河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

自粛期間 

6月です!!
5月中は撮影も極力自粛。

私の場合仕事なので多少・・とは思うのですが
無症状感染者ではない!!と言い切れないのが
新型コロナの恐いところ・・
かといって約二月、まったく仕事しないと干上がります。
密にならない近場に限定して細々と撮影をしていました。

とりあえず神奈川県内。
実は神奈川県は感染者の多い県
さらに湘南海岸の人出が問題になるなどして
厳しい設置が取られました。
具体的に言うと駐車場を閉鎖しちゃうんです。
ですので撮影できる場所は限定的になります。

TgC-025.jpg
寒川町、相模国一之宮の寒川神社。
さすがにガラガラでした
疾病退散を祈願してもう少し南へ。

TgC-111.jpg
茅ヶ崎市にある旧相模川橋脚。
なんと関東大震災の液状化現象で田んぼの中から生えてきた珍しい史跡。
全国でたった二つ(もう一つは伊豆の地震動の擦痕)人工物の
天然記念物になっています。
今見られるものはレプリカで本物は同じ場所、この真下に埋まってるます。

茅ヶ崎というとビーチ!!なのですが烏帽子岩には目もくれず
小田原方面へ走ります。
TG-051.jpg
石垣山一夜城より小田原城。
ここは以前来て城自体は撮っているのですが
光線が悪くこのカットはパス。
すると問い合わせが来るんですよね・・
でも、このあたり来るとどうしても箱根を撮影しちゃう。
それで後回しになってたのを、良い機会だと来てみたわけです。

さて、実は一度だけ遠征と言えることをしています。
群馬に住んでいる息子が、そうしても家に帰る用事があり
送迎の必要があったのです。
さすがに三時間都心経由の電車に乗れとは言えなかった。

そんなわけで帰り道に太田市の金山城。

TG-074 コピー
日本100名城に数えられる壮大な山城。
正直、100名城の中ではマイナーですよね?
なんとなく後回しになっていたのですが行って驚いた。
これは名城だ!!
戦国期の城なのですが立派な石垣がある!!!
関東の山城はほとんど石垣がないのですが
ここの発見で定説が崩れた、それほど価値がある城なのです。
山の上なのに水が豊富なのも驚いた、日ノ池。

TG-079 コピー
今回、あまり条件良くなかったけど
今度しっかり撮り直しだな!!

宿泊をともなう遠征はこれだけ。
他はひたすら地元がメイン。

TgC-268.jpg
相模原市の勝坂遺跡。
縄文時代の遺跡で勝坂式土器と名付けられた
土器が出土したことで有名なんですが・・
その筋の人以外知りませんよね(^_^;

かえってこんな写真の方が需要あるかな?
国道16号線沿いに整備された相模原自転車道。

_E0A9764.jpg
国道の両側にこんな感じで自転車道が整備されています。
バスや車使うよりある意味便利。
実はこの日の撮影は私も自転車で出かけました。

さて、実は・・実はばかりですが
もう一度県外に出ています。

私は神奈川県民ですが5分歩くと都県境越えてしまい
普段の買い物やらなにやら、生活の場は町田市なのです。
えっ町田なら問題無い?
まあ、そうとも言える・・かもしれない、笑
(町田市は東京都なのですが一部では神奈川県扱いされています)

_E0A9644-2.jpg
町田市役所から境川と横浜線。
ここは東京都ですが川を渡ると神奈川県。
左の団地は私の小学校の学区というロケーション。
私はそんなところで生活しています。

さて、こんな感じで日帰り撮影を繰り返していましたが
やはり長期の撮影に行きたい!!
というか行かねば生活が成り立たない。

入浴施設もそろそろ開きそうなので
もう少ししたら出かけることになるかと思います。
密には充分気を付けるので、優しく見守ってください。

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

少しだけ活動再開 

この一月ほとんど撮影していません。
家からも散歩以外はほとんど出ていません。
前の写真整理、納品が終わってからは仕事もしていません。
流石に干上がる・・

とはいえ絶対感染してないとは言い切れないし
もらわないとも限らない。
リスクのある行動は避けたいところ。

考えた末、近場で人の集まりそうもない史跡などから
じょじょに活動を再開することにしました。

今日行ってみたのは私の地元、相模原市内。
もともと、わりと広い市でしたが
平成の合併で旧津久井郡も加わり更に広くなりました。
そのわりに観光地や有名な場所はほとんど無し。
こんな事でもないとじっくり撮影することも無い市です(^_^;

_E0A8871.jpg
城山ダムと津久井湖。
神奈川県の水瓶、洪水調整や発電にも使われる多目的ダム。
去年の台風19号のさい緊急放水で話題になったのはこのダムです。
ここでの人との接触ゼロ。

津久井城跡にも登ってみました
_E0A8894.jpg
駐車場は閉鎖されていたのでダムから歩き、
良い運動になった。
約2時間の城めぐりで見かけた人は五六人
すれ違った人はいたけど、まず問題なし。

ここでランチ。
一番心配してたのが食事でしたが
このあたりでは開いてる食堂もわりとあり探すのは問題なし。
すいてる・・というか客がいない店を見つけ
問題無く食べられました。

