河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

出水のツル・・鳥インフル!! 

ちょっとパッとしない日々が続いています。
パソコン前に座ってはいるのですがやる気でない・・
ちょっと疲れ気味かな?

そんなこと思ってたらまた憂鬱なニュースが・・
先日、撮影に行った鹿児島県出水市で鳥インフルエンザ確認
しかも強毒性だということです。
報道ではツル観察センターは休館、周辺の道路も原則通行止めみたいですね。

JiK-709.jpg

でもこれ、かなりやばいと思うんですよ。
前のブログにも書きましたがここは一万羽以上が越冬する場所。
人口・・じゃないツル口密度もものすごいものになってます。

JiK-632.jpg

蔓延しないか心配になってきます。
しかも国の特別天然記念物で他国からの渡り鳥。
命を差別したくはないけど、養鶏場の鶏のように処分はできないでしょう。
どう対処するんだろう?

九州新幹線全通で期待する地元の観光業にも大打撃のはず。
もちろん観光の仕事が多い私にも・・
ともかく一刻も早い終焉を祈ってやみません。
関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 6   

コメント

鶴を一匹ずつ治療するのは不可能なのでしょうか?
商業目的の鶏はコストの面で引き合わないでしょうが、
天然記念物に対してならアリだと思います。

たる #- | URL | 2010.12.24 04:50  edit

現時点では感染が見つかるのは死んでから。
数を考えても治療は難しそうです。
ともかく素人が口出せる事じゃないので
推移を見守りたいと思います。

かわぐち #- | URL | 2010.12.24 07:40  edit

ヤバイよね。何処で感染したんだろうか?ロシア?中国?国内で?
30年ぐらい前に 行った時の、のどかな田園風景の中に、マナヅルが、優雅に飛んでいたのを思い出します。
西から 黄砂ほか、いろんなものが飛んできますね。

秀介 #z8Ev11P6 | URL | 2010.12.24 10:05  edit

いろんな場所から渡ってきてまた散らばっていく。
かなりまずい状態だと思います。
場所も特定できないでしょうね。
逆に日本が感染源にされちゃったりして!!
ありそう(汗)

かわぐち #- | URL | 2010.12.24 11:11  edit

ゆっくりと確実に世界中に蔓延していくなんて・・・あると思います。
人間の力では撲滅やコントロールなんて容易ではないんだと、改めて思い知らされます。
ひどくならないことを祈ることしか出来ないので・・・v-406

YAZZY #- | URL | 2010.12.24 15:33  edit

卵やチキンも食べ納め・・にならないように(汗)

かわぐち #- | URL | 2010.12.24 15:43  edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/420-c0a0566b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)