河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

太魯閣峡谷 

花蓮二日目、今日は太魯閣峡谷へ行って来ました。
実はバイクを借りて行くつもりだったんですよ。
駅前に沢山レンタルバイク屋がありまして
看板には一日200元(約600円)と書いてあります。
おおっ!!タイ並みじゃん。
と思ったのですがどこに聞いても外国人はダメと。
後でわかったのですが外国人に貸してくれる
レンタルバイク屋は二軒だけ。
それも400元から500元するとのこと。
しかも8時からで早朝は開いてない。

どうするか迷ったのですが
太魯閣峡谷方面のバスは7時50分出発。
天気はよいし一日券250元を買って乗っちゃいました。

ところが入口で一旦下ろされました??
まあ撮りたいところ有るから良いけど・・

_MG_1233.jpg

昔は太魯閣峡谷というとここの写真ばかり使ってました。
もっと車線が狭く、門の右側はもう川。
このまえにアミ族の娘さんがたむろしていて
モデルになってくれる。
モデル料で良くもめたっけな・・(笑)
必ずなんか理由つけてぼったくろうとするんですよ。
今はお土産屋さんが並ぶだけで、その姿も見えません。

バスは大まかに行って一時間に一本ぐらい。
この先に撮りたいところがあるので歩いてみることに。
まあここは問題なし。
撮影終わって時刻表見るとバスは行ったばかり・・
あれ?でもバスの姿なんか見なかったぞ??
酷暑の中さらに一時間ほど歩くと突然現れたのがこれだ。

_MG_1318_20130627204822.jpg

つまりこの時間しかバスだろうが徒歩だろうが通れません(泪)
交通整理してたおばさんが日本語ぺらぺらだった。
「この先崖が崩れちゃって、いや地震じゃないよ大雨
だめだよ、この時間しか通れないよ・・あと・・一時間半かな」
バスの時刻が違ってたわけだ・・

で・・開通時間までおばちゃんと話したりしながら、ぼっとしてました。
トラックの運ちゃんがバナナくれたり、それはそれで楽しかったのですが
くそ〜〜天気良いんですよね(泪)

おばちゃんによると次の見所「燕子口」まで歩いて二十分とのこと。
その先の「九曲洞」は崖崩れで通れないらしいので
そこまで歩くか・・と再度歩き始めます。
おお!!思いっきり崩れてる!!これじゃ仕方ないな。
通れるだけ感謝しよう。

_MG_1324.jpg

さて二十分のはずが・・一時間かかったじゃねえか。
合計何キロ歩いたんだろう?かなり疲れた(汗)

しかしまあ凄い峡谷だ。
山全体が大理石でできてる。

_MG_1348.jpg

これも燕子口地区にある岩、わかりますか?
インディアン岩と呼ばれています。
左側向いたインディアンに見えるかな?

_MG_1373.jpg

このあたりでだいたい中間点。
あと二時間ほど歩けば終点の天祥に着くのですが流石にギブアップ。
う〜〜んバスは速い、しかも涼しい(当たり前か)
あっという間に終点天祥に到着。

_MG_1402.jpg

山間に開けた静かな街で
一度泊まってみたいと思っています。
どうやら今回も無理みたい・・まあそのうちに。

帰りのバスは例の関門があるせいか
名所に泊まりながら行ってくれました。
おかげであきらめていたカットも何枚か撮れラッキー。
がんばって歩いたご褒美なんでしょう。

明日は太魯閣以外の名所を廻ってみるつもりです。
今度こそバイクかな?
関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/891-19f34af4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)