河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

チェンラーイ 

今日はチャンラーイの名所巡り。
いきなりハイライト、ワット・ローン・クン。
WhiteTempleと呼ばれていて
チェンラーイ出身の前衛芸術家、
チャルーンチャイ・コーシビバット氏のデザイン。

_E0A7221.jpg 
市内から南に12・3キロかな?
バンコクに行くスーパーハイウェイ1号を走ると
右手に見えてきます。
現在チェンラーイ最大の見所になっています。

入ってみると撮影禁止。
例によって金ピカの仏像が御鎮座。
しかしその前にみょうに人間っぽいお坊さんの像が・・
いや人間だ!!座禅組んでる!!
本当にピクリとも動かないんですよ。
結構なお年でしたが修行してる方は違う。

ここは夕方にも行ってみました。
ライトアップは無かったですが夕日といっしょに撮れました。

_E0A7432.jpg 
これは昨日撮影ですが市内の時計塔。

_E0A6938.jpg 
これも彼の作品です。
とにかく至る所で作品を見かけます。
せっかくだから記念写真(笑)

_E0A7404.jpg 
さてもちろん見所はこれだけではありません。
ワットプラケオ。
_E0A7280.jpg 
ん?ワットプラケオ??タイに来たことが有る方は
聞いたことあると思います。
そうバンコクの王宮に付属してる寺院がワットプラケオ。
別名、エメラルド寺院といいエメラルド仏が
納められた寺院です。

じつはあのエメラルド仏、各地を転々としていて
15世紀にはここにあったとされています。
というかはっきりわかってる履歴はここから。
興味がある方は調べてみて下さい。

今は20世紀に作られた仏様がいらっしゃいます。

_E0A7002.jpg 
最後は北部の映雄メンラーイ王像。
いや撮影は一番始めの昨日ですけど・・

_E0A6569.jpg 
チェンラーイ20年ぐらい前に来たことあります。
その時はこれだけ撮って帰ったきがします。
たぶんワット・ローン・クンが作り始められた頃で
まだ噂も聞きませんでした。

名所も年々変わっていきます。
だからこそ楽しみもあるんですけどね。

さて明日はチェンマイ。
ここは何度も行ってますが・・どうだろう?
変わってるかな?最後に行ったのは2009年です。
写真  :  trackback 0   :  comment 0   

ゴールデントライアングル・・その周辺 

今日はバイクを借りてツーリング!!
ホンダのスクーピーて言うらしいです。
100ccぐらい有るのかな?
二人乗り可能で結構良い走りしてました。
何キロ出てた?メーターが壊れてたのでわかりません(^_^;

_E0A7032.jpg 
あっ顔ボカすの忘れた!!まあいいか黒くなってるし(笑)

私は取材先でよくバイク借ります。
やはり自由に動けるのは大きい。
おまけに安い!!
今回は200B今のレートで約700円弱です。
今日は200キロぐらい走ってガソリン代は300円ぐらい。
これで足が確保できるのはでかいです。
実際効率良く撮影できました。
一応高校生の頃からバイク経験有りです。
外国で事故ったことはありません。

ともかくチェンセーンからミャンマー国境の街メーサイまで走ります。
約60キロ、タイの道路は少し郊外に出ると
ほとんど信号無し!!止まるところも無し!!
だいたい一時間で着きました。
これがイミグレビル。

_E0A6628.jpg 
廻りは市場って言うのかな?
ミャンマー製品がゴチャゴチャ並ぶ商店街になってます。
_E0A6731.jpg 
じつはこの辺さまよってたら
イミグレビルの横を抜けられるのを発見。
正直、いつ呼び止められるかドキドキ。
ちなみにこの時はパスポート持ってません。
タイでバイク借りると保証代わりにパスポート
取り上げられます(笑)いや預かられますと言っておこう。
少し行くと国境が見える展望台が有りました。

_E0A6702_20180305235507d98.jpg 
この川が国境。
良く見ると・・わからないな・・真ん中から国旗が変わってます。
つまり見えてる対岸はミャンマー!!
普通に歩いて渡れます。
パスポート有ったら私も渡れたのに・・
まあ時間無いから丁度良い・・でも残念(T.T)

次はゴールデントライアングル。
この周辺はタイ・ミャンマー・ラオス三カ国が接するところ。
ついでに少し行くと中国なので漢字も目立ちます。
一昔前はアヘンの栽培地で特別な理由のある方に人気でしたが
今は普通の観光地になってます。

_E0A6775-2.jpg 
実はこの碑が面白い。
私、ここくるの三回目です。
そしてくる度に碑が変わってる・・というか別の場所に
新調されているんです。
一応前の碑も残ってはいました。

_E0A6780.jpg 
奥にある三角頭の四角錐が
先代の碑です。
近くで見るとボロボロでした。

さて上から見てみましょう。
綺麗な展望台ができていて撮影楽々。
以前は木の間から無理矢理撮る感じで苦労しました。

_E0A6823-2.jpg 
手前がタイ、茶色の川はさんで左がミャンマー
右の大きな川、メコン川ですがその右側がラオスになります。
小舟が三カ国を行ったり来たり、なかなか面白い!!

