河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

トロント-ニューヨーク-東京 

いよいよ日本にたどり着くか?
帰国編、最終回です。

前々日のブログで書いたようにアメリカの入国審査はトロントで。
厳しいですね・・両手の指紋採られて、目の光彩写真に撮られて
質問もちゃんとされます。
「どこに行くんだ?」「東京」「???」「いやトランジットだけです」
私にしてみれば乗り換えだけなのになぜアメリカに入国しなければならないんだ??

まあ決まりなのでしょうがない・・ともかくニューヨーク、ラガーディア行きの飛行機へ。
でも・・その数分前に同じ航空会社のJFK行きがある・・
なぜこちらを乗り換え指定にしないんだろう・・
待ってる人見ると満員にはほど遠い人数・・わからん!!

JFK行きの搭乗が終わると続いてラガーディア行きの搭乗開始。
ほとんどいない・・結局その飛行機に乗ったのはわずか7人!!
定時に出発、アナウンスでは予定より早く着く模様。
ああ、やっぱり余裕で間に合うようになってるんだと安心。
ほんの一時間でニューヨークの街が見えてきました。
街はともかく郊外は霧にかすんで雪も残っています。
あと20分ほどで着陸します。とのアナウンス。
予定時刻よりかなり早く着く、7人なら荷物もすぐ出てくるし
JALごめん、無理なことは言ってなかったんだね!!

ところが!!!気がつくと同じ所を飛んでいる。
再度アナウンス、なんだらこうたらで(聞き取り失敗)後25分ほどで・・
霧のせいかな?丁度時間通りになる・・まあ大丈夫でしょう。
と思ったらもう一回旋回・・げっ!!間に合うかなぁ・・
焦ってる私を尻目にもう一回まわって何とか着陸。

結局25分遅れ。
地上係員に事情を訴えるが
「JFK?荷物ピックアップしてその前からバスが出てるよ」
と呑気な答え・・カナダとは随分親切さが違うぞ(汗)
荷物を預けてたのは私だけだった模様。
あっという間に出てきた・・すぐに飛び出しJFK行きのバスを探す。
本当に目の前でした、$12。
でも時刻表見るとevery30minuteつまり30分ごと。
この時8時40分、出発時間は10時10分、万が一20分以上待つと絶対に間に合わない!!
しかたないタクシーだ。
すぐにあきらめてイエローキャブに乗車、8時45分。
出発してすぐは順調に流れるもすぐに渋滞につかまる・・
当然だよな・・時間は朝の9時・・どちらかというと市内に向かう道路・・普通混む。
でもこの運ちゃん割り込みを繰り返し前へ前へ・・
本来そこまでしなくて良いよ、と言うべきだけど
今回だけはありがたい、断っておきますが私が急げと言った訳じゃありません。
運転手の性格なんでしょう・・二度ほどぶつかりかけたけど(汗)

KgK-522.jpg

結局、JFK空港に着いたのは9時半ごろ・・出発まであと40分・・間に合うのか?
もうボーディングパスも出ているので荷物だけ預けるところへ。
でも・・係員難しい顔・・とにかくカウンターで聞いてくれとのこと。
そしてカウンター。
「もう締め切っちゃったよ・・乗れないよ。」
・・・・・
ここで、あきらめちゃ一人旅はできない。
「俺は悪くない、あなた方の会社のフライトが遅れたんだ!!」と主張。
「向こうはいや・・もう締め切ったんだ・・」と一点張り。
こちらも声が大きくなる・・
「遅れたのが悪いんだろ!!乗せろ!!」と怪しい英語で怒ったふり
実は内心ドキドキ(笑)
上司が来て、ああだこうだ・・
向こうもフライト調べていて遅れたのは認めてるみたい。

結局、「OK、フライトを振り替える、少し後にJALの東京行きが出るので
それに乗れる、それで良いか?」

なんのことはない・・モントリオールの空港で抗議した時これに変更してくれと頼んだ便だ・・

ここでちょっと考えてください。
JALは空港バス利用で乗り換えが可能な時間ですと言いました。
遅れたのは25分、荷物受け取りや迷った事によるロスタイムは0。
バスの間隔が30分ごと、今回タクシーの所要時間が45分・・
と言うことはバスだと最低1時間はかかったでしょう。
30分間隔と言うことは20分ぐらい待つ可能性はかなりある。
もちろんラガーディアに着いてからもJFKに着いた後もある程度時間はかかる。
搭乗手続きの締め切りは出発40分前と言っていたから9時半だ(つまりギリギリで乗れなかった)
予定通り8時10分に着いたとしても・・バスだったらよほど運が良くなきゃ間に合わないんじゃない??
もちろん10分で空港出られてたまたまバスがすぐ来て1時間で着いたら
9時20分、つまり50分前に着けます。
でも、これを乗り換え指定便に、しかもバスで間に合うという神経がわからない!!

実は今回フライトが遅れたのはラッキーだったのかも知れません。
もし遅れが無かったとしたら安心してバスで移動してたと思います。
それで遅れたら航空券買い直す事になったかも・・
渋滞での遅れは自己責任だったはずです。

予約の時最終確認を怠ったのは私です、それは認めます。
でもJALさん、本当にこれで良いのですか??

かなり待ち時間ができたのでJFK空港のエアトレインも撮影(上の写真)
JALのアテンダントはみんな親切で日本語ペラペラ(当たり前か)
のんびりして帰国できました・・けど・・釈然としないなぁ・・・
関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 6   

コメント

ハラハラさせられましたね。
それはどうなのかなって?!言いたいですよね。
面白かった!!(笑)

まんも #- | URL | 2011.11.06 19:06  edit

天気悪くて赤字必至なのに
ニューヨークからのチケット買い直すのなんて勘弁して欲しかった(^_^;
でもそうなったら続いてアメリカ編!!になったかな?それはそれで楽しかったかも(^_^;(^_^;

かわぐち #- | URL | 2011.11.06 23:08  edit

かなり焦ったでしょうね。心中お察しいたします(^^;; 英語が得意じゃなくても、怒っていることと真剣さは伝わったのでしょうね。

海外での飛行機の乗り継ぎはうまくいかないことの方が多い気がするなぁ。

KOIT #- | URL | 2011.11.07 06:11  edit

国によって乗り継ぎ案内がしっかりしてる国と
適当な国がありますよね。

アメリカは適当に自分でやってくれって感じでした。
もちろん聞けばきちっと教えてくれます。

かわぐち #- | URL | 2011.11.07 06:53  edit

おかえりなさい!今回は、帰国後も興奮冷めやらぬ って感じですね。
オツカレサマデシタ。
 短編小説か携帯小説読んでいるかのようです。
こちらも引きずり込まれます。
 タクシーの場面はスリリングでした。
 これで、彼女との旅行で、途中はぐれたりしたら、映画になりそうな??

秀介 #z8Ev11P6 | URL | 2011.11.07 12:53  edit

そんな時はきちっと予定たてて・・
それでも何か起こりそう(^_^;

かわぐち #- | URL | 2011.11.07 17:54  edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/604-ee001892
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)