河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

喜多方から米沢・置賜 

さて今回の取材、思った通りに進みません。
天気商売ですからしかたないですが
滑り出し低調すぎ(^_^;

喜多方に一週間もいてしまいました。
私が粘ってる間
入れ替わり立ち替わり
友達カメラマンが喜多方を通過。
結局私だけ一週間も滞在してしまいました。
ラーメンが目当てじゃないですよ。
食べたけどね(笑)

30656436_1739620322786212_5011740549644812288_o.jpg 
まあ、それはともかく
喜多方滞在中は天気予報メチャクチャ。
晴れ予報なのに雨降ったり・・でも突然晴れたり。
正直、何カットか撮り損ねました。
いえ・・晴れると思わずにビール飲んじゃって
動けなかったわけですけどね・・(^_^;

それでも苦戦中も会津若松含めて何カットか撮ってます。
鶴ヶ城・・もう散り始め・・まあ撮れないより良し。

_E0A4647.jpg 
本格的な撮影は昨日から。
とにかくここが撮れるまで動かないと決めてた
日中線記念自転車歩行者道のしだれ桜並木。

_E0A5606-2.jpg 
ここまで時間無駄にしたら
せめてここだけは撮りたかったんですよ。
まあそれなりに満足。

あとは米沢に向かって移動です。
途中狙っていた日中線記念館。

_E0A5765.jpg 
右の三角屋根が昔日の熱塩駅です。
ここが日中線の終点。

ちなみに日中線とは喜多方とここ熱塩を
結んでいた旧国鉄のローカル線です。
このもう少し先に日中温泉があり
そこから付けられた名前ですが何故??て感じですよね。

さて県境の峠を越え山形県へ!!
米沢城跡・松が岬公園は満開・・いや
満開ちょい後かな??まあ何とかなる。

_E0A6014-3.jpg 
そして現在、置賜です。
ここは「置賜桜回廊」として名所・銘木が沢山あります。
そのなかから久保桜のライトアップ。

_E0A6600.jpg 
ここは日本三大桜の一つだそうな。
あれ??と思った人、私も思いました。
ここの説明版によると日本三大桜は
山梨・神代桜と岐阜・薄墨桜そしてここだそうです。
普通はここじゃなくて三春の滝桜なのですが・・
まあ野暮なことは言わないでおきます(笑)

このあたりでもソメイヨシノは葉桜になってきています。
ざっと撮ってさらに北上します!!
写真  :  trackback 0   :  comment 0   

破間川ダムの雪流れ 

春の取材に出ています。

とりあえずサクラは置いておいて

新潟県・魚沼市の破間川ダムから入りました。


_E0A3938_2018041310014702b.jpg 

山の中に流氷?

なんでも雪解け水で水位が上がり

氷が流れ出すことによって

おこる現象だそうです。


最近注目されていて

現地でも知った顔が沢山。

とはいえ撮影できないほど

人が押しかけてるわけでもなく

気持ち良く撮影できました。


_E0A4010.jpg 

なんでも翌日は綺麗さっぱり消えちゃったそうで

自然のいとなみに驚嘆!!

初めてで撮れた運の良さにも感謝。

そしてなにより現地でお世話になった方々、

ありがとうございました!!


その後会津に出ていますが

晴れ予報なのに曇り・・

さてこれからどうしよう?

ラーメンでも食べて考えようかな??

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

バンコク、最後は青空!! 

タイ編の最後のブログです。

海外行くと流石に最終日くらいは
ゆっくりして土産でも買って
美味しいもの食べて・・と思います。
ところが、そうはさせてくれないんですよね。
帰国前の二日間晴れました!!
そうすると私は撮影マシーンになります(笑);

_E0A1153-2.jpg
ワットプラケオ、別名エメラルド寺院。
タイで一番格式の高い寺院で王宮に隣接というか王宮の中にあります。
入場料500B!!高くなったなぁ・・

王宮が有るので衛兵もいます。
ちょうど交替時間だった模様。

RcA-306.jpg 
続いてすぐそばに有るワットポー。
巨大な寝釈迦で有名です。

RcA-820.jpg 
あれ?ここは足の裏といっしょに撮るんじゃない?
詳しい方はこう思うでしょう。
残念!!工事中(修復?)でした(^_^;
しかたない・・外も撮ろう。

RcA-645.jpg 
そしてワットアルン、別名暁の寺。

RcA-1631.jpg 
チャオプラヤー川に面する大寺院。
今の王朝の前トンブリー王朝の主寺院でした。

もちろん夕景も。

_E0A1340.jpg 
この三つの寺院がバンコク三大寺院ともいわれ
観光客はたいてい訪れる場所です。

この日はもう一カ所
インスタ映えナンバー1との声もある
ワットパクナムも行ってきました。

ワットアルンからチャオプラヤーエクスプレスで
BTSとの乗り換え桟橋センターピアに行き
隣接するサパーンパークシー駅から
タラートプルー駅に出ることになります。

RcA-1780.jpg 
これがチャオプラヤーエクスプレス。
水上バスと思って下さい。
安い、早い、気持ちが良い!!
バンコク最良の交通機関です(^^)

タラートプルー駅からは1キロほど
歩いても15分ほどですがバテてるのと
場所が良くわからないのとでバイタク利用。
40B・・高くないか?

