河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

自粛期間 

6月です!!
5月中は撮影も極力自粛。

私の場合仕事なので多少・・とは思うのですが
無症状感染者ではない!!と言い切れないのが
新型コロナの恐いところ・・
かといって約二月、まったく仕事しないと干上がります。
密にならない近場に限定して細々と撮影をしていました。

とりあえず神奈川県内。
実は神奈川県は感染者の多い県
さらに湘南海岸の人出が問題になるなどして
厳しい設置が取られました。
具体的に言うと駐車場を閉鎖しちゃうんです。
ですので撮影できる場所は限定的になります。

TgC-025.jpg
寒川町、相模国一之宮の寒川神社。
さすがにガラガラでした
疾病退散を祈願してもう少し南へ。

TgC-111.jpg
茅ヶ崎市にある旧相模川橋脚。
なんと関東大震災の液状化現象で田んぼの中から生えてきた珍しい史跡。
全国でたった二つ(もう一つは伊豆の地震動の擦痕)人工物の
天然記念物になっています。
今見られるものはレプリカで本物は同じ場所、この真下に埋まってるます。

茅ヶ崎というとビーチ!!なのですが烏帽子岩には目もくれず
小田原方面へ走ります。
TG-051.jpg
石垣山一夜城より小田原城。
ここは以前来て城自体は撮っているのですが
光線が悪くこのカットはパス。
すると問い合わせが来るんですよね・・
でも、このあたり来るとどうしても箱根を撮影しちゃう。
それで後回しになってたのを、良い機会だと来てみたわけです。

さて、実は一度だけ遠征と言えることをしています。
群馬に住んでいる息子が、そうしても家に帰る用事があり
送迎の必要があったのです。
さすがに三時間都心経由の電車に乗れとは言えなかった。

そんなわけで帰り道に太田市の金山城。

TG-074 コピー
日本100名城に数えられる壮大な山城。
正直、100名城の中ではマイナーですよね?
なんとなく後回しになっていたのですが行って驚いた。
これは名城だ!!
戦国期の城なのですが立派な石垣がある!!!
関東の山城はほとんど石垣がないのですが
ここの発見で定説が崩れた、それほど価値がある城なのです。
山の上なのに水が豊富なのも驚いた、日ノ池。

TG-079 コピー
今回、あまり条件良くなかったけど
今度しっかり撮り直しだな!!

宿泊をともなう遠征はこれだけ。
他はひたすら地元がメイン。

TgC-268.jpg
相模原市の勝坂遺跡。
縄文時代の遺跡で勝坂式土器と名付けられた
土器が出土したことで有名なんですが・・
その筋の人以外知りませんよね(^_^;

かえってこんな写真の方が需要あるかな?
国道16号線沿いに整備された相模原自転車道。

_E0A9764.jpg
国道の両側にこんな感じで自転車道が整備されています。
バスや車使うよりある意味便利。
実はこの日の撮影は私も自転車で出かけました。

さて、実は・・実はばかりですが
もう一度県外に出ています。

私は神奈川県民ですが5分歩くと都県境越えてしまい
普段の買い物やらなにやら、生活の場は町田市なのです。
えっ町田なら問題無い?
まあ、そうとも言える・・かもしれない、笑
(町田市は東京都なのですが一部では神奈川県扱いされています)

_E0A9644-2.jpg
町田市役所から境川と横浜線。
ここは東京都ですが川を渡ると神奈川県。
左の団地は私の小学校の学区というロケーション。
私はそんなところで生活しています。

さて、こんな感じで日帰り撮影を繰り返していましたが
やはり長期の撮影に行きたい!!
というか行かねば生活が成り立たない。

入浴施設もそろそろ開きそうなので
もう少ししたら出かけることになるかと思います。
密には充分気を付けるので、優しく見守ってください。

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

少しだけ活動再開 

この一月ほとんど撮影していません。
家からも散歩以外はほとんど出ていません。
前の写真整理、納品が終わってからは仕事もしていません。
流石に干上がる・・

とはいえ絶対感染してないとは言い切れないし
もらわないとも限らない。
リスクのある行動は避けたいところ。

考えた末、近場で人の集まりそうもない史跡などから
じょじょに活動を再開することにしました。

今日行ってみたのは私の地元、相模原市内。
もともと、わりと広い市でしたが
平成の合併で旧津久井郡も加わり更に広くなりました。
そのわりに観光地や有名な場所はほとんど無し。
こんな事でもないとじっくり撮影することも無い市です(^_^;

