河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スコータイ 

チェンマイからバスに乗って約5時間。
13世紀に栄えたスコータイ王朝の都
スコータイにやってきました。

ここは四回目かな?
新市街と歴史公園のある旧市街に
別れますが私はいつも旧市街に泊まります。
20年以上前初めて来た時は日が暮れると
本当に何も無く食事も困ったほどでした。
今は公園入口におしゃれ?なカフェが建ち並び
年々賑やかになってくるようです。

天気は曇り。
歴史公園すぐ横のゲストハウスに
チェックインしゴロゴロしてたら
なんとか雲が取れてきた。

_E0A8945のコピー 
ここ前に来た時(2009年)までは
夕方は無料で出入り自由だったんですよ。
今回もそうだろうと普通に入ろうとしたら
しっかり呼び止められて100B取られました(^_^;
まあそれが普通なんで問題無いけど
タイもしっかりしてきたんだな・・と勝手に感心。


翌日は例によってガスっ晴れ。
なんとか撮れるかなと公園へ。

_E0A9060-2のコピー 
なんか色にコクがないな(笑)

夕景の写真と同じ場所でワットマハタート。
この周辺がスコータイ王朝の中心でした。

自転車借りて少し郊外へ。
南に10分ほどワットチェープトン。
_E0A9226-2.jpg 
スコータイ美術で特徴的な遊行仏。
色っぽい(バチが当たる?)曲線で
お釈迦様が説法を始める為にふみだした第一歩を描写しています。

_E0A9090.jpg 
これは歴史公園内のレプリカですが
色っぽいという意味わかるでしょ?

さて北側にも行ってみよう、ワットシーチェム。
ここは別料金、さらに100Bかかります。
_E0A9325.jpg 
お堂の中に大仏が収まっています。
中も入れます。

_E0A9292.jpg 
昔は屋根が有ったのでしょうが今は野ざらしです。

ここで午前中の撮影終了。
一旦宿に戻ったら寝落ちしてしまった。
やっぱり極寒の日本から真夏のタイは
体力的にきつかった模様。
ちょっとばかりバテ気味です。

目が覚めたらスコール!!
これで天気のパターン変わるかな?
勝手に期待してます。

関連記事
写真  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/1427-8f97959a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)