河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

別子銅山 

昨日のほのぼのから今日は廃墟です。
愛媛県新居浜市から数キロ山中へ。
日本を代表する銅山、別子銅山があります。
とは言っても1973年に廃坑、今は朽ち果てた建物が残るのみ・・

新居浜から5キロほどで道の駅を併設する銅山テーマパーク
マイントピア別子があります。
ここは閉山前最後の拠点、端出場(はでば)地区にあり
観光坑道、砂金取り体験などができる場所。
いくつか廃墟(でもないけど)も残っていてちょっと見るならここでOK。

_MG_8901.jpg

冬桜の下トロッコ列車も走ってました。

さて本番はこの先。
さらに10キロほど山奥へ・・1968年まで山の中心だった東平(とうなる)地区です。

_MG_8976.jpg

人呼んで「東洋のマチュピチュ」
深い山の中に突如として壮大な石垣や煉瓦造りの廃墟が現れます。
最盛期には1万人以上が暮らしここまで鉄道も通っていた大拠点。
今は主な建物は観光用に整備され博物館も建てられています。
しかし多くの人が暮らした住宅や劇場、病院等生活遺跡は森の中。
その中を歩かなければどれだけの規模だったかわかりません。

古い遺跡に感じますが、私が生まれた時はまだ町があった場所。
竈や流しの後なども残っています。

_MG_9014.jpg

整備された場所には索道基地跡や貯鉱庫跡などが花やかだった昔を感じさせます。

_MG_8929.jpg

これは索道基地跡、ここからロープウェイで鉱石を前述の端出場まで送っていました。

さて、この別子銅山、実は二回目の訪問です。
初めの時は20年ほど前、愛媛県の本の取材で来ました。
その時は本当に荒れ果てて一人で歩くのも恐いぐらい・・
今回来てみると・・ビックリしました!!
一部とはいえこれほど綺麗に整備されているとは!!
考えてみれば閉山してから前回の訪問までが約20年、今回までも20年。
ちょうど一番荒れてる時に行ったようです。
どうやら世界遺産登録も目指してる模様。
次回来る時にはどうなっているのでしょう?
変な観光地にはなっていて欲しくありません・・
関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 3   

コメント

変な観光地 になる前に 是非、行きたいゾ。 と言う、私に「変な写真撮らなきゃいいだろ!」 と聞こえてくるような...。

秀介 #z8Ev11P6 | URL | 2010.11.26 20:34  edit

ほんとに東洋のマチュピチュですね。一番最後の写真なんて、どこぞの遺跡のようです。こういうところは実際歩いていろいろ感じてみたいです。黒たまごさんのお陰で、日本に詳しくなりそうです(^-^)

YAZZY #- | URL | 2010.11.26 22:08  edit

秀介さん。
実はもっと山奥に入ればもっと濃い廃墟があるそうです。
ぜひ変な写真を撮りにお出かけください(笑)

yazzyさん。
まあ、マチュピチュとは歴史の古さが全然違うのですけどね、
鉄道が通ってればもっとマチュピチュなのに。
維持が大変なんでしょうけど残念です。
日本もまだまだいろんな場所があります。

かわぐち #- | URL | 2010.11.27 19:45  edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/404-3751d55a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)