_E0A8871.jpg
城山ダムと津久井湖。
神奈川県の水瓶、洪水調整や発電にも使われる多目的ダム。
去年の台風19号のさい緊急放水で話題になったのはこのダムです。
ここでの人との接触ゼロ。

津久井城跡にも登ってみました
_E0A8894.jpg
駐車場は閉鎖されていたのでダムから歩き、
良い運動になった。
約2時間の城めぐりで見かけた人は五六人
すれ違った人はいたけど、まず問題なし。

ここでランチ。
一番心配してたのが食事でしたが
このあたりでは開いてる食堂もわりとあり探すのは問題なし。
すいてる・・というか客がいない店を見つけ
問題無く食べられました。

この後相模湖、と思っていたのですが
やはり駐車場が閉鎖されてる模様、相模川沿いに帰ることに。

途中で小倉橋(相模川にかかる名橋)を撮ろうとしましたが
河原が閉鎖!!BBQ対策かな?
無理すれば行けそうだけど無理はしない、パス。

そのまま川沿いに下り昭和橋付近でちょっと撮影。
ここは河原に降りられる。
あれ、肉の良い匂いが・・
このあたりでは数グループがBBQしてました。
もっとも密と言うほどではないかな?ポツポツって感じ。
私はさらに離れ孤独に撮影(笑)密を避けるの成功。

_E0A8925.jpg
そして時宗の旧大本山、無量光寺を見学。
一遍上人がいらっしゃいました。

_E0A8957.jpg
一遍上人が草庵を営み、時宗の聖地となった寺。
市内の名所で一番有名なのはここかも知れない。
相模原の歴史を習うと必ず出てきます。

もっとも今は訪れる人も少なく落ち着いた環境。
ここでもすれ違った人無し。

こんな感じなら撮影再開も大丈夫かな?
仕事になるか疑問ですが
撮影してれば傑作も撮れるかも??

もちろん、最低でも緊急事態解除までは
細心の注意を払って動きます。

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

新型コロナで自粛中 

新型コロナ、大変な事になってしまいました。
当初、暖かくなったら終息すると
言われてたし、私も思ってました。
日本では三月下旬まで表面上は深刻化してなかったので
逃げ切れた・・と緩んじゃったんでしょうね。
最悪のことを考え一刻も早い終息に向けて
努力しましょう。

さて、私の場合ですが
カメラ故障もあって前回帰宅後はほぼ引きこもり。
予定では愛知からそのまま九州四国と考えていたので
どうなっていたのか?
ちょっと想像できません。

ほぼ引きこもりと書きましたが
桜の季節、まったく撮らなかったわけではありません。
車で近場、1日だけですが都心にも出ています。
そして緊急宣言前には北関東へも。

TeB-063 コピー
いわゆる三密は避ける
食事もほぼ車の中と気を付けはしましたが
人との接触を完全に断つのは不可能と判断。

_E0A6825.jpg
すぐに帰宅しパソコン前で残務処理の日々を
過ごしてるわけです。

しかし先が見えないのが一番辛い。
いつになったら思いっきり撮影に出られるのでしょうか?
もちろん収入も落ちるだろうし・・

ともかく外に出ずに撮れるもの
考えて行かねばなりませんね。

写真は宴会禁止の上野公園と赤城南面千本桜です。




写真  :  trackback 0   :  comment 0   

静岡横断、伊良湖岬へ。 

先週、春の撮影に出発!!
いまどこ??実は自宅に戻っています(^_^;

出発は11日の夜。
翌日早起きして狙ってた場所行ったけど
有ると思ってた菜の花がない(T.T)
どうやら植え付けをやめてしまったらしい・・
それ以外の条件良かったけど退散。
どこかって??情けないからナイショで(^_^;

