河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

2011年回想・・その2 

やはり今年を振り返ると東日本大震災の事が重くのしかかってきます。
とはいっても私自身は震災の時インドにいました。
直接経験してないので、インドでの雰囲気をお伝えします。

01072-110505-110-2.jpg

インドっぽくないけどインドです。
デリー郊外の地下鉄駅なのですがこれを撮ってる時家内から携帯にメールが来ました。
撮影時間は日本時間で5時半頃、実は地震後すぐメールを送ったそうですが三時間ほど遅れました。
大きな地震があったとの一報だけでしたので、こちらからも返信。
しかしそのメールは届かず「まあ続報無いなら大したことなかったんだな」と撮影続行。
ホテルに戻ってテレビを見て・・絶句。

インドでもCNN、BBCはもちろん地元の番組もずっと震災関連のニュースばかりでした。
特に地元の番組はショッキングな場面を選んで連続で放送・・
インド人の中には日本全土が津波にのまれてしまったと思ってる人もいたようです。
ネットカフェ(そのホテルはネット通じませんでした)に行くと
日本人が何人も画像をチェックしています。
自然と情報交換になりますが、みんな何が何だかわからない・・

私は翌日ムンバイに飛ぶことになっていました。
焦っていても仕方ないので、とにかくムンバイに移動します。

01072-110810-215.jpg

ムンバイのホテルはネットがつなげたので情報収集も楽でした。
しかし・・テレビ見ると原発が・・
帰っても現時点ではやること無いかな?と思い迷っていましたが
状況は悪化する一方に思えました。

数日ムンバイで過ごしましたが我慢できず帰国することに決定。
今回利用したエアインディアは飛行機の変更ができるタイプでした。
ムンバイのオフィスに行くと・・大行列・・
いや、これは震災関係有りません、インドの日常風景のようです。
半日かけてチケットを変更してもらいましたが
窓口の人は「成田?飛行機飛んでないんじゃない?」みたいな言い方です。
ネットでエアインディアが運行再開していたのを知っていたので
調べてもらうと、やっぱり飛んでいて無事変更もできました。

3月16日、帰りの飛行機は異様な雰囲気でした。
搭乗率は半分以下、ほとんど日本人。
アテンダントも最低限の人数で年配の方がほとんど。
したがってサービスもほとんど無し、初めに飲み物と食事持ってきただけ。
当初は頭に来たけど今考えると飛んでくれただけ感謝しなければなりませんね。

成田の雰囲気も異様でした。
出発ロビーは帰国する外国人がたむろしていて大混雑。
到着ロビーは逆に日本人ばかり・・帰宅の方法で悩んでます。
電車が動いてないと聞いていたのでバスのカウンターに行きました。
しかしバスはほとんど運休でした。
ガソリンが確保できなかったそうです。
幸いなことにスカイライナーが運転再開していて
新宿からの小田急線も動き始めていました。
後で考えるととんでもなくラッキーでしたよね。

しかし、デリー、飛行機、成田・・いろんな人と話しました。
成田の案内カウンターの人でさえ聞いてない細かい情報や
最近の空港の様子など興奮気味に教えてくれました。
私も含め、みんな不安でしょうがなかったんだと思います。
できれば二度と経験したくない一週間でしたね。
関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/623-c29c2940
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)