河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

アブーミーナ(アブメナ)の聖メナス市遺跡 

昨日の夕焼けから見ると今日は快晴か!!
う~~ん、そうでもなかった。
考えてみればここの西側はサハラ砂漠。
デルタで雲が出ても西には雲無いわけだ。
毎回夕焼け?

それでは砂漠の方へ行ってみよう。
というわけでアレクサンドリアから1時間ほど。
世界遺産のアブーミーナの聖メナス市遺跡へ行ってきました。
朝、ホテルを出て長距離バスターミナル、モウイフへ。
このモウイフがどうしても発音できない!!
仕方ないのでホテルで紙にアラビックで書いてもらう。
これを見せればOK!!タクシーで£10というので
今回は楽をして初タクシー。

ターミナルでミニバスへ・・今度はアブーミーナが通じない(汗)
ミニバスのおっちゃん何人かに、あそこだここだ!と連れ回され
なんとか目的のミニバスを発見できました、値段は£4。
エジプトのミニバス、セルビスと呼ぶのですが集金方法が独特。
お客がみんなでお金集めて、おつり等調節。
みんなの分集まったら運転手に渡す。
初め乗った時はいきなり隣の人にお金渡されてビックリしました。
まあ合理的ではあります。

ガイドでは一時間半となっていたのですが実際は一時間弱。
砂漠・・というより荒れ地の中にぽっかりと教会群。
アブーミーナに着きました。

四世紀にキリスト教の聖人、聖メナスが埋葬された場所で
奇跡がおこり、巡礼者が集まるようになったそうです。
この奇跡は世界中で評判になりこの場所に聖堂ができ
巡礼者の為の街もできました。
しかし聖堂が破壊されたり略奪のあったりしたため
12世紀には廃墟になってしまったそうです。
今は1959年設立の修道院と遺跡が残っています。

_MG_4767.jpg

修道院から遺跡までは2キロ、バス無し。
修道院から南に向かって歩いていきます。
実は荒れ地を突っ切れば半分の道のりなのですが
やはり何があるかわからない・・ちゃんと道を歩きましょう。
途中、車が止まって乗って行けとありがたいお言葉。
キリスト教徒だから?バクシーシも無し。
そう、修道院も遺跡も入場無料。
そういえばオールドカイロのコプト教会もタダだった。
やっぱり宗教的な考えなのかな?

雲が多かったのですがだんだん良くなる気配・・
何もない遺跡の中で待つ事二時間。
世界遺産なのにほとんど人も来ない・・
まさしく廃墟です・・

_MG_4711-2.jpg

帰りも通りかかった車が乗せてくれるって言ってくれたのですが
今回は歩いて修道院へ戻り、そのままアレクサンドリアへ。
天気が回復してそうなので飯抜きです(T.T)
案の定、快晴になってる。
もう日は傾いてるけどちょこちょこ撮影。
有名なアレクサンドリア図書館。

_MG_4818.jpg

夕景も撮影して夕方六時、やっと食事ができました。
腹減った・・でもすこしお腹も引っ込んだ・・かな(^_^;

補足です。
ガイドブックにアブーミーナと書いてあったのでその名前を使いましたが
世界遺産リストではアブメナとなっています。
地名の発音なので一概にどちらが正しいとは言えませんので
タイトルにアブメナも併記しました。
関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 4   

コメント

エジプトってキリスト教とイスラム教が混ざり合ってるんですか?

ウォンバット #- | URL | 2010.10.23 18:40  edit

9割以上イスラム教です。
一部、原始キリスト教の一派。
コプト教というのが残っています。
イスラム化前はこちらの方が多かったようです。

かわぐち #- | URL | 2010.10.23 23:44  edit

なるほどー
でも争いがなさそうですね。
どこかと違って

ウォンバット #- | URL | 2010.10.24 15:52  edit

いや、最近静かですけど
テロはしょっちゅうみたいですよ。
街中、機関銃持った機動隊?だらけ。
日本人には優しいですけどね。

かわぐち #- | URL | 2010.10.24 23:20  edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/378-7df2242c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)