河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

タクシーでアジャンター 

昨日は停電・・ネットつなげませんでした(泪)
日本の情報はほぼこれだけなので使えないと寂しいんです・・

それはともかく昨日の撮影。
実はもの凄い贅沢?タクシーを一日チャーターしてしまいました。
目的地は彩色壁画で有名な世界遺産アジャンター。
なんか普通の日本人みたいだ(笑)

SN3O1308.jpg

まあ贅沢と言っても一日Rs1500、日本円で2500円ほどですけどね。
本当はツアーで行こうと思っていたのですがオフシーズンなのか?
人数が集まらずキャンセル。
個人での行き方を教えてくれましたが例のおんぼろバスで三時間かかる(汗)
実はちょっと腰が怪しく否って来たので恐い。
ここはお金を使う時だな、と・・まあ充分予算内。

8時の約束でしたがドライバーが来たのは8時10分、まあこれはインドでは優秀。
車はインド国産のアンバサダー。
座席はソファーみたいでなかなかGood!!
ドライバーもわりと真面目そうで安心。

SN3O1309.jpg

出てすぐガソリンスタンドに寄った。
なぜか水だけもらって出発??5分ほどしてまたスタンド。
今度はガソリン入れたけどお金持ってない、先に料金渡してくれと言い出した。
約束では500始めに払って到着時に1000と言うことになってる。
「俺は知らないぞ、約束通りにしか払わん」と私
「でもガスも金もないんだ」とドライバー
あ~~あ、めんどくさい・・これだからタクシーは嫌なんだよ。
結局一筆書かせて500だけ貸してやることに。

怒られてシュンとしたのか気を悪くしたのか饒舌だった彼はしゃべらなくなった。
うるさくなくてよろしい(笑)
インド人にしゃべらせるとず~~としゃべっててうるさい。

もうつくな、というころ少し休みたいと言い出した。
「もう近いだろ?ダメだ!!」と言ったら「トイレ言って良いか?」と
まあそれならと思ったら日本語話せるやつが寄ってきた。
「私ガイドじゃないよ、彼女が日本にいる」と常套句。
うそつけ日本人の女が彼氏にそんな汚い括弧させるわけ無いだろ。
私はガイドやとう気無いから適当にあしらってたら
ドライバー氏、飯食べてやがる・・こら、出発するぞ!!
お前は後15分ぐらい運転したら三時間以上自由時間なんだよ!!!

多分ガイドと協定があってここに止まることになってるのでしょう。
他にも何台もタクシー止まってました。
実際、山上の展望台に楽していきたければここから行かねばならないようです。

さて、アウランガーバードを出て2時間半ほど。
彩色壁画の石窟で有名なアジャンターにつきました。
駐車場からはシャトルバスで行くことになります。
ほどなく入口に到着。
階段を登るとお目当ての石窟群が姿を現します(写真は下の展望台から)

_MG_2078.jpg

BC1世紀から5世紀ごろにかけて営まれた仏教寺院。
中の彩色壁画が残っているのが奇跡です。
ただし遺跡保護のため照明は暗くストロボ・三脚禁止。
石窟によって暗さに差がありますが壁画が残っている所はかなり暗い。
したがって写真は一番良い部分ではありません。
これより素晴らしい壁画が石窟いっぱいに描かれていると思ってください。

_MG_2189.jpg

もちろん石窟内も素晴らしい。

_MG_2330.jpg

_MG_2310.jpg

ここ、真夏に来たらメチャクチャ大変らしいです。
でも、外観見たらわかるように乾期だと・・パッとしませんよね。
この季節以外ならジャングルの中に埋もれた石窟、と見えるそうです。
もう一度・・いや、恐ろしいことは考えないようにしよう。
インドがもう少し発展したら考えます(汗)

帰りはさしたることもなく無事ホテルへ。
何だかんだあっても、やはりタクシーは楽です。
たまには使おうかな。

さて、今日市内を少し撮ってアウランガーバードはお終い。
今夜の夜行でハイデラバードへ向かいます。
次のバンガロールと合わせてだんだんインドらしからぬハイテク都市?へ進入。
さてどんなもんだか?
関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/648-f3eba57a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)