意外と時間はかかりまあこんなものかと
無理矢理納得したころ到着。

まずは外から。
東洋のベニス、バンコクらしい場所です。

RcC-657.jpg 
ちなみに運河ですがナマズの天国!!
右の緑屋根の場所、エサやり場なのですが
大変なことになってました!!

_E0A2133.jpg 
いくらでも取れそう!!
このナマズ美味しいらしいですがタイ人はあまり食べない模様。
まあタイは食べ物あふれてますしね。

さてインスタ映えってこれ?
いえ、白い仏塔の最上階にそれはあります。

RcC-586.jpg 
魚眼レンズで全景。
真ん中下の緑色の塔は仏舎利塔
天井画は仏陀の生涯図だそうですが
すごく不思議な雰囲気です。
スピリチュアル系の方にも人気らしく
かなりの数の日本人がお参りに訪れていました。

帰りもバイタク。
BTS?20Bだよ・・
くそ!!やっぱり行きはぼられたな(T.T)

そして最後の夜はチャイナタウン。
RcB-496.jpg 
鴨料理で一人打ち上げ!!

29340253_1711761705572074_7619281401967280128_n.jpg 
少し多めにビールも飲み今回の取材も終了!!

今回はまあまあ撮れた方かな?
とりあえず最低限撮りたかったところは
だいたい撮れたかんじです。

次は国内でサクラ。
つまりすぐ出発。
いや流石に関東あたりまでは無理か?
東北あたりからになると思います。

今年のサクラはどんなかな?
期待してお待ち下さい(^^)






写真  :  trackback 0   :  comment 0   

カンチャナブリーからナコーンパトム 

昨夜遅く、無事帰国しました。
先日から言っているとおり
終盤バテてしまいました。
その主因となったのが今日書く出来事。
危険な目にあったわけではありませんが・・・
いやある意味すごく危険だったのかも?

前回の続き夕方から。
実は5時半ごろにもう一本列車が通るはずだったんです。
この日の日没は6時半頃。
少し赤くなった光に照らされたクワイ川鉄橋!!
とカメラ構えますが・・来ない!!
6時・・来ない!!だんだん日が弱くなってくる。
感度あげて対処し待つが・・来ない!!
6時半すぎ、日が沈む・・それでも列車は来ない(T.T)
撮影不可能な時間に・・退散。

_E0A0268.jpg 
翌日も鉄橋。
私の計算では一番条件が良いのが
午前中に通るこの一本!!
まあ計算通りですね!!でも・・・

_E0A0351-2.jpg 
おいおいSLかよ!!この黒煙はなんだ!!
これディーゼルだぞ。

前の投稿見てください、普通こんなに煙吐きません。
仕方ないけど何だかな・・(^_^;

さて周辺も撮ってカンチャナブリーは撤収。
本当はもっと山の方も撮りたかったのですが
今回はちょっと時間が足りなかった、しかたない。

さてどうやって帰ろう?
バスで帰るとまたタクシーで嫌な思いしそうだ。

ちなみに私がタクシーあまり使わないのは
嫌な思いを散々してきたから・・
もめるぐらいなら多少不便でも
公共交通機関の方が良い、安いしね。

ふと思いつく。
ナコーンパトム近いな、バスもあるだろう。
あそこ出ればファランポーン(バンコク中央駅)行く列車もあるはず。
撮ったこと無いし、それで行こう!!

と言いつつカンチャナブリーのターミナルまではトゥクトゥク。
ここはぼられもせずあっさり交渉成立。
問題無くターミナルについてバスのチケット購入。
すぐに出発とのことタイミング良かった。
でも気になることを言われた。

これバンコク行きだけどナコーンパトム通るから
途中で降りてね、でもバスは市街まで行かない。
郊外の道路沿いで降りることになる。
市街までは1キロくらいだけどいい?

1キロ?(ここは何度も確認)じゃ最悪15分歩けばいいな。
どうせトゥクトゥクもいるだろうし
その距離なら大した額じゃ無い。

OK、ノープロブレム!!
とバスに乗り込みました。

1時間半くらいかな?
無事到着、郊外のショッピングセンターだった。

トゥクトゥクやタクシー・・無い?
いやバイタク(バイクの二人乗りタクシー)
は沢山あるのですが
荷物全部(30キロ超)あったのでバイタクは無理。

まあいいや1キロだろ?歩くわ。

だいたい見当付けて歩き出す。
もうsimカード期限切れなので人に聞きながら歩く。

このナコーンパトムあとでお見せする仏塔が名物。
世界一の高さだそうな。
駅もその仏塔のそばに有ります。

天気は良い・・メチャクチャ暑い!!
ころがしてるとは言え荷物は30キロ。
正確には背負ってるのが10キロころがしてるのが20キロ。
でもそれほど苦労することなく
賑やかな通りへ、おっ市街に着いたか。
さて仏塔は・・ん??結構向こうに塔のようなものが・・あれか(^_^;

