかけてるわけでもなく

気持ち良く撮影できました。


_E0A4010.jpg 

なんでも翌日は綺麗さっぱり消えちゃったそうで

自然のいとなみに驚嘆!!

初めてで撮れた運の良さにも感謝。

そしてなにより現地でお世話になった方々、

ありがとうございました!!


その後会津に出ていますが

晴れ予報なのに曇り・・

さてこれからどうしよう?

ラーメンでも食べて考えようかな??

写真  :  trackback 0   :  comment 0