高台の寺院にはこんな碑も。

_E0A6845.jpg 
タイビルマ方面戦病没者追悼の位と書いてあります。
綺麗に整備されてるのがうれしい。

それなりに撮って次はチェンセーン。
ここ好きな街なんですよ。
調べたら2009年に来てました。
今回も滞在したかったけど時間無いから仕方ない・・
前に来た時のブログですお時間有ったらどうぞ(クリックでジャンプ)

さて今日も長くなりました。
それだけ動いたと言うことです。
明日もバイク借りてます。
予定では面白い場所を撮るつもり。
撮れるかな?

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

フェイサイからチェンコーンそしてチャンラーイ国境越え。 

ラオスのフェイサイからタイに戻ってきました。

余談ですがこのフェイサイ、通じない・・
日本語表記もファイザイとかフアサーイとか一定しません
つまり日本語の発音にぴったり来ないみたい。

実は現地の人も周辺含む郡の名前ボーケーオ
と言ってる方が多く何度も聞き直されました。
来るつもりのある方頭の片隅に入れておいて下さい。

朝起きてそのフェイサイを散歩。
ここ以後心地よさそうでです。
食事も安いしビールも安い!!
外国人が過ごすエリアもコンパクト。
ちょっと歩くとこんな町並みもある。

_E0A6378.jpg 
やっぱりツーリストエリアだけじゃつまらないんですよ。
とはいえ地元専用じゃこれもつまらない。
ここはそのバランスがちょうど良いかな?
という感じの街です。

_E0A6348.jpg 
ボーダーまではトゥクトゥク、大した距離じゃない。
もうラオスの通貨kipはほとんど無いのでUS$で交渉。
まあ3$かな?と思ってたのですが5$とか言う。
トゥクトゥクは何台でも停まってる
みんな5$、値切ってもまったく下がらない・・
いや5$以上の提示もない
さすが共産圏・・カルテルがある模様。

実はタイのチェンラーイまで400Bという店もあったのですが
高いか安いかわからない??パス。
結果だけ言いますとチェンラーイまで直行するなら
これは悪い選択ではありませんでした。

私のようにボロバス乗る覚悟があれば別ですが
快適に移動したい人にとってはベター。
細切れに買うと425B、25B節約できます。
ちなみに日本円で80円くらいかな(笑)

(ラオスでは昔よりkipメインになってきてはいますが
USもタイバーツも通用しています)

さて私は・・あきらめて5$支払い。
タイとラオスのボーダー、フレンドシップブリッジ
まで乗り付けます。
立派な建物。

_E0A6414.jpg
しかしイミグレはガラガラ。

_E0A6413.jpg 
5000kipだけ残ってた野で右の売店で買い物。
水を買おうと聞いてみたら1,5ℓが6000kipだとの答え。
5000kipしか無いんだよ・・と全てのkip見せたら
OK、OKと笑って売ってくれた。
5000kipは80円弱かな?
おそらく地元価格はもっと安いんだと思う。
まあ仕方ないか?

通過時にトラブル・・いやトラブルではないか?
係員が40B払えと言ってきた。
なぜ?と問い返すとボードを差す。
つまり今日は日曜だから時間外手数料とるぞ!!
とのこと・・勝手にしろ!!!!!

さて後は問題無く国境越え。
タイ側の街チェンコーンへ。

ボーダーから街までは乗り合いトゥクトゥク。
60B、200円ほど。
距離はラオス側のトゥクトゥクとほぼ同じ。
やっぱりこのぐらいの値段だよね。

10分ほど?市街地に到着、ここは本当にタイの田舎町。
見所は寺院くらい、あとはメコン川だけ。

_E0A6501.jpg 
右がラオス左がタイ。
街並み比べるとタイの方がずっと都会。

_E0A6467.jpg 
えっ大差ない・・そうかも知れない(笑)

ブラブラした後、北部の中心都市の一つ
チェンラーイへ移動。
ここがバスターミナル・・再度言うけど、ここは本当に田舎なんです。

_E0A6566.jpg
バスの中は・・

_E0A6560.jpg 
ちょっと懐かしい感じ。
不潔感はないので問題有りません。
ちなみに2時間走って200円ぐらい。
タイの公共交通は本当に安いです。

まあそういう訳でチェンラーイに到着です。
ここは少し撮りたい物があるので数日滞在予定。
ちょっと疲れ気味なので飛ばしません。
ゆっくり撮ります(^^)




写真  :  trackback 0   :  comment 0   

ルアンパバーンからフェイサイ 

さて今日は移動日。
ルアンパバーンからタイの北部、チャンラーイを目指しています。

_E0A5825.jpg 
ルアンパバーンからタイ北部に移動するには
大きく分けて三つの方法があります。

飛行機・船・バス。

普通は飛行機。
チャンマイまで直行便があるのでそれに乗ります。
事前に予約していけば値段も安いし楽で早い!!
流石にそうしようと思ったのですが
探したのが前日、しかも土曜日。
直行便はほとんど無し。
ラオ航空があったのですが高い・・パス(笑)