この後相模湖、と思っていたのですが
やはり駐車場が閉鎖されてる模様、相模川沿いに帰ることに。

途中で小倉橋(相模川にかかる名橋)を撮ろうとしましたが
河原が閉鎖!!BBQ対策かな?
無理すれば行けそうだけど無理はしない、パス。

そのまま川沿いに下り昭和橋付近でちょっと撮影。
ここは河原に降りられる。
あれ、肉の良い匂いが・・
このあたりでは数グループがBBQしてました。
もっとも密と言うほどではないかな?ポツポツって感じ。
私はさらに離れ孤独に撮影(笑)密を避けるの成功。

_E0A8925.jpg
そして時宗の旧大本山、無量光寺を見学。
一遍上人がいらっしゃいました。

_E0A8957.jpg
一遍上人が草庵を営み、時宗の聖地となった寺。
市内の名所で一番有名なのはここかも知れない。
相模原の歴史を習うと必ず出てきます。

もっとも今は訪れる人も少なく落ち着いた環境。
ここでもすれ違った人無し。

こんな感じなら撮影再開も大丈夫かな?
仕事になるか疑問ですが
撮影してれば傑作も撮れるかも??

もちろん、最低でも緊急事態解除までは
細心の注意を払って動きます。

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

新型コロナで自粛中 

新型コロナ、大変な事になってしまいました。
当初、暖かくなったら終息すると
言われてたし、私も思ってました。
日本では三月下旬まで表面上は深刻化してなかったので
逃げ切れた・・と緩んじゃったんでしょうね。
最悪のことを考え一刻も早い終息に向けて
努力しましょう。

さて、私の場合ですが
カメラ故障もあって前回帰宅後はほぼ引きこもり。
予定では愛知からそのまま九州四国と考えていたので
どうなっていたのか?
ちょっと想像できません。

ほぼ引きこもりと書きましたが
桜の季節、まったく撮らなかったわけではありません。
車で近場、1日だけですが都心にも出ています。
そして緊急宣言前には北関東へも。

TeB-063 コピー
いわゆる三密は避ける
食事もほぼ車の中と気を付けはしましたが
人との接触を完全に断つのは不可能と判断。

_E0A6825.jpg
すぐに帰宅しパソコン前で残務処理の日々を
過ごしてるわけです。

しかし先が見えないのが一番辛い。
いつになったら思いっきり撮影に出られるのでしょうか?
もちろん収入も落ちるだろうし・・

ともかく外に出ずに撮れるもの
考えて行かねばなりませんね。

写真は宴会禁止の上野公園と赤城南面千本桜です。




写真  :  trackback 0   :  comment 0   

静岡横断、伊良湖岬へ。 

先週、春の撮影に出発!!
いまどこ??実は自宅に戻っています(^_^;

出発は11日の夜。
翌日早起きして狙ってた場所行ったけど
有ると思ってた菜の花がない(T.T)
どうやら植え付けをやめてしまったらしい・・
それ以外の条件良かったけど退散。
どこかって??情けないからナイショで(^_^;

ちょこちょこ史跡関係撮りながら
静岡県を縦断。

202003-112 コピー
磐田市の旧見付学校。
明治維新後初めにできた小学校の1つで無料で中にも入れます。
入口が男女別になってるのが面白い。

このあたりで女房からメールが。
血圧の薬忘れてない??
しまった!!どうしよう・・とりあえず少しは撮らねば。

そんなわけで伊良湖岬へ。

_E0A5107.jpg
この時期、この周辺では渥美半島菜の花まつりが開催されています。

TbB-053-3.jpg
メイン会場はここ伊良湖菜の花ガーデン。

_E0A5198.jpg
丘に登るとかなりの規模だってのがわかります。

_E0A5257のコピー
実はもう一つ用事ができてしまった。
無理に帰るほどじゃ無かったのですが
薬との合わせ技、一旦帰宅を選択。

もちろん撮りながら。

TbA-181.jpg
浜松の中田島砂丘。
日本三大砂丘に数えられることもある大砂丘。
しかし風が強い!!
立ってると痛い!!そう砂が吹き付けて痛くてたまらないんです。
それほどの強風・・

そう風を甘く見てました。
そのあと富士山にちょっと面白い雲がかかったので
定番の場所へ。

この雲がだんだん上がってて頂上見えるかな?
って感じだったんですよ。

TbA-220-2.jpg
強風は相変わらず、危ないと思って三脚にカメラバッグ
引っかけて、まあ大丈夫だろう。

結局、このあたりまでしか雲は上がらず
撤収を検討。

一応と思いほんの少し三脚から離れて他の場所探してたら
後ろでガシャ〜〜〜ン!!三脚倒れた(T.T)

うわ〜〜〜!!
駆け寄るとカメラは上部液晶割れてなんか歪んでる。
レンズもダメだ(T.T)(T.T)

もちろん予備はあるけど気分は最低。
おまけにコロナでサービスセンター閉まってるはず。

まったく・・最近西に行くと行って出かけると
何かがおこる。

とりぜず家で再出発の準備。
まあ万事、塞翁が馬。
これで行き先が変わり傑作が撮れるかもしれない!!
落ち込んでも仕方ないので前向きに考えます。

それにしても・・(T.T)(T.T)(T.T)


写真  :  trackback 0   :  comment 0   

河津桜とみなみの桜 

コロナで大変な毎日。
なんか閉塞感が凄くやる気もでません。
でも引きこもってるうちに
いつの間にやらたまってた写真処理全部終了!!
悪いことばかりではないですね。

