河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

兵庫から岡山 

なんか梅雨らしくない天気が続きますね。


出発時の週間予報では

今週はほとんど曇りか雨の予報でした。

ところが連日の晴れ。

流石に雲無しとはいきませんが

特に午前中は抜けの良い青空で続いています。


おかげで寝不足・・

特に朝天気が良いんですよ。

正直いって今回の行きは

だらだらラーメンでも食べながら移動・・

と思ってたのに。

いや文句言っちゃいけないな(^_^;


そんなわけで朝寝したかったけどずっこぬけ。

初め姫路城に行こうと思いましたが

なぜか海沿いや市街地は雲がかかってる。

姫路城は写真沢山あるし・・無理してもしょうがない。

二年前撮ってイマイチだった播州龍野を再訪しました。

時間や撮影場所のデータは取れてるのではかどる。


_E0A0057-2.jpg 

まあここが撮れてればいいかな?

壁にある東に○の印、見覚えがある方もいると思います。

あの製品はここで製造されています。


_E0A0131-2.jpg 

赤とんぼの碑

作詞の三木露風はここ龍野の生まれです。


さて粘る場所でもないので移動。

赤穗にでも寄ろうかと思いましたが

海に向かうと雲が増える。

少し山に入って閑谷学校でも撮っていこう。


ここも前に来ているのですが

あまり条件良くなかったので

撮り直しても良いでしょう。


_E0A0182-2_20170615190910cca.jpg 

うん、満足の色(笑)

暑さのせいか?コイが日陰から動かない。

しかたない・・エサ買って誘導。

良い位置に持ってこれました(^^)


午後になると雲が増えるのもここ最近の特徴。

あせってもしょうがないので、ゆっくり吉備路へ移動。

雲の合間を縫って一枚。


_E0A0299-2.jpg 

さて今日は終わりかな?

とのんびりしてたら再び日が差してきた。

さきほどチェックしておいた夕景ポイントへ。

おっ?なかなか良いかな?


_E0A0425-6.jpg 

備中国分寺、なんか変わった夕焼けでした。

まあ一日の締めとしては満足。


明日は早起きの予定。

今夜は早寝します。

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

愛知・三重・滋賀 

昨日から今日にかけて東海道を西へ。
愛知県を抜け三重県へ鈴鹿峠を越え滋賀県を撮り
今は兵庫県まで来ています。

ほぼ昔の東海道・・もちろん七里の渡しはないですが
そんなルートを走ってきました。

愛知では豊川稲荷から。

_E0A9454.jpg 
通過するだけのはずがつい寄ってしまいました。
もしかしたら呼ばれた?

_E0A9551.jpg 
続いて蒲郡。
雲が多くなってきた。

_E0A9629.jpg 
もともと昨日今日は天気悪いと思ってました。
適当にラーメンでも漁りながら(笑)
西へ行くつもりだったんです。
まあ、せっかくラーメンの話が出たから昨日のランチでも。

19030661_1426632270751687_1862317229470905291_n.jpg 
ここは名前出さなくてもバレバレですね(笑)
まあブログの原則にしてますので
ご想像にお任せします。
愛知県人で知らない人はいないらしい。
スーパーのフードコートで良く見られますが
食べてびっくり!!美味いじゃないか!!
いやもちろんフードコートにありそうな味なのですが
320円でこれなら充分許せます。
愛知県人のソウルフード・・納得です。

さて昨日は夕方から雲が増えて気温も下がってきた。
晴れ予報だけどきっとダメだな・・と休みモードでしたが
朝起きたら抜けてるでないかい!!
とにかく撮れるもの撮っていこう。
東海道、関宿の街並み。

_E0A9689.jpg 
関宿周辺は交通の要衝。
大阪にも大津にも、伊勢にもすぐに出られます。
おまけに安い温泉も有るので
この辺に来るとほぼ必ず一夜を過ごします。
だからここも何度も撮ってますが・・
今日が一番条件良かったかな?
期待してない時の方が良い?

