河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

北海道の帰り道 

北海道からは
特にトラブルもなく帰宅しました。
いやちょっとトラブルあったかな?

私も最近は
現金あまり持ち歩かなくなりました。
とは言っても取材中何があるかわからないので
財布の中は諭吉さん一枚分ぐらいかな?

そして帰りもフェリーとバスの連絡切符
パシフィックストーリーを使ったのですが
これ電話予約後
使い始めるバスの案内所で
チケット購入しなければならないんです。
ネットで事前購入とかは不可。

行きは東京駅の八重洲口
カードで買えました。

帰りも当然カードで買えると
サッポロ駅そばの案内所行ってみると
まさかの現金のみ!!

チケット価格は9900円。
焦りましたよ。

財布ひっくり返して数えたら
なんとか一万円あった!!
でも残金ほぼゼロ笑

眼の前に銀行あって助かったよ
土曜日で手数料取られたけど(TT)

427035400_7260649154016607_2985297127200278460_n.jpg

バスは15時発なので昼飯と散歩
有名な赤レンガ道庁
えっ!!絵です笑
残念ながら工事中(TT)

付いた翌日の晴れた日
メチャクチャ条件良かったので
真っ先に廻ったんですよ
そこで初めて知ってがっかり。

まあ、これは仕方ない。
また次回に期待です。

名残のラーメンも食し

426900189_7260649040683285_3155994090795418942_n.jpg

高速バスに乗ってフェリーターミナルへ
行きはバスにトイレ付いて安心していたのですが
帰りのバスにはトイレ無い(^_^;
でも途中休憩があったので助かりました(^_^;

そんなわけでさよなら北海道

421593779_7203090536439136_7797756517769664307_n-2.jpg

夕食は札幌駅で買ったザンギ弁当と
北海道定番、サッポロクラシック

426935039_7260648837349972_4181282575769704207_n-2.jpg

結構美味かった!!野菜足りないけど...

そして夜食にこれ

426627932_7260648717349984_5931459077105427314_n.jpg

俺と同じ歳だ!!
まあ、当然だけど店で食べた人には
物足りないよね。

例によって下船まで
ビール飲んだりサウナ入ったり
ある意味一番のんびり過ごします。

今回もまったく揺れず
予定通り14時ごろ大洗着
路線バスで水戸へ。
女房の好物納豆を買って
東京行きのバスに乗車。

さて、ここで問題が。
水戸を出たのが16時頃なので
当然と言うかなんというか
首都高が渋滞してるとのこと

するとバスでこんな案内が
お急ぎの方は八潮PAから
つくばエクスプレス(TX)
お乗り継ぎください...とのこと
しかも秋葉原まで100円追加でいいらしい

426871011_7260650060683183_7833316058763056186_n-2.jpg

秋葉原の手前
北千住で降りれば
町田まで乗換なしで帰れます。
確認すると手前で降りるのは
構わないとのこと。
これは良い!!

バスから降りると
連絡バスが見当たらないし
みんな裏手に歩いてゆく。

運転手に確認したら
八潮PAと八潮駅は直ぐそば
駅まで歩いてくださいとのこと。
徒歩五分ぐらいかな?

渋滞知らずで
楽々帰れました。

今回の旅、短期間の割に
収穫は多く、まあ満足かな?

やはり私には
こんな旅のほうが
合ってるかもしれない。

次も...とは思うけど
やはり車で遠征になりそう
次は梅か河津桜か?
とりあえず写真整理だな。

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

冬の札幌・小樽・余市 

小樽にいます。
実は昨日から大荒れの天気。

421533576_7193887384026118_4907348686012221222_n.jpg

JRも全て運休になり
私も安全考えて小樽の宿を延長。
おかげで写真の整理もはかどりました。

さて肝心の撮影は?
意外とうまく行ってるんですよ(^^)

前のブログに書いた通り
到着翌日は不意打ちの晴れ!!
札幌は4泊したのですが
晴れたのはその日だけ。
準備不足で撮りこぼしたところ
有りましたが
晴れ自体あまり期待してなかったので
良しとしましょう。

_E0A9255.jpg

羊ヶ丘のクラーク博士像。
地下鉄の駅からバスなんだけど
バス停付いたら一分前にバス出てた(T.T)
30分に一本だから迷ったけど
2㎞ちょいと聞いてたから下から歩いたよ。
雪道じゃなかったら楽勝だったけど・・・
それに実際は2キロちょいは登口まで
実際は3キロ以上、足パンパン、疲れた(^_^;

札幌ではススキノの夜景なども撮影

_E0A9436.jpg

もちろん時計台も

_E0A9354.jpg

札幌の地下鉄、土日はドニチカ切符というのが
発売され520円で乗り放題。
近距離だと三回、
少し郊外だと往復するだけで基取れます。

で21日の日曜日には真駒内や北海道神宮へ。
真駒内公園はただの雪積もった林だった。

_E0A9847_202401261309351c2.jpg

でも北海道神宮は結構な参拝客。
外国人も多くちょっと驚きました。

_E0A0045_202401261312436b6.jpg

さて札幌は一旦終了、
22日に小樽に移動しました。
札幌、小樽間の電車は
首都圏と遜色なし。
本数も混み具合もなかなか
失礼ながら意外でした。

おっと一つ違うところが
乗客の半分以上が外国人。
北海道どこもそうだけど
この路線や余市にいく電車は
驚くほどの外国人率。
これで廃止免れればいいけど・・

さて快速似乗れたので
30分ほどで到着。
札幌に比べて雪深い。

_E0A0105.jpg

予報見てもずっと曇りか雪。
半分あきらめて夜景に専念。

_E0A0432_20240126132521d76.jpg

余談ですがこのガス灯
本当にガスで灯ってるとのこと
なんかありがたさが増した笑

ところが!!翌日快晴になります!!

_E0A0627-2.jpg

正直、思っても見なかった!!
でも変な天気で青空と思うと雪
そしてまた青空。
結局一日この周辺だけで終わってしまった。

_E0A0922.jpg

大人気の堺町通り
ここは日本人外国人あわせて大賑わい
人がいない?寒いから店に入っちゃいます。

夜も運河

_E0A1113.jpg

寒いのに運河クルーズやってた。
時々風もやんで満足。

_E0A1139.jpg

さて、結構撮れて
何となく安心できたので翌24日は余市へ。
ここも電車、いや気動車?で30分弱。

目的はここ!!

_E0A1253.jpg

ニッカウヰスキー余市蒸溜所
まあ本当の目当てはこれなんですけどね(^_^;

421500678_7189810367767153_6333774380061505645_n.jpg

工場見学すると
ウィスキーの試飲ができるんです(^^)

いや目的これじゃない笑
本当はもっと色々撮りたかったんだけど
冒頭に書いた通り
北海道は大荒れ!!
この日も夕方から鉄道運休の可能性もあり
本当に飲んだだけで帰って来ちゃいました。
いや駅は撮った、やはり小樽より雪深い。

_E0A1236.jpg

繰り返しますが今現在にいたるまで
北海道は大荒れ。
小樽に延泊しのんびりしてますが
なんか寒いしもう良いかな?

