河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

分杭峠で気を充填し中央構造線を見てローメンを食べる 

タイトル長い(笑)
まあ今日やったこと全てです。
強いてあげれば他に洗濯したなぁ・・
そんな一日でした。

昨夜は高遠そばの道の駅で車中泊。
朝起きると・・あれ雲一つ無い快晴??
天気予報では9時頃から曇りになってたので
今日はダメだとのんきに構えていました。
でも予報は当たりました、すぐに雲が広がって
8時前にはもう一面雲だらけ。
当初の予定通り分杭峠へ向かいます。

聞いたことありますか?
なんでも中央構造線上にあって+と−の磁場が押し合い
0磁場になっているとのこと。
最強のパワースポットとも言われています。
あまりその手のものは信じない方なのですが
なんとなく科学的な気もして気になっていました。
分杭峠には駐車場がないらしく途中からシャトルバスです。

14725487_1162254837189433_8331043853405287775_n.jpg 
8時半初の始発に乗車・・客はわたし一人。
シャトルバス必要??ちなみに後で知ったのですが
峠にはわりと広いスペースがあります。
平日はバスいらないのでは・・とこの時は思っていました。

_E0A3380.jpg 
到着・・やはり一人・・(^_^;
説明版を読みます。
えっ・・中国の有名気功師が発見してなんたらかんたら・・
ちょっと怪しくない??
まあ良くわからない事あるし
良いって人も多いらしいので何も言いません。
なんせ麓の町からタクシーで来る人もいるとか。
きっとすごいのでしょう。

氣場と言われる気が出ている場所に行って見ます。
正直写真的には撮りようがない・・
人がいないのも寂しい・・まあセルフタイマーで(笑)

_E0A3316.jpg 
しばらくすると人が増えてきました。
やはり時間が早すぎただけかな?
なんかこの手の場所では顔わかっちゃまずい気がして
少し引いて撮影。

_E0A3352.jpg 
秋真っ盛りですね。

このあと水汲み場に行こうと警備の人に道を聞く。
でも立ち入り禁止じゃん。
警備の人は笑っていや行っちゃう人多いから・・と言ってた。
まあ私は無理しません。

前述の通りここは中央構造線上。
峠からは構造線が良くわかります。

_E0A3364.jpg 

この谷がそのまま中央構造線です。
なかなか雄大!!晴れた時普通に撮りたい。

さてそろそろ降りよう。
バスがくると・・おっぞろぞろ降りてくる!!
やはり人は多いいんだなシャトルバスで良いのか?

峠にあった説明版によると
何カ所か中央構造線が露頭している部分があるとか。
その一つ溝口露頭へ行って見ました。
美和湖の湖畔、その名も中央構造線公園にあります。

_E0A3384.jpg 
説明いりませんね。
はっきりわかります。
黒・黄土色・茶色になっていますが
黒と黄土色の間が今の構造線。
黄土色と茶色の間も古い構造線だそうです。
列島をかたち造る、四国九州まで続く大断層。
ロマンにあふれます!!
あれ?分杭峠より面白いや(^_^;

これ撮ってる時雨になりました。
天気予報優秀。
今まで食べ損ねていたB級グルメ。
ローメンを食べてみよう。
羊肉を炒めて麺と絡めた伊那名物。
スープタイプと焼きそばタイプがあるそうで
今回はスープタイプ。

_MG_8673_201610251437597d1.jpg 

注意書きによると始めにソースと酢を一回り
その後好みによっておろしニンニク・ゴマ油・七味などを入れ
自分好みの味に仕上げて食べる・・んだそうです。

スープタイプでもやはり焼きそばかな?
私にはちょっと甘いかもしれない。
ゴマ油とニンニク七味を多めに入れて食べました。

実は伊那出身者数人から
伊那でもそれほど食べないよ・・と聞いていました。
確かにものは試しって感じです。
でも・・わりと美味しいんじゃないかな?
私にとっては嫌いな味ではなかったです。
今度来た時は焼きそばタイプに挑戦だな。
関連記事
写真  :  trackback 0   :  comment 6   

コメント

3枚目の写真、どういうわけか映画《野生の証明》の冒頭シーンの隊員の姿に見えてしまいました(笑)。

中央構造線ですか。
フォッサ・マグナを中学の地理で教わって以来の、“学術用語”ですね。
あの頃、もっと勉強に熱心になれていたら・・・。

小太郎 #- | URL | 2016.10.25 17:16  edit

分杭峠って、スピリチュアルとか不思議系の人たちに大人気のスポットですよね?
一度行ってみたい場所ですが、すごく行きにくいところみたいですね。
分杭峠瞑想後にローメンを食べるっていうのをやりたくなりました♪

ところで、0地場・・・何か感じましたか?

YAZZY #- | URL | 2016.10.26 13:17  edit

小太郎さん
野生の証明ですか・・
薬師丸ひろ子しか覚えていません(^_^;
勉強はまだまだできます。

河口 #- | URL | 2016.10.26 16:17  edit

YAZZYさん、ご無沙汰です!!
そうです。
その手の業界ではもの凄く有名な場所です。
0磁場・・私は心がひねくれているせいか
何も感じずがっかりです(^_^;

河口 #- | URL | 2016.10.26 16:19  edit

ローメンがなんだか頭に引っかかっていたので…思い出しました。
B級グルメレポートが得意?な物書きが、単行本にも纏めていた代物じゃなかったか?

スープタイプは麺をあらかた食い終わったら、生卵一個を割り入れ、仕上げに肉味噌を一塊と熱々のスープを入れてもらった即席卵とじスープを腹に収めて店を出るとか。

何しろ美味そう。

小太郎 #- | URL | 2016.10.31 11:01  edit

ん〜〜〜?違うと思うぞ。
そんなことしてる人いなかったし
食べ方(テーブルにあった)にも書いてなかった。
ちなみに元祖の店。
裏メニューだったら知らない。

河口 #- | URL | 2016.11.07 21:56  edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/1303-46d5419b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)