河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

インドの国鉄、スリーパークラス 

今日はインド国鉄の乗車記です。
料金SLクラスで1397Km乗車Rs418、日本円で700円しません。

LaI-009.jpg

インドの列車は長大編成!!20両近くあるかな?
クラスも諸外国に比べて細分化されています。
上から1A、2A、3A、CC(昼のみ)、SL(スリーパー)、2等
3A以上なら問題なし!!ただし切符の確保が難しい。
直前だとSLをとれれば上出来!のことが多いいですね(汗)

まずは駅で自分の列車を探すことから。
インドの列車は番号で管理されていてこの列車は17064か17063番。
S3ってのは号車番号で日本にように前から1,2,3号車ではないので注意。

LaI-012.jpg

普通は入口に掲示板があってここに列車番号、ホーム、運行状況等が表示されています。
飛行場の表示と同じと思って下さい。
でも飛行場と違うのは必ずしも機能してるとは言えないこと(汗)
デリーだとまず大丈夫ですが地方だと壊れているのか面倒なのか?
夕方になっても朝の列車しか無かったり、そもそも表示がなかったり・・
enquireの窓口で聞くか廻りに聞くか何とか探すことになります。
でもねぇ・・悪気はないのでしょうが
いいかげんなこと言われたり人によって言うことが違ったり・・
私は一時間前に駅について、まったくわからずギリギリになったことがあります。
頼むから適当なこと言わないでわからないなら「わからない」と言ってくれよ!!

アウランガーバードへの移動時の事です。
普通は上の写真のように列車のサイドボードに番号が書いてあるのですが
今回は・・無い??これは初めてでした(汗)
それが無くても乗車口には乗客の名前と席が張り出されます。
しかし途中駅だと風で飛んだり破れていたり・・読めたことがほとんど無い(汗)

SN3O1321.jpg

今回、一応ホームには表示がありますが半信半疑・・
外国人らしき人は私とアイルランド人の男が一人。
彼も「これでいいのか?インドの表示なんてしょっちゅう間違えてるから・・」
と迷っていました。
廻りに聞きまくって大丈夫だと判断。
指定席のはずなのに乗り口から大混雑。

SN3O1320_20120306161447.jpg

このシステムがわからないのですがスリーパークラスは
指定席のはずなのに指定が無い人も沢山乗っています。
一応、夜には混乱も収まるので昼だけ乗れることになってるのかも?
いや、適当に乗り込んでるだけ??こっちの方が可能性高い。

とにかく自分の席に誰かが座ってないことがない。
指定席を持ってる人が優先なのは当然。
ここは私の席だと穏やかに交渉しますが、そう簡単に退いてくれません。
なんかうだうだ言って、なんとか退かないですむようにする。
いろんな場所でこれが始まるので車内は大混雑。
発券もグループごとにまとまるなど配慮はないようで
変わってくれとか何とか・・一旦席に着いてからやれよ!!

今回、私は切れました(汗)
といってもちょっと強く言っただけですけど(^_^;
おかげで?無事不法占拠の人は退いてくれて席を確保できました。
とにかく遠慮したらダメ。
インドで遠慮してたら何もできません。

でも、これで終わりではない。
止まる度に人が乗り込み少し隙間があると割り込んでくる。
床は荷物でいっぱい・・10分おきに物乞いは来るし・・
チャイやスナック、ジュースに弁当、売り子もしょっちゅう来ます。
(だから乗り込むときに食事の心配はしなくてOK)
とにかく気が休まるヒマがない・・

SN3O1322.jpg

それでも夜が更ける頃にはこの混乱も何とか収まります。
やはりSLに入ってこられるのは昼だけなのかな?
写真は朝方大きな駅を過ぎた後・・平和です(笑)
ベッドは縦に二段、横に三段×2列でワンユニット。
部屋で区切られてるわけではないですがこの8人+αとは
長時間顔をつきあわせることになるので仲良くしておきましょう。
実際、列車の中出会う人は良い人が多いいんですよ。
大声で歌うたったり音楽ガンガンなんて人も沢山いますが
まあ気にしない気にしない・・
仲良くなっておけば荷物の危険も格段に減りますものね。
でも荷物はチェーンで固定、貴重品は肌身離さず!!
これだけは忘れずに!!

今回写真はイメージです(笑)
乗った列車ではないのもありますが例によって雰囲気だけ(^_^;
鉄道旅行は今になってみると良い思い出だった気もしますね(^^)
でも・・次回はもっと良いクラスに乗りたいな。
関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/660-86e5f569
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)