河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

中国山地 

九州を跡に、中国山地を撮りながら
なんとなく東に向かっています。

11月3日、まずは一気に鳥取県の鍵掛峠。
大山を望む展望地です。

なぜか紅葉情報に現況が出てこなかったんですよ。
いくらなんでも始まってるだろうと
下見もかけて訪問、快晴だったし・・

ところが・・あれ紅葉遅い?
全体的に葉っぱが茶色(T.T)

でも朝一では影になってる場所に綺麗な木が一本。
ともかく日が当たるまで待つしかないか?

と思ったらあっという間に山頂雲に覆われてしまった。
あきらめるか?と撤収の準備してたら
雲が切れてきてほんの10分ほど綺麗な空になりました。

_E0A4290-2.jpg
完全に満足してないけど良しとしましょう。

この日は文化の日。
駐車場待ちも発生していて長居は迷惑。
撮ったらさっさと撤収、蒜山高原へ。
でも雲は広がるばかり・・
湯原温泉露天風呂でノンビリ。
おっこのおじさん、まだ現役だったんだ(笑)

123393593_3543500315731528_221767511680530942_o.jpg
がっちりガードして入浴(笑)
そして少し戻って広島県帝釈峡。

川霧出るかな?と暗いうちから歩くも空振り。
良くあることです。

_E0A4392.jpg
少し下流の神龍湖、もう終盤って感じです。
少し待つかと思ってたので意外。

_E0A4483.jpg
翌日は少し戻って備中松山城。
天空の山城として有名。
雲海が出やすいうえに
わりと遅い時間まで雲海がのこります。
この日は8時でも充分「天空」を満喫できました。
撮影スポットは駐車場から近いし
気軽に絶景を楽しめます。

_E0A5159.jpg
朝日を浴びる備中松山城。
これで朝の7時撮影、いや夏に比べて身体が楽だ(^^)

少し休憩して城に登ります。
昔はかなり上まで車で登れたのですが
混雑期は麓からシャトルバス(400円)
聞いてみると歩いても20分ほど、
そのあと同じぐらい登る必要があるとのこと。
運転間隔も20分ごとくらいらしいので歩くことに。
麓の人は紅葉まだ早いって言ってたし
まあ・・下見だ。

登ってみると・・あれ綺麗じゃないか。
いや全体的には早いのですが天守脇のカエデが
真っ赤になってる。
ここ数日の冷え込みで一気に色づいたとのことです。

_E0A5546.jpg
まあこれはこれで良いでしょう。
下見のつもりが一日で通過。
さて・・どこへ・・そういえば・・

一気に吉備路へ。
中国山地はわずか三日で通過したことになります。

吉備路で何を・・
昔、柿と五重塔絡めて撮ったことがあって
もう少し工夫したいな、と思っていました。
丁度良いのでは?
結果、柿は遅かったです。
でも何故か稲刈り前の田んぼが!!

_E0A5850.jpg
これ本当に稲なのかな?ちょっと麦っぽく見える。
でも水張ってるし・・いやそれもおかしいのか??
帰ってからゆっくり調べよう(笑)

現在、岡山県を跡にし東へ向かってます。
家を出てから一月以上、そろそろ明確に帰路だな。
といっても、もちろん寄り道しながらです。
次はまたもや山の中に戻ります。




関連記事
写真  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/1543-bdae3ef5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)