河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

浮島現象 

暑い日が続きます。
とはいえ今考えても沖縄の暑さは格別でした。
今年はエアコンの稼働率が低くなってます。

例によって家にこもって写真処理の毎日。
普通、カメラマンは現像って言ってますけど
正直言ってあまりしっくり来る言葉ではありません。
なんとなく写真処理の方が実情に適してる気が・・・
現像って言うと暗室の中で薬品使ってああしてこうして・・のイメージが強いんです。
もうデジタルになって相当経つのに・・意外と保守的(笑)

さて、西表島から由布島へ渡る水牛車の写真を処理してる時のことです。
ゴミ消しをするので(一眼レフではセンサーにゴミが付くことがあります)
拡大するのですが・・???島が浮いてる???

LeI-995.jpg

これは蜃気楼一種で浮島現象と言うらしいです。
有名な富山湾の蜃気楼は上位蜃気楼と言って下にある物が上に写る現象。

これは下位蜃気楼と言って暑い日の道路で見られる「逃げ水」と同じタイプ。
上の景色が下に写るわけです、これは典型的ですね。
といってもそれほど珍しい現象ではないようです。
私は説明が下手なので詳しく知りたい方は検索してみて下さい。

ちなみに上のカットとは違いますが全体画像です。

LeI-984-3.jpg

よく見るとこの写真でも浮島現象が見られます。
おわかりでしょうか?
しかし・・撮ってるときは暑くてボ〜〜〜として気づかなかったんですよね(汗)
アップで撮ればそれなりに面白い写真が撮れたかも。
修行がたりんな。
関連記事

テーマ: 風景写真

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 1   

コメント

「現像」私を含めて?今の人にはわかりにくい言葉だし、
デジタル画像には似つかわしくない言葉のように思えます。

話しは変わりますが、エアアジア安そうですね。

秀介 #z8Ev11P6 | URL | 2012.09.05 18:18  edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/757-204cfd3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)