河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

4月25日 初溪土楼群 

昨日の日記の続きです。
日付はまだ4月25日。

さて「田螺坑土楼群」を撮り終え元来た道を逆戻り。
通り過ぎた村々で止めてもらったりしたのですが
予定の12時よりかなり早く永定土楼村に帰着。
しかしその前に運ちゃんがバイクをストップ!!
「初溪土楼群に行かないか?150元追加で行くよ・・」
でたな追加セールス!でもここ行ってみたい場所だったのです。

厦門で調べた時はほとんど「永定土楼村」か「田螺坑土楼群」のことばかり。
確かに「初溪土楼群」の文字も見ましたが
悪天候のせいで時間も無くなっちゃったしあまり興味はありませんでした。
でも現地に着いてみると「初溪土楼群」の写真がいろんな場所で目につきます。
当然興味はもちますが永定土楼村から45キロ・・晴れは今日一日・・
完全にあきらめていました。

てなわけで値引き交渉開始。
興味なさそうにしてると120元まで落としてきました。
100元なら行ってみても良い・・と言ってみたら
往復で90キロもある!それじゃ行けないとかなんとか(多分です)
いいよ行かないで、帰ってくれ!と言ったら
あっさり100元に下がりました。

何度も言いますが100元ってのは本来すさまじい値段なのです。
でも調べた結果では外国人にはこれ以上下がりそうにない・・
それに私は交渉下手のお人好し(^_^;
ついまあ良いか!となってしまいます。
でも・・でも本来とんでもない値段。
時間がある人、もっと値切ってやって下さい。
50元でも運ちゃんは大もうけのはず!

さて、もうすぐ昼時ですが食事もせずにバイクはひたすら走ります。
しかも今度は普通の道を走り町を抜け工場脇を走り・・
つまり着くまでの道はまったく面白くない。
しかも観光客誘致のためか?いろんな場所で工事中。
凄い砂埃・・カメラバッグが黄色くなってしまった。

一時間ほど走ったでしょうか?
「下洋」という町を抜けると一気に田舎道。
一応舗装道路だけど工事中が多く道は最悪・・
文字通り全身ほこりまみれ・・
ケツが痛くてしょうがないけど運ちゃん休まない・・
やっぱり午後は逆光??
運転中、もぞもぞしてるからきっと彼も痛いのでしょう・・がんばれ!
集落が果て着いたかな?と思うと今度は細い山道(舗装はされてます)
もう休もう!と言いかけた時、バイクは「初溪土楼村」につきました。
入場料70元、ただし今は55元、階段優恵とかなってるから
値上げ時の段階措置でしょう・・前はいくらだったんだろう?(50元でした)

かなり長い石段を登り展望台へ。
凄い!!棚田の斜面にある大土楼群!!
江戸時代、いや室町時代と同じ景色なんだろうなぁ
この一角以外は何もなくまさに隠れ里。
客家の執念を感じます・・

JeJ-204.jpg

やはり時間は少し遅かったようです。
もう太陽は頭の上・・やはり午前中か!
朝、霧がたなびくところを撮ってみたい。
ここも宿泊できるようなので今後の課題です。

腹が減ったけど土楼の中も見学。
一番大きな「集慶楼」へ。
土楼中最古だそうな??あれ、さっきもそんな土楼が有ったような気が・・??
まあ深く考えるのはよそう!古い土楼なんだ!!

ここは上階が博物館になっていて、土楼の発達史や客家についてなど
学べるようになっています(漢字なので半分くらい理解できました)
もちろん自由に登って探検できるし撮影もできます。
400部屋以上有る大土楼、圧巻です!!

JeJ-301.jpg

魚眼レンズで撮影。
はじめて効果的に魚眼を使えた気がする(^_^;
撮影中どうも床が揺れている??そのうち奇声とドタドタ走り回る音!??
なんだ!?この土楼の中で中国人がおっかけっこしてる!!しかもいい大人が!!
中年親父軍団が土楼を走り回って階段登ったり降りたり・・てめえらアホか!!
そりゃ丸い形で何層にもなっていて小部屋が沢山あって
おっかけっこには最適ですよ・・しかし・・
これを見て何も感じないのか!お前らは!!
中国人のマナーの悪さに憤慨しながら「初溪土楼群」を後に。

下洋の街で食事にしようと運ちゃんが言い出した。
いままで中国に限らずどこでも、運転手はおごってやると言っても
一人で消えていき、どこかで食べてきていました。
でもこの運ちゃん自分で店選んで、かってに話を進めてる。
まあ庶民的な店だけどメニューに値段書いてないし
ここじゃ喰わん!と言って店を出る。

いや、この運ちゃん結構気に入ってたから
昼飯ぐらいおごってやる気でいたんです。
実際、次の店でおごってあげたけどね。
でも食べてる途中でもあれが美味いだビールは飲まないか?
だの、正直不愉快!全部断ってやった!!
こいつはたかれないと思ったのか
その後は初めに頼んだ物を静かに食べてました、ご飯はおかわりしてたけど(^_^;
でも料理はまあまあ美味しかったし
彼のおかげで一応写真は撮れたし・・機嫌直そう。
値段は普段の夕食よりちょっと高かったですけどね!!
関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 2   

コメント

奇想天外 七転び八起き 転んでもただじゃおきへんでえ~ みたいな。
川口さんのタフネスさが 伝わってきます。
ここまで来ると下手すると盗賊に会いますね。
中国の道って いきなりデッカイ陥没した穴があったり大変なところですよね。 
バイクコケなくてよかった。
魚眼持っていくあたりも さすが プロ!

秀介 #z8Ev11P6 | URL | 2010.05.11 18:51  edit

盗賊に会うような危険な場所には行きません。
たぶん・・(^_^;
バイタクの運転手。
運転については本当にプロで
その点は安心して任せられました。
そうでなきゃ昼飯おごってあげなかったかも。

かわぐち #- | URL | 2010.05.12 09:00  edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/277-cb5b1623
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)