さて、流石にずっと引きこもっていたわけではありません。
もう先月になってしまうのですが
2月18日から伊豆方面で撮影して来ました。

伊豆下田の少し手前。
河津町に河津桜の名所があります。
名前からわかる通りここが発祥の桜。
原木も保存されているそです(撮り忘れたけど)

TcA-063 コピー
ここのサクラはピンク色。
ソメイヨシノより派手なので春のイメージで
使われることも有ります・・本当は冬だけど(笑)

TC-017 コピー
ライトアップもありますが
流石に冷える・・本当の花見時期より人は少なめ。

TC-328 コピー
翌18日は南伊豆町に移動して「みなみの桜」
品種的には同じ河津桜ですが
ここのものはこの名前で呼ばれています。
覚悟はしていましたがちょっと遅かった・・
ここも夜まで待ってライトアップを撮影。
こうすると散り初め・・がわからないでしょ?
もちろん咲きが良いところ探しましたが。
_E0A4615.jpg
おまけで菜の花畑。

_E0A4582.jpg
元気な百姓達の菜の花畑って言うそうです。

今回の伊豆遠征はこれだけ。
流石に冬だと撮るものが限られる。

家に戻って飲み会ついでにで藤沢散歩。
_E0A4864.jpg
さて、いかにも急いでアップしましたって記事。
そう、コロナに負けずあと二三日で出かけてきます。
でも心配事は沢山・・
コロナの影響もそうですが私は重度の花粉症。
家の中にいても苦しくて仕方ない。
マスクの入手も困難だしティッシュも不足気味。
無事な取材になればいいけど・・
とりあえず西に向かうつもりです。

凄い風でしたがサーファーは頑張ってました。


写真  :  trackback 0   :  comment 0   

ちょこっと千葉へ 

雪がない・・とぼやいていた
東北取材行も適当に終了(笑)
最後にちょっと川越に寄ってきました。

_E0A3465-2.jpg
天守や櫓は残っていませんが
珍しく(東日本唯一)本丸御殿が現存しています。
市内も散策して今回の冬取材は本当に終了。

そして28日またもや出発することになります。
今回もついで。
お世話になった方の引っ越しがありお手伝い。
車も空っぽにして布団のみ。
これが意外と不便なことに気付くのは
もう少し後のことです。

29日、房総での朝は大抵ここから。

_E0A3645.jpg
九十九谷展望公園。
雲海の名所ですが駐車場のすぐ脇から撮影できて楽なんです。

_E0A3740_20200201152546a2f.jpg
この日はまずまずかな?
一度たりとも同じ表情にならないのも
風景写真の面白いところ。
また度々出てくることと思います。

そして今回の本命江月水仙ロードへ。
ずいぶん前に一度来たきりなので良く覚えてない。
観光案内所で情報収集。
ところが!!

今年は台風で荒れちゃってスイセンの花付きが良くない・・
との話し。
がっかりするも暖かく気持ち良い天気。
歩いてみるか?

_E0A3917.jpg
農村地帯・・というか里山って言った方がしっくり来るかな?
のんびりした山里をゆっくり散歩。

基本的に地元車以外進入禁止で
入口からかなりの距離歩くことになります。
富士山が見えるこのスポットまでで一時間ほど。

TbB-165.jpg
全体的にはやはり花が寂しいかな?
でも、散歩するには本当に気持ち良いところ。

残念だったのは「地元車以外進入禁止」と大書きしてあるのに
入ってくる車が沢山あったこと。
2時間ぐらい歩くことになるので
気持ちはわかるんですけどね。
気付かなかったんだと思っておきます。

さて、最後に夕景撮って終わり。

TbB-172.jpg
自衛隊のヘリコプターが夕日に向かって飛んでいった!!

今回思ったこと。
前に書いた事情で今回自炊無し。
車の中もいつもとまったく違うレイアウト。
そうすると使いづらい。
私の車は別宅として完全に馴染んでいる模様(笑)
次回はまた宿泊しように戻して遠出しよう。
春先かな?梅か桃か??何撮ろう??


写真  :  trackback 0   :  comment 2   

福島から山形・・雪がない 

令和2年初めの取材に出ています。


実は正月から群馬で一人暮らししてる

息子が病気になり大騒動。


まあ、そっちは大事なかったけど

一旦、実家に戻っていた

息子を群馬まで送って行くことになり

じゃ、ついでに撮影してくるか?

というわけで急遽出発したわけです。


でも・・雪がない。

当初日光でも撮ってすぐ帰るつもりだったのですが

雪がない・・


寒いのは苦手だけどこの時期雪が無くちゃ絵にならない。

北の登って山に行けば良いだろうと大内宿。


_E0A2714.jpg

屋根にうっすら積もった雪も

午後には無くなりました(T.T)


そのまま会津、米沢、山形と北へ行くも

どこも雪がない。


裏磐梯で悪あがき。


_E0A2801.jpg

でも何かキチッとした写真も撮りたい。

銀山温泉あたりで粘ってみるか?


信じられん、この時期のここでこれしか雪がないとは。

というか雨が降るんですよ雪ではなく・・


苦し紛れに撮った一枚です。


_E0A3327.jpg

まあ綺麗ですけどね・・


三回ほど通ったのですが

その途中に羽黒山も行ってきました。

この時期この積雪、信じられん!!


