河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

シェムリアップからバンコク、鉄道の旅 

バンコク着きました。
まあ順調に着いたと言っていいでしょう。
今日は無理だと思ってたブログ更新もできましたし。
では今日の移動を振り返ってみましょう。

まずはカンボジア国境の街ポイペトへ。
といっても宿でツーリストバスのチケットを売っていたので楽々(US5でした)
ピックアップは朝の7時半。
どうやらポイペトまではバンコク行きのバスといっしょです。

あれ、バンコク行くんじゃないの?
私はポイペトでバスと分かれて鉄道に乗るつもりです。
もともとバンコクからプノンペンまで線路は続いているのです。
いろんな事情があるのでしょう。
カンボジア国内は鉄道休止状態。
でもタイ側の国境、アヤンプラパートまでは
一日二本、普通列車が走ってるとのことです。

途中休憩をはさみながら約三時間
バスはほぼ予定通り11時半にポイペトに着きました。
ウェブで調べたところアヤンプラパート発は13時55分、余裕だな。

_MG_9275-2.jpg

活気はあるけど、ここが国境?てな感じのボーダー到着。
ものすごい行列・・(写真右の人混みがイミグレの行列です)
おまけにイミグレに近づいたとき俺だけ止められてパスポート見せろと・・
別に失礼な態度じゃなかったけど・・怪しいかな??俺???

出国審査はけっこう厳重。
両手全ての指の指紋をチェック。
入国時にやるところは多くなったけど(カンボジアもありました)
出国時は初めてだ!!
人が入れ替わってないかとかチェックしてるのかな?

30分以上かけてクリア、次はタイの入国審査。
歩いて国境を渡りタイ側のイミグレへ。

_MG_9311.jpg

さすがにこちらはビルになってた。
でもここでも長蛇の列。
あっという間に時間は一時を過ぎました(汗)
ボーダーから駅までトゥクトゥクで15分くらいと聞いてますが
ちょっと焦ってきた。
だって列が全然進まない。

ところが、不思議なことに私の列の係員が
急にやる気を出した。

いや、本当に他の列に比べて倍くらいの早さ。
他の係員はしゃべくりながらめんどくさそうに処理してる。
私の列の人もしゃべっているのだが手は動いてる。
おかげで思ったより早く抜けられました。

_MG_9353.jpg

イミグレを出ると大きな市場があります。
おそらくカンボジアから持ち込んだ物が売られているのでしょう。
ゆっくり見ていくつもりが時間がない。
すぐに駅へ向かいました。

_MG_9361_20130304233453.jpg

道も順調で13時半頃駅へ到着。
ちなみにタイの駅は駅員さんのプライド?みんな綺麗です。
いや日本と比べても綺麗に整備された駅が多いです。
これは嬉しい!!

_MG_9376_20130304234047.jpg

おっ!!なんか良い感じの列車、これも嬉しい。
運賃もバンコクまで6時間乗ってわずか150円ほど。
1500円じゃない、150円です!!

_MG_9368.jpg

駅前で昼食とビールを買い込んで
列車の旅の始まりです。
昼食じゃない!!つまみだって言う突っ込みは無しで(笑)

_MG_9383.jpg

立ってる人はいないけどだいたい席は埋まってる。
客車も何か懐かしくご機嫌。
路線は完全にロカール線。
途中駅で撮影。

_MG_9381.jpg

わかりますか?これプラットホームです。
何で止まったのかと思った。

でも・・実は急いだおかげで大失敗してたのです。
両替するの忘れてた(汗)
少し・・2000円ほどタイバーツは持ってきているんです。
でも、今夜泊まると夕食代がないかも(汗)

まあ何とかなるだろう・・微妙に不安・・

駅が綺麗でも遅れることが多いのがタイ国鉄。
でも今日は遅れませんでした。
なんと10分早く着きました(笑)

いいのか?早く着いて!!

到着後以前から目を付けていたゲストハウスにチェックイン。
思った通り安くて綺麗、駅のすぐ横。
そして・・USが使えました。
ホッとした。

そんなわけで、部屋でくつろぎビール飲んでます。
明日からのタイ編はどうなるでしょう。
ご期待下さい・・あまりご期待に添うことはしたくないけど・・
関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/849-89f11015
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)