河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

台南その2 

今日も台南です。
ぶらぶら歩きながら昨日撮り足りなかった場所を撮影。
昨日より天気良いので撮り直しも有りだな。

_MG_5758.jpg

中心街で消防署。
まず間違いなく日本時代からの建物。
わかりずらいけど側面にでっかく119。
救急は番号いっしょなんだ。

_MG_5782.jpg

延平郡王祠。
清末に造られた鄭成功を祭る廟。
日本時代には開山神社という神社でした。
なんとなく面影有る?

_MG_5815.jpg

孔子廟。
説明いりませんよね?
台湾最古の孔子廟です。

さて、昨日鄭成功さんが影になってしまった赤カン楼。
結局日が入ったのは12時ごろでした。
抜けも昨日より良いし、待って良かった(^^)

_MG_6121.jpg

昨日と同じ角度じゃつまらないので像をアップに。
オランダ人から赤カン楼を接収してる場面。
オランダ人うなだれてます。

午後、今日のハイライト!!郊外の塩田地帯に向かいます。
台南の海沿いには塩田がありなんと塩の山まで有るという話し。
塩田に沈む夕日・・綺麗だろうな!!
バス一本で行けるので訪ねてみました。

市街から観光路線99路のバスに乗ります。
目指すは七股塩山、終点です。
土日は一時間に一本でてるので便利。
でも・・ゆうに一時間以上かかった。
もっと近いと思ってました。
とりあえず塩山。
え〜〜〜〜〜〜〜〜!!

_MG_6147.jpg

これ塩でできた山です。
これはこれで凄い。
でも私は塩田の中に作業の結果として山ができてる・・と思ってたんです。
ここは・・実はテーマパーク(笑)

この周りには土産物屋はもちろん
ボート乗り場やミニ遊園地などなど。
けっこうがっかりしました。

近くには博物館も。
台湾は繁茂体を使っているので「塩」は「盬」です。

_MG_6172.jpg

塩山が真ん中にあるわけではないですが
塩田は広大です。

_MG_6180.jpg

季節のせいかなんなのか
塩田ってわからないですよね?ちょっとがっかり・・
一応、わかりそうな場所も撮影。

_MG_6190.jpg

まあ、こんな場所も有ると言うことで・・
なんかすっかり夕景を撮る気がなくなりました。
今日はこれぐらいにしておきます。

明日からは阿里山。
かなりの高所なので寒いらしい。
身体が持つかな?そんなにデリケートじゃないか(笑)
関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/1084-3744f08a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)