明日のフェリーで帰る事にしました。
えっ小樽って事は
日本海航路?
流石にそれはパス。

結局行きと同じ
苫小牧から大洗への「さんふらわあ」
札幌駅から東京駅まで運んでくれるので
かえって楽です。

まだ明日の午前中撮れるので
晴れれば天狗山と思っていますが
どうやら明日も雪の模様。

天気も
今日よりは落ち着きそうなので
ゆっくり移動して
札幌で最後のラーメンかな笑
さてどこで食べよう???


写真  :  trackback 0   :  comment 0   

さんふらわあで札幌へ 

突然ですが北海道からです。

今年家は喪中だったので
ちょっと良いものは食べましたが
特別なお祝いはせず
ずっとパソコン作業に明け暮れていました。
でも流石に何か撮りたい。

私、実は寒さ苦手なんです。
例年この時期は沖縄行ったり東南アジア行ったり,,,
寒さから逃れていました。
するとどうでしょう?
冬らしい写真が少なくなってしまったのです。
ただ今年もスタッドレス
買い損ねまして、どうしようか思案してると
何となく北の大地が呼んでる気が(^^)
いやラーメン食べたくなったわけではありませんので
お間違いないよう。

さてどうやって行こう?
最近では飛行機が最安の事が多いのですが
安いチケットは大抵荷物や何やらで
追加料金取られる。
それにあまり好きじゃない(^_^;

色々探ってるうちに
商船三井フェリーの「さんふらわあ」が
東京駅から札幌駅までの
乗り継ぎチケットを売ってる事が判明。

420588184_7172777616137095_2860599519001540862_n.jpg

四枚綴りになっていて
東京駅から水戸駅までの高速バス
水戸駅から大洗港までのバス
大洗港から苫小牧港までのフェリー
苫小牧港から札幌駅までの高速バス
全部ひっくるめて9900円(時期によって違います)

この航路乗った事無いんだよなぁ、乗りたい!!
と言うわけで決定笑

バスは遅くとも2時半東京発に乗ってくれとの事。
前日から使えて水戸で一泊可能。

流石にそこまではせず、
でも家を早く出て先輩カメラマン佐藤尚さんの
写真展鑑賞。

420611999_7172777852803738_897399750230567189_n.jpg

寄ってよかった
目の保養と刺激をいただき
東京駅へ。
おっとちなみに写真展の
案内はこちら。

https://ninegallery.com/2045

21日までです、急いで!!

東京駅でもちょっと撮影
ここから撮った事無かったんですよ
となると行ってみたい。

_E0A8907.jpg

さてランチ...なんだこの人ゴミは!!
特にラーメン屋なんか並んでたらバスにのれん。
仕方なく比較的すいてたマックでハンバーガー
ラーメンは札幌までお預けです(T.T)

バスはWi-Fiコンセント完備
二時間ほどで水戸駅へ。

助さん格さんは影になってたから
黄金の納豆像でも笑

_E0A8916.jpg

水戸駅からは路線バス
何事もなく大洗港へ。
出発は7時45分ですが少し早めに着いておきます。

419910877_7164291026985754_5115229230279143026_n.jpg

フェリーは快適!!
特にこの日は揺れもせず人も少なめ。
もちろん大浴場サウナ付き!!
自分で運転しないからビール飲んでグデグデ。

420624277_7172776669470523_1895668498034011877_n.jpg

部屋は大部屋。アップグレードしようか
迷ったのですがすいてたのでそのまま。

420628539_7172776869470503_9118149896325782609_n.jpg

一番安いツーリストクラスですが
一区画ごとにカーテンの仕切りがあり
何といってもマットレスが素晴らしかった!!
家のより寝心地良かったかも(^_^;
朝まで爆睡!!

翌日13時半に苫小牧降着。
バスに並んでたら係員が来た。
なんか大雪で札幌市内が混乱してて
出発が30分遅れ、
着くのもかなり遅れるだろうと
とんでもない事言ってる。

実はバス待ってる客
半分以上は外国人。
でも英語のアナウンス無し...
これは良くない。

仕方ない私が通訳しましたよ。
でも最近英語使ってないから
この程度の言葉が出てこない。
焦りまくって悪戦苦闘
まあ何とか通じて良かったよ(^_^;

実は脅されたほどには遅れず
17時頃には札幌着

ちなみに予定では15時47分着なので
夜景撮るつもりだったけど
パスかな?

と思ってたら、写友から
今札幌にいるとの連絡が。
はい、楽しい夜を過ごさせていただきました(^^)

もちろん〆でラーメン、満足!!

420631380_7172776159470574_2297724066151829542_n.jpg

で今日なのですが
予想では曇り時々雪だったんですよ。
それで油断してた、晴れてるじゃないか!!

_E0A8958.jpg

まあ宿はすすきののど真ん中。
撮れましたが不意打ちだったので
撮り損ねたとこ多数(T.T)
今日下見して考えるつもりだったんですよ。

ともかく勝手わからないまま
夜まで歩き廻りました。

_E0A9398-2.jpg

そのあたりはおいおいお見せします。

予報ではあまり晴れ間は望めなさそう。
でも当てにならないのは実感しました。

油断せず明日も備えます。

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

2023年を振り返る 

2023年も押し詰まってまいりました。
そこで毎年恒例、
写真で今年を振り返ってみます。

1月、私の廻りでは色々あったのですが
なんとか下旬沖縄に出発することができました。
狙いはカンヒザクラ

WAB-079 コピー

八重岳のカンヒザクラ

もちろんトロピカルな風景も
冬なのに...笑

WAB-051 コピー

古宇利島のティーヌ浜、いわゆるハート岩です。

トロピカルと言っても
やはり夏とは海の色が違う。
次回は暑い時期に行くかな?

さて某球団のキャンプも堪能

329593395_743615630363021_8500209160186602812_n_20231229101848a4a.jpg

この某球団、期待しない年は活躍して
期待してる年は沈む。
今年はここがピークでした(TT)

帰宅したのは2月下旬
写真整理をやりつつちょっと房総

_E0A5232-2.jpg

千倉のお花畑

4月、桜の撮影へ出発。
今年は超暖冬!!桜も信じられないほど早咲き。
当初の予定はパスせざるをなく新潟から
しかしまだ4月6日なのに終わりかけ(TT)

しかたなく北へ。
色々タイミング合わず
満足できたのは岩手県、北上展勝地
4月10日でした。

WCA-142 コピー

やっと満開と青空が揃った(^^)

この後北に行くか南に降りるか
迷ったのですが
前年、弘前など撮っているので
今回は南下。
ちょっと遅めでしたが米沢などは
何とか撮れた。

WCA-106 コピー

閑話休題、喜多方ラーメン
今年もラーメンたくさん食べました笑

341008495_231548266126018_7210992340742816341_n.jpg

実はこのころ
若い頃一緒に海外を廻った
先輩カメラマンが逝去。
中国、タイ、カナダ等
何年にもわたり何カ国も
一緒に廻り、まだ駆け出しの私は
色々教えていただき
私の師匠と言える方でした。