_E0A3186_20200116204305a1c.jpg

流石にあきらめました。

このまま戻ります。


これから来た道を帰りますが

何か撮れるのかな?

望み薄な気がします・・

写真  :  trackback 0   :  comment 2   

2019年を振り返る 

2019年、令和元年も大詰め。
改元、天皇即位などで盛り上がる一方
大きな災害も相次ぎ、激動の1年でしたが
終わりが近付くとあっという間。
毎年恒例、大急ぎで振り返ってみましょう。

正月から都内などをちょこちょこ撮っていましたが
本格的な取材初めは飛騨方面。
高山から白川郷を経て北陸へ。
そして新潟経由で戻りました。

さきほど「あっという間」と
書きましたがこの取材はもっと前だと勘違い。
頭の中で時空列が混乱してる?

SB-036.jpg
雨晴海岸では綺麗な夕映え。
何度も行ってますが条件は最高だったかな?

SB-114.jpg
2月には台湾遠征。
今年は海外これだけだ。
年々減っている気がします・・歳だな(T.T)

SC-093.jpg
春はサクラ。
今年は北関東から南東北。

SDA-002.jpg
今まで撮ってない名所中心に一回り。
それなりに満足。

ここから令和。
10連休は自宅でやり過ごし群馬、長野。

SF-025.jpg
妙義山で星狙ったけどそっちはイマイチ。
でも山歩きはご機嫌でした!!

すぐに伊豆へ。
これも成功と言っていいかな?
初めて船上から天窓洞に挑戦。
思ったより暗かったけどなんとかクリアできました。

SF-159.jpg
6月、梅雨入り。
雨は苦手な方なので毎年撮影場所に悩みます。
海外脱出、国内だったら一番南か一番北。
今年は一番北、北海道を選びました。

ShP-473.jpg
天候不順でしたが合間を縫って北の大地を点々と。

ShG--188.jpg
初めて訪問する場所も多く
それなりに充実した日々。

帰りは東北にも寄り道。
これが大変、連日の快晴と猛暑!!

SF-597.jpg
撮影枚数もとんでもない事になり
バテバテで帰宅。
したがって8月9月は引きこもって写真処理。
結局納品が終わったのは秋の取材途中。
撮りっぱなしで終わらないのが辛いところ。

そしてトラブルの秋(^_^;
一度目近場を撮って一旦帰宅。
体勢整えて二回目は長野方面へ。
そのまま西日本から九州まで長期取材の予定。

手始めに御嶽山登山。
自分の足で3000m級の山を登ったのは初めて。
この後三日ほど足が痛く大変なことに・・
歳なのか運動不足か?

_E0A4069_20191230100155459.jpg
そしてトラブル続出。
まずサブバッテリーがあがる・・
夜中に電気が点かないのは辛い。

フロス使ってたら歯の詰め物もぽろっと取れる。
神経は抜いてあったので痛くはないけど
もの凄い違和感。

おまけに例に台風19号が近付いてきた。
その時点で私がいたのは志賀高原。
関東、というより私の住んでる神奈川直撃との
予想だったのでどうしようか悩む・・

長野に降りてやり過ごすのも考えましたが
群馬に抜けて一旦戻ることに。

_E0A5356_20191230100816d55.jpg
近所の境川が警戒水位を超えかなり緊張。
幸い堤防を越えることはなく一安心。

一夜明けて驚愕!!新幹線が沈んでる!!
まさか、長野の方が被害が大きくなるなんて!!
自然は気まぐれ、なにがあるかわかりません。
最悪の事態を想定して備えは充分にと
あらためて考えさせられました。

台風やり過ごしバッテリーも交換。
歯医者にも行って再出発!!
今度こそ長期取材!!

_E0A6270.jpg
河口湖でコキアを撮影し戸隠、白馬から妙高へ。
ここでまたまたトラブル!!
パソコンの突然死!!!
私は撮影分をHDDに移しながら廻るので
長期取材が不可能に(T.T)
一旦北陸に出るもカード容量が持たない。

_E0A9962_20191230105557694.jpg
枚数節約しギリギリまで撮影続行。
最後も高ボッチで粘るも結局20日ほどで撤退。
まったく・・

家に帰りパソコン復旧を画策。
時間もないので同じ型のMacを中古で買って中身を移植。
クローン制作成功!!事実上同じパソコンとして復活できました。

で、すぐに四回目の出発。
_E0A0293.jpg
またもや河口湖から。
でも、天気が悪い。
週間予報ではこの後まる一週間悪天候とのこと。
富士五湖は家から日帰り圏。
あっという間に撤退・・なんか不完全燃焼。

でもあきらめない。
次は里の紅葉だ。
実はSNS等ではこの秋四回目の出発と書いていましたが
実際は五回目でした、もう頭ゴチャゴチャ(笑)
初めの目的地は北関東。

_E0A0906_2019123011024785d.jpg
那須の大山参道。
ここはまずまずでしたが他の紅葉はほぼ終わってる。
しかたない、途中撮りながら房総へ。

ご存じの通り千葉県は今年の台風15号で大きな被害の出たところ。
直後に19号が来たので忘れられがちですが
まだまだ大きな爪痕が残っています。

SjE-513_20191230110642750.jpg
鋸南町、少し走るだけでまったく普通の所から
こんな感じの集落まで。
風の通り道で明暗を分けたんでしょうね。
少しでも・・と考え
お土産はこの周辺で買いました。

