河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

伊豆 

昨日の続きです。
今回のメインはこちら伊豆半島。
家から充分日帰り圏内なのですが
まあここはゆっくり撮影しましょう。

5月24日、まず修禅寺へ。
温泉街のシンボル独鈷の湯

SfB-001.jpg
昔は普通に入れたのだけどちょっと残念。

_E0A9608.jpg
最近では竹林の小路の方が売れたりします。
嫌ですねぇ・・すぐ売れる売れない言い出す(^_^;

そのまま堂ヶ島まで一走り。
実は今回ここがメイン。
以前冬に来た時思いました。
これ、もう少し太陽の角度が高い時来たらきれいじゃね?
5月頃行ってみるか?
というわけなんです。

天窓洞、堂ヶ島にいくつもある海蝕洞の一つです。
上を含む三箇所開口部があり日が差し込みます。
特に上の窓から光が差し込むと幻想的。
冬は角度が浅くて条件がきつくなっちゃうんですよ。

_E0A9753.jpg
船でしか行けずちょっと揺れるので撮影難易度は高い。
というかフィルム時代はほぼ不可能だったところです。
デジタルになってこんな場所も撮れるようになったので
私としては嬉しい。

_E0A9749.jpg
遊覧船は荒れると欠航になるので
お出かけの際には確認を。

さてそのまま西伊豆撮影。
伊豆は景色がよいだけでなく
温泉も豊富なのが魅力。

_E0A0006.jpg
岩地海岸の露天風呂
この船が露天風呂なんです。
外人さんが私に向かって「すばらしい!!」を
連呼してたのが印象的でした。
入浴料はタダ!!しかも混浴(笑)
残念ながら水着着用、今回は持ってきて無いや(T.T)
もちろん別の温泉堪能しましたけどね。

翌25日は南伊豆。
石廊崎からスタートです。
ここでも遊覧船に乗ってみました。

_E0A0421.jpg
なかなか面白いし水もきれい!!
天気も良かったしわりと満足です。

次は下田市の田牛へ、「とうじ」と読みます。
サンドスキーが有名なのですが最近注目されてるのはこれ

_E0A0490のコピー
龍宮窟、ハート地形です♡
ここも一昨年の冬に来たのですが日が入らず不完全。
この季節の正午頃なら良かろうと思ったら当たり。

_E0A0623.jpg
ここも海蝕洞でパワースポットとしても有名。
なんかパワー有りそうですよね。

そのまま下田市街に出て街歩き。

_E0A0741.jpg
なんか順調すぎるぞ。

そのまま沈没しようかと思いましたが
夕日も行けそう、奥石廊へ。

_E0A0877.jpg
影が面白かったのですが
いろいろやろうと思ってるうちにシャッターチャンスはすぐ過ぎ去る。
まあそんなもんですね。

一泊し翌26日も下田。

_E0A1025のコピー
ペリーロード。
流石に雲が出てきたな。
遠景はガスってたとはいえ三日続きの晴れ。
そうは持たないですよね。

ペリーゆかりの了仙寺を撮って一区切り。

_E0A1081.jpg
境内一面ジャスミンの花。
すごい香りです。
しかしピークは過ぎていた模様。
一週間前は紫の花が咲き誇り素晴らしかったそうです。
またの機会に考えよう。

雲が出てきたので中伊豆経由で帰路につこう。
いくつか滝も寄ってきました。
一番有名な浄蓮の滝。

_E0A1423.jpg
連日朝から夕方まで撮ってたので流石に疲れた。
風呂に入ったら近くの道の駅で今度こそ沈没。
もう一旦帰ります・・撮りながら(笑)

翌27日国道246をひた走り我が家へ。
高速乗ればあっという間ですが節約・・と言うか
昼間に帰るのはもったいないんですよ。

何カ所か寄ったところから洒水の滝。

_E0A1553.jpg
もう雲が多かったんですが
なんとか光が入りました。

さて、本当に帰ろう。
ほんの一週間ほどの撮影旅行でしたが
わりと満足度は高かったです。
次の取材はいつだろう?
とりあえず春から初夏の写真を整理せねば。

いや今現在整理中だった(^_^;
まったくいつになったら終わるのやら。
撮るのは一瞬なのになぁ。
関連記事
写真  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/1494-489fa1cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)