まだ教わりたいことあったのですが
残念です、安らかに。

さて気を取り直して撮影続けます。

もう桜は諦め。
ネモフィラがそろそろとのことで
ひたち海浜公園へ

01072-230823-107 コピー

いやすごい人でした(^_^;

その後、館林のツツジ園
あしかがフラワーパークなどを撮影

WCC-080 コピー

GW前には帰宅しましたが
連休が開けると直ぐに出発。

ちょっと東海地方に行きましたが
あまり満足できず
すぐに再度東北方面へ

WeC-540_20231229112746bde.jpg

なんか季節戻るみたいだけど
5月16日、喜多方市、三ノ倉高原の菜の花

次に気仙沼市、徳仙丈山のツツジ

WeD-501_20231229113021f61.jpg

奥入瀬渓流に向かいツツジ絡みで

WeF-443.jpg

この取材は
今まで撮ったこと無いカットを選んで撮影。
これはライブラリーカメラマンには
大切なことなんです。
写真の数だけでなく種類も増やさねば

偶然撮れたのがこれ

WeG-349_202312291133585c9.jpg

玉川の水没林
上流にある玉川温泉の影響もあり
見たこともないようなエメラルドグリーン!!
思わず車停めて撮りまくりました!!

閑話休題、その2笑
酒田ラーメン

349085562_3523285567955317_1512042440070707251_n.jpg

ワンタン麺です。
余談ながら酒田のラーメンは
全国屈指だと思う。

6月は房総へ
アジサイ撮影に行ったけど
暑かった(^_^;

WfB-073-2_20231229114029ca7.jpg

そう今年振り返って思うのが
暑かった!!とにかく暑かった!!

夏は近場を日帰り撮影がメイン

WfC-711_20231229114218b2d.jpg

7月7日、湘南ひらつか七夕まつり

でも山の上なら大丈夫だろうと
7月25日、上高地へ。

_E0A9985_202312291221303de.jpg

流石にここまで来ると
涼しい!!
帰りたくないと思いつつも
撮影終わったら降りねばならない。

飛騨なら涼しいだろうと思ったら
白川郷あたりも
メチャクチャ暑かった(^_^;

WgD-185_20231229122404dc6.jpg

本来北陸廻りで帰る予定が
このあたりで挫折(TT)

とにかく暑かった!!
が夏の感想でしたね。

そして秋取材
実は出発前に義父が逝去
春の師匠はじめ
今年は身近な人の不幸が重なりました。

おかげで出発は遅れましたが
今年は秋が無い!!と言われるほど
異常な高温
なんとか南東北の紅葉は
間に合いました。

さて改めて秋取材
と言っても最近のことなので
大急ぎで

_E0A6572_20231229115422c45.jpg

またもや東北
これも初訪問の安達太良山
10月18日の撮影でした。

南東北の山を何箇所か撮影し
またもや北関東。
振り返ってみると桜の撮影と似たルートでした。

_E0A8039.jpg

ひたち海浜公園、すごい人でした、笑

最後に群馬
赤城山は紅葉は終わりかけでしたが
なかなか良い条件、10月27日撮影です。

_E0A9999.jpg

さて、その後秋取材後半戦として
北陸から中国地方。

WJA-181 コピー

越前大野城
念願の天空の城が撮れた。
これだけで満足、笑

さて、途中ちょっと触れましたが
今年は色々不幸が重なりました。
それだけではく、実は身近な人が病気にもなり
散々な一年でした。

それでも家族ともども
無事年末を迎えられ
関係者、友人、皆様に感謝です。

けっこう写真も撮れましたしね(^^)

さて来年なのですが
もう手配はじめています。

海外も考えましたが
今回も国内。

このブログ見ていただけると
わかると思いますが
雪や氷が無い!!

というわけで寒い方へ行きます。
ちょっと面白方法で
行きますので
期待していてください。

それでは本年も
お世話になりました。
良いお年をお迎えください。




写真  :  trackback 0   :  comment 0   

2023年秋取材後半戦-5 山口から神戸、京都そして帰宅 

秋取材最終回です。

今回何故山口まで足を伸ばしたか?
ご存知の方も多いと思いますが
私の先祖の地は山口県なんです。

家族は父の定年後に戻ったので
今も兄と母が住んでいます。

もう母も年なので
久々に顔見ておくか?
というわけです。

さて宮島を出た私は
11月27日山口県岩国へ
錦帯橋どうだろう?

_E0A0290_20231222115453890.jpg

なんとか使える木探して撮影。
まあいいか?

映り込みも綺麗だ

_E0A0443-2.jpg

母と兄が住んでるのは山陽小野田市です
山口県でも西の方

したがって更に西へ28日には防府

_E0A0706.jpg

流石に紅葉も終りが近い

_E0A0522-2.jpg

毛利庭園と防府国分寺
全国的にはそれほっど有名ではないけど
防府は史跡が豊富です
オヤジギャクじゃないよ(^_^;

母と兄に挨拶して
すぐにUターン
流石にそろそろ帰らねばならなくなった。

天気予報と相談して
帰り途中の予定を検討。
そして12月2日、神戸を撮影

_E0A1299.jpg

私の場合都市部を撮る時は
駐車場に車停めっぱなし
徒歩と公共交通機関で廻ります。

_E0A1635.jpg

しかし神戸は坂の街
結構きついぞ!!

_E0A1992-2.jpg

秋っぽい写真も取れたし
まあ良いかな?

行きたかった店も行けたし笑

406512143_6995757013839157_7109130465687136206_n.jpg

本来夜景!!となるのです
何時間も歩き回ってヘロヘロ
なんか取材自体も終わってるし
土曜日だし・・
言い訳考えるようじゃ
本当に撤収時。

そのまま高速乗って
SAで車中泊。

このまま帰ろうかと思ってたら
翌3日、晴れてるなぁ、苦笑

気づいたら高速降りて
初めて行く伏見へ

_E0A2448.jpg

伏見城、前から行きたかったんです。
着いてから驚く
立派な天守閣だけど中入れない??
それに城址公園にしては
なんか違和感。

調べてみたらこれ
遊園地のアトラクションだったんだってね!!

アトラクションではないか?
シンボルタワーが近い?
つまりシンデレラ城だ笑

遊園地が廃園に成る時
市民の請願でこれだけ残すことになったそうです。
そのせいかあまり整備されてる感じはなく
瓦が落ちる危険があるとかで
近くにもよれません。

でも伏見城内であることは確かだし
一応外観は当時の絵図に基づいてるらしい。
これはこれで良いのでしょう(^^)

さて伏見と言うと
明治天皇がお眠りになっている、
伏見桃山御陵があります。

実は伏見城の本丸は
この御陵とか?

