河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

イジェン火山とブルーファイヤー 

出発直前のことです。
ガイドブックを見ていた私は
あるページに目を奪われました。

ブルーファイヤー。
ジャワ島東部にある火口で青い炎が燃え上がる。
そういえば先日先輩カメラマンから聞いたような?
面白そう!!よし行ってみるか?

と言っても車がない私にはなかなか難易度高そう。
おまけに深夜の登山になるそうな。
初めから計画してたわけではないので無理かな?
と思ってたらジョグジャカルタからツアーでいけるとのこと。
撮れなかったら撮れなかった時、
どうせバリ島まで移動しなきゃならない。
よしこれで行こう。

と言うわけで前回ブログのプロモ山とセット
二泊三日バリ島行きのツアーに参加したわけです。
ちなみに費用は60万ルピア、5000円弱ってとこです
ただし国立公園入場料やガイド代、昼夜の食事は含まれて無くて
食事以外の費用、全て合わせると1万円ほどになります。
でも二泊三日で1万円・・安いよね?

プロモ山からまたもやバスで8時間ほど
暗くなった頃イジェン火山の麓に到着。
プールもあるなかなかのホテルでしたが
飯だけ食べてすぐに就寝。
出発は午前一時なんです。

起きられるか不安でしたがちゃんと起床
同じツアーの人も遅刻ナシ、時間通り午前一時出発!!
バスでも少し寝てたけど睡眠時間3時間ほど・・眠い。
登山口でガイドを紹介されガスマスク支給。
そう、ブルーファイヤーは噴気地帯で見られるのです。

ツアーだから?個人ガイドではなく10人ぐらいのグループ。
懐中電灯を頼りに登山開始です。
帰りに撮った写真ですがこんな道が延々と続きます。

IMG_20180704_064456.jpg 
真っ暗で街灯もないですが人が多いので
それほど暗さは感じません。

ただ同時に登る他のグループも沢山います。
あっという間に誰が誰だか解らなくなりました。
同じグループのオランダ人カップルもガイドどこ?
とちょっと不安そう。
どうやら上までは一本道なので問題は無いらしい。
上で待ってようと各自自分のペースで歩きました。

初めの説明では一時間の登山とのこと。
いやとんでもない!!
私はかなり早いほうだったのですが
それでも一時間半かかりました。
ちなみにお金を払えばタクシーがあります。
えっ車で登れるの??これです(笑)

IMG_20180704_065517.jpg 
一時間半登り続けるのは結構大変。
もういい、いつ着くんだと弱音が出る頃
頂上の火口、イジェンクレーターの縁に到着。

ここから急な崖を降りるのですが
流石にガイド待たねばならない。
例のオランダ人も着いていて三人で待ちぼうけ。
周りの人はどんどん降りてゆく。
他のガイドが声かけてきて
あなたたちのガイド誰?ハリー??
いいよいっしょに来てとのことで
クレーターの斜面を降ります。
かなりの急斜面というか崖!!登るのが恐い。
30分ぐらいかかったかな?
噴気の中に青白い火が!!

_E0A8165-2_20180706214505c87.jpg 
実はかなり暗いんです。
ISO1600でf5.6、8秒くらいだったかな?
とにかく噴煙でほとんど見えないしピントも怪しい。
崖を降りる人のヘッドランプで合わせるしかない。

噴煙はこちらにも流れてきてガスマスク必須!!
カメラバッグは今現在も硫黄臭いです。

30分ほど経ってガイド到着。
暗い中ちゃんと私を見分けて次の集合場所指示。
ここにはあと30分ほどいられるようです。

でもなかなか納得して撮れない。
噴煙多すぎほとんど見えないんです。
そのうちガイドが出発するよと声かけてきた。
えっまだ撮れてないというと
上で待ってるとのこと
けっこう融通が利く良いガイド。

でも合計一時間ほどいて撮れたのは二枚だけ。
おまけに今日はブルーファイヤーも控えめのようです。
ちょっと思ってたのと違う。
やっぱり難易度高かった。

さて先ほど降りた崖を登る。
両手使う場所多数、手袋あった方が良いです。
眠さと疲れ、空腹。
弁当は支給されているのですが
こんな硫黄臭いところより上で食べたい。
かなりフラフラになって上見ますがまだまだ・・
と思ったら唐突に終了。
暗くて気づかなかったけど火口縁の展望台は
頂上ではなかったのです。
あそこまで登るんだったらどうしようかと思った(^_^;

さて結局上までは登ります。
しかし、ここからはなだらかな尾根道。
ガイドはそこで日の出を見ると言っていました。
と唐突にガイド登場。
寒いから日の出見物中止にした
君は写真撮ってていいから7時に下に来てくれ。
たいして君の役に立たずすまなかった。
と言って他の人探すと行ってしまった。

