河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

奄美大島という所 

今日はまあ晴れなんですが雲が多い。
おまけにしょっちゅうスコール・・休みだな!
考えてみれば10日ほど休んでない、たまには良いでしょう。

奄美大島、関東の人にとってはマイナーですよね。
ダイビング、カヤック、バードウォッチングにサーフィン、大島紬にアマミノクロウサギ
有名な物は沢山ありますが実際ピンと来る人は少ないのでは。
今日はちょっとこの島の概要を語ってみようかと思います。

大きさは日本で五番目(主要四島除く)
択捉、国後、沖縄本島、佐渡島の次です。
端から端まで車で二時間近くかかりかなり大きい島。
山がちで平野はごくわずか、変化に富んだ地形です。
前にも書きましたがちょっと海岸をはずれると島とは思えない。
二千メートルを超えるトンネルもあり驚かされます。

SN3O0208.jpg

山はほとんど原生林。
もちろん地形がキツイせいもありますが
ハブを怖がって人間がなかなか山に入れなかったとか・・
おかげで金作原のような大自然も残ってるわけです。

そのハブ・・興味も持ったのでちょっと調べてみました。
おもに二種類いるそうで「ホンハブ」と「ヒメハブ」
両方毒蛇ですが危ないのは「ホンハブ」のほう。

SN3O0200.jpg

毒は出血毒で簡単に言うとエサを消化するための物。
つまり食べたそばから毒で消化が始まるのだそうです。
これはタンパク質を分解するということで
組織を破壊しながら徐々に全身に回り・・
おまけに攻撃性が強く察知した物全てに襲いかかるとか?
お~~恐い!!
私が見たのは「ヒメハブ」のほうでかまれても腫れるていどですむみたい。
動きも遅く攻撃性も少ない、ラッキーだったのかな?
嫌われ者(?)のハブですが主食がネズミなので
益獣の要素も持っています。
「毒さえなければあんなに役立つ物はない・・」とも言われてるとか。
ハブ酒にもなるし、まあ藪に入らなければOKです。

そしてアマミノクロウサギ。

SN3O0203.jpg

世界中でここ奄美大島と徳之島にしか生息しない固有種。
原始的なウサギの携帯を残してるそうで
これ一種でアマミノクロウサギ属を構成するのだそうです。
道路にはアマミノクロウサギ注意の標識やペイントが沢山。
この島を代表する動物ですね。

食事は・・「鶏飯ラーメン」

SN3O0204.jpg

おわかりですね。
「鶏飯」の出汁と具で作ったラーメン。
濃厚な鶏出汁ラーメンと思って下さい。
でも出汁はちょっと変えて有るみたい。
そのままの方がいい気もするけど、うまい。
美味いけど・・鶏飯の方がこの出汁に合う気がする・・

関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 2   

コメント

ハブの画像は薄目で見ました

ウォンバット #- | URL | 2010.07.23 20:59  edit

ごめんなさいm(__)m

かわぐち #- | URL | 2010.07.24 05:43  edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/333-4e97adf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)