河口信雄の取材日記

遠い国からご近所まで、旅と写真とB級グルメ。

01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

アユタヤ その一 

朝起きるとどんより曇り・・
実はまだペースがつかめず疲れ気味
今日は休みだ(^^)

まあそう言ってもゴロゴロしてるだけじゃ
時間もてあまします。
お昼前に街に出てみました。

とりあえず昼飯。
やっぱりカオマンガイを食べねば。

_E0A2900.jpg 
スペシャル頼んで約150円屋台だけど・・でも美味くて安い!!
ちょっと足りなかったのでタイソーセージ。

_E0A2907_20180224231715f8c.jpg 
そこら中でいろんな形の売ってます。
これはかなりでかい!!
少し酸味があって餅米かな?もちもちした食感。
初めて来た頃は苦手でしたがいつの間にか好物に。
だいたい10B〜20B(これは20B)安いのも嬉しい。

さてと下見。
ブラブラ歩いて行くとワットマハタートの前に出た。

そうだ!!木に取り込まれた仏頭撮れるな。
アップの写真は良く見るでしょうから
少し引いて縦位置で。

_E0A2917.jpg 
ちょっと不気味な気もしますが
これぞアユタヤ。

簡単に解説しておきますと
アユタヤ陥落時、寺院や仏像が破壊されました。
長い年月の内に転がっていた仏頭が
木に取り込まれたって訳です。
歴史と偶然が残した奇観です。

さてまたもブラブラ歩いて寝釈迦のある
ワットロカヤスタへ。
行ったことある人はわかると思いますが
結構な距離です。
普段は自転車借りるのですが
今日はヒマなので歩き。
ウォーキング始めてから長
距離歩くの何とも思わなくなりました。

少し日が出てきた?撮ってみよう。

_E0A3000.jpg 
ここがツーリストエリアの最西端。
市街地に戻ります。
おお、ゾウだ!!そういえばエレファントキャンプがあったな。
だんだん記憶が蘇ってきます。

_E0A3057.jpg 
暑いので水浴びですね。
なんとか青空もここまで。
あとは宿に戻って一休み。
今日も良く歩きました。
疲れたからタイマッサージうけて極楽気分。
一時間700円ほどでできるんです。
これで疲れ取れるかな?
明日は晴れると信じて早寝しよう、天気予報悪いけど(^_^;
写真  :  trackback 0   :  comment 0   

アユタヤへ 

今日は移動日
と言ってもバンコクから日帰り圏内のアユタヤへ。
私はバンコクよりのんびりしたアユタヤの方が好き。
だからしばらく滞在することにしました。
天気が悪い方で安定してるのがちょっと心配(^_^;

そう天気悪いんです。
朝起きたら小雨がふる熱帯らしくない天気。
アユタヤまでは一時間半ほどなので
チェックアウトギリギリまでグデグデして駅へ。

駅までは徒歩5分ほど余裕過ぎる。
駅に言ったらエースタンオリエントエクスプレスが停まってた。

_E0A2848.jpg 
いつかは乗りたいと思いながら・・いやこの格好じゃ止められる(笑)

私が乗ったのはこちら

_E0A2874.jpg 
アユタヤまで一時間半ほど乗って15B、50円くらいかな?
バンコクの地下鉄より安い。
中を見てみましょう。

_E0A2884.jpg 
詳しい人教えて。
私、この車両日本のお古だと思うのですが
違うでしょうか?
とにかく乗ってて懐かしい・・
ただし長距離はパスかな?

何の問題もなくアユタヤ着。
中はボロボロですが外見は綺麗。

_E0A2887_201802232314480ec.jpg 
国際観光地だけあって外国人も目立ちます。
あれ?日本語表記もあるぞ??
前に来た時は無かった気がする。

_E0A2894.jpg 
アユタヤの駅は市街地と川をはさんで反対側になります。
つまり街へは渡し船、確か日本円で10円か20円ほどのはず。
船着き場までは旅行社や食堂、レンタサイクルなど
観光業者が軒を連ねています。
桟橋で写真撮ってたらボート乗るのか?とおばちゃんが聞いてくる。
ボートツアーの客引きと思って乗らないよと言うと
あっそう、みたいな感じでしつこくもなく引っ込んだ。
ちなみにこんな場所。

_MG_8785.jpg 
撮った後間に合いそうだったのでそのまま乗船。
あれ?お金どこで払うの?
そういえば前に来た時乗る前に払った記憶が・・・
あっあのおばちゃん!!

