河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ウサギと毒ガスの島、大久野島 

今回の取材も最期に近づきました。
短い?そう、あまり時間が取れなかったので海外行かなかったんです。
でも、国内はなだたる先輩方が一生懸命撮っている。
で、あまり写真が無くて一部で有名な場所を考えてました。
その一つが、ここ大久野島です。
瀬戸内海、大三島と本州の間に浮かぶ一周4㎞ほどの小島。
最近、ここが話題になっています。
ここはウサギの楽園なのです!!

行き方は大三島の盛港、もしくは広島県の忠海港からフェリーで15分ほど。
でも車は地元車以外降りられないので港の無料駐車場に置いて渡りました。
船を下りる・・いや降りる前から、いるいる!!

_MG_1956.jpg

戦後、地元の小学校が数匹・・いや数羽のウサギを放したのが始まりだとか。
その後順調?に増え今では300羽ものウサギが島中に住んでいます。

なかでも沢山集まっているのが国民休暇村の前。
ゴチャゴチャいるよ(笑)
エサも売っていて人を見つけるとぴょんぴょん寄ってきます。
そして後ろ足で立っておねだり、かわいい!!
でも大の男というかおじさんが一人でいるのはちょっとみじめかもしれない

_MG_1883.jpg

そんな大久野島にも要塞の島・毒ガスの島という歴史があります。
日露戦争の開戦前、この島は瀬戸内海の防衛のため要塞化されました。
今も沢山の砲台跡が残っています。
幸いその砲台は使われませんでしたが、第二次大戦中。
ここは毒ガス製造の秘密基地となったんです。
戦争中に作られた毒ガスの8割はこの島で作られたとか・・
砲台と毒ガス施設を巡る遊歩道と自転車道路が完備してて
瀬戸内海の美しい景色を眺めながら散策することができます。

_MG_1989_20120525183758.jpg

写真は毒ガス製造のための発電所跡。
廃墟になっていますが歴史の重みを感じます・・

でも、ここでも出てきちゃうんですよ・・ウサギちゃんが(笑)
エサをもらい慣れているせいでしょう。
人を見つけると遠くからでもぴょんぴょん跳んできておねだり。
まるで歓迎しに寄ってくるようで自然に顔もほころびます。

やっぱり、戦争よりもウサギと遊べる世の中の方が良いなぁ。
柄にもなくそんなことを考えてしまう船旅でした。
関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/707-28420a5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)