河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

徳之島 

タイトルは徳之島ですが
奄美大島、名瀬から書いています。
徳之島ではネット繋げる所見つかりませんでした。
名瀬の宿はウィークリーマンション。
レンタカーといっしょで5250円。
キッチン、炊事用具一式、炊飯器も有る!!
私は料理苦になりませんのでこれから楽しみ。
一週間ほど滞在します。

さて徳之島。
思っていたよりずっと大きな島で
中心の亀津もわりと大きな町でした。
着いた日は丁度祭り!!

JgL-203.jpg

こちらは鏡割りも黒糖焼酎なんですね。
樽入りの焼酎!何人分なんだろう・・

さて、ここではバイクを借りようと思っていたのですが
沖永良部で徳之島に住んでる人と知り合い
わりと山がちだからバイクはキツイよ、とアドバイス。
実は大正解!!坂道もそうだけど滞在した二日間
曇り所によって大雨、時々晴れ間が見えるでしょう・・
という大変な天気。
バイクだったら・・考えただけでも恐ろしい。

では徳之島の代表的景色を。
実は変な天気でも意外と撮れたんです。
移動中土砂降り!!着くと青空!!!日頃の行い??

まずは犬田布岬。

_MG_8651.jpg

ちなみに10分前まで大雨でした!
さてこの塔、正式名を「戦艦大和を旗艦とする連合艦隊戦士慰霊塔」
といいます、そう、この沖合に戦艦大和が沈んでいるんです。
むかしウォーターラインシリーズ(プラモデルです)に熱中し
宇宙戦艦・・は違うか!でも、あのオープニングはこの場所だ!!
戦争を知らない世代としても何となく感慨深い物があります。

今でも年に一度盛大な慰霊祭が開かれるとか。
英霊たちのご冥福をお祈りし犬田布岬を後にしました。

次は「犬の門蓋(いぬのじょうふた)」
徳之島の紹介ではここが使われる事が多いようです。

_MG_8506.jpg

でも、ここわからない・・
いや駐車場までは簡単に行けるのですが
この門?が見つからない。
入り口は人一人やっと通れる隙間で
案内等いっさいなし。
なんだろう?ここ?と思って入ってみたら・・あった!!
ここまで書いたから入り口の写真も載せましょう。

JgL-137.jpg

海が見えて面白いなと撮ったのですが
一旦、そのまま通り過ぎちゃいました。

まあこんなふうにわりと岩場が多く
沖永良部までのトロピカルって雰囲気はかなり薄まります。
でも、海はあいかわらず綺麗・・
やはり物が違います。

もう一つだけ、徳之島と言えば長寿の島。
ギネスブックの長寿世界一に二人も載せたとんでもない島です。
120才まで生きた「泉重千代」さんと116才まで生きた「本郷かまと」さん。
この御二人の生家は同じ町、車で10分ほどしか離れていません。
今、二軒を結ぶ道は「長寿の道」と名付けられています。
なんと銅像まで建っていました!!

JgL-054.jpg

長生きしたいと思ってる皆さん。
どうですか徳之島に引っ越してみたら?
良い島ですよ(^^)
関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 5   

コメント

今晩は天気が余り良くない割には、
結構仕事できていますね。

yojiro #- | URL | 2010.07.19 23:18  edit

今回、特に沖縄離れてからラッキーです。
とにかくどんなに大雨でも私が着いて
カメラ構えると晴れてくるんですよ。
徳之島は恐いくらいでした。
もちろん完全に満足ではないですけど
離島でこれぐらい撮れれば、まあ良いでしょう。

かわぐち #- | URL | 2010.07.19 23:27  edit

ウォーターラインシリーズ、私も幾つか作りました。
あの時の「大和」は、『捷一号作戦』時のスタイルで、沈んだ時のとは大分違うんですよ。沈んだ時=『天一号作戦』時は全身機銃だらけだったんです。

小太郎 #- | URL | 2010.07.20 22:39  edit

南方の人が比較的長寿なのは、食べ物やストレスが関係しているのかな?

ウォンバット #- | URL | 2010.07.20 23:29  edit

そこまで知りませんでした。
確か大和は作らなかった。
武蔵は作った・・微妙に違ったと思う。

食べ物やストレス・・関係有るんでしょうね。
南の島の中でも徳之島は凄いみたいです。
沖縄は長寿のイメージがありますが
男性の寿命は落ちてきてるそうです。
女性はトップ。

かわぐち #- | URL | 2010.07.21 07:25  edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/329-87cf7999
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)