さて、養老渓谷などを撮り終わると流石に紅葉は終わり。

_E0A1463_20191230111017de8.jpg
アクアラインで東京湾をひと跨ぎ。

_E0A2676.jpg

出たり入ったり、のべだと二ヶ月ぐらい出かけたことになるのかな
ともかく秋の撮影も終了。
体力もそうですが気持ち的にも大変でした。
私は一カ所に腰据えて撮る方が合ってるようです。

こうして一年間振り返ってみると
西日本に行っていませんね。
ちょっとふれましたが秋は九州まで行くつもりでした。
まああれだけトラブル出ると無理です。
そうなると来年はそちら中心かな?
トンコツラーメン・・じゃなかった
まあ、なんだ・・色々楽しみです(笑)

_E0A4722-2_20191230112730db8.jpg

それでは令和2年が良い年でありますように
と願いながら木曽路の夕暮れで
今年のブログを締めさせていただきます。

今年も色々ありがとうございました。
また来年もよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎えください!!

写真は上から
岐阜県・白川郷
富山県・雨晴海岸と北アルプス
台湾・天燈・スカイランタン
埼玉県・権現堂堤
群馬県・妙義山
静岡県・西伊豆・堂ヶ崎海岸・天窓洞
北海道・大雪山・旭岳とチングルマ群落
北海道・落石岬灯台
岩手県・浄土ヶ浜
長野県・御嶽山九合目付近
群馬県・草津温泉湯畑
山梨県・富士山と大石公園のコキア・河口湖
長野県・高ボッチより諏訪湖と夜景、富士山を望む
山梨県・紅葉の河口湖と富士山
栃木県・大山参道のモミジトンネル。
千葉県・台風15号で被害を受けた鋸南町
千葉県・養老渓谷の粟又の滝
千葉県・アクアライン・海ほたる
岐阜県・馬籠宿の夕暮れ


写真  :  trackback 0   :  comment 0   

房総半島 

今年の紅葉もあらかた終わり
昨日帰宅しました。

栃木を撮った後は房総半島を目指しました。
とりあえず向かったのは九十九谷展望台。
条件が良いと見事な雲海が見られます、

この日12月3日は雨上がり、期待できるかな?
ところが異様に暖かい朝・・ダメかも知れない。
案の定クリアな夜明け。
仕方ないから撮影者を撮影してみました。

_E0A1329.jpg
天気良いので養老渓谷へ。
駐車場でいきなり「今年はダメでしょう!!」と言われ
出鼻をくじかれる(^_^;
なんとか綺麗な木を探し撮影。

_E0A1377.jpg
粟又の滝はこの時期逆光。
でも、かえって紅葉が浮き出るかな?
デジタルはこんな時ごまかせるから助かります。

_E0A1463.jpg
小湊鉄道沿いに海へ向かいますが
ほとんど葉っぱが落ちてる。
台風の影響もある模様・・しかたない夕景。

久しぶりにアクアラインを撮ってみました。

_E0A1668.jpg
なんか春の海(笑)
もちろん夜まで粘ります。

_E0A1746のコピー
なかなか綺麗な夕映えでした!!

翌、4日はまたもや九十九谷から
ここ平らで広い駐車場があり車中泊がしやすいんです。
雲海はまたもや空振り
いやちょこっと撮れたのですが・・載せておくか?
実はまた後で出てきます。

_E0A1863-2.jpg
この日はこの後、濃溝の滝へ。
ここ正確には亀岩の洞窟といい濃溝の滝は
そばにあるの別の滝なんです。
もう通称になってるのでしかたないですが
地元ではきちんと分けて表示してあります。

_E0A1900.jpg
実は正面から撮れる場所が立ち入り禁止になってしまいました。
柵があるわけではないので行けるのですが
やはりそんな無理はしたくない。
最近、こんな所ばっかり(T.T)

亀山湖を通り久留里へ。
久留里城も紅葉終わりかけ。

_E0A2007.jpg
この後、富士山が撮れる干潟として有名な江川海岸へ。
しかし・・・ここも立ち入り禁止になってる!!
海岸沿いに遊歩道があったのですが柵でふさがれていました。
ここも無理すれば入れるのですが・・やめておこう(T.T)
すこしそれて木更津の漁港から撮影。

日没直後、山頂だけ赤く染まっていました。

SjE-439.jpg
さて、三度九十九谷へ。
じょじょに車中泊の車両が減っていき
ついにわたし一人になりました。
でも・・こんのもの。
この日が一番綺麗な景色になりました。

_E0A2332-2.jpg

_E0A2379-2.jpg
さきほど泊まり込みがわたし一人だと書きました。
朝起きた時は、くるまがもう一台。
場所取りもせずにくつろいでいたら急にガヤガヤし出した。
窓から見てみると、なんと大型バスの撮影ツアーが!!!

1575494823673.jpg
写真ブームは留まるところを知りません。
撮影禁止や三脚禁止の場所が増えるわけだ。
我々もマナーを守ることを肝に銘じなければ!!

