河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

ホイアン旧市街とバイタクでミーソン 

なんか悔しい天気になりそうです。
予報を見たら今日まで曇り、明日からしばらく晴れなんです。
帰国日は明後日、ビザの関係もありこれは動かせません。
あと三カ所ほど撮りたいところがあるのに・・
で、今日はちょっと無理しました。

朝起きたら例によって曇り。
まあ雨降ってないだけ良いか?
旧市街に出て伝統家屋の内部を撮影。

_MG_4975_2015032923004597d.jpg

これは進記家(タンキーの家)
日本の建築様式も混ざってるらしいのですが
良くわかりませんでした(^_^;

ホイアンの入場券は独特の形式で
10万ドン(約600円)のチケットで19カ所のうち
任意の5カ所、入場できるようになっています。
6カ所みたい場合はさらに10万ドン払わねばなりません。
まあ・・5カ所で充分です。

中を撮ってたら晴れてきた。
一時はここまで天気良くなったんです!!

_MG_5174.jpg

これは福建会館、上記のチケットで入れます。

こうなるとどこに行くか考えます。

実はホイアンの郊外にミーソンという世界遺産の遺跡があるんです。
明日は晴れ予報、と言うことは晴れは安定するな。
しかしどうやっていこう?公共の交通機関はありません。
まあタクシーで行こう・・いやバイクタクシー(バイタク)が
有るじゃないか!!

ベトナムのバイタク、トラブルがあるので有名です(苦笑)
まあ、大丈夫だろう・・タクシーも似たようなものだし。

値段は交渉。
河口流は自分で値段決めちゃってそれで押し通すんです。
遺跡まで40キロ・・多少の出費は覚悟。
物価やらなにやら考えて20万ドン(1200円)ぐらいで交渉することに決定。
声かけてみると30万ドンとか言う。
あら、もっと安くて良いかな?
初めの値段は相当ふっかけてくるのが普通です。

案の定ちょっとの交渉で20万ドンに下がりました。
まあ自分が納得した値段が適正価格。
タクシーだと50万ドン以上らしいし(インフォメーションの値段)
交渉成立!!スタート!!

10分走ったらチェーンが外れた(笑)
自転車じゃないですよバイクですよ。

すぐに修理してもらいます。
ベトナムは道沿いに無数の修理工場というか修理小屋があります。
あっという間に直って10分ほどで再出発。

ん?川がある、沈下橋だな・・だって沈下してる(笑)
ズボンびしょ濡れで突破。

途中で歩けと言われた。
幹線道路に出る道が急な未舗装路。
はいはい歩きますよ・・

タバコ休憩(もちろん運転手の、私は吸わない)をへて
1時間半ぐらいかな、お尻が痛くなった頃ミーソンに着きました。

ミーソンはいにしえのチャンパ王国の聖地だったところ
今は廃墟しか残っていません。

ちなみに天気はドン曇りになっちゃった。

_MG_5242.jpg

運転手は雨が降りそうだから30分で戻ってこいと言う。
まあ、そんなもんかな?と思ったら
駐車場から遺跡まで徒歩15分、何考えてるんじゃ!!

時間無視して1時間ほどでもどる。
文句行ってたけど、片道15分、不可能!!って怒ってやった。

同じ道を今度はノートラブル・・いや濡れたけど・・で戻ります。
運転しながら町戻ったらビール飲み行こうとかうるさい。
夜は忙しいんだよ、と流してるうちに到着。

30分多く待たせたから追加料金とか言い出すと思ったけど
そんなこともなく20万ドンで無事解放。
やっぱり相場より高かったかな?

有言実行、夜も忙しく撮影。

_MG_5307-2.jpg

とはいえ夜景は一日一カ所。
そらが青く残るのが好みです。

さて、いよいよ撮影できるのはあと一日。
最後ぐらい晴れてくれよ・・このままじゃ大赤字だよ(^_^;
関連記事
写真  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/1145-551861fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)