河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

台南・猴硐・九フン 

ついに最後の日が来てしまいました。
約三週間、台湾西海岸を巡りましたが
おもいっきり不完全燃焼。
台湾の冬は天気悪いのが常なのですが
今年は特に晴れませんでした・・
まあ仕方ない日本でしきりなおし。
しかし・・花粉が恐い(^_^;

烏山頭撮影後は台南。
ここは台湾の古都と言われ伝統的には
ここが都でした。
色々旧跡もあるのですがメインの場所がいくつも工事中。
天気はまあ晴れだったのですが空振り・・仕方ないです。

_E0A6910.jpg 
日治時代(今は日本領時代をこう言います)に建てられた林デパート。
台湾初のエレベーターを備え屋上には空襲の跡も残ります。

さて台南滞在時、台湾は四連休まっただ中。
台北に戻る列車のチケットが取れない。
乗り鉄・・というか列車にゆられビールを傾けるのが
無情の楽しみの私はちょっと悲しい。
いやバスはすぐ取れました。
でもなぜかバスと列車は違うんですよね・・私だけかな?

さて台北は雨・・とりあえずお土産買っておくか?迪化街へ。
わかりやすく言うと台北のアメ横。
乾物を中心とした伝統的な商店街です。

_MG_9352.jpg 
狙いはカラスミ!!
日本に比べて半値以下!!小さいものだと1000円でおつりが来ます。
_MG_9363.jpg 
あれ?この店孤独のグルメであつかったの?今気付いた。

さらに翌日。
雨も上がったのでネコの駅として有名な猴硐へ。
駅の裏手の猫村と言われる光復里があります。
_E0A7364.jpg 
まあ説明不要ですね、ひたすらネコ撮り。
ここのネコは人間気にしません。
近付いても問題なし、ただしほとんど寝てます(笑)

_E0A7458.jpg 
ここから台北方面へ一駅戻ると
九フンの入口瑞芳駅、バスに乗り換え九フンへ。

昔から観光地ではありましたが
「千と千尋の神隠し」の舞台として、というか似てるとして
人気が沸騰!!凄まじい人、歩くのも大変。
ただバスの本数が増え交通は便利になりこれは感謝。

どうしたって写真撮ると・・というか立ち止まると人の迷惑。
気使いまくって頭下げまくって気疲れ・・
写真家としては興味深いところだけどあまり来たいところではない。

_E0A7553.jpg 
したがって昼は中心から離れたところ中心に撮影。
夜は仕方ない・・ここ撮らねば・・

_E0A7806.jpg 
人混みが空いた時狙って色々撮りますが・・
やっぱり疲れた。
これなんか奇跡と言っていい、ほんの数分人が途切れた。

_E0A7881-2.jpg 
まあなんだかんだで撮影終了。
かえりはちょうど最近できたらしい台北駅周辺へ直行するバスが来た。
おかげで座って楽々宿へ。

そして今日は・・くもり。
帰国は明日、一応終わりかな?
いやまだ今晩夜景撮れるかも。
予報では晴れなんですよ(^_^;



関連記事
写真  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/1487-c7805454
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)