河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

宇津ノ谷峠 

朝のうち、けっこうな雨が降っていました。
例によって車でゴロゴロしていたら
昼頃になって明るくなってきた。
流石に二日も昼酒飲んでるわけにもいかず
比較的近くの宇津ノ谷峠に行って来ました。

ここは古代から現代の国道1号バイパスまで
時代の違う五種類の道路と四本のトンネルがある珍しい場所。
古い方からいきましょう。

「蔦の細道」として知られるこの道。
平安時代に開通し数々の歌に詠まれた道です。

_MG_8833.jpg

一応整備させていますが完全な山道。
まあそれほどキツイ登りではないので
天気が良ければ気持ちの良いハイキングができそうです。

江戸時代に入るとお馴染み東海道として整備されます。

_MG_8776.jpg

鞠子宿と岡部宿の間、地蔵堂の後も残っていて
これも気持ちよいルート。
間の宿の宇津谷宿には手打ちそば屋も並んでました。

_MG_8802.jpg

明治時代、トンネル開通!!
「明治トンネル」と言われています。

_MG_8729.jpg

実はこのトンネル日本最初の有料トンネルで
昔は「銭取りトンネル」と言われていたとか。
レンガ積みで建築学的にも貴重らしく国の文化財に指定されています。
今はもちろん無料で通れます。

_MG_8743.jpg

次は「大正トンネル」
これ、正確には工事開始が大正時代で完成は昭和初期。
そのせいか「昭和初期のトンネル」と書いてある
資料もあります。

_MG_8713.jpg

この道は現在でも生きていて国道一号の旧道として
車で通ることができます。

そして現在。
左が「昭和トンネル」右が「平成トンネル」

_MG_8814.jpg

通っているのは日本の大動脈、国道一号バイパスです。

この下に東名高速でも通ってれば完璧なのですが
残念ながら少し海より、日本坂トンネルを経由してしまいました。
ちょっと残念な気もします。
関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/867-2a1fb08a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)