河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

ナガルコット 

今日は朝からナガルコットでヒマラヤ撮影。
そうナガルコットは朝日が有名なんです。

昨日、着いたのが遅くなったので下見ができませんでした。
しかし、たまたま数日前から来ている日本人に知り合い
いろいろ教えていただきました。
どうやら、ホテルエリアからタクシーやバイクで20分ほどの所に
ViewTowerという展望所があるとのこと。
歩くのはちょっときついんじゃないか・・との話しでした。

ホテルの人も歩けないことはないけど、真夜中だよ?真っ暗だよ!!と。
とりあえず朝出てみてタクシーがいたら拾おうと決定。

出発は朝五時、十三夜の月も山の端に沈み・・つまり真っ暗。
なんとなくリゾートを想像してるかもしれませんが
ネパールのリゾートは日本のど田舎です(笑)
本当に真っ暗、持ってきたヘッドランプの明かりだけが頼り。
タクシー?なんだそりゃ??ほとんど人も見かけません。
道は一応・・本当に一応舗装はされています。

でも・・何てこと無かった、拍子抜け。
ホテルを出てから一時間しかかからなかったんです。
道が悪いからタクシーだと遠く感じるんですね。

視界は良好、朝のヒマラヤ満喫!!

_MG_1090.jpg

エベレストも見えるんです。
わかりづらいのですが矢印の山がエベレストらしい。
展望台にいたガイドがモニター見ながら教えてくれたから
大丈夫だと思う(汗)

_MG_1045-2.jpg

あれ?違うぞ・・て思う方がいたら
ぜひ本当のところを教えて下さい。
私自身はあまり自信がありません。

おわかりだと思いますが少しもやがかかっています。
実はここから四方見渡せるのですがカトマンズ盆地は霧の中。
冬のこのあたりは霧が繁茂に出るそうです。
完全に取れないかな?と10時まで粘りましたがダメ。

少し下の方に良さそうな山があるので降りてみます。
道路側は鉄条網が張ってありますが登山道は柵も何もない。
登ろうと思ったら「No!!」とどこからか声が??

実はこの周辺は軍の駐屯地。
展望良いのは当たり前どうやら見張り場所だったようです。
少し離れた軍の入りうちから声がかかったのでした。
はい、軍隊には逆らいません。
すなおに退却。

ちょっと悔しいので他に撮れそうな場所を探しました。
道路から小道がけっこう分かれているんです。

初めの場所・・ずっと藪の中。
次の場所、ものすごい棚田は見えるけど
ナガルコット方面は視界無し。
次の場所、一応見えるけど・・イマイチだな。

もうあきらめようと思って歩き始めましたが
もう1カ所、小高い丘に通じる道を見つけました。

まあ時間はあるし行ってみるか。
大正解でした!!

_MG_1293.jpg

広角でも撮ってみましょう。

_MG_1301.jpg

左がナガルコットの街、手前に棚田が広がりバックはヒマラヤの峰々。
やっぱり前景もある方がまとめやすい。
霧もアクセントになりました。

満足して撤収、あれレンズキャップ落とした。
転がった、あれっあれっ・・崖の下まで行っちゃった(泪)
まあ、なにかした落ちは付きます。

さて、お楽しみいただいた?ネパール編も最終日。
明日の飛行機でまたまたクアラルンプールに飛びます。
今のカトマンズはだいたい東京都同じ気温、
もちろんクアラルンプールは真夏、からだが持つかな?
今夜はアルコール燃料を多めに入れておこう。
関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/989-343839ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)