_E0A2540.jpg

伏見城、と言っても
秀吉が亡くなった
木幡山伏見城ですが
(伏見城は微妙に位置を変えいくつかあります)
このあたりが本丸だったようです。
当時の様子は想像できません。

想像できないから切り替え
伏見桃山御陵を散策。

着いて一番驚いたのがこれ!!

_E0A2470_20231222205250f43.jpg

えっ!!これ登るの!!??
これ登りきったところに2つ上の写真
鳥居があって御陵があります。
まったく予備知識なかったので
固まりました(^_^;

桓武天皇陵も参拝して
再び東へ。

珍しく国道一号経由、鈴鹿峠を下り
亀山へ。

ここには市営の安い温泉があるので
大抵ここで風呂入って道の駅で車中泊
なのですが今だに
市民以外入浴禁止でした(TT)

仕方ないから
さらに東へ。

伊勢湾岸は24号線バイパスが通ってるので
渋滞しなければ高速並みとは大げさだけど
結構な速度で通り抜けられます。

途中、西尾の道の駅で一泊
4日はなんとなく蒲郡
いや前に友だちから聞いた
蒲郡ブラックが
食べたかったわけでは...あります(^_^;

407369633_7002476529833872_4491595414443089085_n.jpg

これ美味かった!!

いやちゃんと写真も撮ってます

_E0A2683-2.jpg

蒲郡の竹島園地
思った以上に海が綺麗でした!!

さてこの後は家まで一直線。
この辺りは日常的に通ってるので
運転した記憶も希薄。

翌日には帰宅しました。

秋取材後半戦は約三週間で
西日本というか西本州一周。
久々の場所もありそれなりの満足度
でも特に後半は移動が重なり
燃料高騰の折、赤字ではないかと
心配する決算。

滋賀あたりで
引き換えしたほうが
良かったかな?

まあ親の顔見られたから
良しとしておきましょう。

今年の長期取材は
これにて終了。

次は冬の・・どこにしよう?
寒いの苦手なんですよね(^_^;


写真  :  trackback 0   :  comment 0   

2023年秋取材後半戦-4 吉備路から安芸の宮島 

秋取材後半は山陽地方へ

あまり高速乗らない
私ですが
関東と関西通る時は
流石に使います。

今回も京都で乗って
神戸まで

そのままバイパスに乗り換えて
11月24日
一気に岡山県の吉備路へ

WjI-091.jpg

備中国分寺の五重塔
岡山はここだけ撮って
直ぐに移動。

それは晴れ満潮でここを撮りたかったから
安芸の宮島、11月26日日曜日です

_E0A8958-2.jpg

タイミング合わないと
だめなので
色々すっ飛ばして
来たってわけです

宮島には少し山に入ったところ
弥山に登るロープウェイそばに
紅葉谷と呼ばれる
紅葉の名所があります
が... 遅かった

その代わりと言っては何だけど
やはり弥山山麓の大聖院は見事な紅葉

_E0A9535.jpg

しばらく撮ってたら
雲?霧??

_E0A9646.jpg

もちろん人工の霧
サービス精神にとんだお寺です。

しかしすごい人でした
外国人も多く撮影どころか
昼飯も食えない

404025187_1072020760812224_8186514584559177015_n-2.jpg

焼き牡蠣の行列
食べたかったけどしかたない
生牡蠣、焼き牡蠣、牡蠣フライ
楽しみにしてたけど
この日の昼飯はコンビニでパンでした(TT)

さて午後になると
潮が引いてきました
降りたくなるよね

WjK-670.jpg

一応押さえておくけど
やはり使われるとしたら
満潮時の写真だろうな。

一旦島を離れます。

_E0A0038.jpg

新装なった広電の宮島口駅
と宮島口港のターミナル

宮島終わり?
じゃないんです、
次は海から。

宮島口から宮島へは
JR西日本と広電系の宮島松大汽船
2つの会社が船を出しています。
料金は同じ往復500円なのですが
ルートが微妙に違うんです。

海から厳島神社撮りたかったら
JRの船、それも光線の関係で
午後に乗らねばなりません。

そんなわけで本日二回目の乗船

_E0A0068-2.jpg

これで200mm
結構揺れるのでぶれてないか
心配でしたが大丈夫でした。

さてこれで本当におしまい。
安芸の、いや秋の宮島を後にしました。

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

2023年秋取材後半戦-3 福井、紫式部公園と滋賀 

福井の続きからです。
ブログ上は11月22日です。

前の記事でちょっと触れましたが
来年の大河ドラマは
紫式部が主役です。

紫式部の父親は
越前の受領になったことがあり
その期間越前国府があった
武生で暮らしました。

その縁もあり
紫式部公園が
整備されています。

大河に合わせて
造られたわけではなく
私も二回目。
あまり覚えてないけど(^_^;

_E0A1005-2.jpg

あら綺麗!!
こんなに綺麗だったかな?
紅葉もちょうど見頃。
これ以上の条件無いんでないかな?

でも右手にちょっと見える
東屋、釣殿と言って
この公園のハイライトのひとつなのですが
昼寝している人がいる。
どいてもらおうかな?
とも思ったけど
あまりに気持ちよさそうだから
成るべく写らないように
撮り進めました。
お昼近いしそのうち動くだろう。

紫式部は金ピカ!!
こんな金ピカ像
岐阜駅前の信長さん以来だ笑

_E0A0960-2.jpg

しかし昼寝してる方は
動かない...
しかたない昼飯ブレイク
戻ってきたらいなくなっていました(^^)

_E0A1170のコピー

さて、昼食挟むほど粘るところ?
こっち側からも撮りたかったんですよ。

_E0A1198-2.jpg

後ろの山は日野山と言って
紫式部が和歌に詠んでいるとか何とか
私の知識は浅く広くなので
詳しい方突っ込んでください(^_^;

さて新幹線駅でも行ってみるか?

_E0A1288-2.jpg

越前たけふ駅
今回の延伸で新幹線単独駅はここだけ
つまり新設された駅はここだけです。

実は今、武生市という市はありません
平成の町村合併で
越前市と改名されました。

ちょっと詳しい方は
ふ〜〜ん、越前町と合併したのか?
と思うでしょう、私もそうでした。

でも違うんです。
越前町はそのまま隣にあるんです。
つまり越前市と越前町が
隣接してるという
わけわからない状態に。

釧路市と釧路町など
例がないわけじゃないですが
歴史的な武生という名前が
消えてしまうこともあり
住民の反対も多かったようです。

色んな事情があるんでしょうから
この話は深入りしません
でも旅行者は戸惑うよね?

