河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

マハーバリプラムからチェンナイ空港へのタクシー 

昨夜、無事帰国しました。

一昨日の夕方、メチャクチャ暑いチェンナイを出て
日本に着いたら大雪だ!!
おまけにメチャクチャ寒い、気温差30℃以上・・身体がどうにかなっちゃうよ(汗)

チェンナイ出発時のことです。
前のブログにも書きましたがタクシーを予約していました。
値段はRs1000・・約1600円でした。
夜7時に予約していたのですが6時半頃ホテルに戻ると
もうドライバーが来てるとのこと。

ところが連れてきたスタッフらしき人が
後でチップをUS$10、ドライバーに渡してくれと・・
US10とは約Rs500、つまりRs1000にたいして500のチップが必要と言ってきた。
なんだそれは??と聞いたら
いやドライバーの食事が必要だし・・とか、と悪ぶれずに答えてきた。
ふざけるなと怒ったら
いやUSがなければルピーでも・・そんなのたいした額じゃないだろ・・みたいなこと言ってる。
ぶち切れ!!
日本語英語半々で思いっきり怒鳴ってやった。

これは場所を書いても良いでしょう。
某ガイドブックにもかいてある「ラクシュミー」という宿です。
高級ホテルじゃないですよ、安宿に属する宿です。

ただしタクシーとそのスタッフは宿のものかはわかりません。
というのはその後馬鹿にしたみたいに笑われたので再度ぶち切れ。
かなりしつこく怒鳴ってやりました。
真面目にもう少しで喧嘩になるところ。
とうぜん連れてきたドライバーは運転しません(いなくなった)
お金は半額払ってある。
キャンセルだ!!金返せと店先で騒いでやったせいか
結局宿のスタッフらしき真面目そうなおじさんが運転してくれました。
そんなわけで宿は関係ないかも知れないんです・・でも手配したのはラクシュミーだから責任はありますね。

日本人の宿泊が多い宿です。
きっと毎回そんな非常識な額を要求してるのでしょう。
あえて名前を出したのもそのためです。

_MG_5623.jpg

念のために言っておきますが基本的にはインドにチップの習慣はありませんでした。
必要そうな高級ホテル等ではサービス料が加算されている場合がほとんどです。
でもご多分に漏れずチップは定着しつつあります。

チップについて私の考え方を言っておきましょう。
意外?なことに私はチップをはずむ方です。
(もちろんその習慣がないところではあげませんよ)
ウェイターやボーイの給料等システム面の都合もあるけど
やはりチップが潤滑剤の役目を担ってる面も否定しません。
実際、少しのチップでボーイの愛想がころっと変わったり
嬉しそうな笑顔でThank youと言ってくれるとこちらも嬉しくなります。
(ただし一回あげると何かさせてくれとうるさいけど・・)

でも基本はやってくれたことにたいして「こちらが」お礼の気持ちであげるものです。
サービスが悪ければ減らすし良ければはずむ。
向こうからいくらくれ、しかも法外な値段を言ってくるのは論外。
インド人はこの辺がわかってない?
おつりを勝手にチップと言ってとろうとするウエイター。
無理に仕事をつくってチップをほしがる、いや何もして無くても
顔会わせただけで手を出してくるボーイ・・珍しくありません。
かえってこちらを不快にさせてチップをあげるのやめたりしてるのに(笑)

代わったドライバーは寡黙な人で快適に確実に空港まで送ってくれました。
最後も荷物をきちっと降ろしてくれこちらも良い気分。
わたしがRs100のチップをあげたのはもちろんです。
笑顔と握手でインドを後にしました。

不快な話をしたので前にアップし損なったリシケーシュの動画です。
田舎はこんなにのんびりしています。

[広告] VPS
関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 4   

コメント

色々と大変な旅でしたね・・・。

今回のブログを読ませていただいて、何故我が家の主人が「インド人は嫌いだ!」と言っていたのか、非常に良く分かりました。

チップは感謝の心。
これ、私も同意見です。

zen #- | URL | 2012.03.01 23:14  edit

インドはストレスがたまります。

でも、いい人も沢山・・いやほとんど良い人と言っても良いかも。
ただね・・観光関係とかの人とかでたまに・・しばしば・・頭に来る人がいます。

その他のストレスは常識の違いによることが多いとは思います。
常識が違いすぎるからこれもストレスたまります。
特に仕事でインド人と接する人はストレスの塊になるのは想像できますね。

かわぐち #- | URL | 2012.03.02 00:14  edit

不愉快ですね

それは頭にきますね!$10ってギザのラクダ乗りに請求されるのより高いじゃないですか!気が弱い日本人だったら払っちゃうんでしょうね。

私はブバネシュワールで、ホテルぐるみで寝ている間に侵入されお金と腕時計とボールペンを盗られました。

空港からホテルまでのタクシーでは法外な金額を請求され、怒鳴りまくったり、カルカッタでは普通の道を通っているのに「今、ハイウェイだから料金をくれ」と言ってきたんで喧嘩したら、見物客も喧嘩に参加してきて大バトルになったり・・・(^O^;)
本当にインドは平穏には終わらないですよね。

チップはもらって当然どころかセビる感覚ありますもんね。それが何とも不愉快です。

動画に癒されました。でもなんだかんだ言ってもインドいいところですよね☆

YAZZY #- | URL | 2012.03.02 01:02  edit

本当に色々ありますよね。
嫌な思いしたくないのでなるべくタクシーは使わないんですが
交通機関不便だし・・

良いところではあるけど
しばらく行きたくないです。
心のリハビリが必要(笑)

かわぐち #- | URL | 2012.03.02 12:37  edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/655-6cc3eee0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)