河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ラージギルのグリッドラクータ山 

今日はとっても嫌な天気・・花粉が飛んでる(T.T)
本来春は大好きなのですが私は杉花粉に弱い・・
もう少しの辛抱・・何とかならないですかね?

さて、ブッダの足跡を訪ねて・・ラージギルの続きです。
ラージギル、私は山岳地帯だと思っていました。
でも実際は平野のつきる場所、山への入り口といった場所でした。

KbI-109.jpg

写真は温泉寺院、向かいの岩山はジャイナ教の聖地、神ジャイナ寺院。
温泉寺院の左側が釈迦が住んでいた竹林精舎跡、今は公園になっています。
東側(左)は見渡す限りの大平原、西側は岩山、修行できそうな場所ですよね。

仏教徒にとってのハイライトはここから山の方へ4,5キロ。
釈迦が弟子達に法華教を説いたといわれるグリッドラクータ山、霊鷲山です。
さすがに歩くのはキツイので馬車、今日はチャーターしよう。
Rs30で話が付いた!やっぱり昨日は払いすぎたか!!まあ仕方ない。
日本じゃ馬車なんか観光用しか無いもんなぁ・・なかなかよろしい(^^)
しかし思った以上に揺れる・・乗りながら写真撮ろうと思ったけど断念・・

登り口は完全に観光地。
ラトギリ山(多宝山)にロープウエイで登り下りながらグリッドラクータに行くのが楽みたい。
ロープウエイとなってますが・・まあリフトですね、Rs30。

KbI-233.jpg

ラトギリ山は日本山妙法寺が管理してます。
ロープウエイにも日本語、そして山頂には妙法寺のストゥーパ。

KbI-264.jpg

法華宗系らしく南無妙法蓮華経の声と太鼓の音が鳴り響いていました・・正直言って変な感じ(^_^;
とはいえ山頂も観光地、綺麗に整備されていて出店も沢山、猿もいる!!
インド人も物珍しそうに観光してました。

ここから整備された道を10分ほど下ればグリッドラクータの説法台が見えます。
そして霊山橋を渡るとそこは聖地。
ここは今でも仏陀が常在している場所とか・・
世界中から巡礼者がひっきりなしに訪れています。

KbI-295.jpg

さすが日本のお寺が管理するだけ有って
登山道は完全に整備されています。
日本語も時々見かけここどこ?状態。

SN3O0671_20110405135022.jpg

でも寺院関係者以外はあまり日本人は見かけません。
私もしょっちゅうタイ人と間違えられた。
いや、日本人が少ないからじゃ無いかも知れない(^_^;

時間はまだ昼前、明日のブログではラージギル近郊、ナーランダーの遺跡に向かいます。
関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/478-7ecd390c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)