翌23日は敦賀へ。
ここは交通の要衝
比較的何度も来ています。

WJA-124 コピー

去年来たときには
まだ建築中だった
新幹線ホームもほぼ完成した模様。

駅前通りは
整備中でちょっと撮れない
天気もイマイチなので
気比神宮や気比松原撮影

WJA-122 コピー

さてと
今回はもう少し西へ行く予定
若狭を抜けるか
一旦大阪に出るか?
とりあえずマキノ高原に行くか?
祭日だったので
不安だったのですが
まあ行ってみよう。

午前中に着いたのですが
すごい人だ!!
でも撮れないこともない。

_E0A2111のコピー

メタセコイヤ並木。
人多いけどほぼ日本人
ここはまだ外国人にバレてない模様笑

WjH-533.jpg

実はこの先もまだまだ並木は
続くのですが
車移動させようとしたら
大渋滞で動かなくなってしまった
したがってこれまで(TT)
いや観光地が賑わうのは
嬉しいことです。

もうコロナ期間のような
ことは勘弁ですから。

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

2023年秋取材後半戦-2 石川から福井へ 

2023年秋取材後半戦 その2です。

新潟から日本海沿いを西へ。
途中トイレのウォシュレットが
止まらなくなりパニックになる
(コンセントが近かったの
止めることができました、笑)
ハプニングも有りましたが
順調に移動します。

実はこの期間は比較的天気悪く

402054525_6942189242529268_637380779111094673_n.jpg

こんなのや

402862352_6949364101811782_4422732940807452450_n.jpg

こんなの笑
まあこんな期間がなければ
やってられません。

あまりゴロゴロしてるのも
なんなので11月19日
石川県の那谷寺

_E0A9193_20231214093939b92.jpg

おお綺麗だ!!
初めての訪問でしたが
なかなか気にいった。
今度晴れた時来てみよう。

調子に乗って山中温泉
う〜〜ん早かった(TT)

WjD-245.jpg

とにかく今年は
紅葉の時期が読めない。
同じ場所でも真っ赤だったり
緑だったり。

紅葉予報もあまり頼りにならず
実際自分で確認するしか
方法がない。
わりと面倒くさい...

翌20日は晴れたり降ったり
そういえばこの日から福井県
この取材、目的の一つに
この県の撮影がありました。

来年は新幹線敦賀延という
大きなイベントがあり
大河ドラマも
縁がある紫式部
抑えておこうかな?
との企み。

本当は夏に来るつもりでしたが
あまりの暑さに
くじけたたのは内緒にしておこう(^_^;

まあそんなわけで
福井市の一乗谷朝倉氏遺跡。
ここもあまりきれいな紅葉ないなぁ。
一本あった綺麗な木を使って
ごまかし。

WjE-004 コピー

永平寺も行ってみます。
少し山に入るので
今度は紅葉遅い。

WjE-503 コピー

この数日は色々誤魔化しの撮影でした。

さて撮影が本格化したのは
翌21日から、やっと晴れのサイクルに
入りました。

最初は越前大野
天空の城狙いです。

実はここ何連敗したかわからないほど
空振り続き

2016年に行った時なんか
現地で情報集めて
翌朝は出ないと言われ朝寝してたら
見事な雲海が出た模様(TT)

そしていかにも出そうな
予報だった更に翌日。
クリアだ(TT)空振り...

そんな具合に難易度が非常に高い
雲海なんです。

朝、というより未明に起き出し
山登り。

割と急な山道を30分ほど
登ることになります。

着いてみると、よし出てる!!

WjG-007 コピー

これが朝の5時頃
もちろん日が出るまで待機。
白山もはっきり見える!!

WjG-406 コピー

天守の後方
ちらっと見える雪を冠った山が
白山です。

雲海が消えてお城も探検

WjG-527 コピー

満足して福井市へ

WjE-194 コピー

福井城の御廊下橋(復元です)

福井城、あまり有名とは言えませんが
柴田勝家の北ノ庄城の跡地に
家康の次男、結城秀康が築城した
68万石の大城郭です。

今でも本丸跡は
内堀と石垣に囲まれ
県警本部と県庁が鎮座

WjE-160 コピー

ある意味
本来の城としても機能を
保ってると言えるのかも?

元々越前国は古代律令制でも大国
機内を除くと日本でも指折りの
大都会でした。

東京から遠いこともあって
関東民にはあまり馴染みの無い
県になってますが
新幹線延伸で変わるかな?
恐竜と共に期待しましょう笑

WjE-297 コピー

この日は東尋坊まで行き
早朝から夕景までフル活動

WjF-041 コピー

明日も晴れそうだ!!
越前蟹でも食べて...いや食べた気になって
明日に備えよう。

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

2023年秋取材後半戦-1 山梨から長野・新潟 

2023年も師走、あっという間でしたね。
年々一年が早くなります。
来年は還暦だし、あっという間に
隠居かな(^_^;

さて11月中旬から
秋の取材、後半戦に行ってきました。
とりあえず西に行こうと
13日、富士五湖へ向けて出発。
家からだと一時間ほどで着けます。

湖畔の公園で車中泊
狙いはライトアップされた
もみじトンネルだったので
朝はのんびり寝てると
日の出頃外が騒がしい??

トイレついでに起きてみると
河口湖に蒸気霧がたってる
逆さ富士とあいまって幻想的!!

急いでカメラ取りに戻るも
そんな条件は一瞬で終わり・・
いや、風景ってのは一期一会ですなぁ(^_^;

WjA-016.jpg

悔しいから夜明けの逆さ富士。
よく見ると湖から蒸気が
立ち上ってるのわかるでしょ?
あれが手前まであったんです。

さて昼間は紅葉と富士。
きれいな木を探して湖畔をさまようも
満足できた木はこれくらいかな?

WjA-086.jpg

湖畔のもみじトンネルも空振り。
ほぼ緑(TT)

なんとか赤い枝探して
手前に入れるもなんかなぁ・・

WjA-290.jpg

それなりに綺麗?
いえPSで頑張る前はこんなもの

WjA-289.jpg

撮る気なくして本栖湖へ
千円札ビューなのですが
ここ、青抜けで撮るには午後になります。
めったに映らない
逆さ富士は難しな。

WjA-462-2.jpg

さて?もみじトンネルのライトアップ
どうしよう?
あの紅葉で戻るのも何なので
そのまま長野に抜けることに決定。

翌15日、今朝の失敗が堪えた?
暗いうちから高ボッチで待機。
まあまあ良い雲海出ました!!

WjB-015のコピー

日が昇り松本へ。
予報じゃ下り坂。
やはり雲が出てきて
お日様前に薄雲、まあ何とかなる。

_E0A3324.jpg

定番の場所にある紅葉はまだ早い。
歩いてたら一本だけ赤い木が。
うん秋真っ盛りに見える!!

この日は予想が当たって
このカットでおしまい。

白馬経由で北陸に抜けるべく
北へ向かいます。

天気の崩れはさほどでもなく
16日は快晴!!
移動日のつもりだったので
適当に撮影に場所選ぶ。

大出吊橋から白馬連峰かな?
雪足りず
紅葉もパッとせず中途半端。

_E0A8939-2.jpg
川入ってみるか?

立入禁止ではなく
他に撮ってる人もいないことを
確認して河原へ。

_E0A9036_20231209113447414.jpg

ん〜〜〜!!
水が綺麗なだけで気持ち良い!!