これだけ聞くとなんてガイドだ!!
と思うと思いますが実は本当に良いガイド。
グループに中国人の年配夫婦含む家族がいたんですよ。
そこにつきっきりになったようです。
だから私とオランダ人は放牧(笑)

さて火口、イジェンクレーターと朝焼け。

_E0A8205-2.jpg 
正直ブルーファイヤーはこんなもんかな?
ってとこだったのですがここの景色は感動した!!
これだけでかい火口湖見たこと無い。
絶景を眺めながら朝食、中身はサンドイッチとゆで卵でした。

さて左の噴煙が出てるところがブルーファイヤーの場所。
ほぼ真上から降りたわけです。
いや疲れたわけだ。

_E0A8223.jpg
降り口付近からの展望。
ちなみに例のタクシーでここまでは登れます。
タクシーの値段は聞きませんでした。
でも急なところでは三人がかりになってたので
それなりにかかりそう。
ほとんど使ってる人はいなかったです。

しかし寒い!!風も強く身体を持っていかれそう。
落ちたらもちろん・・・
家族連れが戻るのも納得。
私も下山することに。

帰りはちょうど一時間。
いつの間にかガイド一行を追い越したみたい。
オランダ人カップルは先着していました。
ガイド一行はさらに30分ぐらいして到着。
大変だったんだろうな(^_^;

本来泊まり込んで何度も撮りたいのですが
今回思いつきできたのでそれは無理。

でも昼ゆっくりして夕方就寝、寝不足無しで
しっかり撮りたいところです。
だいたいの感じは解りました。
次回こそ・・次回が有るのかな?






写真  :  trackback 0   :  comment 0   

プロモ山訪問記 

バリ島まで来ました。
ジョグジャカルタを出てから二日間
ほとんど寝てなく昨日はあまり動かずお休み。
それでも色々有ったのですが
ぼちぼち書いて追いつこうと思います。

さてブログ上は四日前の7月2日に戻ります。
ジョグジャカルタ発は朝の8時半。
ホテルまでバスが迎に来てくれます。
まあ快適、一人だったので私は助手席。

_MG_8983.jpg 
バスは特筆することもなく延々10時間走り続け・・
いや特筆しとこうかな?
追い越し追い抜き当たり前。
一車線道路の路側帯使って抜きまくる!!
インドネシアは運転マナー良いと
感じてたのですがウソでした。
いや歩行者に対してはわりと優しいんです。
でも走り出したら・・でした(^_^;

一度バス乗り換えて普通のワンボックス二台に分乗。
急な坂道を駆け上がり暗くなってプロモ山に到着。
翌日は3時半発!!すぐに就寝。

さて翌朝、スマホのセットミスで目覚ましが鳴らないトラブル!!
しかし不思議なもので気にしてると起きられますね。
ちゃんと集合時間に間に合いました。

ここからはジープとなってましたが
実際はランクル40!!
他のツアーも全てこれを使います。
そう何十台、百台以上かも?
40がそろうのは壮観でした!!

_E0A7923.jpg 
これは日が昇ってから撮影ですがこんな道を
画像に写ってる外輪山の上まで連れて行ってくれます。

土産物屋の間を縫って展望台へ。
あれ?あれほど人がいたのに二三人しかいない??
実は展望台間違えたんです。
土産物屋が密集する場所から階段があるのですが
現地兄ちゃんのこっちに登れるよとの
言葉に従って穴場?に登ってしまいました。
これが正解、正規?の展望台は人だらけ。
角度もこっちが良かった!!
おかげでゆっくり撮影できました。

_E0A7796.jpg 
ここ雲海が出るらしいのですが
今日は空振りっぽい。
まあしかたがない焼けそうな雰囲気なので
今回は納得するしかないな。
じょじょに空が白んできて望み通り朝焼け!!

_E0A7843.jpg 
壮大です!!

_E0A7849.jpg 
真っ赤とまでは行かなかったけど
それはまた現像で・・なんでもない(^_^;

その後カルデラ中央に降り一時間半ほど止まるとのこと?

_E0A7920.jpg 
みんな馬で遊ぶのかな?
なんかシルクロードみたい、行ったことないけど。

_E0A7894.jpg 
しばらくして気がつく。
馬も人もみんな前方の噴火口目指してる。
そうか!!登れるのか!!
そういえばそんなこと言ってた。
寝ぼけてて忘れてました。

この場所から約一時間。
途中までは馬でもいけます。

_E0A8067.jpg 
ここからこれを登れば噴火口!!
_E0A7990.jpg 
複線ですが片方完全に砂でつぶれてる。
すれ違いも大変、ちょっときつかった。
登り切ると。

_E0A8001.jpg 
熱帯だから真昼だったら全部日が入るな。
惜しいけどしょうがない。

_E0A8021.jpg 
煮えたぎってます!!

