河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

再びタイへ、ウドーンターニーでもうどうにでもなれ!! 

タイトル、特に酷いことが・・いや起こったのかな?
でも泥棒にあったとかケガしたとかじゃなのでご安心を。

今朝は早起き。
7時半のバスで国境を越え再びタイへ行く予定です。
7時に宿を出て予定通り10分前にはバスターミナルへ到着。
窓口で時間見ると8時発になってる??
前に来たとき時刻表の写真撮っといたので比べたら
やっぱり昨日までは7時半だ・・時刻変わったのか。
きっと、あの貼ってあった紙(無くなってました)に書いてあったんだろうな・・
なにせ数字以外見当も付かない物で・・(^_^;
でも、早まったんじゃなくて良かった。

_MG_1203.jpg

国境越えは波乱無し。
強いてあげればラオスの通貨kipがぴったり無くなったこと。
特に計算したわけでもないのにトイレ行ったら残りが8000kip
隣を見たら両替所があってUS1=7900kipとかいてある。
交換したら残金0、100kip約1円は寄付してきました。

約二時間でタイ東北部の大都市、ウドーンターニー着。
初めのもくろみでは駅に荷物を預けて、世界遺産のバーンチアン遺跡へ。
撮影に時間かかるところではないので
そのまま今日の夜行でバンコクへ戻ろうと思ってました。
駅に行くと・・小さい駅だ・・荷物預けあるかな??

_MG_0714-2.jpg

ありませんでした(汗)
それじゃトゥクトゥクチャーターしちゃおう。
一日、早まるならそれでいいや。
交渉して往復B800で合意。
でも夜行列車の切符取れたらね、との約束をしておきました。

で、駅に行くと・・満席・・明日も満席・・
バスの夜行は避けたいから宿泊することにしました。
トゥクトゥクの運転手さんごめんなさい。
でも、別に怒っていたわけでなく笑ってましたけどね。

適当なホテルを探してチェックイン。
ちょっと古めだけど清潔そうで広い部屋、AC・ホットシャワーでB350。
バンコクの半値以下だ、これだからタイの田舎は良い。

シャワー浴びて荷物置いて・・さて出発。
荷物無いからバスで行こうとフロントで聞いたら
「ちょっと待って、タイの博物館は月曜日休みよ、明日にした方がいいわよ」
この遺跡は屋根が着いていて保護されています。
たしか博物館と共通だったような・・

タイはガイドブック持ってます。
調べてみると・・えっ月・火休みってなってる(泪)
どうしよう・・ここに三日間もいるのか・・

_MG_1243.jpg

宿の目の前にこんなショッピングセンターもあるし
まあ良いかな?
明後日の寝台列車が取れたらそうしよう。
再び駅に行くと・・あっけなく取れました。

この街は米軍基地で発展した町なので外国人はけっこう見ます。
おしゃれな店もローカルな店もよりどりみどり。
退屈はしそうにないのですが私にとっての見所は・・バーンチアンだけ。

もうどうでもいいや!!のんびりしてしまえ。
で、このタイトルとなったわけです。
バンコクに着くのは14日、タイ出発は15日、もう何も撮れないな。
でも、休みに気づかずB800かけてバーンチアンに向かってたら・・
そう考えるとラッキーだったんでしょう。
いや、他にも何か良いことがあるかもしれないし。
前向きに考えよう!!
関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/857-122eeb3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)