この後アクアラインを通って帰宅。
最後のおまけは東京湾の真ん中からの夕焼け。

_E0A2604.jpg
わりと綺麗に焼けてくれました。
最後のおまけにしては充分。
それなりに満足して無事帰宅した、と言うわけです。

最後に一つ、今年の秋は台風災害に悩まされた秋でした。
その中でも房総は酷い被害にあったところ。

SjE-513.jpg
鋸南町

SjD-751.jpg
神野寺

今回廻っていてもところどころこんな風景。
紅葉もかなり荒れていたようです。

災害に悩まされた令和元年、
今年を振り返るにはちょっと早いですが
平静な令和2年を願って秋の取材日記を終えたいと思います。

今年の長い取材はとりあえずお終い。
長々とお付き合いいただきありがとうございました。

次は冬景色か熱帯か?取材旅は終わりません。





写真  :  trackback 0   :  comment 0   

那須塩原から益子・真岡鉄道・栃木の街並み 

前にも触れましたが
この秋四回目の取材に出ています。
普段は一回出たら終わるまで帰らないのですが
今年は天候不順、パソコンのトラブルや
私的な急用まで重なり
こんな撮り方になってしまいました。

本来、四国や九州撮るつもりだったのですが・・・
まあ、これも良し。
北関東を目指してみました。

初めに撮ったのは那須塩原市大山参道。
明治の元老、大山巌元帥の墓所がここにあります。
その参道の両側にイロハカエデが植えられ
見事なもみじトンネルになっています。

_E0A0854.jpg
地元に人によると参道が赤い落葉で埋まることがあって見事とのこと。
この日は綺麗に掃除してありました(^_^;

一旦白河に出たのですが流石に紅葉終わり。
すぐに関東に戻り・・さてどこ撮ろう?
たいてい次の場所は頭に浮かぶのですが
今、盛りの場所は・・浮かばん!!

なんとなく焼き物が見たくなり益子へ。

_E0A1146.jpg
自撮りじゃね?禁止、笑

そばを真岡鉄道が通ってる。
この日は土曜日、SLもおか号運転日だ。

_E0A1213.jpg
青空バックでワンカット。
ここ撮ってる時に嬉しいハプニング。
畑のそばに車停めたのですが
農作業してるおばちゃんに断って停めさせていただきました。
撮影終わって戻ってきたら
大根いる?ネギは??と言って畑から抜いてくれた。

78429162_2666480016766900_322563129240190976_n-2.jpg
出荷するのではなく自家用なそうで
作り過ぎちゃったとのこと。
もっとくれると言われたのですが
流石に車に積みきれない。
というかこの量でも大変。
ここで予定変更。
今、この辺に住んでる息子の所によって
分けてこよう。
水戸方面に出る予定を変えて栃木市へ。

_E0A1282_20191203140837857.jpg
ここも水害にあったそうで
遊覧船は運休していました。
どこかに紅葉した木でも・・と思いましたが
見当たらず。

_E0A1302_201912031410328f9.jpg
街中を撮って北関東は終了。

昨日の雨を利用して房総に出てきました。
その当たりのことはまた次回に。
一つ思ったのは台風の爪痕・・あらためてすごい被害だったのですね。


写真  :  trackback 0   :  comment 0   

富士五湖周辺で富士山、河口湖もみじ回廊などなど 

あっという間に師走。

今年も、あとわずかになりました。

例によってブログは遅れがち。

パソコントラブルもあったし仕方ないか・・

今現在、北関東に出ていますが

前回の富士五湖周辺編をまとめてみたいと思います。


家を出たのは11月19日。

はじめに目指すのは山梨県韮崎市の甘利山。

ここは車から10分歩くだけで雲海に沈む甲府盆地と

富士山が撮れるご機嫌な場所です。


ただ冷え込みはありそうですが

風もありそう・・雲海無理かな?

朝起きると案の定、雲海のうの字もありませんでした(^_^;


_E0A0290_2019120209484642a.jpg

まあ夜景は綺麗だし富士山も綺麗だし初めてだし良いか?


すぐに河口湖へ。

紅葉は盛りでしたがなんか一本の木でも

赤かったり茶色かったり緑だったり・・

今年は気候が安定しなかったから

どこもこんな感じです。

色々さがして何カットか撮影。


SkA-090.jpg

午後は本栖湖へ

千円札に描かれている富士山は

ここ中ノ倉展望地からの眺めです。


_E0A0424.jpg

逆さ富士が欲しいけどここは午後光。

難しいです(^_^;


夜は河口湖もみじ回廊。

この写真は後ほど。


翌日は山中湖。

この日はガス出過ぎ、朝は何も見えなく盛大な空振り

・・山の上だったかな?

この秋は判断はずしまくってます。


それでもかなり日が昇ってからガスが晴れてきました。

湖面の写り込みはちょっとだけど

これもまた良し・・と思っておこう。


_E0A0500.jpg

すぐに雲がかかってきた

うんこれも面白いかな?


_E0A0623_2019120209535269b.jpg

富士山周辺をさらに撮影し夜はまた河口湖もみじ回廊。

前日は風があって紅葉ぶれちゃったんですよ。

この日は風がなかったので再撮。


_E0A0760.jpg

さて、この取材二週間ほどを予定していたのですが

週間予報見ると翌日から一週間ほど崩れる模様。


実は富士五湖と私の住んでる相模原は

丹沢を挟んで裏表。

道志みちと呼ばれる国道413号が通行止めなので

大月まわりになりますが十分日帰り圏です。


結局一回帰宅しました。

28日に再出発になるんですが

そのおかげで夏の分まで現像終了。

帰ったら秋の写真の集中できます。


前に触れましたが今は北関東。

さすがに紅葉は厳しいですね。

これからもう少し南に下ってみます。

秋の取材はそれで終了かな?