ちょこちょこ史跡関係撮りながら
静岡県を縦断。

202003-112 コピー
磐田市の旧見付学校。
明治維新後初めにできた小学校の1つで無料で中にも入れます。
入口が男女別になってるのが面白い。

このあたりで女房からメールが。
血圧の薬忘れてない??
しまった!!どうしよう・・とりあえず少しは撮らねば。

そんなわけで伊良湖岬へ。

_E0A5107.jpg
この時期、この周辺では渥美半島菜の花まつりが開催されています。

TbB-053-3.jpg
メイン会場はここ伊良湖菜の花ガーデン。

_E0A5198.jpg
丘に登るとかなりの規模だってのがわかります。

_E0A5257のコピー
実はもう一つ用事ができてしまった。
無理に帰るほどじゃ無かったのですが
薬との合わせ技、一旦帰宅を選択。

もちろん撮りながら。

TbA-181.jpg
浜松の中田島砂丘。
日本三大砂丘に数えられることもある大砂丘。
しかし風が強い!!
立ってると痛い!!そう砂が吹き付けて痛くてたまらないんです。
それほどの強風・・

そう風を甘く見てました。
そのあと富士山にちょっと面白い雲がかかったので
定番の場所へ。

この雲がだんだん上がってて頂上見えるかな?
って感じだったんですよ。

TbA-220-2.jpg
強風は相変わらず、危ないと思って三脚にカメラバッグ
引っかけて、まあ大丈夫だろう。

結局、このあたりまでしか雲は上がらず
撤収を検討。

一応と思いほんの少し三脚から離れて他の場所探してたら
後ろでガシャ〜〜〜ン!!三脚倒れた(T.T)

うわ〜〜〜!!
駆け寄るとカメラは上部液晶割れてなんか歪んでる。
レンズもダメだ(T.T)(T.T)

もちろん予備はあるけど気分は最低。
おまけにコロナでサービスセンター閉まってるはず。

まったく・・最近西に行くと行って出かけると
何かがおこる。

とりぜず家で再出発の準備。
まあ万事、塞翁が馬。
これで行き先が変わり傑作が撮れるかもしれない!!
落ち込んでも仕方ないので前向きに考えます。

それにしても・・(T.T)(T.T)(T.T)


写真  :  trackback 0   :  comment 0   

河津桜とみなみの桜 

コロナで大変な毎日。
なんか閉塞感が凄くやる気もでません。
でも引きこもってるうちに
いつの間にやらたまってた写真処理全部終了!!
悪いことばかりではないですね。

さて、流石にずっと引きこもっていたわけではありません。
もう先月になってしまうのですが
2月18日から伊豆方面で撮影して来ました。

伊豆下田の少し手前。
河津町に河津桜の名所があります。
名前からわかる通りここが発祥の桜。
原木も保存されているそです(撮り忘れたけど)

TcA-063 コピー
ここのサクラはピンク色。
ソメイヨシノより派手なので春のイメージで
使われることも有ります・・本当は冬だけど(笑)

TC-017 コピー
ライトアップもありますが
流石に冷える・・本当の花見時期より人は少なめ。

TC-328 コピー
翌18日は南伊豆町に移動して「みなみの桜」
品種的には同じ河津桜ですが
ここのものはこの名前で呼ばれています。
覚悟はしていましたがちょっと遅かった・・
ここも夜まで待ってライトアップを撮影。
こうすると散り初め・・がわからないでしょ?
もちろん咲きが良いところ探しましたが。
_E0A4615.jpg
おまけで菜の花畑。

_E0A4582.jpg
元気な百姓達の菜の花畑って言うそうです。

今回の伊豆遠征はこれだけ。
流石に冬だと撮るものが限られる。

家に戻って飲み会ついでにで藤沢散歩。
_E0A4864.jpg
さて、いかにも急いでアップしましたって記事。
そう、コロナに負けずあと二三日で出かけてきます。
でも心配事は沢山・・
コロナの影響もそうですが私は重度の花粉症。
家の中にいても苦しくて仕方ない。
マスクの入手も困難だしティッシュも不足気味。
無事な取材になればいいけど・・
とりあえず西に向かうつもりです。

凄い風でしたがサーファーは頑張ってました。


写真  :  trackback 0   :  comment 0