河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

チトワンでサイを見る 

私は動物運は良くない方だと思っています。
以前、小笠原で遭遇率80%と言われたドルフィンスイムに参加し
三回連続空振りし同宿の人にいっしょに乗るの嫌がられた
ことも有るぐらいです。

さて、今回チトワンのハイライトはサイ。
そう、チトワンと言えばサイなのです。

今日はそのサイを見にいろいろな手段で挑戦します。
まあ・・見られるとは思っていませんでしたが??

まずは早朝、エレファントサファリから。
まだ暗いうちに迎えが来てゾウ乗り場へ。
ゾウは四人一組で乗るそうで他のツアーの人と同乗。
中国人のグループといっしょだ。

実はガイドの人も中国人とインド人とネパール人(笑)は
うるさいから嫌だ・・と言っていました。
私の経験でも中国人とインド人はうるさい
ルンビニからネパール人もランクイン。
同国人も言うぐらいだから間違いないでしょう。
結果は?

まあ本当にうるさい!!
朝の静寂を破る大声・・勘弁してよ・・鳥のさえずりも聞こえない。

_MG_0217.jpg

それにゾウの乗り心地、こんなに悪いとは思わなかった。
図体でかいから一歩ごとに上下動が結構あるんですよ。
構図なんか決められない。
動物がいると止まってくれますがやっぱり少し動いちゃう。

でも、割り切って乗っちゃうと眺めはよいし
どんな道、いや川でも渡っちゃうし究極の四駆だ!!
朝のジャングルはとっても爽快だし。
鹿やサルやクジャクや・・色々みられたし。
けっこう満足。
でも、サイは出てきませんでした。

午後はカヌーとトレッキング。
カヌーと言うより丸木舟ですね。
これで30分ほどラプティ川を下りました。

_MG_0357.jpg

途中、クロコダイルに遭遇。
今年は人が襲われる事故もあったそうです。
でもサイはまだ見えません。

_MG_0395.jpg

上陸後はステップというのかな?大草原をサイを求めてウロウロ。

_MG_0411_20131210222055311.jpg

足跡やフンはわりと見つかりました。
でも、サイどころか動物は見つからない。
後で聞いたのですが寒くなると森にこもっちゃって
見つけるのが難しくなるそうです。

草原を出て森へ。
少し歩いた時、前方左でなにか大きな動物の気配。
ガイドがストップかけると・・
飛び出してきました!!間違いなくサイです。
走って逃げていきます、凄い迫力。
地響きたててドドドドドッ、まさにそんな感じ。

_MG_0430.jpg

残念ながら撮れたのはお尻だけ。
でもこれから緊張の時間が始まります。

サイは前方から右に走っていってこちらの気配をうかがってます。
ガイドによると怒ってるとのこと。

足音やシャッター音で驚いたみたいです。

しばらくじっとしてます。
ガイドがよし近づいてみようと何メートルか動いた時。
ブルルルとイヌの威嚇を太くしたような迫力有る声?がすると
こちらに向かってドドッと向かってくる音が!!
逃げろ!!と二人で木の陰に待避。
いや、焦った!!!
とにかく足音立てるなと(身振りで)いわれてしばし待機。
威嚇の声はまだ聞こえています。
でも、この距離なら危険は無さそうです。

しばらく様子を見ましたが出てこないのであきらめ。
結局撮れたのは先ほどのお尻だけでした。

でも、すごくラッキーだったんです。
トレッキング中何組も他の人に会ったのですが
今日、サイを見られたのは私だけだったみたい。

動物運どころか全ての運を使い果たした感じ。
もしかしたもう良いこと無いのかな?
関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/982-20d84376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)