ごめんなさい、ただ乗りしてしまいました。
悪気はなかったんです・・
このボート何度も乗ると思います。
これからは絶対払いますので勘弁してください(^_^;

悪行の報いか?
渡ったとたんにスコールで足止め。
スナップ用に持ってきた
EOS-Mも何故か故障。

やっぱり神様は見ているんですね(^_^;

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

バンコク チャイナタウンからカオサン通り、ワットアルン 

今日はひたすら歩き回っていました。
宿のすぐそばフォアランポーン駅を覗き
チャイナタウンへ。
まだ旧正月の気分が濃厚でした。

_E0A2373.jpg 
そのままチャオプラヤーエクスプレス・・
バンコク来た人じゃなきゃわかりませんよね?
バンコクは中心にチャオプラヤー川という大きな川が
流れていまして公共交通として船の便があります。
それがチャオプラヤーエクスプレス。

しかしながら昔さんざん乗ったのに
船着き場がわからない??
探しながら歩いてたら初めの目的地
ワットアルンの対岸に着いてしまった。
でも撮影場所だけチェックして
今度こそチャオプラヤーエクスプレス。

と思ったらスコール!!
えっ乾期のバンコクでスコール??
まあ無いことではないけどあまりないぞ(笑)
軒下をたどってたら何か食堂発見ちょうど昼時。

_MG_8780.jpg 
この手の屋台風屋外食堂、いたる所にあります。
前の人が食べてる料理指さして出してもらう。

_MG_8776_20180223002743d5f.jpg 
トロトロのブタ肉である!!
タマゴも半熟トロトロ!!!美味い!!!
ちなみに50B約170円ほどコスパ最高!!!

さて雨もやんだ、ボート乗り場は??
あれまたわからなくなってしまった。
てきとうに撮影しながら歩きます。

_E0A2495-2.jpg 
トゥクトゥクが綺麗に並んでた。

気がついたら当面の目的地カオサン通りに到着。
知ってる人は知ってる
バックパッカーのメッカ。
無数の安宿やレストラン、旅行会社や土産物屋が
軒を連ねています。

_E0A2463.jpg 
世界中のバックパッカーが集まるので
タイであってタイじゃない
英語(日本語も)で全て事が足りる。
そして昼からビール飲んでも問題無い(笑)

そう、もう天気ダメだからビール飲んで帰ろうと
ここを目指したのです。
表通りは物価高いしうるさいから一本裏通りに行きます。

_E0A2422.jpg 
こうして見ると良い場所だね(笑)
本当はゴチャゴチャした騒がしい場所です。

さて二枚上の写真見て
あれ晴れてるじゃん、夕景ぐらい撮れるんじゃない?
と思った方するどい。

実はビール飲んでるうちに晴れてきました。
写真はカオサンを離れる時に撮ったもの。
とりあえずワットアルンかな?
チャオプラヤー川に望む大寺院で
バンコクのランドマークと言って良いでしょう。
また歩き・・本当によく歩く。

それほど焼けたわけでもなく
満足とは言い難い・・また来るようですね。

_E0A2548-3.jpg 
さて今度こそチャオプラヤーエクスプレスで帰ろう。
あれまた船着き場通り過ぎた・・え〜〜〜い面倒くさい歩くぞ。
結局往復10キロ以上歩き通しました。
暑かった・・やっぱりビールが美味い(^_^;





写真  :  trackback 0   :  comment 0   

バンコク 雲台が・・ 

昨日無事バンコクに着きました。
予定では15時半着。
ホテルに荷物おいて夕景撮影行けるな
と考えていましたが到着が30分遅れ
イミグレも大混雑でロビーに着いたのは5時頃。
ホテル寄ったら間に合わないな・・と

実は先日、先輩カメラマンのYさんから
今バンコクだよ、と連絡いただきまして
撮影場所で会う約束でした。
空港から直接の方が近いところなので
荷物持ったまま現地へ。

ちょうど薄暮が始まる絶好に時間に到着。
もちろんYさんとも合流。
最近人気の絶景スポット、鉄道市場。

_E0A1942.jpg 
実はここでハプニング。
バックから三脚出したらあれネジが一本無い(^_^;

私はL字クランプ使ってるのですが
それを雲台に固定する一番大事なネジが無いのです。
え〜〜〜!!しかも手持ち無理な場所じゃん!!
現地でバックひっくり返して中を捜索・・無い(T.T)

しゃーない空はどんどん暗くなる。
センターポールを固定するネジと
サイズがいっしょなのを発見!!

