河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

サントリーニ島ボルケーノ&ホットスプリングツアー 

今日は珍しくツアーに参加。
天気の心配がないとこれができるから楽です!!

その前に夜明けのイアの街・・だったのですが・・
予定では真っ白い壁に朝日が当たりピンクの街並み・・
なのですが、意外と朝日が当たらない(汗)
当たって欲しい所に当たったのはすでに8時頃・・ピンクじゃないぞ(汗)(汗)
昼間の写真と同じになってしまいました。
早起きは・・得になりませんでした。

朝食後ツアーに参加。
泊まってるホステルで申し込んだのですが
ここの親父はOK!OK!!前にバスが来るから乗れ!!
お金も取らないしバウチャーもくれない??
長年の経験でOK!OK!!は危ない・・と思ってます。
ともかくバスは来ました。
港に行き、ボートの乗船。
「チケットは?」「無い!」「?」「ホステルの親父が乗れって言った」
「€30だよ」「ホステルでは€23って言ってたけど?」「???」
インドやエジプトあたりだったら、このまま30払わされるか
置いて行かれるかなのですが流石観光立国。
電話で問い合わせてくれました。
結局乗せてくれて、お金はホステルで払えとの事。
やっぱり親父が怠けてただけなのか( -_-)

ともかくなかなか趣のある船に乗り込みボルケーノへ。
ガイドブックには島の名前はネア・カニメとなってますが
こちらではボルケーノとしか書いてない・・まあどうでもいいや。

比較的整備された道をひたすら登ります(この人たち下ってるけど)
対岸の頂上付近はフィラの街、やっぱり残雪に見える。

_MG_4128.jpg

とてもエーゲ海にいるとは思えない。
阿蘇?蔵王??むしろ日本にいるみたいだ!!
めちゃくちゃ暑いけど体力的には苦労することなく山頂火口へ、

_MG_4114.jpg

最後に噴火したのは1940年だそうで、今も硫黄の臭いがして湯気もうっすら立ち上ってます。
英語の説明だったので確信は持てませんが
紀元前何世紀かまでは湖だったとか。
何度か大噴火と崩落があり今の形に・・そのさい大津波がエーゲ海をおそったそうです。
日本のtsunamiは25mここのは75mだったとか言ってました。
tsunamiって言葉だけは良くわかります(^_^;

一旦船に戻り近くの小島にある温泉へ。

_MG_4158.jpg

どこが温泉だ!!海水浴じゃん(汗)
良く見て下さい、左奥茶色に濁ってますね、あそこが温泉。
私も飛び込んで一風呂浴びに・・日本の風呂ほどじゃないけどけっこう温かい。
下は泥になってってポコポコ茶色の湯が沸いている、鉄分多いな!!
もう少しアップにしてみましょう。

_MG_4163.jpg

水着と身体が茶色くなっちゃった(^_^;
その後ティラシア島(外輪山の残り)に渡り昼食と散歩。
がけの上への交通機関はロバ。
時間があれば正面向きが来るまで待ったのですが・・
やはりこの点ツアーは不便です。

_MG_4186.jpg

もうやる事無い・・ビールも飲んで・・極楽・・
一時間半ほどこの島ですごしてお終い。
最後はがけの下から見たイアの街。
火山の説明から考えると
崖の上に街をつくったのは噴火や津波のせいかな?
だれか詳しい人教えて下さい。

_MG_4237.jpg
関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 2   

コメント

活火山なのですね。
考えてみれば、日本も活火山の近くに、旅館とか町とか平気で作ってましたね。
 この赤茶色の奴、よく水で綺麗に流しておかないと、乾いた時に悲惨な目に遭いますよね。

秀介 #z8Ev11P6 | URL | 2011.07.09 10:35  edit

そのあと綺麗な海で泳いで洗濯?しました。
でも宿でゆすいだらけっこう水が茶色くなりました(汗)

日本は活火山だろうが活断層だろうが
人が住んでますよね。
考えてみれば危ない(汗)(汗)

かわぐち #- | URL | 2011.07.09 18:57  edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/535-cc34e048
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)