河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

早池峰山登山記・その一 

う~~ん、体中が痛い(T.T)
さすがに運動不足だったか・・

昨日は標高1917mの霊峰、早池峰山に登ってきました。
この山、遠野から見るとなだらかで優しげな山容。
いわゆる「女性的」な山・・に見えます。
さて、登ってみると・・どうでしょうか?

そう、今回は登山者の役に立つように
ちょっと細かく登山記という形で書いてみます。
長くなりますが興味のない方は適当に読み飛ばしてください。

一昨日、夜のうちから「道の駅はやちね」で車中泊。
登山口まで行こうかと思いましたが
トイレが夜閉まると聞いた気がしてここで泊まりました。

道の駅から約30分、駐車場は「河原の坊」にあります。
ここから「小田越し」まで車道を歩くことになります。
実は「河原の坊」から直接山頂を目指すコースもあって
どちらから登るか迷ったのですが・・やめといて良かった・・
詳細は下りの時に・・

SN3O0358-2.jpg

おっと忘れるところだった。
河原の坊には夜も開いてるトイレちゃんと有りました。
炊事ができる水場もあって流石登山口。
トイレと言えばもう一つ注意があります。
「早池峰山」にはトイレがありません。
350円(H25秋)で携帯トイレを買って全て
持ち帰るようになっています。
小もダメなことになっていますので注意してください。

_MG_9330.jpg

「小田越し」から見る山頂。
ここまで車道ですが駐車場はありません。
路上駐車も不可能で監視員もいます。
車は必ず「河原の坊」に停めてきてください。

初めは森林地帯、整備された道が進みます。
時々こんな空き缶が?

SN3O0349.jpg

おそらく熊よけなんでしょう。
ガンガンたたいて前に進むのかな?

MgE-045.jpg

約30分、苦労するほどでもなく森林限界へ。
このあたりナナカマドの紅葉が盛り。
他はまだ色づいていませんが、まあまあの時期だったかも。

ここから本格的な登山がはじまります。
女性的な山容?間違いでしたね(汗)

MgE-051_201310051328403f7.jpg

岩だらけのガレ場をけっこうな角度で登っていきます。
でも景色がよい、快調に高度を稼ぎ一時間ほどでお金蔵という
神様の金庫に見立てられた特徴有る岩に到着。

他の登山者はガレ場が長い・・大変だ・・とこぼしてました。
確かにけっこうキツイ登り。
視界がなかったら嫌になったかもしれない。

MgE-072_20131005133006e63.jpg

さて、ここまで来たらもう一息。
少しばかり気持ちの良い尾根道。
となりの薬師山より高くなったな、海も見える。

残念ながら雲がどんどん増えてきました。
西の方は晴れてるので望みはあるけど・・
機嫌損ねちゃったかな?

最後、多少、鎖場や梯子がありますが問題無いでしょう。
無事、山頂に着くことができました。

MgE-097.jpg

写真を撮りながらで3時間半。
普通に行けばコースタイムどおり2時間20分ぐらいで行くでしょう。
アプローチは簡単でしたが途中から、けっこうきつくなります。
一旦楽になって、頂上前に梯子など最後の関門。
ある意味女性的(笑)

でも、この後さらに苦労が待っているとは・・
この時は考えもしませんでした。

長くなったので今日はここまで。
これから数日天気悪そうです。
いまの内に洗濯してこよう。
関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/930-78100eb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)