河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

安東・河回村と陶山書院 

二日ほど開いてしまいました。
安東では自分のパソコンが使えず観光案内所のパソコンで書き込み。
無料で貸してくれます・・韓国語環境ですが(日本語書き込み可能)
案内所が六時までだったのでそれを過ぎると使えません。
そう、一応・・一応ですが撮影できました。

まずは河回村、ハフェマウルと読みます。
安東駅から46番のバスで約40分。
バスは飲食店や土産物屋で賑わう河回市場につきます。
そこで入場料W2000を払いシャトルバスに乗り換え。
これW500ですがバスできた人は無料で乗れます。
乗車時間は数分・・やっとというか、いよいよ世界遺産河回村に到着です。

KdK-606.jpg

先日訪れた良洞村は山間の村でしたが、ここは川がS字に曲がった内側。
三方を川に囲まれた農村地帯です。
瓦屋根と藁屋根の民家が並び良い感じ。

KdK-524.jpg

路地から長いキセルをふかした韓服のおじいさんが出てきそう。
一時間ほどで回れますが・・まあここはのんびりと散策してください。

さて、とりあえずお昼・・あれ?食堂がない??
案内所で聞いたら世界遺産登録と同時に
地域内での食堂営業ができなくなったそうです(もぐりは有るらしい)。
今度はW500はらって河回市場へ戻り、適当に食事。
急いでいたので紹介するほどの物では有りません(汗)
期待した方、ごめんなさい。

その後もう一つの名物仮面劇を見学。
いや、凄い人気だ!!
入場無料ってのもあるだろうけど次から次へと人が来る。
30分ほど前から待機してたので良い席取れたけど。
ギリギリの人は立ち席・・もいっぱいで
どんどん席の前、劇場の中の入って行っちゃう。
これは整理券でも配った方が良いのでは?

KdL-181.jpg

劇自体は仮面をかぶって行う風刺劇。
言葉がわからなくても充分楽しめますので
ここへ来たら忘れずに。
2時から(2011現在)ですので1時半ごろには待機をお忘れ無く!!

さて、そして今日。
本当は朝一で移動するつもりだったんですよ。
なんていったって、韓国出発は明日です。
でも・・晴れだ!!撮らなきゃ。

もう一カ所撮りたかった陶山書院へ。
ここは李氏朝鮮時代の大儒学者、李退渓の位牌を守る場所。
簡単に言うと朱子学の大家で江戸期の林羅山等に大きな影響を与えました。
間接的に明治維新にも影響を与えたといっても良いでしょう。

行き方はやはり安東駅からバス。
今度は67番、河回村と逆方向、山の中へと進んでいきます。
50分ほど本当に山の中にある駐車場に到着。
W1500はらって五分ほど歩くとそこは陶山書院。

いやあ、のんびりした良い場所だ・・
いかにも儒学者が好みそうな感じ・・才能が有れば漢詩でも作りたい。
無理は言わずに撮影・・

KdK-113.jpg

実はここ2回目なんです。
前に来たのはずいぶん昔・・もう忘れたちゃった。
この場所も記憶の外・・探し回ってしまった(汗)

ちょうど撮り終わったころ雲が広がってきました。
これで心おきなく釜山に戻れる・・でも・・明日晴れたら・・
よけいな事を心配し現在慶州に戻っています。
明日の船は八時発、間違って晴れて撮影しても
ゆっくり戻れる距離です。
天気予報は曇りだけど・・まちがって晴れますように(笑)
関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 4   

コメント

のどかな所ですね、取材がなければ、まったりしたい感じでしょうか。
明日も晴れるように願いをこめて、てるてる坊主を吊るしてみましたが、
韓国まで届くかなー、微妙ですね。

あき #cq7qeCLI | URL | 2011.05.30 20:55  edit

ありがとうございます。
でも・・無理みたいな感じですね(泪)
明日はゆっくり買い物でもしようかな?

かわぐち #- | URL | 2011.05.30 21:21  edit

安東にいってみたいですね。いいところのようですね。安東俊幸

安東俊幸 #9L.cY0cg | URL | 2011.06.11 23:38  edit

安東俊幸さんコメントありがとうございます。
すみません、ちょっと気づきませんで返事が遅れました。
良い所ですよ、安東。
のんびりできます。
韓国のソジュ、甘くて苦手だったのですが
安東焼酎は美味しかったです。
とっても気に入りました!!

かわぐち #- | URL | 2011.06.20 21:58  edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/507-b6c71069
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)