河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

西沢渓谷、ハイキングガイド風に 

さてまたしても帰宅してから書いています。
この日は日曜日
秩父を出てそのまま帰るか検討。
結局、雁坂トンネルを抜けて
山梨県に移動することに決定。

地図見ていただければわかるように
秩父から山梨県は山の向こう側
トンネルを抜けるとすぐなんです。

途中西沢渓谷を初撮影。
今まで気になってはいましたがいつも素通りでした。

深い谷間なので曇りの日に撮るのが普通。
ライブラリーで写真検索しても晴れのはない。
しかしながら、この季節
お日様はかなり真上まで来てる、何とかなるのでは・・。

_E0A2030.jpg 
車は道の駅周辺にかなりの規模の無料駐車場があり
日曜にもかかわらず余裕で駐められました。
ちなみに渓谷入口そばにも駐車場ありますが
有料もしくは坂道付き(笑)
道の駅から渓谷入口まで平坦な道を徒歩5分ほどなので
便利さも考えて道の駅に駐めて問題無いでしょう。

ここの遊歩道は一周四時間ほどの山路で
基本的には一方通行。
途中手を使うような場所も有るそうなので
サンダルではきついスニーカーは余裕、まあそんな道です。

しばらく車も通れる(一般車は通れません)林道を行き
30分ほどで今は廃業している西沢山荘前へ。

_E0A2040_20180606101840e2c.jpg 
さらに少し行くと二股つり橋、
ここから西沢渓谷がスタートです。

_E0A2050.jpg 
しかし良い天気だ・・なんだかもったいない気がする

_E0A2055.jpg 
二股つり橋から鶏冠山。
ここを目指す方も多いい模様
もちろん本格的な装備が必要です。

さて本格的でない私は遊歩道へ。
見上げると新緑がまぶしい。

_E0A2076-2.jpg 

そして見下ろすとコバルトブルーの渓谷。
_E0A2086.jpg 
やはりコントラスト強くなっちゃうけど
デジタルなら何とかなるかな?
道も思ったより悪くない。
でも雨が降ったら滑りそうだな・・そのあたり注意。

西沢山荘から一時間半。
西沢渓谷のメインイベント七ツ釜五段の滝へ到着。
ここは縦位置かな?

_E0A2131.jpg 
やっぱりコントラスト強いな。
デジタルじゃなきゃあきらめるところです。

ただここで失敗!!
ハイキングマップにこれから行く上の道から
滝が良く見えるって書いてあったのです。
良く見る写真は滝壺が連なってる写真。
きっとそこから撮るのだろうと早合点。
滝自体に光が入ってるので
上からならもっと良いアングルで撮れる!!だろう・・

でここは急いで撤収。
気になった場所がもう一カ所有ったのですが
影が強く後で来ればいいやと素通り。
ここは基本一歩通行ですがそばなら戻れるだろう・・

ところが!!これから後はしばらく急な細い階段。
かなりしんどい登り。
これは戻れない・・まあ上からがメインだから・・
大汗かいて登りました急いで見下ろせる場所へ
木の隙間から遠くに見えるだけでした(T.T)

さて撤収!!
あまり条件良くないのにあの階段もう一回登るのヤダ(笑)
今回は初めての訪問、下見も兼ねてます。
またいずれリベンジします。

実はここからは昔のトロッコ道。
昭和43年まで三塩軌道という木材運搬用の
トロッコが走っていたそうで
その廃線跡が遊歩道になっています。

なんと線路もそのまま。

_E0A2167.jpg 
下りは動力無し、惰性だけで下まで行ったそうなので
もう急な登り下りや岩場はなく快適なハイキング道になります。
この道を一時間半ほど下ります

もう西沢渓谷は見えませんが
所々国境の山々を見渡す絶景が迎えてくれます。

_E0A2191_20180606105905d69.jpg 
滝の撮影がメインだったので撮影はあまり満足していませんが
山歩きというかハイキングとしては満足。
全行程4時間ほど適度な運動とすばらしい眺望。
朝、出れば道の駅に戻って昼食もできるし
車で少し下れば温泉もあります。

日頃運動不足だとこぼしてるあなた。
たまには山歩きいかがですか?














関連記事
写真  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/1439-852ab0f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)