河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

コーンパペンの滝 

パクセーから三時間ほどカンボジア国境に近いシーパードーン
と言う場所に来ています。
ここはメコンが断層になって落ち込む場所。
中州が沢山あって約四千も島があるとのこと。
シーパードーンとは四千の島々という意味で
英語ではFore thousand islandsと言われています。
断層になってるから滝があります。
実はここを撮りたくて雨期との境目に来たんです。
でも、天気はずれ(T.T)しょうがないですね。
実は始めこの滝の存在を知ったときメコンがあの川幅で
滝になってると思っていました。
実際は中州の間を縫って落ちているので滝の幅は300m程だそうです。
流石雨期が開けてないだけ有って凄い迫力!
青空で撮りたかったけど交通がとっても不便。
それほど待てないので今回は我慢します。

_MG_0971.jpg

さて、その島々の一つデット島に泊まっているのですが
ちょっと参ってます(^_^;
ナーカサンという村からボートで渡るのですが
賑わってる場所が二カ所、5キロほど離れて北と南にあると思ってください。
船着き場で住み着いてる欧米人に声をかけられ
決まった値段といっしょで送ってくれるとのこと。
どこに泊まるか聞かれたので「わからない?どこがいい?」と聞きました。
「うるさい所と静かな所どっちが良い?」「静かな方」
はい、本当に静かな所に連れて行かれました。
まあ、泊まる所は沢山あります。
どこも水上家屋みたいなバンガロー。
値段も同じで15000kip(200円弱)
まあいいか、と泊まったのですが・・電気がない!!
部屋の中にライトがないんです!!!
村自体は日が沈むと真っ暗・・
一応、自家発電が有るみたいで8時頃までは部屋の外に裸電球が一つ。
共同のトイレもその時間までは一応電気ついてました・・
でも部屋の中は真っ暗・・八時には寝ましたよ・・
夜中に目がさめて苦労しましたけどね・・暗闇の中で・・

翌日、つまり今日、少し歩くと普通のゲストハウスが沢山ある所発見。
賑わってる二カ所の丁度真ん中で降ろされたようです。
あ~~あ、うるさい方って言っておけば良かった。
今夜も八時には就寝だ(-_-)zzz
関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 2   

コメント

お疲れ様です!
さすが河口さん、そんな所でもなんやかんやで眠れるところがすごい!

ウォンバット #- | URL | 2009.10.21 21:25  edit

昨夜はもっと大変だったんですよ・・
続きは今日のブログで!

かわぐち #- | URL | 2009.10.21 21:28  edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/149-11eb723b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)