外国人旅行者に人気なのは船。
メコン川を遡ります。

スピードボートとスローボートがあって
スピードボートは5時間ぐらいと聞いていますが
乾期はほとんど運行無し・・
今回も欠航で選択肢から除外。

スローボートは魅力有るんですが
一泊二日・・途中の街で宿泊しなければなりません。
そこまで時間がないのでパス・・本当は乗りたかったけど・・

そしてバス。
これも朝発と夕方発夜行の二便有りました。
ラオス、道路悪いんですよ。
おまけに山岳地帯・・ヘアピンカーブが延々と続きます。
今までの経験(昼のバスだけど)や旅行者の話から
夜行バスは寝られないとの噂聞いています。
一番安いし宿代の節約にもなるので
使う人もいるのですが年寄りはパスです。

結局、ほとんど外国人が使わない
朝発のバスで移動となりました。

朝7時にピックアップ。
バスターミナルに移動しました。
バス・・いやハイエースじゃん。

_E0A6304_20180303233402083.jpg 
中は日本のハイエースと少し違います。
五列シート(笑)
当然荷物スペースは小さいのでメインの荷物は屋根の上。
今日は15人乗りました、
エジプトで同サイズに20人以上乗ったことあるので驚きません。
一応ちゃんと座るスペースは確保してあります。
全てラオス人、外国人私だけ。
不安を抱えて定刻に出発!!

出発してしばらく、何も無い場所で止まりました。

28576853_1694067774008134_1549974579896283370_n.jpg 
なんだ???
トイレ休憩でした(^_^;

女性もその辺の草むらでしゃがみ込んでいました。
ちなみにこの後もたびたび何も無い場所でストップ。
街ではターミナルに停まるのですが
ラオスのトイレは有料がほとんど(タイもそうです)
そのせいなのな、何も無いところが好まれるようです(笑)

初めの数時間は面白かった。
山の中の普通の村を巡っていく。
ハイエースの小さな窓から走行中に撮影。

_E0A6316.jpg 
庶民の生活の中をバスは走ります。

途中モグモグタイム!!
東南アジアによくある食堂。

_E0A6334.jpg 
フライドラオス、タイだとカオパッだけどラオ語だと何だろう?
味は可もなく不可もなく・・
ナンプラードバー、味の素ドバーて味でした。

_E0A6337.jpg 
10時間と来ていましたが11時間かかってフェイサイに到着。
ただしバスターミナルは郊外。
ここからトゥクトゥクに乗って市街に出なければなりません。

実はラオスでいやなのはこれ。
外国人だと法外な値段言ってくるのです。
しかもカルテル組んでるのか?安くしない。

今回は同じバスのラオス人が
いっしょに行こう、その方がお互い安くいける。
と誘ってくれました。
運ちゃんは不満そうでしたが
何か言ってくれたみたい。
無事納得の料金で市街へ出ることができました。

ラオス人って良い人多いいんですよ。
親切で優しい。
例外はトゥクトゥクの運ちゃん・・お前はダメだ!!
しょっちゅう嫌な思いします。
まあ考えてみればどこの国でもタクシーにトラブルはつきもの。
ラオスだけが特例じゃないですね。

明日はタイへ移動、ビアラオからビアチャンへ(笑)
初めはトゥクトゥク。スムーズに行くかな?




写真  :  trackback 0   :  comment 0   

ルアンパバーン その3 

ルアンパバーンは観光地です。
前に触れましたが私が泊まってる場所は
そのど真ん中・・いや中心エリアの端っこかな?
ともかく道行く人は外国人ばっかり
と言うところで過ごしています。

すると物価が高い、飯も高い
しかも不味い!!
おまけに街歩いていてもあまり面白くない。

実はラオスは四回目。
そんなはず無かった・・と少し歩いてみることにしました。

中心エリアを出るともちろんラオス人の世界。
いや外国人もいるのですがちゃんとラオス人の生活もあります。

なんかカーン川のかかる面白い橋を発見。

_E0A5461.jpg 
これを渡ると空港まですぐ。
バイク・自転車・歩行者専用橋です。
歩行者どこ歩くの?
ちゃんと脇に専用歩道が。

_E0A5439.jpg 
渡ってみたけどちょっと恐いかな?

カーン川には乾期のみにかかる竹橋もあります。

_E0A4634.jpg 
この橋、外国人が渡る時は有料の模様。
半分、観光橋ですね。

話し戻しますが前のバイク橋から旧市街にかけても
ゲストハウス街がありました。
そして地元の人も見かけるレスト・・いや食堂や屋台も。
初めからこっちの方へ行けばよかった。
ビール半額だったし(笑)

さて今朝も托鉢を撮りちょっと横道へ。
あれ?朝市やってる!!ここだったのか!!
朝市有るのは知っていましたが
いままで気付きませんでした・・眠かったのもある(^_^;

_E0A5900.jpg 
ラオス人はなかなか几帳面?
商品はきちんと並べられていてフォトジェニック。

_E0A5976.jpg 
たまにはこんな撮影も面白い。

朝ご飯はここでジョーク・・いやラオスではなんて言うのかな?
とにかくこちら風のお粥です。

_E0A5886.jpg 
食べ始めて気付いたけど
中には鶏肉が沢山!!
そう・・これ!!こんなのが食べたかったんだよ。

滞在3日目でやっと現地になれてきた感じです。
これかから面白くなる・・と思い始めましたが
明日の朝にはルアンパバーン発。
バスでの長距離移動になりますがどうなるか?
無事着きますように。



