河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

花蓮から宜蘭・礁溪温泉 

最新型車両がでていて撮影したのは「プユマ号」
色が全然違いました。
いや偶然とは言え最新型撮っといて良かった。

で、今朝はプユマ号を撮りにバイクで昨日の場所へ。
やっぱり台湾にも撮り鉄がいるんですね。
三脚立ててるおじさんがいて、その人から
次に来るのは「プユマだ」と教えてもらいました。
いや、危ない・・聞いてなければキャプション間違えるとこだった。

MfE-755.jpg

どうでしょう?昨日より良い??

市内に戻りバイクを返し電車でGO!!
次の目的地は宜蘭です。
戦前から日本人が多く住んでいた街のようで
軍の飛行場もあったよです。
なんと「神風特攻隊」もここから出発したのもあったようで
日本軍関係の遺跡も残っています。

MfF-082.jpg

これは通信施設跡。
ちゃんと説明付きで残っているのに感謝。

市内には日本関係の施設も沢山。
これは宜蘭設治記念館といって日本時代の長官官舎。
今は歴史博物館のようになっています。
中は畳敷きで台湾の人が座りこんでくつろいでいました。

MfF-062.jpg

そういえば駅がこれです。
これも戦前からの建築。
今時日本でもこんな駅ない・・いや東京駅ぐらいかな?

MfF-086.jpg

再び電車で礁溪温泉へ。
駅を降りると思いっきり温泉街の雰囲気。
もちろん今の趣は日本と違うのですが何となく温泉。
足湯も至る所にあります。

MfF-128.jpg

いや、足湯どころか共同浴場もあるんです。
湯囲風呂という有料(80元)の公衆浴場もありますが
ここは無料の浴場、川をせき止める形で浴槽がつくられています。

_MG_1487.jpg

残念ながら男性専用。
女性は80元はらって「湯囲風呂」へ行って下さい。

実はここまで来ると台北はすぐ。
鉄道は山地を避けて大回りするのですが
バスは長いトンネルを抜けて台北に一直線。
1時間で台北に着いてしまいます。
このルート知らなかったのでずいぶん得した気分。
土曜だから鉄道乗るのも大変だと思ってたんです。

さて、明日は台湾の離島、澎湖島へ飛びます。
何があるの??
行ってからのお楽しみ。
天気が悪いと撮れないので晴天を祈ってます。
関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/894-a235db41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)