北アルプスはすぐに雲の中(TT)
山は諦め飯の種、笑

教材写真意識して
フォッサマグパーク

WjC-025.jpg

糸魚川静岡構造線
(富士川糸魚川構造線と習った気がするけど?)
日本を折れ曲がらせた大断層の露頭です。

たまに私のこと
好きな場所行って好きなラーメン笑食べて
気楽な商売と思ってる方いますが
普段はこんな地味な写真も撮ってます。
いやこれは派手な方かもしれない

こんな物撮りながら
取材旅は北陸へ。

結果的に今回のハイライトになりました!!
それはまた次回

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

2023年秋取材-5 赤城山と榛名山 

2023年秋取材-5、最終回です。

10月26日
渡良瀬渓谷を抜け
桐生周辺で
日帰り入浴施設を探してたら
隣が岩宿遺跡(みどり市です)
こんなところにあったのか!!

教科書にも乗ってたと思う
日本の旧石器時代を証明した
有名な遺跡です。

WiL-021.jpg

入浴前に一回り
もちろん風呂入ってさっぱり
そのまま赤城山へ。

朝は鳥居峠から。
ここ駐車場から写真撮れるのですが
トイレが少し離れてる。
不安な人は車中泊きついかな?

私は湖畔の別の駐車場で車中泊。
早朝鳥居峠まで移動
と言っても車で
5分もかからないですが。

おお、思った以上に素晴らしい眺めだ!!
雲海も見事!!

WiL-083.jpg

手前は湿原の覚満淵
奥は大沼
各々が雲海がかかり
変わった景色が見られます。

日がさすまで待機。

_E0A9935_202311091239359c8.jpg

紅葉自体は終わってたのですが
朝日が当たると真っ赤に見える

_E0A0045.jpg

この眺めは鳥居峠から
北側を望んだ景色
南側も開けていて
見事な雲海が見られることがあります。
今回南側は空振りでしたが
それも見てみたいなぁ。

さて、この後急いで
眼の前の覚満淵へ
上の写真見てもらえば
わかりますが
手前の部分はまだ日が入って
いません。

それで降りてみると

_E0A0091.jpg

おお、なんか幻想的
霧氷もついてる!!

少し待つと写り込みも

_E0A0109_20231109213455d9a.jpg

ちょっと現像のテイスト変えています。
最終的にはどうしようかな?

実は赤城山はほぼこれだけ。
紅葉も遅かったのですが
赤城神社は工事してたりで
向かい側の榛名山へ。
初めは中腹の伊香保温泉
撮影は10月28日

_E0A0466.jpg

実はこのあたり紅葉少し早かったのですが
何故か石段街途中の
一本だけ真っ赤!!
これはラッキー!!!

結局色々撮りながら夜まで粘る
あっ紅葉ライトアップで有名な
河鹿橋まだまだでした。

そんなわけで夜も石段街

WN-627.jpg

残念、わかりますか?
真中付近の街灯が一つ切れてるの。
フォトショで何とかなりそうだけど
めんどくさ(^_^;

翌日は榛名山頂へ
榛名富士と榛名湖が広がります
逆さ榛名富士が撮れたらなぁ・・
と思っていましたが
風がビュンビュン
とても映りません

仕方ないダイヤモンド(榛名)富士だ。

_E0A1343のコピー

まあお遊びなのでツッコミ無しで。

実は榛名山も紅葉イマイチ。
でもチラホラ綺麗な木もあったので
湖畔を散策しながら撮影

_E0A1989.jpg

私、映り込みにこだわるんですよ。
だからとても満足とは行かないのですが
風を止めることはできない。
何も撮れないより良いでしょう。

最後榛名神社に参詣

_E0A2171.jpg

思った以上に荘厳な雰囲気
これは神様いるわ!!

残念ながら本殿は修理中。
それでも旅の無事を感謝し
帰路につきました。

実はもう一箇所
帰りがけの駄賃と
秩父にも寄ったのですが
これは大外れ
仕方なくみそ豚丼食べて
今度こそ本当に帰宅

396711029_6879480458800147_3714893463707521749_n.jpg

約一月に及ぶ
秋の取材旅行も終了。

総括すると
まあまあ良かったのかなぁ?
今まで撮れなかった場所が
わりと撮れたので
満足度はそれなりにあります。

でももう一押しかな?
もうちょっと撮りたかった

実を言うと今回帰宅したのは
高血圧の薬が切れたのも
大きな理由。

もう補充したし
野暮用も終わった。
また出かけようかな?

11月後半は
もう一押し頑張ります!!

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

2023年秋取材-4 日光と那須 

秋取材編その4日光から那須
栃木県内を撮り回ります。

ひたち海浜公園を終え
どこか紅葉見頃の所無いかな?
と検索。

日光が良さそう。
実は秋の日光
良い条件で撮ったこと無いんです。

10月23日
まだ暗いうちに赤沼駐車場を出て
小田代原へ。

環境配慮バスが出ていますが
この時間は歩くしかありませんん。

真っ暗な森の中
ヘッドライトを頼りに
一人で歩く・・怖い!!

もちろん熊鈴は付けてるけど
安心できない。

くまさんに気づいてもらえるよう
歌うたいながら歩きました
変な親父だ(^_^;

WiB-079.jpg

残念ながら紅葉は遅かった模様
遅れまくってた今年の紅葉ですが
この数日急激に冷えて
一気に進んだようですね。

朝霧も出なかったので
早々に退散
日が昇った
明るい森の道は
気持ちよかった!!

WiB-110.jpg

あまり期待せずに竜頭の滝
あれ?結構紅葉残ってる!!

WiB-217-2.jpg

少し遅い感じだけど
まあ良しとしましょう。

さらに湯滝

_E0A8733.jpg

ここは最盛期!!
なかなか日が差さず
時間かかったけど
OKです。

そのまま日光湯元温泉で
一泊。
翌24日は湯ノ湖から。

_E0A8918.jpg

気持ち良い!!

さて見ていただくとわかるように
戦場ヶ原周辺の紅葉は
終盤戦。
明智平あたりは良いかな?

ここで衝撃の事実!!
明智平って登りいろは坂の途中にあるんです。
いろは坂って第一第二と2つあって
各一方通行。

でも明智平までは交互通行で
中禅寺湖からでも行ける・・
いや行けたんですよ。

湯ノ湖のビジターセンターに行った時
注意書きがありました。

いろは坂は完全に一方通行になり
中禅寺湖方面からは行かれません

えっ!!
下回ればいいじゃんと思いますが
秋の紅葉シーズン
平日といえどもいろは坂は大渋滞
一旦降りると(^_^;