写真  :  trackback 0   :  comment 0   

ルアンパバーン その2 

あいかわらずルアンパバーンにいます。
実はここの滞在、余裕を持っています。
そう少し疲れが出る頃だろうと休憩入れたんです。
もちろん天気が悪い可能性も見越してですが
もう無理は利きません、ゆっくり行きます。

さてルアンパバーンの名物にしてハイライトは
早朝の托鉢です。

市内いくつもある寺院から托鉢僧が街に繰り出し
布施をいただいて廻ります。

_E0A4837.jpg 
夜明け前から日の出にかけて
日が出ることには終わってしまいますので
始める頃はまだ夜。
観光地とはいえ暗いラオスの夜、撮影するのも一苦労です。

_E0A5086.jpg 
毎日起床は5時、6時前にははじまり6時半にはだいたい終わる、
毎日規則正しい生活ができて自分の健康にも良いかも。

上の写真ははじまったばかりで朝の6時撮影、
下は引き揚げるところで6時半の撮影です。
30分でこんなに明るさが違います。

昼は徒歩で市内巡り。
旧市内は端から端まで歩いて30分ほど。
充分歩いて廻れます、暑いけど・・

_E0A5391.jpg 
国立博物館、旧王宮です。

_E0A5429.jpg 
町並みはフランスコロニアル調。
おしゃれと言えばおしゃれ。

_E0A4520-2.jpg 
さて一気に書こうかと思いましたが
ネタ切れしそうなので明日に続きます。
明日は食べ物かな?





写真  :  trackback 0   :  comment 0   

ラオス・ルアンパバーン到着 

バンコクからひとっ飛び。
ラオスの古都、ルアンパバーンに着きました。

前に来たのは20年以上前。
えっこれで行くの??と思わず声が出ちゃう
日本の中古のプロペラ機に乗って
小屋のような飛行場に着いたのを鮮明に覚えています。

今はすっかり立派になって
もちろん機材もジェットです。

_E0A4015.jpg 
なんとなくタイとは空気が違う。
期待がふくらんできました!!

イミグレも問題なし。
日本人は15日以内ならビザ不要。
実はビザ不要の国は少ないみたいで
他の欧米人はアライバルビザの所得が必須みたい。
ビザカウンターの長蛇の列を横目に私は悠々通過。

イミグレの人も前の人(中国人)までは
むすっとして嫌な感じだったのですが
私の番になると急にニコニコ。
いや日本人で良かった。

空港から市内へはタクシー
50000kip・・高いのか安いのかわからん?
後で計算したら700円弱かな?
市街まで15分ほど、乗り合いと思うと高い気がする。
でもこれしかないみたい。

一応タクシーとなってますが
実際は乗り合いタクシー。
同じ方向の人を何人も乗せて出発。
つまり一人50000kipという事みたいです。
某国みたいに定員以上詰め込むことはしない模様です。

普通に到着、少し休むと夕方。
今回はツーリストエリアのど真ん中。
エアコンもTVも冷蔵庫も
もちろんバストイレ付き(シャワーだけだけど)の
ごく普通のホテルです。

28337043_1690214304393481_7126751443122215187_o.jpg 
4泊でUS90、一泊2500円ほど。
ラオスの物価を考えると高級なのかも知れない。

さてまず物価になれない。
単位がメチャクチャでかいんです。
ビール買うと15000kipだいたい200円。
これレストランはどこも同じ。

_E0A4103_20180228121339f99.jpg 
メコン川沿いの高そうな食堂も
小屋がけの屋台も今のところ全部同じ、さすが共産圏。
一応店で買うと12000kipだからちょっと安い・・当然か。

そうタイに比べてそれほど物価安くない・・いやかえって高いかも。
これいつも思うのですがタイって国
もちろんツーリスト価格も有るんですが隣接して
地元の人用の地元価格の店も必ずあるんです。
外国人が行っても問題無い、つまり好きに選べる。

途上国になればなるほどツーリスト価格と地元価格が乖離して
外国人は高い金を払わざるを得なくなります。
タイがバックパッカーに人気なのはこのあたりもあるかも。

実は空港であまり両替しなかったんですよ。
一昔前外国人はラオスでの支払いほぼUS$だったんです。
何度か行く内にだんだんkipを使うようになり
今ではだいたいkip払いになりました(例外有り)
私は多少のUS持ってきてるので
kipは少しで良いな・・と思ったわけです。

まあタイバーツもけっこう使えるし
両替所はそこら中にある・・問題なと思う。

_E0A4052.jpg 
初日はメコンに沈む夕日を見て
ナイトマーケット。

_E0A4347.jpg 
実は効き過ぎのエアコンにやられて
今ちょっと体調悪いんですよね(^_^;
ここは無理せずにのんびり撮影しようと思ってます。
ではラオス編、お楽しみに。

追記です。
1日歩いたらビアラオ20000kipの店もありました
その周辺はみんなその値段、カルテル組んでる(笑)
店での値段も色々でした、ちょっと結論が早かったようです。
やっぱりもう共産圏とは言えませんね。


写真  :  trackback 0   :  comment 0   

国鉄に乗ってバーンパイン宮殿 

今日はアユタヤ郊外の
名所バーンパイン宮殿を訪問。

普通の人はツアーやバスで行くそうですが
私はいつもタイ国鉄で行きます。

_E0A3740.jpg 
アユタヤ駅。
突然ですがタイの物価安いです。
その中でも飛び抜けて安いのが国鉄。
たとえばバンコクからアユタヤ
70キロぐらい有るそうですがわずか15B(50円ほど)
バンコク市街のMRTなどは少し乗ると30Bぐらいになるので
その安さが際立ちます
そしてアユタヤ〜バーンパインまでは3B・・10円!!
他は上がっても国鉄は値上げしないようです。
いや・・安い!!