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

秋の取材、長野から北陸 

今年の秋は散々でした。
噂によると西はわりと良かった見たいですが
私が訪ねた甲信越地方はイマイチの色づき。
しかも同じ場所でも一斉に赤くなるのではなく
バラバラな感じでした。

おまけにパソコン壊れるなど
トラブル続き・・いやまったく・・(^_^;

まあ、そんなこと言っててもしかたない。
とりあえず長野からの取材日記を記しておきます。

パソコンが壊れるちょっと前。
長野市にいました。
紅葉悪いと、ついこんな写真に走ります。

_E0A7116.jpg
松代城。
ここは良い温泉もあるので最近しょっちゅう行ってます。

そして前のブログでふれた通り妙高でパソコン壊し北陸へ。
称名滝は紅葉盛り。

SjH-333.jpg
そして一旦高山へ。
ラーメン食べて(笑)白川郷。

SjG-173-2.jpg
そして白山白川郷ホワイトロード経由で石川・富山

SjF-039.jpg

SjH-593-2.jpg
途中、糸魚川でフォッサマグナパーク

SjE-474.jpg
数年ぶりの再訪なのですが綺麗になってた。
調べてみると今年の夏にリニューアルオープンしたとのこと
私は教育系の写真も多く提供してるのでとてもラッキー!!
一応説明しておくと真ん中が糸魚川-静岡構造線です。

さて、白馬松本を通り抜け塩尻の高ボッチ。
ここは写真愛好家のメッカとも言えるほどの場所。
雲海狙いで早朝から凄い人でしたが初日は空振り。
天気は良いのでそのまま木曽路。

SjD-727.jpg

SjD-843.jpg
奈良井と開田高原。
一月前はあそこに登ったんだよなあ。

もどって高ボッチ、二日目も空振り
天気は良いので諏訪湖周辺。
高島城は紅葉盛りでした。

SjD-528のコピー
そして高ボッチ四日目。
この日は11月15日。
ちょっと用事ができてこの日が最終日です。
今回三日目、前にも来てるから四回目の挑戦で
やっと雲海が出ました。

_E0A9962_20191123144646504.jpg
富士山、頭だけですが満足するしかないでしょう。

今回は北アルプスをぐるっと回った感じのルートになりました。
ダメと言いつつそこそこ撮ってるのかな?

実はこの後すぐ再出発することになります。
そのあたりはまた次回。
まだまだ今年の紅葉あきらめません。


写真  :  trackback 0   :  comment 0   

パソコン壊れて一旦帰宅 

撮影出てるってのにブログはしばらく書き込みませんでした。
実はパソコンが突然死。
いきなりです!!使用中にいきなりプツッと音がして
ブラックアウト・・
私は撮影データをHDDに移しながら廻っているので
残りは手持ちのカードのみ。
幸いなことにバックアップが終わった瞬間にプツッ!!だったので
最低限の取材はできましたが
遠出ができず北陸からUターンとなりました。

_E0A7169-2.jpg
ちなみに壊れる直前のバックアップ。
妙高山といもり池、撮影日時は10月30日です。
河口のクセに青空以外を撮ってるんじゃねぇ!!
と怒ったのかな(笑)

残ったカードの容量は合計350Gほど。
余裕と思うでしょうが私の愛機は5Ds一枚がでかいんです。
持って一週間かな?と思ってましたが二週間持ちました。
ちょうど家で用事もできたので、まあ何とかなったかな?
って感じですね。

そのあたりはおいおい書いていきますが
パソコン・・とりあえず復旧したい。
私のパソコンはMacbookProなんですが
色々カスタマイズしているし設定も面倒。
中古で同じのを買って壊れたMacからSSDを移植。
メモリーも交換すればいいか?
となると安く買えるのでは?
町田の中古屋さん覗くと望み通りの機種が一台だけ。
値段は36000円・・値段は問題なし、
しかもAC電源は封を切ってない純生新品、これだけで8千円するんです
よし、お買い上げ!!

さっそく脳移植。
外側だけ使い心臓部のHDDを交換ですからそんな感じですよね。

74332607_2637739092974326_8338205991845756928_o.jpg
あっけなく、本当にあっけなく終了。
もとの画面が戻ってきました。

78225900_2637761769638725_82012220128493568_o.jpg
しかし反省しなければ・・
昔はバックアップの手段として
パソコン、フォトストレージ二台持ち歩いていたんですよ。

74399495_2637918972956338_2827469252624121856_o.jpg
でも、パソコン壊れない・・
いつしかストレージの容量足りなくなって
パソコンしか持ち歩かなくなりました。
もし依頼の仕事だったら・・冷や汗が出ます。

次回の対策としてSDカード買い足しました。
色々考えたのですがこれが一番安全制が高くコスパもよい。
合計で480G、まあ一月は大丈夫でしょう。
何かあっても撮影続けられる。

しかしカメラも壊れると思っておいた方が良いだろうな・・
もちろん二台持ち歩いてますが片方最近電源入れてない(^_^;
写真  :  trackback 0   :  comment 0   

河口湖から戸隠 

出発してずいぶん経ってしまいました。
家を出たのは22日、天気予報で23日が晴れになったので
急遽出発!!目的は河口湖でコキア。
迷ったんですよ、同じコキアでもひたち海浜公園と。
でもそっちへ行くと後が続かない。
河口湖からは信州に抜けられる。
それで決定。