雲も出てきたから日光は取りやめ
まあね、色々あります。

そのまま那須へ
当然遅い。

WiC-202-2.jpg

でもまあ駒止の滝そこそこ

_E0A9158.jpg

25日26日と那須滞在したけど
温泉良かったし文句はありません笑

WiC-421.jpg

多分日本で一番古い形式を残してる
鹿の湯。
石鹸シャンプーは使えないのが
難点だけど
一度は行って見る価値あります。

さて、その後は今市から
足尾を通り群馬県へ。

また長くなりそうなので
それは次回。

あっ今回も
レモン牛乳飲み忘れた!!
一度飲んでみたいのです笑
写真  :  trackback 0   :  comment 0   

2023年秋取材−3 磐梯吾妻スカラインからひたち海浜公園 

秋取材編その3です。

安達太良山から
磐梯吾妻スカイラインはすぐ。

18日の午後は
そちらに廻りましたが
すぐに曇ってしまいました。
紅葉は良さそうだったので
そのまま車中泊。

そして翌19日
不動沢橋から撮影開始。

_E0A6799.jpg

雲海も期待しましたが
日の出時点では無し。

でもしばらくしたら
いい感じの雲海...というか朝もや
が福島盆地に立ち込めました。

_E0A6902のコピー

スカイラインを吾妻小富士方面へ
しばらくすると天狗の庭と呼ばれる
絶景ポイントが現れます

紅葉はものすごくキレイ!!
でも雲が出てきた。
諦めかけたけど
雲はゆっくり動いてるように見える。
ちょこちょこ撮りながら
一時間以上。
なんとか撮れる空になりました。

_E0A7281-2.jpg

そのまま浄土平へ
車多い!!
また雲増えてきたけど
吾妻小富士登るかな?

_E0A7881_20231108114507cbd.jpg

まあ大したことない
お鉢めぐりも行ってみよう

_E0A7635.jpg

大した距離じゃないけど
足場が悪い。
特に下りはすぐにズルっと滑る。
ここまで来る時には
靴だけは気をつけましょう。
サンダルで来るとコケる笑

このあといわき経由で海側に

WiK-033-2.jpg

野口雨情生家などに寄り道しながら
ひたち海浜公園へ

ここも今回必須としていたところです。
ネモフィラの時期は
何度か行ってますが
秋のコキアは初めて。
ただ晴天見頃が日曜に重なって
嫌な予感。

朝一から並んで
先頭、とまでは行きませんが
比較的前の方で
入場できました。

実は入り口から
コキアが見られる
見晴らしの丘までは
1キロ以上ある。
(ネモフィラも同じ場所です)

人が少ない写真を
撮りたい人が
カメラ担いで走る!!
私も走る...けど
途中で疲れた(^_^;

まあ、それでも着いた時は
まだこれくらい。

_E0A8008.jpg

約10分後

WiK-190.jpg

まあコキアきれいだし
空は青いしいいか?

WiK-277.jpg

ちょっと遅いけど
コスモスも咲いています。

蕎麦は見頃

WiK-478.jpg

しかし、改めて見てもすごい人だ!!

人疲れしたので
この日はここまで。
いや大洗海岸まで行ったけど
ろくなの撮れなかった(^_^;

さて次回はこのまま北関東横断。
取材旅はもうしばらく続きます。






写真  :  trackback 0   :  comment 0   

2023年秋取材−2 三陸海岸から安達太良山 

秋取材の続きです。

前も言いましたが
私の取材旅行、
何箇所か必ず撮るとこ決めて
あとは周辺に広げていくのが
基本です。

今回そのかならず行くとこリストに
福島県の安達太良山を入れていました。

ただ栗駒山終わった時点では
まだ紅葉早そう。

オプションに考えていた所
撮りながらタイミングを図ります。

というわけで
10月14日宮城県女川町を震災後初訪問。

WiD-153.jpg

シーパルピア女川という
復興商店街を中心に
駅、日帰り温泉施設、道の駅、港、
さらに震災遺跡なども合わせ
複合的に開発されています。

_E0A5703.jpg

旧女川交番
わかりますか?
基礎から根こそぎ横倒しになっています。
ものすごい威力だ。

女川駅、温泉施設とセットです。

WiD-077.jpg

道の駅も併設だから
ここで風呂入って
海鮮で一杯飲んで車中泊!!
はできませんでした(TT)

残念ながら午後からは松島
西行戻りの松公園は
青空で撮りたかったら午後。

桜があるのでもしかしたら
桜の紅葉が...
それほど都合良くありません(^_^;

_E0A5828.jpg

ちょっと赤かった木を無理やり。

10月15日
そのまま南下し宮城県名取市閖上地区へ
この日は日曜日、朝市やってるな

人が多いと思ったら
この日は「はらこ飯」無料配布日

私も早朝から並んでいただきました。

370208080_871421004653687_2695664186872434086_n.jpg

朝飯浮くぞ!!
と思ったら小さい!!
試食サイズだ(^_^;

387419638_289603723921119_8383419452268736943_n.jpg

まあ無料だし美味しかったし
文句は言いません(言ってるじゃねえか)
まあ、早朝から大行列する価値はないかな?

WiD-347.jpg

朝市は面白いです、そして安いです!!
はらこ飯も1000円ほどで売ってますので
たっぷり食べたい方はどうぞ。

安達太良山はまだ早そうなので
翌日は蔵王。
ただ御釜周辺はずっと雲の中。
しかたなく諦め。
途中、不帰の滝など撮影。

WiD-707.jpg

凄かった!!
何が?風が!!!
けっしてスリムとは言えない
私が油断すると飛ばされそうになる。
おそらく人生で味わった
最強の爆風。

アップ長時間露光で
滝を流したりしたかったけど無理!!

早々退散して遠刈田温泉(^^)

WiD-615.jpg

リフレッシュは大事!!

そして10月18日やっと安達太良山。
何故こだわっていたのか?
単純に初訪問だからです。
ライブラリーカメラマンにとって
初めての場所ってのは大事なんです。

登山口で前日から車中泊。
元々スキー場なこともあり
駐車場は広大かつ何箇所もある。

一番近い第一駐車場は
車中泊禁止のようなことが
書いてある。
でも除雪車の邪魔だから
下の駐車場で寝てくれと。

きっとスキーシーズンの
ことと思うけど
駐車場が斜面にあり寝づらい。

一応禁止とも書いてあるし
第二のほうが静かで平らだし
そちらに移動。

夜から結構な数の
車が来たみたいだけど
私の周りは車ゼロ。
朝までゆっくり寝られました。

さて18日は快晴!!
登るぞ!!と言っても
今回はロープウェイ(^^)

_E0A6743.jpg

登山というか観光です(^_^;
展望所になってる薬師岳まで一気。

思ったより人が多い
これは三脚きつい手持ちだな。

WiI-243.jpg

紅葉はちょうど盛り。
手前にきれいな木もあり
フォトショップで頑張らなくても
大丈夫そう。

_E0A6572.jpg

初めてでこれなら満足かな?
もっとも初めてだから
これが当りかハズレかは
わかりません(^_^;