さてプロモ山訪問記はこれぐらい。
あとはホテル戻って次の目的地へ
また長時間バスの旅らしい・・

ちなみに外輪山のそばは素晴らしい田園地帯・・
では無いな・・段々畑地帯。

_E0A8119.jpg 
よくこんな斜面耕すよね?
人の営みに感動してプロモ山を後にしました。


写真  :  trackback 0   :  comment 0   

ジョグジャカルタとプランバナン遺跡 

今日はジョグジャカルタの名所。

ここはインドネシアの古都。

スルタンの王宮、クラトンがあり

それに付随する水の宮殿、タマン・サリも有名です。


_E0A6627.jpg 

さて、ここの用途わかりますか。

簡単に言うと王宮に使える女性の水浴場です。

奥に塔が見えますね?

王様はそこからこんなふうに覗き見・・いや品定め。


_E0A6645.jpg 

気に入った女性を見つけると・・と言うわけです。

王様は良いなぁ・・いや何でもないです。


その王様が住んでいたクラトン。

今では使用されていませんが御子孫は健在だそうです。


_E0A6701.jpg 

このクラトンと駅の間を一直線に結ぶのがマリオボロ通り。

ショッピングセンターや土産物屋、食べ物屋台に露天商。

観光案内所からスタバにバーガーキングなどなど

観光客に必要そうなありとあらゆるものが並んでいます。

いや・・酒飲めるところは無いか・・(T.T)


_E0A6433のコピー 

さてもう一つの世界遺産、プランナバンに行きましょう。

行き方は簡単、このあたりからトランスジョグジャの1Aに乗って終点下車です。

ヒンズー教の大遺跡で私も勘違いしてたんですが

ボロブドゥールと別の世界遺産に指定されています。

ジョグジャカルタの遺跡としていっしょの登録だと思っていました。

入場料は例によって350000ルピア・・高い。


ここでミス。

塔だから時間は午後でも良いだろうと。

まあ、撮れましたけどね。

でも午前中に撮りたいところが沢山ある。

入場料高いから迷いましたよ・・でも結局昨日今日二回入りました。

5000円超え・・こちらの感覚だととんでもない値段です(T.T)


正面から。

_E0A7432_201807011750153d1.jpg 

この向きが東向き・・やはり正面は欲しい。


それはともかくかなりの規模です。

私はインドでヒンズー寺院沢山見てますが

けっして見劣りしませんね。

もっとも向こうは遺跡ではなく現役寺院。

かなり趣が違います。

これは西からつまり初日。


_E0A7154.jpg 

下から見上げてみましょう。

日曜だと言うこともありすごい人。


_E0A7589.jpg 

でもトゥドゥン被ってくれてるので絵になるし顔も解らない!!


さて二回も入ってもったいない・・ですが

仕方ない面もあるのです。

ここは夕日のプランバナンとも言われていて夕日の名所。

一日で済ますには丸一日いなければなりません。

なかにリーズナブルで清潔なレストラン有るので可能ですが

時間がもったいない気もします。

だから午前午後二回にわけるのは合理的・・と言っておこう。


_E0A7292のコピー 

夕焼けにもなりました。


_E0A7417-2.jpg 

さてライトアップがはじまってるのも解ると思います。

もう少し時間が経つと空とライトのバランスが整い

綺麗な夜景に・・

ところがピピピピ〜〜〜と突然の笛。

あれ?立ち入り禁止でも三脚禁止でもないよな?

遺跡に登ってるわけでもないし???

別の人だろうと撮っているとまたピピピピ〜〜〜!!

やっぱり俺???何???えっ閉園時間???

あと30分開いててよ〜〜〜高いんだから(笑)

まあ素直に帰りました。

閉じ込められたらたまらん(笑)

しかしライトアップするならもうしばらく開けてればいいのに。

このあたりナゾです、ちなみに公園外からはほとんど見えません(笑)

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

ボロブドゥール遺跡 

昨日までジョグジャカルタ近郊
ボロブドゥール遺跡を訪ねていました。
世界三大仏教遺跡に数えられもちろん世界遺産。
ジャワ島のハイライトと言える場所です。

最近ここは日の出を見るのが人気。
ジョグジャカルタから一時間ほどでいけるのですが
それなら遺跡のそばに泊まろう!!
というわけでバス移動。

ジョクジャカルタの街は地元でジョグジャと
呼ばれています。
市内バスの名前もトランスジョグジャ。
ジャカルタと同じように駅があります。

RgW-069.jpg 
基本プリペイドカードのようですが
駅員がお金受け取って備え付けカードで通してくれます。
3500ルピア30円ほどですね。
バスはエアコン付きの新型。
ジャカルタのように専用レーンではないですが快適。
これに乗ってジャンボールターミナルへ。
ここからボロブドゥール行きのバスへ乗り換え。