バーンパイン駅はアユタヤから二駅目、約12キロ離れてます。
といっても一駅目は止まらない列車も多いので
注意が必要、まあ駅名表に英語も書いてあるのでわかるでしょう。

駅を降りて10分ほどで宮殿の真っ白い塀にぶつかります。
でもここからが長い・・
入口は反対側、壁に沿ってさらに15分ほど
やっと宮殿の入口に到着です。


_E0A3887-2.jpg 
天気はまあまあ花もまあまあ
実は数年前に行った時、すごく条件良かったんです。
あの時とはカメラの画素数も違うしソフトも進化してる
そんなわけで撮り直したんですが・・
まあ贅沢行ってもきりがない、次!!

時刻表見ると11:10分発がある、まだ10:15余裕だ。
もう一カ所撮るも水面が波立ちすぎ。
少し粘って多少写るようになった。

_E0A3940-2.jpg 
10:30、まあ間に合うな。
歩いてるとなんか木のうろに可愛い人形。

_E0A3961.jpg 
なんかタイっぽくて良い!!
おっと10:40ギリギリだな。
あとは熱帯の太陽の下、早足で駅へ!!
途中撮りたい景色もあったんだけど
しかたないパス。
何とか11:05ごろ到着。
あれ時刻表と時間違う11:13発になってる
まあ大差ないな。

実は今日はもう一カ所ロッブリー
と言う街を訪問予定
到着は12:30だから着いて昼飯だ。
乗客もそこそこ集まり出す・・が列車はこない??
11:30ごろ汽笛が・・貨物列車でした。
みんな当然のような顔で待ってる・・列車は来ない腹減った(笑)
結局12:15分ごろ一時間遅れで到着。
おい、一応バンコク近郊で幹線だぞ・・まあタイらしい。

実は待ってる間に天気が悪化、ロッブリーはやめました。
炎天下早足で30分はきつかった
宿に戻って午後はお休み(^_^;



写真  :  trackback 0   :  comment 0   

アユタヤ その2 

一応・・本当に一応晴れました。
と言っても日本だったら撮らないようなガスっ晴れ。
でもここのところの天気見ると撮るしか無い。

アユタヤはほぼ平坦な街。
観光・・いや撮影もレンタサイクルがベストです。
たいていの宿でも安価(50Bほど)に貸してくれて
もちろん私も宿で借りて遺跡巡りへGo!!

まずはアユタヤの最重要寺院だった
ワット・プラシー・サンペットへ。
王宮に隣接し、三基の仏塔が並び建つ
アユタヤのシンボルと言って良いかと思います。

_E0A3196-2.jpg 
ちなみに現像で頑張っています。
本当はもっと汚い空です(^_^;

次は少し郊外に出て日本人町。
実はアユタヤ何度も来てます。
だから何時にどこに行けばいいか
だいたいわかってるんです。
コース的には遠回り、もうメチャクチャなのですが
まあ仕方ないですね。

_E0A3236.jpg 
ここは戦国末期から江戸初期にかけて
日本人町があったところです。
歴史で習った山田長政が活躍した場所でもあります。
敷地内には日本庭園も。

_E0A3277.jpg 
後ろはチャオプラヤー川。
今は王宮から離れてる気がしますが
当時水運が中心だったことを考えると
かなり良い場所だったことがわかります。

少し早いけど次の撮影は午後だ。
くそ暑くてバテ気味なので早めの食事。

道路沿いのレストラン・・いや食堂に入る。
全部タイ語だ・・まったく読めない。
まあ適当に頼んだら美味しそうなものが出てきた!!

28168631_1687025821378996_6605510218909638027_n.jpg 
鶏肉と野菜を炒めとろみと少しの辛味が付いたものに
絶妙なトロトロ玉子焼きがのった一皿、美味い!!
値段は40B(140円ほど)!!安い!!
残念ながらビールはなかった(T.T)
どうやらタイでは昼間ビールは買えない模様。
コンビニでも17時以降でないと買えません。
昔はこんな事無かったのになぁ・・

次は寝釈迦で有名、ワットロカヤスタ。
実は初めに行ったワットプラシーサンペットのすぐそばです。
ここは午後でないと逆光になるのでしかたない。

_E0A3556.jpg 
今でもちゃんと信仰の場です。

次行こう!!ゾウさんとワットプラーム。
前行った時とコースが変わってた。
ゾウも暑いらしい、ブシャ〜〜〜!!

