河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

ナーランダーそしてブッダガヤ 

桜の花ももう少しで満開・・なににブログ上はまだ3月1日です。
インドでブログ書けなかった日を埋めてきましたが
一応今日でお終い・・明日からは新しい事。
とは言ってもしばらく出られそうにありません。
処理する写真はまだまだ山ほど残っています(T.T)

さて、ラージギルからナーランダーへ。
ナーランダーには仏陀は足を踏み入れていません。
しかし5世紀につくられた広大な仏教大学の跡があり
あの三蔵法師も訪れた場所。
その頃は一万人もの人びとが仏教について学んでいたそうです。
場所はラージギルの隣町。
前に載せた例のバスターミナルからバスで30分ほどです。

KbH-023.jpg

しかし・・このバスどこに行くんだろう?
すくなくともナーランダー行きではありませんでした。

例によって行き先なんか書いてありませんから「ナーランダー」と連呼。
どうやら本数は多いようです。
それほど混んでない、よかった・・

バスはナーランダー遺跡の入口、と言っても約三キロほど離れた
道路沿いに停車します、終点ではないので注意!!
ここからは馬車・・例によって10人くらい詰め込まれ
落ちそうになりながら遺跡へ。
両側はのんびりした田舎道・・帰りは歩こう(^^)

KbI-484.jpg

入場料はRs100、もちろん外国人料金・・でもトラブル発生!!
三脚持って行ったのですが持ち込み禁止・・しかも預かるところもないという・・
使わないから・・と言っても絶対通してくれない・・困った・・
近くの博物館で聞いてもダメ・・こんなことは初めてだ・・
ちなみに他の場所では必ずクローク・・とうより預かり所があって
全く問題なかったんです・・

どこでも預かってくれない!入れないんなら金返せ・・みたいに交渉。
インドでRs100は大金です・・向こうも返したくない。
でも日本人とわかったから態度が軟化。
結局警備員が預かってくれました。
こもかく基本的には三脚持ってるだけで入れてくれません。
今後来る方、ホテルに置いてくるのを忘れないで下さい!!

さてやっとの思いで中に入ると・・でかい!!
正直驚いた!!

KbI-415.jpg

う~~ん、これじゃ規模がわからないな・・
これぐらいの建物が10以上も並んでる・・しかもまだ発掘作業もやってる!!
当時の賑わいを見てみたい!!

一時間以上かけてゆっくり見学、帰りはやっぱり歩き・・好きなんですよのんびり歩くの。
インドの観光地じゃうるさくて散歩にならないから・・

この後ラージギルに戻りバスでブッダガヤに抜けました。
そして3月2日のブログに続きます。

しかし・・やはり日記ってのはその日のうちに書かないと乗りませんねぇ・・
思い出しながら書くのも楽しい作業ではありますが・・難しい・・
写真処理、早く終わらして撮影に出よう!!
サクラは・・無理かな?新緑ならなんとか!!
それでは、またその時に!!ありがとうございました。

テーマ: 写真日記

ジャンル: 写真

写真  :  trackback 0   :  comment 0