河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

関釜フェリーとチャガルチ市場 

釜山に着きました。
朝からけっこうな雨・・まいったなぁ・・
今日はのんびり過ごす事にします。

さて前日小倉からJRで二駅、下関に移動しました。
そう、たった二駅しか離れてないんです。
私もビックリ!!
この区間、車なら何度となく通っていますが電車は初めて。
なんとなく門司港通って関門橋の下をくぐって・・てイメージでした。
考えてみれば門司港駅はどんずまりですものね。
門司からすぐに関門トンネルに入り下関駅の手前で出てきます。
鉄道好きなのに忘れてた。

したがって時間が余りました(汗)
船で食べる夕食を駅前のデパート、シーモールで物色。
明日になれば美味しい韓国料理を安く食べられるので
船で無理して食べる事はありません。
下関名物でも買っていっぱいやるのが賢明だと思います。

下関国際ターミナルは駅から徒歩10分ほど。
案内はしっかりしているので迷う事はないでしょう。
乗船券を買って税関が開くまでしばし休憩。
韓国人向けの土産物屋もあります。

SN3O0783.jpg

何なんでしょうか?このミルクキャラメルの山!!
そういえば一昨年もこうだったような・・
そんなに人気なのかな?買っていって売ろうか(笑)

夕方6時頃乗船。
パスポートチェックがある以外は国内といっしょ。
あっけなく法律上は日本を出国する事になります。
関釜フェリーは日本船籍と韓国船籍の船が交互に運航しています。
今回は韓国船籍の星希(ソンヒー)号。
なかにコンビニがあり(日本のは無かったと思う)便利。
円もウォンも使えます。

風呂入ってビール飲んでゆっくり眠って・・起きたら釜山。
台風が近づいていますが揺れはほとんど無し。
だいたい3時ごろには着いているのでそれ以後は揺れようがありません。
朝風呂入って、飯食べて・・8時になったら上陸できます。
税関が開くのを待っているわけです。

降りると初めて見る機械が・・放射能測定器!!!
有るんですよ!!!
金属探知機のようなゲート式で係官が横でチェック。
ちょっと・・いやけっこう緊張して通過・・よかった鳴らなかった。
あとはあっけないくらいの手順で入国。
ここでは日本語も通じるし海外って気がしないくらいです。

とりあえずホテルを探さねば・・今回予約無し・・
とはいえ土地勘がある場所なので不安は有りません。
適当にさがしてチャガルチ市場のそばで投宿。
日本語の看板があったので聞いてみると
バスタブ付き、部屋は清潔ネット無料!!綺麗なアガシが日本語ペラペラ!!
これで35000ウォンだいたい2600円ぐらい、うん満足。

少し休んで近くのチャガルチ市場へ。
おそらく釜山に来た日本人でここに来ない人はいないでしょう。
釜山最大の海鮮市場です。
共用のビルがあってその廻りにも沢山の店。
今日は雨なのでビルの中だけ撮影。

_MG_3320_20110511171650.jpg

それにしても・・何件入ってるんだろう??凄い数だ!!
水槽三つか四つづつで区切りになってますよね、それで一件です。
したがって歩いているといたる所から声がかかります。
「さしみ!!」「おいしい」「やすい」
そう、ここで買って二階に持っていけば刺身やチゲにしてくれるんです。
一人だと量が多すぎるのでパス・・一人旅はこんなところが不便・・

さて昼飯、釜山駅まで動いてガイドブックに載っていた老舗のテジユスク専門店。
簡単に言うとゆで豚です。

SN3O0786.jpg

いきなり刺激の強いもの食べるとダメそうで・・歳は自覚してます。
味は・・ゆで豚です(笑)いや美味しいですよ!!
韓国料理に飽きたら来るのが正解かもしれません。
昼飯なのに後ろにビールがあるのは・・ナイショです(^^)
関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 2   

コメント

ゆで豚はご飯のおかずなのかな?
あ?おつまみ でしたね。

秀介 #z8Ev11P6 | URL | 2011.05.14 22:24  edit

一般的にはおつまみですが
この店では温かいソーメンといっしょに食べるんです。
ビール飲むやつは・・まあ飲む人はのむ(汗)

かわぐち #- | URL | 2011.05.15 14:41  edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/493-730e2d81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)