_E0A3693.jpg 
さて・・実はバテバテです。
ほんの二週間前は-10℃の世界、今は30℃越え。
流石にきついので一旦宿に戻り休憩。

次はワットプラシーサンペットの夕景とライトアップ。
時間を見計らって出発。
あれ・・雲が出てきた・・日没までは時間があるのに
お日様隠れちゃいました。

_E0A3725.jpg 

まあいいや、ライトアップ待とう。

ん?いつ点くんだ??
くそ、蚊が寄ってきた・・痒い!!
おっと野犬も動き出した・・
実はタイの夜、恐いのは人間より野犬。
やばいかな(^_^;

でもいつ点くんだ??もう真っ暗・・
うわっ!!蚊が・・もうやだ(T.T)

7時まで待ってみましたが今日は点かない模様(T.T)(T.T)
まあこんな事もあります・・
言葉が不自由だと確認できないのが不便。
いやライトアップ有ると思い込んで確認する気も
無かったんですけどね。

さてビールでも飲んで明日も頑張ろう。


写真  :  trackback 0   :  comment 0   

アユタヤ その一 

朝起きるとどんより曇り・・
実はまだペースがつかめず疲れ気味
今日は休みだ(^^)

まあそう言ってもゴロゴロしてるだけじゃ
時間もてあまします。
お昼前に街に出てみました。

とりあえず昼飯。
やっぱりカオマンガイを食べねば。

_E0A2900.jpg 
スペシャル頼んで約150円屋台だけど・・でも美味くて安い!!
ちょっと足りなかったのでタイソーセージ。

_E0A2907_20180224231715f8c.jpg 
そこら中でいろんな形の売ってます。
これはかなりでかい!!
少し酸味があって餅米かな?もちもちした食感。
初めて来た頃は苦手でしたがいつの間にか好物に。
だいたい10B〜20B(これは20B)安いのも嬉しい。

さてと下見。
ブラブラ歩いて行くとワットマハタートの前に出た。

そうだ!!木に取り込まれた仏頭撮れるな。
アップの写真は良く見るでしょうから
少し引いて縦位置で。

_E0A2917.jpg 
ちょっと不気味な気もしますが
これぞアユタヤ。

簡単に解説しておきますと
アユタヤ陥落時、寺院や仏像が破壊されました。
長い年月の内に転がっていた仏頭が
木に取り込まれたって訳です。
歴史と偶然が残した奇観です。

さてまたもブラブラ歩いて寝釈迦のある
ワットロカヤスタへ。
行ったことある人はわかると思いますが
結構な距離です。
普段は自転車借りるのですが
今日はヒマなので歩き。
ウォーキング始めてから長
距離歩くの何とも思わなくなりました。

少し日が出てきた?撮ってみよう。

_E0A3000.jpg 
ここがツーリストエリアの最西端。
市街地に戻ります。
おお、ゾウだ!!そういえばエレファントキャンプがあったな。
だんだん記憶が蘇ってきます。

_E0A3057.jpg 
暑いので水浴びですね。
なんとか青空もここまで。
あとは宿に戻って一休み。
今日も良く歩きました。
疲れたからタイマッサージうけて極楽気分。
一時間700円ほどでできるんです。
これで疲れ取れるかな?
明日は晴れると信じて早寝しよう、天気予報悪いけど(^_^;
写真  :  trackback 0   :  comment 0   

アユタヤへ 

今日は移動日
と言ってもバンコクから日帰り圏内のアユタヤへ。
私はバンコクよりのんびりしたアユタヤの方が好き。
だからしばらく滞在することにしました。
天気が悪い方で安定してるのがちょっと心配(^_^;

そう天気悪いんです。
朝起きたら小雨がふる熱帯らしくない天気。
アユタヤまでは一時間半ほどなので
チェックアウトギリギリまでグデグデして駅へ。

駅までは徒歩5分ほど余裕過ぎる。
駅に言ったらエースタンオリエントエクスプレスが停まってた。

_E0A2848.jpg 
いつかは乗りたいと思いながら・・いやこの格好じゃ止められる(笑)

私が乗ったのはこちら

_E0A2874.jpg 
アユタヤまで一時間半ほど乗って15B、50円くらいかな?
バンコクの地下鉄より安い。
中を見てみましょう。

_E0A2884.jpg 
詳しい人教えて。
私、この車両日本のお古だと思うのですが
違うでしょうか?
とにかく乗ってて懐かしい・・
ただし長距離はパスかな?

何の問題もなくアユタヤ着。
中はボロボロですが外見は綺麗。

_E0A2887_201802232314480ec.jpg 
国際観光地だけあって外国人も目立ちます。
あれ?日本語表記もあるぞ??
前に来た時は無かった気がする。

_E0A2894.jpg 
アユタヤの駅は市街地と川をはさんで反対側になります。
つまり街へは渡し船、確か日本円で10円か20円ほどのはず。
船着き場までは旅行社や食堂、レンタサイクルなど
観光業者が軒を連ねています。
桟橋で写真撮ってたらボート乗るのか?とおばちゃんが聞いてくる。
ボートツアーの客引きと思って乗らないよと言うと
あっそう、みたいな感じでしつこくもなく引っ込んだ。
ちなみにこんな場所。

_MG_8785.jpg 
撮った後間に合いそうだったのでそのまま乗船。
あれ?お金どこで払うの?
そういえば前に来た時乗る前に払った記憶が・・・
あっあのおばちゃん!!