国道一号を甲賀へ。
ここは初めて・・忍術の里です。

_E0A9763.jpg 
忍者屋敷。
中に入りたかったけど今回は外からだけで失礼。

水口城跡。

_E0A9796.jpg 
もちろん模擬櫓です。

さて次は以前から興味があった紫香楽宮跡。
聖武天皇がたった三年都にした場所。
いやただの離宮だとの説もあるようですが
かなり大規模な建築物や木簡などかなりの出土品があり
場所は完全に特定されています。

_E0A9947.jpg 
朝堂跡。
発掘作業の跡完全に埋め戻し
いまは何もありません。
かえって想像力が刺激されて良いかも知れない
と思ったのは私だけかな?

実は奈良の大仏は本来ここにつくられるはずだったそうです。

_E0A9842_20170613220847972.jpg 
ここが大仏が納められるはずだった甲賀寺跡。
先ほどの場所から少し離れています。

大仏の鋳造が始められたのがここ。
付近で天災が続き民心も得られず紫香楽宮は廃都となり
大仏プロジェクトは平城京に移されたそうです、

さてえらく長いブログになっちゃいました。
最後はユーモラスなたぬきさん。

_E0A9926.jpg 
信楽来ると至る所でこの置物に出会います。
タヌキは他抜きに通じるとかで
商売繁盛の意味があるんだそうです。
今日まで知らなかった。

私も他のカメラマンに負けないよう
頑張って写真撮りましょう・・疲れたなど言ってないで(^_^;


写真  :  trackback 0   :  comment 0   

寸又峡・秋葉神社・二股城 

今日は予告通り寸又峡から。
しかしこのあたりスーパーもコンビニも無いんですね。
弁当でも買おうと探したのですが無し・・
寸又峡温泉なら何か食べられるかな?
と思ったのですが食堂はもう閉まってた・・
車の中に色々あったので助かった。
食いっぱぐれる所でした。

さて朝早くから寸又峡を散策。
なにせ今日は日曜日。
夢の吊り橋行列になるかも知れない。

_E0A9164.jpg 
今日は水も綺麗!!
たまに濁っちゃう時があるんですよね。
本当は人が入った方が面白いだろうけど
肖像権にうるさい最近の傾向で人無しをアップ。

真っ正面からも一枚。

_E0A9225.jpg 
新緑に染まりそう。

逆光だけど上からも。

_E0A9276-2.jpg 
もう人無しは難しくなってきました。

さて今回はあまり粘らず西へ向かいます。
ルート悩んだけど火除けの神様・秋葉神社が見たくなり
国道362号を選択。

しかし・・国道かこれ?
すれ違いも不可能な山路を一時間以上・・疲れたよ・・
時間ある人はグーグルマップか何かでチェックしてみてください。

初めに下社に到着。
_E0A9311-2.jpg 
ここはあまり人がいない。
やはり山の上、神社に行かねば。
徒歩だと90分ほどらしい。
もちろん・・車(^_^;
しかしとにかく大廻が必要。
なんと20キロも走らねばならない。
またもや細い山道をひたすら走る。
昼前やっと秋葉山本宮秋葉神社上社に到着。
やっぱりここは参拝客、それなりに多い。

_E0A9363.jpg 
けっこう急な参道を登り本殿へ。

_E0A9321_20170611155231e8c.jpg 
前述の通りここは火除けの神様。
火事に遭いませんようにと頼んできました。

おまけは二股城跡。

_E0A9392.jpg 

信長に武田との内通を疑われ
切腹させられた家康の嫡男、徳川信康が
最後に移された城です。
本丸に天守台が残っていてなんとなく良い味出してます。

信康の切腹、通説に従って書いていますが
近年他の説も出ている模様。
歴史好きにはこんな事が面白くてしかたがない。

さてさらに西へ!!
と思いましたが何故か明日の予報が晴れになってる。
さて・・どうしたものか?
風呂でも入って考えます。




写真  :  trackback 0   :  comment 0   

接岨峡とレインボーブリッジ 

梅雨の取材出発です。


前のブログで触れたとおり今回は父の十三回忌。

初めに山口を目指します。

もちろんそれだけではもったいないので撮りながら。

ついでの再び九州まで足を伸ばすつもりです。

さて何が撮れるか?

やはりアジサイかな??