RgW-074.jpg 
エアコンもないボロボロバスです(笑)
料金は25000ルピア、高くないかい?
ぼられてる気がするけど
ガイドブックにも同じ値段が書いてある。
まあ仕方ない200円ほどだ・・外国人料金なのでしょう。

さてかなりくたびれた遺跡横の宿に落ち着き
明日の日の出前に入るツアーを探す。

ボロブドゥール遺跡は基本朝の6時からです。
でもツアーに参加すればその前に入れるとのことです。
しかしツアー会社が見つからない??
まあいいか、日の出がちょうど6時頃です。
ギリギリ間に合うだろう。

5時半から並び一番に飛び込む。
ちなみに料金350000ルピア!!約2800円!!!高い!!
ちなみにインドネシア人は320円ほど、差有りすぎ!!

さて結果から言いますと・・まあ間に合ったと言っていいでしょう。
少し雲が出てたので時間的には丁度良かった。

_E0A5748.jpg 
霞の出方がなんとなく熱帯。

一つだけ露出した仏様。
昔はもっと沢山外に出ていた記憶があるのですが
今はこれ一つしか見られません。
あぶなく見落とすところだった。
上の写真の籠?の中に仏様が座っておられます。

_E0A5919のコピー2 

昼も再訪。
ここでちょっとトラブル。
朝一旦出る時に確認したんですよ。
もう一度入れるかって?
どうも怪しげだったけどOKと言うから
信じて出ました、この値段だしね。
で朝食後入ろうとしたら
チケットは一回限りだと言われた(^_^;

朝、大丈夫だと言われたよと言ったら
撮った写真確認されて意外と簡単に入れてくれました。
なぜ写真確認?と思ったけど
ちゃんと私が買ったチケットか調べたんでしょうね。
とにかく良かったありがとうございました。

_E0A6234のコピー 
また趣が変わりますね。
まあ完全に満足ではないけどこんなもんでしょう。

RgD-696.jpg 
ちなみに全景です。
上まで登るの結構しんどい(笑)

なんかとりあえず一山越えた感じです。
いやまだこれから!!
ちょっと疲れ気味ですが気合い入れて次行きます!!





写真  :  trackback 0   :  comment 0   

インドネシア国鉄 

インドネシア、色々微妙な事の多い国ですが
鉄道に関してはなかなか感心させられます。

主要都市間には特急が走っていて
これがちゃんと時間通りに運行するんです!!

一説によると日本並みとのこと
実際、いままで二回特急使ってますが
両方とも時間通りでした。
これがどんなに嬉しいことか!!
ちゃんと予定が立てられるんです(笑)

_E0A5515_2018062618030244b.jpg 
予約方法も簡単。
ネットやコンビニでもできるようですが
どうやらその後駅に出向いて確定する必要がある模様。
まあたまたま駅そばに泊まっていたので
直接駅に行けば問題なし。

窓口もありますが専用の端末が並んでいます。
そばに係員がいることがおおいので
聞けば全てやってくれます。
私の場合みんな操作してくれました。
席の場所も選べるのですが
バンドン〜ジョグジャカルタはなんと残席2!!
しかもエグゼクティブクラスのみ!!
乗ってる時間は7時間以上!!いくらだ??
2000円ほどでした。

_MG_8881.jpg 
その車内。
もちろんエアコン付きで充分快適です。

ちなみにジャカルタ〜バンドン間の列車
これはエコノミークラスです。

_MG_8861.jpg 
変らんじゃん(笑)
解りづらいですがシートピッチが倍くらい違います。
それとシートが回転しないことかな?
中央で向かい合わせなのが解るかと思います。

車内サービスはほぼ同じ。
時々車内販売が廻ってくるので食事も問題なし。
難をあげるとトイレの清潔度がイマイチかな?
まあ汚いわけじゃ無いんですけどね。
ちょっと清潔感にはかけます。
まあ写真は遠慮しておきます(笑)

特筆すべきは山間部の車窓。
山間の村や棚田群が次から次へと現れます。
_E0A5599.jpg 
ちょっとヨーロッパぽくない?
赤瓦のせいかな?

RgC-407.jpg 
そして棚田。

こんなもんじゃないんです。
予備知識無いから良い場所はあっという間に通り過ぎ・・
ともかく、あらためてじっくり撮ってみたくなる風景でした。

さて今までそれどこ?って場所ばかりだったと思いますが
これからしばらく大観光地巡りになります。
手始めは世界遺産のボロブドール。
天気も晴れてきました!!
明日はいけるかな?


写真  :  trackback 0   :  comment 0