河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

烏山頭 

台湾では尊敬されている日本人が何人もいます。
そのなかでも一番有名と言われているのが
八田与一(八田與一)さん、烏山頭ダムをつくった方です。
今日はその烏山頭に行って来ました。

_MG_3797.jpg

アクセスは台南から・・とガイドブックに書いてあったのですが
行ってみるとバスターミナルが無い??
どうやら移動した模様。
案内所で聞くと駅前のロータリーから出るとのこと。
で、そこで時刻表見ると行ガイドブックに書いてあるバスには
大きく X が書いてある??
係員に聞いてみると・・なんか頼りない。
どうやら今月から大規模な系統整理があった模様。
係員もはっきりとは把握してないみたい。
とにかく9時半発のバスに乗れと言われました。
ちなみに、この時点で朝の8時です・・

なぜか今日はタダで乗れるとのこと??
乗ってみると確かにタダ。
でも満員、1時間ほど立って移動することに。
善化と言う場所に着いたときここで降りろと??
えっまだ着いてないじゃん??どうやら乗り換えろと言ってるようです。
まあ、いいやタダだし。
降りると台鉄の駅じゃん。
バスの時間調べたら結構本数有る!!
初めからここまで電車で来れば良かったんじゃん。
まったく・・まあタダだからいいや。

前置きが長くなりました。
ともかく7時高雄を出て着いたのは12時頃・・疲れた・・

八田与一、前に書いたように烏山頭ダムを設計、製作の監督をした人。
このダムのおかげで嘉南平野は荒れ地から穀倉地帯に変わりました。
今でも現地の人にはすごく尊敬されていて「嘉南大圳の父」と言われています。
住居も整備されて公開されています。

_MG_3842_20130706231036.jpg

う〜〜〜ん、赤いテープが邪魔だ(^_^;

公園内には日本風の住宅がいくつか復元されています。
でも一歩離れるとこんな住宅も。

_MG_3887_20130706231228.jpg

復元された住宅も少し前までこんな感じだったそうです。

ダムはこんな感じ。

_MG_3800.jpg

写真だとわかりづらいですが
当時世界第三位の規模だったそうです。
どれほどの規模の工事だったかしのばれます。

異国の地で尊敬される同胞がいる。
同じ日本人として少し誇らしくなりますね。
関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/901-c4ea766d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)