ごめんなさい、ただ乗りしてしまいました。
悪気はなかったんです・・
このボート何度も乗ると思います。
これからは絶対払いますので勘弁してください(^_^;

悪行の報いか?
渡ったとたんにスコールで足止め。
スナップ用に持ってきた
EOS-Mも何故か故障。

やっぱり神様は見ているんですね(^_^;

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

バンコク チャイナタウンからカオサン通り、ワットアルン 

今日はひたすら歩き回っていました。
宿のすぐそばフォアランポーン駅を覗き
チャイナタウンへ。
まだ旧正月の気分が濃厚でした。

_E0A2373.jpg 
そのままチャオプラヤーエクスプレス・・
バンコク来た人じゃなきゃわかりませんよね?
バンコクは中心にチャオプラヤー川という大きな川が
流れていまして公共交通として船の便があります。
それがチャオプラヤーエクスプレス。

しかしながら昔さんざん乗ったのに
船着き場がわからない??
探しながら歩いてたら初めの目的地
ワットアルンの対岸に着いてしまった。
でも撮影場所だけチェックして
今度こそチャオプラヤーエクスプレス。

と思ったらスコール!!
えっ乾期のバンコクでスコール??
まあ無いことではないけどあまりないぞ(笑)
軒下をたどってたら何か食堂発見ちょうど昼時。

_MG_8780.jpg 
この手の屋台風屋外食堂、いたる所にあります。
前の人が食べてる料理指さして出してもらう。

_MG_8776_20180223002743d5f.jpg 
トロトロのブタ肉である!!
タマゴも半熟トロトロ!!!美味い!!!
ちなみに50B約170円ほどコスパ最高!!!

さて雨もやんだ、ボート乗り場は??
あれまたわからなくなってしまった。
てきとうに撮影しながら歩きます。

_E0A2495-2.jpg 
トゥクトゥクが綺麗に並んでた。

気がついたら当面の目的地カオサン通りに到着。
知ってる人は知ってる
バックパッカーのメッカ。
無数の安宿やレストラン、旅行会社や土産物屋が
軒を連ねています。

_E0A2463.jpg 
世界中のバックパッカーが集まるので
タイであってタイじゃない
英語(日本語も)で全て事が足りる。
そして昼からビール飲んでも問題無い(笑)

そう、もう天気ダメだからビール飲んで帰ろうと
ここを目指したのです。
表通りは物価高いしうるさいから一本裏通りに行きます。

_E0A2422.jpg 
こうして見ると良い場所だね(笑)
本当はゴチャゴチャした騒がしい場所です。

さて二枚上の写真見て
あれ晴れてるじゃん、夕景ぐらい撮れるんじゃない?
と思った方するどい。

実はビール飲んでるうちに晴れてきました。
写真はカオサンを離れる時に撮ったもの。
とりあえずワットアルンかな?
チャオプラヤー川に望む大寺院で
バンコクのランドマークと言って良いでしょう。
また歩き・・本当によく歩く。

それほど焼けたわけでもなく
満足とは言い難い・・また来るようですね。

_E0A2548-3.jpg 
さて今度こそチャオプラヤーエクスプレスで帰ろう。
あれまた船着き場通り過ぎた・・え〜〜〜い面倒くさい歩くぞ。
結局往復10キロ以上歩き通しました。
暑かった・・やっぱりビールが美味い(^_^;





写真  :  trackback 0   :  comment 0   

バンコク 雲台が・・ 

昨日無事バンコクに着きました。
予定では15時半着。
ホテルに荷物おいて夕景撮影行けるな
と考えていましたが到着が30分遅れ
イミグレも大混雑でロビーに着いたのは5時頃。
ホテル寄ったら間に合わないな・・と

実は先日、先輩カメラマンのYさんから
今バンコクだよ、と連絡いただきまして
撮影場所で会う約束でした。
空港から直接の方が近いところなので
荷物持ったまま現地へ。

ちょうど薄暮が始まる絶好に時間に到着。
もちろんYさんとも合流。
最近人気の絶景スポット、鉄道市場。

_E0A1942.jpg 
実はここでハプニング。
バックから三脚出したらあれネジが一本無い(^_^;

私はL字クランプ使ってるのですが
それを雲台に固定する一番大事なネジが無いのです。
え〜〜〜!!しかも手持ち無理な場所じゃん!!
現地でバックひっくり返して中を捜索・・無い(T.T)

しゃーない空はどんどん暗くなる。
センターポールを固定するネジと
サイズがいっしょなのを発見!!

とりあえずそれで取り付けますが
当然ポールがぐらぐら。
チェーンを持っていたので雲台に巻き付け
カメラバックを重りに。
それでも風が吹くと揺れる・・
よかったほぼ無風の日で。

_E0A1981.jpg 
うんブレてない!!何とかなった!!
Yさん隣でうるさくしてごめんなさい。
さぞ落ち着かなかったことと思います。

いっしょにビール飲んでおのおの宿へ。
少し迷ったけど問題無くチェックイン。
フォランポーン駅(バンコク中央駅)から徒歩5分。
一泊200B・・700円ぐらい(笑)
でもエアコン付きで清潔なカプセルホテル風の宿です。

さて今日、朝起きて周辺散歩。
朝食取ってパソコンで昨日のバックアップ取ってたら
あっという間に11時???
やっぱり海外だと時間が経つの早く感じる。

本日の予定はホームセンター探してネジを買うこと。
駅に着いたら・・あれ???9時???
あっ・・時差治してなかったんだ(^_^;
いやいくらなんでも時間たつの早すぎると思ったんです。