目の前バスも通ってるのですが
目標物が見えると何となく歩いちゃいます。
それにこの頃は元気でした。
そろそろその仏塔を見せておきます。

_E0A0489-2.jpg 
人がゴミの・・いや豆粒のようだ!!
まあ正直まだ大丈夫、麓までは普通にたどり着きます。

良い光線を探して外周廻る。
下から見上げたくて階段登る、もちろん階段は荷物かついで。

_E0A0419_20180320172156fe1.jpg 
撮影終わった頃は小蔭で座り込んでいました(^_^;
いやまずい・・変な汗出るし動く気がしない。
後で考えたら軽い熱中症だったのかも知れません。
コンビニで水買ってがぶ飲み。
駅まで何とか行くも列車は一時間半ほど後(^_^;
市内をもう一回り・・と思いつつベンチに座ったら
もう足が動かない。
結局駅でずっと座っていました。

列車も珍しくそれほど遅れず
無事バンコクに戻れましたが
宿に着いてからももう何もする気がない。
結局、この疲れが最後まで取れず
最後の二日間は苦行になってしまいました。

なにせその二日が一番天気良かったのですから・・
まあね、撮れないよりはずっと良いです。

しかし実感、もう無理は利かない・・まいったな(^_^;


写真  :  trackback 0   :  comment 0   

カンチャナブリー 

タイトルはカンチャナブーですが
実はもうバンコク。
今夜はこの取材、最終日になります。
ちょっとバテてしまってブログの更新遅くなりました。
さて、何があったのか?

北部からバンコクに戻りすぐにカンチャナブリー
に移ることにしました。
あの戦場にかける橋のクワイ川鉄橋で有名な場所です。
カンチャナブリーには鉄道かバスで行く事になります。
すなおに鉄道で行っとけばよかった・・

_E0A0219-3.jpg 
出発が早朝、しかもトンブリーという
郊外にある駅からでるんですよ。
でバスにしたのですがこれも郊外の南バスターミナル
に行かねばばなりません。
普段は路線バスなどで移動するのですが
今回は珍しくBTS(スカイトレイン)とタクシー
つまり普通の人と同じ移動方法(笑)
慣れないことをしなけりゃよかった。

バンコクのタクシーは基本メーターで走ります。
でもふっかけてくる運転手がいるのも事実。
今回もいきなり200Bだ・・と。
そんなにかかるわけ無いだろ!!
無視して次、OKメーターで行くよ
みたいな事言ってたので乗車。
まあ普通に行ってくれそうだったのですが
途中で急に車止めてタイ語で何か訴えてくる。
ちなみにこの運転手、英語はまったく話せません。

実は南バスターミナルは新・旧二つあって
どうやらどっちだと聞いてる模様。
ニューだとなんとか通じて再スタート。

しばらくするとまた止まった。
どうやらどこへ行くと行ってる模様。
だからニューターミナルに行けと
英語・タイ語(単語は少しわかります)まぜて言うが
まったく納得してくれない?
途中ぶち切れてとにかく走れ!!と怒鳴ると
少し走ってまた止まる???

止まってメーター動くの少しでもかせいでる?
いやそうでもないみたいだ・・???

もうらちがあかない。
こちらも怒ってそこまでの金額たたきつけて
降りてしまった。
ちなみに何を言ってたか?いまだに意味不明。


_E0A0085.jpg 
降りた場所は幹線道路沿い、おそらくターミナルに続く道。
バスも沢山走ってる。
初めに来たバス止めて
バスステーション(こちらの方が通りがよい)行くか?
と聞いたら変な顔。
通じないか??ボーコーソー(タイ語でバスステーション)だ!!
また変な顔してすぐ後ろを指さした。

そうそこは旧ターミナルから50m離れていない場所。
あの運転手・・何を考えてるんだ??

今考えるとこれからどこに行くか聞いてた模様。
こちらでタクシーやトゥクトゥク頼むと
そのバスの横まで横付けすることがあります。
バス会社からリベートが出るのかも知れない。
まあ・・ともかく腹立った!!

さて旧バスステーションか・・
新ステーションまで移動せねば・・
と思ってたらここからでもミニバスが出るとのこと。
OKそれで行こう!!と思ったら
荷物でかいから二人分ね・・(^_^;
ミニバスと言ってもハイエース。
後ろギリギリまで座席延長してるので
大きな荷物は別料金の場合があるのです。
屋根に荷台があってタダの場合も多いのですが・・

もう疲れた・・払いますよ・・

まあ後は普通に着きました。
宿はクウェー川(クワイ川では通じない模様)に浮かぶ
フローティングハウス。

_E0A0277.jpg 
実はネット予約のポイントがたまったので無料!!
わりと使ってるのでいつの間にか結構ありました、
ただ暑いんだよね・・風があれば最高なんだろうけど
この夜は無風・・それでも川をみながら飲むビールは最高でした。

長くなるので続きはまた。
戻ってくる時も一苦労有りました。

写真は上二点クワイ川鉄橋です。

写真  :  trackback 0   :  comment 0