実は山頂まで登ろうか
迷ったのですが
他に撮りたいところがあったので
すぐに撤収。

でも、良くあること。
午後の分は外しました(TT)
やはり二兎を追っちゃいけません。

でも頑張ったのでご褒美...
なのかな?
翌日はまたもや素晴らしい
紅葉に当ります。

そのあたりはまた次回

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

2023年秋取材−1 宇都宮から栗駒岳 

あいかわらず今更ながらの
ブログ更新です。

出発は10月3日
本来9月下旬には出発予定だったのですが
自身のインフル罹患
さらに様々な用事が加わり
出発は不可能に。

助かったのが今年のバカ陽気。
どこも紅葉遅れていて
ゆっくり移動できました。

さて、そのおかげで
まずは宇都宮。

_E0A4087.jpg

宇都宮というと餃子!!
なのですが、今回は別に目的が
いやもちろん撮影が目的なのですが
紅葉はまだなので、とりあえずお楽しみ(^_^;

385078126_6780225442058983_6800572613090422304_n.jpg

上握り定食大盛り、マグロは本マグロ
職人が目の前で握っていてスジも感じない。
これで税込み800円!!
形はあまり良くないけど大満足!!!
でもものすごい行列で
写真の上握り定食大盛りはランチにも関わらず
昼前には売り切れてしまいます。
以前動画で見てから行きたかったんですよね。
例によって店名は書きませんが
興味のある方DMで問い合わせてください。

さてお仕事。

いま宇都宮というとアレ笑
いや、どこかの優勝ではなく
この夏開業した宇都宮ライトレールが
注目されています。
私、昔から路面電車大好きなので
乗りたかったんっですよ。

_E0A4097_20231106104340bb9.jpg

写真は宇都宮駅東口付近。
おお、大都会!!
でも少し走ると郊外に出て
いわゆるライド&パーク、駐車場が
ある駅、いや停留所もあり
今回も利用させていただきました。

駐車場料金は無料!!
電車の運賃考えても
中心地の駐車場に止めるより安く付きます。
一応断っておきますが
これは正しい使い方です(^^)

関東を出て東北入り
10月7日は安達太良ヶ原ふるさと村で彼岸花
いや鬼婆伝説の安達太良ヶ原
なんとなく曼珠沙華のほうが似合う気がする

_E0A4228.jpg

そして8日、飯坂温泉に入り

_E0A4382.jpg

出発して一週間、10月10日の夜
やっと紅葉撮影初めの目的地
栗駒山に付きました。

まずは宮城側から
登山口は「いわかがみ平」と呼ばれ
駐車場があるのですが
この季節は少し下の臨時駐車場から
シャトルバスとなります。

前回行ったときは
時間外は上の駐車場まで行けたのですが
今回はすべての時間一般車通行止め。
バス料金は往復500円、駐車場無料なので
高い!!って感じはなかったです。

結果論なのですが
シーズン中乗り放題のパスが千円
二往復使ったので
そっち買っておけばよかったかな?
なんか記念品付いたみたいだし(^^)

さて栗駒山!!
奇跡の紅葉とまで言われる
東斜面は!!

WiE-186.jpg

赤くない茶色(TT)
今年の高温に加え先日の強風で
こんな色になってしまったそうです。
仕方ないフォトショップ頑張って!!

_E0A4701.jpg

まだ適当にやっただけなので
もっときれいになります
デジタルなんか信じちゃだめです、笑

まあ何とかきれいな木を探しましたけどね

_E0A4806.jpg

さて、せっかく来たので西側の須川温泉も
直線距離は数キロ
登山マップ見ると山頂経由、
三時間ほどで行けるのですが
車道がなく山麓大回り、一時間ほどかかります。

おっ!!東側よりきれいだぞ!!!

_E0A5444 コピー

名残ヶ原と栗駒山(岩手側からだと須川岳とも呼ぶらしい)
でも黄色がメイン赤が足りない
いやそうでもないか?

_E0A5508のコピー

須川温泉は岩手県と秋田県の県境
名残ヶ原は岩手県ですが
秋田側にもシラタマノキ湿原

WiF-052.jpg


須川湖

WiF-087.jpg

など見どころがあります。

実はこの二枚に写ってる山
撮ってるときは栗駒山と思い込んでいたんですよ。

ちょっとビジターセンターで
レンジャーの方と話しているとき
話が噛み合わない??

実は私の勘違い
比べてみてもらえばわかりますが
これは栗駒山ではありません
秣岳だそうです。

この時、栗駒山は雲に隠れていたので
勘違いしちゃってました。
いや、確認してよかった(^_^;





写真  :  trackback 0   :  comment 0   

今年の夏と秋取材 

お久しぶりです。
暑かった夏も終わり...
いや関東地方ではまだ真夏の気温ですが
幾分朝夕過ごしやすくなったでしょうか?
ともかく紅葉シーズンが近づいてきました。

あまりブログの間隔を開けるのも何なので
なんとなく思ったことを書いていきます。

多分、フリーになって
いや写真始めて初めてだと思います。
今年の8月は一枚も撮ってない!!

えっ本当か?
と思い改めて調べたら
撮ってました
8月4日に地元撮ってました。

WhA-035.jpg

さがみはらリニアひろば

リニア神奈川駅(仮称)の工事現場が
見渡せる丘が展望広場になっています。
丘と言っても残土を積み上げた人口の丘。
もちろん期間限定です。

もちろんこれだけ撮りに来たわけではなく
メインは地元では有名
橋本七夕まつり

WhA-115.jpg

これ撮った後
スマホ以外全くシャッター切っていません(^_^;

普段の夏はどうしてる?

流石に車中泊は厳しいので
お盆前まで
海外、沖縄、北海道(ここは車中泊)
あたりに出てるか
家を起点に日帰りもしくは短期で
近場を撮ってることが
ほとんどです。

実は7月まで撮りまくっていたので
長期取材の考えはありませんでした。

今年も湘南海岸あたり撮って...
伊豆あたりに行ってもいいな
とか考えていたのですが
私のパソコンには膨大な未整理写真。

そして、暑い!!!!!

今年の夏は殺人的に暑い!!!!

熱帯ヤシの木ビール好きの私でも
耐えられないくらい暑い!!

エアコン効かせた部屋で
写真整理してたら
日帰り取材さえ出る気になれず。
結果、一月シャッター切ってないという
異常事態に至った次第です。

そのおかげもあって
写真整理も順調に進み
9月下旬までには
全て納品できそうな感じです。

となると紅葉撮影だ!!
どこ行こう?と現像合間に下調べ

近年の売上見ると、やはり北海道がダントツ。
条件恵まれたってこともあるのですが
去年取材分がいくつもポスターなどになってる。

でも二年連続で同じ場所行っても自分の写真で
潰し合うだけだし...

やはり東北からかな?
最近秋は満足に撮ってない気がする

でも今年の夏は暑かっただけでなく
各地大雨の被害が出てます。
山は荒れてそう。

ともかく行ってみるしか無いな。

情報集めて手軽な山に
登ってみることにしますしょう。

RHA-026.jpg

写真は2018年撮影栗駒山

時期的にここからかな?
付近は良い温泉も多いし
東北はラーメン美味しいし笑

まだ下調べもしてないし
あくまで状況次第なので絶対ではありません。
出発前、出発後
なるべくブログもアップしますので
近くにいたら声かけてくださいね(^^)



写真  :  trackback 0   :  comment 0