河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

七美嶼(七美島)の雙心石滬 

今までのブログ読み直したら
ほとんど「今日はXX」と天気ではじまってる。
よほど気になってるらしい(笑)
まあ実際そうねんですけどね。

で、今日は・・晴れです!!
と起きたときには思いました。
6時頃起きたのですがその時は一面の青空。
やった〜〜賭に勝った!!
でも7時頃には怪しい雲が・・昨日までと逆だパターンだ(汗)

本当言うと今日の目標はそれほど晴れて無くても大丈夫なんです。
あきらめずに出発。

朝7時50分に馬公の南海遊客中心つまり南海旅行者センター発。

まあまあの大きさのクルーザー(写真は七美です)

_MG_1519.jpg

柱状節理で有名な桶盤嶼を海上から眺め(ツアーによっては上陸できます)
約1時間、今回澎湖島の最大の目的地、七美嶼に着きました。
足は例によってバイク。
しかしかなり緩い・・免許のチェックもしなかったぞ。

乗ってビックリ!!電動バイクでした!!!

_MG_3020.jpg

ステップの下が厚いのわかるでしょ?
おそらくそこがバッテリー。
乗り心地は何となく加速していく感じ。
正直、おもしろさは無い。
スピードもそこそこで航続距離も不安。
けっこうゲージが下がるの早かった。
でもこの島は一周30分ぐらい、これは良いのかもしれない。

さて、いよいよ今回、最大のお目当て。
実はこの台湾行き自体もこれを撮りたいからはじまりました。
七美嶼のツインハート、雙心石滬です。

_MG_2990.jpg

実はちょっとした誤解から始まったんです。
恥ずかしながら、これ、自然地形だと思ってたんです。
これは珍しい、グレートバリアリーフのハートリーフより良いぞ!!
で、昔からずっと行きたかったんです。
今回時間が取れそうなのでよく調べたら・・えっ??

そう、これは伝統的な漁獲方法なんです。
満潮時には水没、後はおわかりですよね?
正直、満潮だったらどうしようかと心配していました。
逆に潮が引きすぎても綺麗に見えないようです。
でも日頃の行いでしょうか(笑)ちょうど良い状態でした。

_MG_3093-2.jpg

こうやって引いてみるとどうやって魚を捕るか、良くわかりますね。
でもこんなに引いた写真見たこと無かったんですよ。
それに上の方に見える堤防ももっと小さかったし・・
まあ、おもしろい場所であることは変わり有りません。
なかなか来られない場所だけに、まともに撮れて正直ホッとしています。

このツアーでは七美嶼に三時間滞在。
数あるツアーの中で滞在時間が一番長いものを選びました。
普通に見るのなら島一周しても二時間でおつりが来ます。
みなさんが来る際の参考にして下さい。

船はこの後、望安嶼という島に上陸。
またもやバイクで古い集落や綺麗なビーチを廻り、3時頃馬公の街へ戻りました。
澎湖島を離れる船はだいたい4時過ぎに
出ますので1泊でも見てこれるわけです。
私の宿でもみんな一日で去っていく。
四泊もした物好きは私だけ(^_^;

さて、それでも明日で澎湖島も終わり。
もう撮る物あまりないけど少し馬公で遊んで
夕方の船で高雄に出ます。
関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/898-71d4718f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)