河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

静岡 

またもや帰ってからの更新になってしまいました。
何度も言うようですがバッテリーの影響で
なかなか現地で更新できません。
パソコンでやる仕事が増えてブログは後回しに
なっちゃうんです。
ちょっと車の給電システム考え時かな?

今回出発は5月21日、もうお忘れでしょうけど
風雨が荒れ狂った日です。
夕方から快復に向かい翌日晴れとの予報を信じて出発。

目的地は伊豆・・だったのですが
この予報を見てちょっと修正。
以前から行きたかった清水吉原で雲海と富士山に
挑戦することにしました。

行き方はちょっと複雑。
東名高速と新東名の結合部、清水JCTから山の方へ入っていきます。
かなり細い道になりますので
行かれる方は充分情報を集めてお出かけください。

夜中に着いて車中泊。
地主さんの好意で誰でも入れる撮影広場ができています。
好意に甘えることなくマナーはきっちり守ってください!!

すでに三脚の行列。
あの予報ならみんな来るよな。
ちなみにここは雨の後晴れると季節関係なく
雲海が出る確率が高いそうです。

翌22日、早朝というか未明に起きて夜明けを待つ。
次々と人が登ってきて20人ぐらいになったかな?
わりと広い撮影場所なのですがざっと埋まった感じ。
しかしながら富士山見えない・・雲も上がってきてついには・・

61187632_2301538803261025_1118669557033074688_o.jpg
結局この日は雲が取れず・・
みんながっかり撤収です。

この日は日本平に登り一休み。
実はここでも撮りたいものがありました、新しい展望台ができたのです。

_E0A9373.jpg
撮影は23日になります。
日本平夢テラス、わかるかな?右奥に富士山写ってます(^_^;

去年の12月オープンの最新スポット。
設計は新国立競技場と同じ「隈研吾建築都市設計事務所」で
木材をメインに使った暖かみのある建築。
中に簡単な展示室やカフェもあり入場は無料。
なかなかの施設でこのあたりに来たら寄る価値ありですが
眺めは・・少し降りた道路からの方が良いかも知れない。

_E0A9481のコピー
これがその道路からの眺めです。
なかなか雲が整理されなかったのですが
まあこんなもんかな?

この日は少し走って登呂遺跡にも足を伸ばしてみました。

_E0A9461.jpg
私が子供の頃は弥生遺跡の代表として
必ず教科書に載っていましたが今はどうなんだろう?

さて話しは22日に戻ります。
23日の朝にどこで撮るか?
それによってどう移動するかが決まります。
その日は雲が多いながらも晴れ・・もう雲海でないかな?

別の場所でですが雲海でないと決めつけて撤退。
夜のニュースで素晴らしい雲海が出ました・・との情報を得て
悔しい思いをしたことがあります。

いいや、ダメ元だ・・もう一度清水吉原に登ろう。
夜中に登ってみると誰もいない??
途中には熊注意の看板、嫌だなぁ・・
昨日あれだけいた人がゼロって事は
みんなダメだと判断してるんだろうなぁ

未明に起きるもまだ誰もいない。
さて富士山は・・あれ見える気がする・・ちなみにまだ真っ暗。
とりあえずカメラを出して長時間露光。
おっ!!富士山見えるし雲海も出てる!!

_E0A9080_2019052914360358c.jpg
最後に一人登ってきましたがほとんど場所独り占め!!

さて移動、他のポイントへ。
ここはゼロではないけどやはりガラガラ。
昨日は車止める場所もなかったのに。

地元の人と少し話したけど
今年一番の雲海だそうな。
もしかしてラッキー!?

SfA-141.jpg
ちょっと触れたけど
ここは地主さんが撮影に寛容で
我々にとって居心地のよい場所。
そのせいかみんな比較的穏やかで
譲り合って気持ち良く撮影できるとのことです。
それでも時々マナー違反やトラブルがあるとか。

全国色んな場所で立ち入り禁止や撮影禁止の場所増えています。
ここもそうならないよう
マナーを守り迷惑にならないよう撮影しましょう。

さて明日は伊豆編です。







関連記事
写真  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/1493-939477dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)