河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

霧の摩周湖から知床へ 

北海道にいると距離感が狂います。
ん、60キロ?約60分か、すぐだな・・
となってしまうんですよね。
結果、ガス代がかさむ・・(T.T)
この高値・・何とかして欲しいものです・・

昨夜は摩周湖の展望台で車中泊。
さみしい場所だけど少しでも長く寝たい。
この時期北海道の日の出は4時前なんです。
ちなみに一応夕景も撮ったので撮影終了はPM7時過ぎ。
日が長いのも困りもの。

昨夜は8時就寝、3時に起きてすぐ撮影。
おっ!!しっかり霧がでている。
霧の摩周湖だ!!

_MG_1006_201407161642504a1.jpg

しばらくして日の出。
日が差すと、こんな感じになりました。

_MG_1131.jpg

ここは何度も来てますがこんなに霧がでたのは初めて!!
ラッキーだったかもしれない。
でも撮影終わっても4時少し過ぎ。
眠いけど寝直すほどじゃない。

ともかくすぐ下の硫黄山へ。
いまだに活発に噴煙を上げています。

_MG_1195_20140716163111175.jpg

良いように見えるけど不満・・・
風向きのせいで山頂が見えないんです。
しばらく粘ってると・・あれ??雲が来た。

西の空から雲が押し寄せてきました。
まだ屈斜路湖は撮れるかな?
移動して砂湯です。

_MG_1293_20140716163203ded.jpg

薄く霧が出て悪い感じじゃないけど
私の写真にしては構図が窮屈だと思いませんか?
そう、青空の上は雲なんです。
まあ見てもらいましょうか?
こんな感じです。

_MG_1285.jpg

ここで考える。
山の向こうは青空だ!!
山の向こうには・・小清水町、もう撮ったので行くこともないな。
その向こうには・・知床か?60キロぐらい??行けるな!!行こう!!

ところが!!走れど走れど青空の位置は変わらず??
そう、雲とほぼ同じ速度で西から東へ走ってるだけ。
いや、こころもち雲の方が早い(T.T)

それでもウトロへの途中にあるオシンコシンの滝は
上から海に向かって撮るから大丈夫、時間も良い・・と思ったのに・・
普通の観光客は国道沿いの展望台から見上げるのですが
我々の写真はたいてい上を通る旧道から見下ろして撮ります。
その旧道が工事で完全通行止め、その上立ち入り禁止。
なんだ、そりゃ!!
どうしようもなく下から一枚・・時間も悪いし苦笑するしかない。

_MG_1308.jpg

その後ウトロ、羅臼・・空は真っ白。
まあいい、私のモットーは
「行かないで後悔するなら行って後悔しろ」
そう、普通はそれを負け惜しみと言います(T.T)

まあいいや、大好きな熊ノ湯があるし・・
あくまで負け惜しみ(T.T)(T.T)

_MG_2752.jpg

羅臼にある無料の露天風呂(入ってる人には声かけてあります)
全国にいくつか無料風呂はありますが
雰囲気、清潔さ、湯、いずれもトップクラスだと思ってます。
のんびり浸ってたら細かいことはどうでも良くなってきた。
ん??やぱっり撮れなかった負け惜しみか?
関連記事

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 2   

コメント

『行かないで後悔するなら行って後悔しろ』それを負け惜しみ…とは言いたくないですね。本田宗一郎の名言[やってみなければわからんじゃないか/やりもせんで何がわかる!]の顰に倣うガッツがなくなったら、【職業者】としては“役立たず”とも言われかねませんし。

小太郎 #- | URL | 2014.07.16 20:12  edit

悔しいから言ってみるだけですよ(苦笑)
出発前に迷った時にはこれを唱えて出かけます。

河口 #- | URL | 2014.07.18 11:17  edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://knphoto.blog81.fc2.com/tb.php/1063-adb56ae3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)