_E0A2040.jpg 
バンコク/ホームセンターで検索したらそばに有った。
でもIKEAやニトリみたいな感じで
ネジなどDYI用品はほとんど売っていない。

バンコク/dyiで検索するとホームプロと言う店がヒット。
行ってみるとケースに数本入ったパック売りですが
お目当ての品を発見。
70円くらいかな?まあ良いかな、他を探す方が大変だし
電車賃の方が高くつく。

でも微妙なサイズがわからない。
カスタマーセンターがあったので
ネジ見せてこれと同じサイズが欲しいと伝えたら
係員呼んで売り場へ案内してくれた。
でもやっぱりわからない。
日本のようにサンプルネジがあるわけでもない。

さてどうしよう?と考えてたら案内してくれたおばちゃんが
おもむろに新品のパッケージを破りだして
ナット出してくれた!!
ビニールの小袋とかではなく
厚紙とビニールできちっと包装されてたものです。

一つ目合わない・・すると一つ大きいサイズをビリビリと!!
ビンゴ!!ぴったりだ!!さすがタイ(笑)
ほんの70円ほどで・・なんか申し訳ない。

まあ、これで何とか撮影続けられそうです。
私の三脚はイタリアメーカーなので
独自規格かも?とはらはらしてたんです。
よかったよかった(笑)

上の二枚は鉄道市場、下はホームセンター行く途中に撮った
エラワン廟、最近爆弾テロがあったところですが
綺麗に修復されていました。
写真  :  trackback 0   :  comment 0   

明日からタイ 

明日からタイへ行って来ます。
とりあえずバンコクから世界遺産のアユタヤで一週間。
ラオスのルアンパバーンへ飛びその後は進み方次第。
おそらく北タイへ出て南下、チャンマイ、スコータイ等を
撮影しつつバンコクから帰国。

IhJ-193.jpg 
全部で約1月の旅となります。
実はちゃんとタイに行くのは久々。
ちゃんとというのはトランジット含めずにという意味ね。
バンコクは東南アジアのハブになっているので
なにかと寄ることが多くなります。

いや・・実際久々な気がする・・
ここのところLCCの利用が多くクアラルンプールの方が
お馴染みになってる気がします。
調べてみたら2013年にカンボジア行った時に寄ったのが
最後ですね。
5年前か・・しかもバンコクは2,3日しかいなかった模様。
ずいぶん変わってるんだろうな。

IhC-545-2  
例によって誤字脱字だらけの文章になると思いますが
そこは大目に見てお付き合い下さい。

明日は4時起き、ほぼ始発で地元を発ちます。
では明日バンコクから!!

写真、上は世界遺産のスコータイ下はバンコクのワットアルンです、


写真  :  trackback 0   :  comment 0   

諏訪湖の御神渡り、松本から野猿公苑。 

実は自宅で書いています。
今年の冬はことのほか寒く
ブログ書いてる余裕があまりありませんでした。
まあ言い訳しても仕方ないです。
諏訪湖を出てからの報告です。

そう、諏訪湖の御神渡りは撮影翌日、認定されました。
これで堂々と御神渡りとキャプションに書けます。
実は帰りがけにもう一度撮ってきました。

RbB-607.jpg 
今回の方が条件良いですね。
全体を広角で見るとこんな感じになります。

_E0A1887.jpg 
五期ぶりの御神渡り。
ここはまあ満足できました!!

しかし、今回の取材満足できたのはここだけ。
諏訪湖から松本・松代・志賀高原と廻ったのですが
寒い・・くそ寒いだけでほとんど収穫無し。
雪晴れでと思った松本は曇り。
苦し紛れで日本画調に。

_E0A0075.jpg 
松代も雪ほとんど無し。
志賀高原も降って欲しい時は降らず
降らなくて良い時はドカ雪・・思い通りになりません。

RbC-077.jpg 

約30年ぶりかな?
野猿公苑も行ってみましたがなぜかここではあまり雪が降らない?

_E0A0964-2.jpg 
ご存じの方も多いと思いますが
ここはスノーモンキーとして外国人に大人気。
平日なら体感的な感じとしては
西洋人4割中国人などアジア人4割日本人は2割くらいかな?
休日にはもう少し日本人増えますが驚きます。

ところでスノーモンキーと言われるように
雪の中でお風呂に入ってる猿が定番。
雪が降るまで三日ほど待ちましたが
降ってこれぐらいでした。

_E0A1524.jpg 

これを撮った後天気予報を見ると明後日は一日雪。
気温は氷点下10度以下・・待ちましたよ凍えながら。

しかし実際は快晴・・志賀高原に行こうか迷いましたが
雪はないし下からみる限り樹氷も少なめ。

普段なら条件良くなるまで待つのですが
何度も言うように今年はことのほか寒い。
さらには今月の20日から熱帯地方へ行く予定があります。
身体がついていかない、もう無理・・我慢できない
先に記したように最後にもう一度諏訪湖、
それが上に乗せた写真。

今回は御神渡りが一番の目的だったから良いかな?
野猿公苑も最近の雰囲気わかったし・・・

まあ言い訳考えて帰ること考え始めたら
ダメですよね・・写真は・・
やはり私は熱帯だ!!
今回の取材は終了、次回ホームグランド?に戻って
撮りまくってきます。







写真  :  trackback 0   :  comment 0