とりあえずそれで取り付けますが
当然ポールがぐらぐら。
チェーンを持っていたので雲台に巻き付け
カメラバックを重りに。
それでも風が吹くと揺れる・・
よかったほぼ無風の日で。

_E0A1981.jpg 
うんブレてない!!何とかなった!!
Yさん隣でうるさくしてごめんなさい。
さぞ落ち着かなかったことと思います。

いっしょにビール飲んでおのおの宿へ。
少し迷ったけど問題無くチェックイン。
フォランポーン駅(バンコク中央駅)から徒歩5分。
一泊200B・・700円ぐらい(笑)
でもエアコン付きで清潔なカプセルホテル風の宿です。

さて今日、朝起きて周辺散歩。
朝食取ってパソコンで昨日のバックアップ取ってたら
あっという間に11時???
やっぱり海外だと時間が経つの早く感じる。

本日の予定はホームセンター探してネジを買うこと。
駅に着いたら・・あれ???9時???
あっ・・時差治してなかったんだ(^_^;
いやいくらなんでも時間たつの早すぎると思ったんです。

_E0A2040.jpg 
バンコク/ホームセンターで検索したらそばに有った。
でもIKEAやニトリみたいな感じで
ネジなどDYI用品はほとんど売っていない。

バンコク/dyiで検索するとホームプロと言う店がヒット。
行ってみるとケースに数本入ったパック売りですが
お目当ての品を発見。
70円くらいかな?まあ良いかな、他を探す方が大変だし
電車賃の方が高くつく。

でも微妙なサイズがわからない。
カスタマーセンターがあったので
ネジ見せてこれと同じサイズが欲しいと伝えたら
係員呼んで売り場へ案内してくれた。
でもやっぱりわからない。
日本のようにサンプルネジがあるわけでもない。

さてどうしよう?と考えてたら案内してくれたおばちゃんが
おもむろに新品のパッケージを破りだして
ナット出してくれた!!
ビニールの小袋とかではなく
厚紙とビニールできちっと包装されてたものです。

一つ目合わない・・すると一つ大きいサイズをビリビリと!!
ビンゴ!!ぴったりだ!!さすがタイ(笑)
ほんの70円ほどで・・なんか申し訳ない。

まあ、これで何とか撮影続けられそうです。
私の三脚はイタリアメーカーなので
独自規格かも?とはらはらしてたんです。
よかったよかった(笑)

上の二枚は鉄道市場、下はホームセンター行く途中に撮った
エラワン廟、最近爆弾テロがあったところですが
綺麗に修復されていました。
写真  :  trackback 0   :  comment 0   

明日からタイ 

明日からタイへ行って来ます。
とりあえずバンコクから世界遺産のアユタヤで一週間。
ラオスのルアンパバーンへ飛びその後は進み方次第。
おそらく北タイへ出て南下、チャンマイ、スコータイ等を
撮影しつつバンコクから帰国。

IhJ-193.jpg 
全部で約1月の旅となります。
実はちゃんとタイに行くのは久々。
ちゃんとというのはトランジット含めずにという意味ね。
バンコクは東南アジアのハブになっているので
なにかと寄ることが多くなります。

いや・・実際久々な気がする・・
ここのところLCCの利用が多くクアラルンプールの方が
お馴染みになってる気がします。
調べてみたら2013年にカンボジア行った時に寄ったのが
最後ですね。
5年前か・・しかもバンコクは2,3日しかいなかった模様。
ずいぶん変わってるんだろうな。

IhC-545-2  
例によって誤字脱字だらけの文章になると思いますが
そこは大目に見てお付き合い下さい。

明日は4時起き、ほぼ始発で地元を発ちます。
では明日バンコクから!!

写真、上は世界遺産のスコータイ下はバンコクのワットアルンです、


写真  :  trackback 0   :  comment 0   

諏訪湖の御神渡り、松本から野猿公苑。 

実は自宅で書いています。
今年の冬はことのほか寒く
ブログ書いてる余裕があまりありませんでした。
まあ言い訳しても仕方ないです。
諏訪湖を出てからの報告です。

そう、諏訪湖の御神渡りは撮影翌日、認定されました。
これで堂々と御神渡りとキャプションに書けます。
実は帰りがけにもう一度撮ってきました。

RbB-607.jpg 
今回の方が条件良いですね。
全体を広角で見るとこんな感じになります。

_E0A1887.jpg 
五期ぶりの御神渡り。
ここはまあ満足できました!!

しかし、今回の取材満足できたのはここだけ。
諏訪湖から松本・松代・志賀高原と廻ったのですが
寒い・・くそ寒いだけでほとんど収穫無し。
雪晴れでと思った松本は曇り。
苦し紛れで日本画調に。

_E0A0075.jpg 
松代も雪ほとんど無し。
志賀高原も降って欲しい時は降らず
降らなくて良い時はドカ雪・・思い通りになりません。

RbC-077.jpg 

約30年ぶりかな?
野猿公苑も行ってみましたがなぜかここではあまり雪が降らない?

