河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

慶州・南山 

今日は移動日、天気回復しそうもないので悩みましたが
当初の予定通り安東に向かいます。
ネット使えるかわからないので早めに更新。

さて、昨日良洞村で美味しい物に巡り会った事まで書きました。
実は夜も美味しい物に巡り会います(^^)

昼食後、天気悪くなったので南山に行ってみる事にしました。
慶州郊外、仏の住む山として新羅時代は聖域だったそうです。
今はハイキングコースが整備され
沢山の磨崖仏を見ながら山歩きができます。
世界遺産に登録されていて日本人にも人気の模様。
バスターミナルや駅から500番台一桁のバスで行けますが
行かない番号が一つあるので必ず確認してください。

でもその前に鮑石亭に行ってきました、ポソッジョンと読みます。

_MG_6632.jpg

南山の麓にあり曲水の宴が行われた場所。
盃流して詩を読む・・日本でも貴族がうつつを抜かしていたあれです。
現存しているのは中国・日本含めてこれだけと書いてありましたが本当かな?

鮑石亭から少し歩くと三陵というバス停があり
いかにも!!て感じで南山の登り口があります。
まず間違えようがないでしょう。

この時、時刻は4時・・どうしよう一応山登りだしなぁ・・
登り口に三陵という三つ並んだ古墳があるのでとりあえずそこまで・
道は整備されて楽そう・・行けるとこまで行こう!!

_MG_6665.jpg

でもこんな道はすぐ終わり自然石段の急な道が続きます。
入口から1.5キロのところにお寺が有るみたい。
そこまで行ってみるかな。

いや・・キツイ・・実は昼飯にもう終わり!!と思ってビール飲んじゃった(汗)
酔ってはないけどそれこそ(汗)がだらだら・・Tシャツ絞れるよ。
なんたらいうお寺に着きました。
ここで水分補給できます。
ピークまで後1キロって出てる・・時間は5時過ぎ・・行ってみるか。
何度も言いますが日没は7時過ぎです。

寺を過ぎてすぐ・・お~~これか!!
写真で良く見る磨崖仏に到着しました。
うん、これだけ撮ればいいや!!

ところが、ガイド連れの韓国人団体が到着。
磨崖仏の前で延々と説明しだした。
早口で身振り手振り加えながら・・もう10分以上話してるぞ!!
聞いてる客も明らかにうんざりしてる。
そういえば下の方でもえらく長い間話してたな・・
初めから逃げてる人もいる・・でもガイドは絶好調。
結局20分ぐらい話してた・・このツアー何時に終わるんだろう?
もう人は来ないだろう!ゆっくり準備してたら上の方から声がかかった。
どうやらどいてくれと言ってる見たい、おおあんな所から撮れるのか!!
私もそこまで登って撮影・・どうやらここが定番みたい。

_MG_6733.jpg

まだ頂上までは800mと書いてある・・パス!!
もういいやこれで、日が暮れないうちに下山。
結局4時ごろのぼり始めて戻ったのは6時半。
頂上まで行ったら往復三時間ってとこですね。
けっこうキツイので水筒は忘れずに・・

バス停そばに何件か食堂があった。
ソンカルククスって読める、もう夕飯時だし食べていこう。
きっとビールがうまいぞ!!
カルククスってのは基本的にあさり出汁のウドンなのですが
ソンカルククス??どんなのだろう・・こんなのでした。

_MG_6775.jpg

中にはけっこう腰が強い手打ち(?)のウドンが入ってます。
問題はこのスープだ?豆乳??・・うまい!!
何て表現したら良いんだろう・・たぶん豆乳は使ってるんだが・・
誤解を恐れず言えばクリームコンソメスープ。
韓国にはこんな料理もあるんだ!!辛いだけじゃない!!

とにかく美味かった・・うん今日はラッキーだ。
適当に頼んだ昼飯・夕飯、両方大当たりだなんて。
良く見たらまわりにあるレストラン、みんなソンカルククス
を看板にしている、名物なんだな。
みなさん、南山に・・いや慶州に来たら忘れずに!!
関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/504-23659b02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)