河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ラオス国境の街ノーンカーイへ。 

夜汽車に乗ってノーンカーイに着きました。
昨夜8時発、ノーンカーイ行き。
期待していたブルートレイン・・では無かった・・残念。

前回紹介したとおりタイにはJRから譲渡されたブルートレインが
ほぼそのまま走っています。
今回もチェンマイ行きの車両がJR車両使用で入線していました。
色はブルーから紫に塗装替え。

_MG_9751.jpg

ちょっと残念な気もしますが、それだけ現地に溶け込んで
大事にされてるってことですよね。
幸せな余生・・いやまだまだ現役です。

鉄道ファン以外は「本当にブルートレイン??」と思うかもしれないので
証拠を載せておきましょう。

_MG_9744.jpg

JRどころか国鉄だ!!

前述の通り私の乗った列車はJRではなく昔からある車両。
通路をはさんで両側にベッドが並びます。
学生団体といっしょになったけどマナーが良かった。
タイ人えらい。

_MG_1158.jpg

到着予定は8時半、うまくすると一日で全て撮れて
今日中にラオスに渡れるかな?
7時半頃大きな街が見えてきた。
時刻表だと「ウドーンターニー」に着く時間。
うん、優秀優秀、遅れてないじゃん。

一応通りがかった車掌に聞いてみた。
「ウドーンターニー?」
「いや、コーンケーンだよ」
えっ???駅に着くと確かにコーンケーン。
時刻表だと4時半予定だぞ(笑)

タイの鉄道はけっこう遅れるのですが
いきなり3時間は珍しい。
おかげで今日中にビエンチャンは不可能だ(苦笑)

というのが、ここノーンカーイでは撮りたいカットがあるのです。
タイ・ラオス友好橋というメコン川に架かる橋があって
その上を路面電車のように国際列車が走るのです。
そして橋の上は国境まで歩ける、横断はできませんが撮影はできるはず。

_MG_9937.jpg

天気はまずまず、とりあえず下から。
対岸はもうラオスです。
余談ながらこのあたりはビーチ?になっていて
子供達の水泳場になっています。
海・・じゃない川の家も完備。
ビールも飲めます(笑)

_MG_1162.jpg

明暗差が激しいのを無理矢理処理したので変な感じ。
まあ、適当に撮った物なので勘弁して下さい。

上に登って国境へ。
パスポートも何にもいりません。

_MG_9893.jpg

バスの右側、旗が二本並んでいるところが国境。
歩いてこれるのはここまで。
国境を越える人はシャトルバスに乗ります。
そして真ん中に見えるのが国際列車の線路・・国際列車ですからね!!

しかし、メコン川といい、ここといい国境突破なんか簡単だな。
ラオスとタイは対立してるわけではないのでこれで良いのでしょう。
今まで見た中で一番のどかな国境です。

さて、橋の上で待つこと30分、一応早めに来てました。
国境でカメラ構えて待ってたらやばいかな・・と思ってましたが
まるっきりの杞憂、警備員だっていない。
一つ心配なのが電車と車が被っちゃわないかってこと。
でもそれも杞憂でした。
列車の到着が近づくと一時的に通行止め。
とっても撮りやすい。

_MG_9923.jpg

こんな感じになりました。
実は本命は明日の11時30分、ラオスからやってくる列車。
良く見ていただけるとわかるのですが、これ後ろ向きなんです(汗)
でも、運行は一日二往復だけ・・ダメなこともあり得るので押さえ。

本来、今日それを撮りたかったのですが
三時間遅れてノーンカーイ到着が11時半でした(泪)
予定通りには行きませんよね(苦笑)

関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/851-cbec0558
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)