23日は未明から撮影。
だいたい思った通り。

_E0A5863.jpg
もちろん青空まで粘る。

_E0A6095.jpg
場所変えて

_E0A6261.jpg
この日は午後から曇りの予報。
でも持つかな?
ちょっと朝霧高原へ廻ってみよう。
えっ・・・

_E0A6345.jpg
わかりやすいカットを。
この日が初冠雪だったんですがそれは北側だけ。
冠雪が綺麗に真ん中で分かれてる・・
ススキも早いし絵にならないな、退却。

甲府駅前の信玄さんに挨拶して諏訪へ。

_E0A6396.jpg
実は迷ったんですよ、木曽路に出て
東海道を西へ向かうか。
北へ向かって北陸に抜けるか。
この前少しだけでも木曽路撮ってるので
今回は北上することに決定。

とはいえこの後悪天候続き。
多少お遊びはしましたが
まともに撮ったのは今日が二日目。
撮影できたのは戸隠の鏡池でした。
やはり未明から撮影。
車のライトが一瞬、池を照らしました。

_E0A6688.jpg
もちろん青空も。
完全に止まって水鏡、まさに鏡池。
_E0A6854-2.jpg
この後、北アルプスを撮ろうと小川村へ向かいますが
雲が出ちゃって空振り。
下界は天気良さそうなので史跡巡り。
今度は謙信さん・・おっと信玄さんもまたいた。
川中島古戦場。

_E0A6993.jpg
予報では明日はもう曇り。
でもその後はほとんど晴れベース!!
休めるのは明日だけだ。
今晩はゆっくりしておきます。


写真  :  trackback 0   :  comment 0   

木曽路・恵那・志賀高原・草津、そして台風19号 

まずは台風で被害にあった方々に

こころよりお見舞い申し上げます。


私はと言いますと

御嶽山に登ったあと木曽路(下写真・馬籠宿)

や恵那周辺を撮影


_E0A4722-2.jpg

そのまま北上して志賀高原(下写真)へ


_E0A5047のコピー

紅葉がイマイチだったので

志賀草津高原道路を走り草津(下写真)に抜けました。


_E0A5356.jpg

この時点で10月9日

台風19号の関東直撃がほぼ確実になりました。

とはいえまだ暢気なもの。

長野盆地に降りて温泉でも浸かりながら

通過を待とう・・初めはそう思っていました。


ただ紅葉が遅く今見頃の所もイマイチ。

気まぐれで(本当に気まぐれだったんです)草津、つまり関東まで

来ていたこと。


さらに、サブバッテリーの調子が悪く車中泊に支障をきたしたり

新たに注文していたSDカード(発送が遅れて今回、間に合いませんでした)

が自宅に届いていたり、洗濯物がたまってたり(笑)


これは一回もどって仕切り直ししろって事だな。

よし戻ろうと決定。


もちろん撮りながらですけどね。

草津温泉


_E0A5487.jpg

四万温泉


_E0A5857.jpg

家に着いたのは11日。

自宅は相模原市南区、影響が出始めた頃です。


そして翌日の12日、スピードが予想より遅かった??

午前中はまだそれほど影響なし。

ただ山間部では凄まじい雨量だったようで

ニュースでは相模川の緊急放流の予定を繰り返し放送してます。

そばを流れる境川も警戒水位を越えました。


避難も考えましたがとりあえず自宅でできる事をやっておこう。

貴重品や寝具などを二階へ、そして窓の補強。


さらにもう一つ問題が・・

家は坂の下にあり上からの側溝と

自宅道路脇の側溝がT字路になっています。

たまにですがそこから水が噴き出すんです。

水たまりができるていどですが、今回は・・やばいのでは?


自治会長さんに連絡取り土嚢をくばってる場所を問い合わせます。

当初わからなかったのですがすぐに調べていただき

区役所でくばってることを確認。

酷くならないうちにもらってきて(何人か並んでいました)

危ないところを補強。

自治会役員の方々、区役所の方々に感謝です。


全部終わった頃、風雨が強くなり

あとはニュースとネットで状況チェック。


城山ダム(市内です)の緊急放流が

度々報道されたせいかお見舞いや無事確認メッセージも多数有り難い。


9時頃には風雨がおさまり

境川の水位も下がりはじめました。

自宅前側溝も無事で一安心

しかし朝起きたら・・・


相模原を初めとする神奈川県も被害はすごかったのですが

長野県や北関東、南東北など、なにそれ?って感じです。

むしろさんざん報道された神奈川の方がまし?


いや、ましってことは無いですね、特に相模湖周辺の土砂災害は

酷かった・・よく通る場所なので特に心が痛みます。


なんと言っていいか・・とにかく被害がの広がりに唖然とした感じです。


そして引き返してよかった・・

あの状態で長野にいても

何の役にも立たないどころか足手まとい。

おそらく避難所に逃げ込むことになったでしょう。


そして、まだ自宅にいます。

どこに行ってよいか迷ってる状態です。


秋の撮影はどうしても山間部が多くなりますので

現地まで行けるかどうかもわからない。


ともかく出発してみようか?

買い物したり日帰り温泉使うだけでも

多少の役にはたつと思うし・・・

安易に自粛するのはよくないですよね。


写真  :  trackback 0   :  comment 0