河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

西表島その4、浦内川 

今日も石垣島は曇り・・いや一般的には晴れというかもしれませんが
撮れる天気ではありません(汗)
この辺の島全部撮れるかと思ってたけど少し絞らなきゃならないかな?

もしかしたら西表島編を全部書いてしまえとの配慮かも?
だとしたら明日から快晴だ!!・・といいな。

というわけで西表島編最終回。
今日は仲間川と並ぶ島内二大河川の浦内川。
この川は沖縄最長の川でもあります!!

場所は西部、上原港の近く。
といっても船着き場まで歩くのはキツイ。
バスでも行けますが連絡が悪く何時間も待ちます。
今回は日曜日だったせいか臨時ボートが出て待ち時間少なかったですが
基本的にレンタカーやバイク、自転車(きついけど)で行くところ。
そのまま上原港から石垣行きの船(安栄観光)に乗る人は
その送迎バスに乗ることもできますがこれは裏技です。
でもこの送迎バスは本数も多く便利なのでチェックする価値有り!!
これがなかったら、おそらく行くのをあきらめてました。

_MG_9596.jpg

ここも河口部にマングローブの森が広がりますが
仲間川に比べると山がせまっていてそれほどの広がりはありません。
それでもボートに乗っていると見応えはある。
でもそれじゃ仲間川といっしょ??
正直言ってボートで往復するツアーは大差ないです。
でもここのハイライトは上流の滝を訪ねるツアー。
上流船着き場でボートを下りてジャングルウォークができるんです。
ちなみにボートだけと同料金、帰りは別の船で帰ることになります。

_MG_9361.jpg

上流の船着き場、もう山奥の風情。
ここから約30分、ジャングルの中の小道を歩くことになります。
とはいっても整備されていてサンダルでもOK。
標高差もそれほど無いし日陰なので心配することはありません。

_MG_9512.jpg

途中、小さな沢や滝を眺めつつ本当に30分ほどで目的位置「マリユドゥの滝」に到着。

_MG_9385.jpg

一応念のため、この上の写真がマリユドゥの滝、その上は沢にかかってた滝です。
この滝、日本の滝100選に沖縄県から唯一選ばれてる滝。
深い森の中を何段にも分かれて落ちる様はなかなかのもの。
一汗かいた甲斐がありました。

さて、さらに奥へ進みます。
ここから約15分、次の目的地は「カンピレーの滝」
ここは近くまで行けるので爽快!!

_MG_9457 のコピー のコピー

こう見るとただの急流に見えますがこの下で綺麗に落ち込んでます。
以前はその滝壺に行けたらしいのですが道が崩れたとかで今はここまで。
ちょっと残念。

普通のトレッキングコースはここまで。
後は来た道をのんびり引き返すだけ。
新しく運ばれて来た人と入れ替わり。
今度は浦内川を下りもとの船着き場へ戻ります。

さて、これでお終いなのですがもう一つおまけ。
西表島には昔炭坑がありました。
この船着き場から20分ほどでその一つ宇多良炭坑の廃墟が見られます。

_MG_8449_20120711110826.jpg

わかりますか?ガジュマルがからみついてる煉瓦、トロッコの橋脚なんです。
今はもうほとんど自然に帰ってしまってしまい想像もできません。
資料が残ってなかったら謎の文明!!とかなりそうですね。
関連記事
写真  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/734-71f873ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)