まずは静岡、接岨峡。

災害で途中までになっていたトロッコ列車の

井川線が全通したと先輩カメラマンに教えていただきました。

基もと寸又峡に寄るつもりだったので

ここも寄ってみました。


_E0A8880.jpg 

関の沢鉄橋、緑がまぶしい!!


他に縦位置やアップも撮りたい。

青空はそれほど綺麗ではないので

滅多に来ない電車をのんびり待ちます。


ところが・・電車が通る度に雲が来る・・

本当に鉄橋渡る瞬間だけ曇るんですよ。

う~~~ん退散・・いや縦は撮れましたけどね。


もう一カ所撮りたかったレインボーブリッジへ。

あれ??木が切ってある??


_E0A9141.jpg 

ここ手前の木が伸びちゃって全体が撮れなくなってたんですよ。

切口見ても切ったの今シーズンですね。

イマイチ抜けが良くないけどラッキー。


この橋歩いてわたれるんです。


_E0A9040.jpg 

10年以上前に家族で来た時

渡ったことがあります。

その時は知る人ぞ知るって感じでしたが

すっかりメジャーになっちゃって

ぞろぞろ渡ってます。

私も久々に渡ろうかな?と思いましたが

下まで降りるの面倒だからヤメ。


まだ初日、体力温存・・と言うことで(笑)

明日は寸又峡の予定です。



写真  :  trackback 0   :  comment 0   

八王子・滝山城 

帰宅しました。
昨夜は圏央道のPAで車中泊。
夜は雨でしたが朝にはやんでいました。
ゆっくり準備して途中にある八王子・滝山城へ。

自宅から16号走って八王子バイパス過ぎると
ここの看板が目に入ります。
前から気になっていたんですよ。

入口の細い坂道登ろうとしたら工事の人に停められた。
話を聞いてみるとここはハイキングコースの入口で
城跡自体は国道411号滝山街道を
三キロほど秋川方面へ行った所だとか。
よかった工事してて、知らなかったらここから歩いてた。

言われたとおりに行って山に向かう細い道
しかし駐車場はないとの表示。
正直そこまで行きたいわけではないのであきらめ。
秋川の方へもう少し走ると・・あれ駐車場ここにある。
ここから歩けってわけね。

少し急な坂はありますが大した距離ではなく到着。

思ったより整備されてる。
空堀や土塁もはっきりわかる。

_E0A8784.jpg 
新緑の中快適なハイキング・・
と思ったらヤブ蚊だ!!少し汗かいたら常にまとわりついてくる。
虫除けスプレーしてくるんだった・・

中の丸に到着。
トイレもありここが散策の拠点になるみたい。
ここから秋川と多摩川の合流点が望めます。

_E0A8830.jpg 
これこそ滝山城の存在価値ですね。
かなりの要衝なのが良くわかります。

隣の本丸へ。
中の丸との間は引橋で結ばれています。
もちろん模擬建造物。

_E0A8789.jpg 
下からみると。

この谷はもっと深かったそうで
攻めるのは大変だとわかります。

_E0A8819.jpg 
実際、武田信玄の小田原攻めで戦場になっていて
二万の武田軍を二千の兵で守ったたとか
もっとも落城寸前だったようですけど・・

さて本丸。
碑が有ったので撮影。

_E0A8802.jpg 
神社もあったのですが新しく
特筆するものでもないので割愛。

新緑の中気持ち良いハイキングとなりました。

さて駐車場発見の時に秋川方面へ・・と書きました。
自宅と逆方向です、なぜあきらめたのにそっちへ?
はい、ラーメンです(笑)

八王子には八王子ラーメンと呼ばれるご当地ラーメンがあります。
オーソドックスなしょうゆ味ですが薬味がタマネギ。
私はこのスタイル大好きです。
今回の取材の締めに丁度良いかな?

IMG_20170601_125641_331 のコピー 
今回もお付き合いいただきありがとうございました。
次回も国内、実は父の十三回忌で再び山口へ行って来ます。
出発はおそらく来週、梅雨の撮影。
アジサイやハナショウブがメインかな?


写真  :  trackback 0   :  comment 0