_E0A0964-2.jpg 
ご存じの方も多いと思いますが
ここはスノーモンキーとして外国人に大人気。
平日なら体感的な感じとしては
西洋人4割中国人などアジア人4割日本人は2割くらいかな?
休日にはもう少し日本人増えますが驚きます。

ところでスノーモンキーと言われるように
雪の中でお風呂に入ってる猿が定番。
雪が降るまで三日ほど待ちましたが
降ってこれぐらいでした。

_E0A1524.jpg 

これを撮った後天気予報を見ると明後日は一日雪。
気温は氷点下10度以下・・待ちましたよ凍えながら。

しかし実際は快晴・・志賀高原に行こうか迷いましたが
雪はないし下からみる限り樹氷も少なめ。

普段なら条件良くなるまで待つのですが
何度も言うように今年はことのほか寒い。
さらには今月の20日から熱帯地方へ行く予定があります。
身体がついていかない、もう無理・・我慢できない
先に記したように最後にもう一度諏訪湖、
それが上に乗せた写真。

今回は御神渡りが一番の目的だったから良いかな?
野猿公苑も最近の雰囲気わかったし・・・

まあ言い訳考えて帰ること考え始めたら
ダメですよね・・写真は・・
やはり私は熱帯だ!!
今回の取材は終了、次回ホームグランド?に戻って
撮りまくってきます。







写真  :  trackback 0   :  comment 0   

諏訪湖・御神渡り(今一歩) 

諏訪湖が全面結氷したとの情報を聞き

諏訪に来ました、狙いは御神渡り。

湖を諏訪の神様が渡ったとされる

湖面の亀裂です。


着いてすぐ観光案内所へ。

この質問慣れてるのか、ニヤッと笑いもう少しとのこと。

だいたいの場所を聞き下見へ。


全面結氷した諏訪湖・・なかなか面白い!!

関東の人間にとってこれだけの湖が氷るのを

見るだけでも興奮します。


_E0A1344-2.jpg 

湖底からお湯や天然ガスが吹き上がるところが

釜穴とよばれます、アクセントに丁度良い。


しぶき氷もここかしこに。


_E0A1410.jpg 

地元の人と話してみると

もう少し下諏訪側で湖面が割れて

少し盛り上がってるとのこと行ってみます。


_E0A1520.jpg 

少し粘ればもっと盛り上がるかな?

ちなみに超望遠420mm。


今朝もう一度チェック。

う~~~ん変わらん・・向こう岸はどうだろう?

う~~~んダメだ、ついでだ一周してみよう。

あれ・・人が集まってる??TVも来てる。

おお・・行けそうじゃん!!


_E0A1588.jpg 

実は昨日の段階で

御神渡りになったとしても節分すぎ。

この冷えじゃ無理かも・・との憶測が流れていたんです。

今日チェックしてダメなら一旦離れようと思っていました。

完全ではないですがとりあえず撮れたのはラッキーです。


_E0A1570-3.jpg 

御神渡りになるには諏訪大社の認定が必要です。

つまりはまだ御神渡りではないのです。

このまま認定されれば良いのですが。

認定されねばキャプションに御神渡りと書けない。


さて一旦北に行きますが

初めに予想されてた三日すぎに戻ってくるか?

思案のしどころです、まあいいかな?

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

秩父三大氷柱 

冬の撮影その2に出ています。

今回も私の備忘録。

あああんな所に行ってるんだぐらいで

お読みください。


今回、どこに行くか迷いました。

私あまり雪景色は得意じゃないんですよ。

得意じゃないから場所も知らない(^_^;

とりあえず比較的行き慣れた秩父から入りました。


秩父の冬は氷柱(ツララ)です。

もともと三十槌の氷柱が有名だったのですが

いくつか人工の見所もできて

最近は秩父三大氷柱として売り出しています。


初めは元祖の氷柱、ライトアップは期間中毎日。

冷え込んだから立派に育ってるかな?

と思いましたがイマイチなのかな?

まあ繊細で綺麗としておきます。


_E0A0419.jpg 

翌日はあしがくぼの氷柱から。

ここはライトアップ撮りに再訪するので

最後に回します。


小鹿野町に出て尾ノ内渓谷百景の氷柱・・の前に

わらじカツ丼。

タレに漬けた特大カツが二枚。

味もお腹も満足!!


27173325_1656079054473673_4199982207961760526_o.jpg 

さて山に入り尾ノ内渓谷百景の氷柱。

はじめこの百景が良くわからなかったんですよ。

見所100もないし。

ポスターには「ひゃっけ~~~」あっ駄洒落か(^_^;


ここのライトアップは基本的に土曜のみ。

早めに来てたのですがあまりに寒くストーブの有る場所に避難。

てきとうに戻ったら三脚立てる場所が無い・・いや一カ所だけ隙間が。

なんとか撮影できました。

ここの氷柱は渓谷に水をまいて作りますが

なかなか壮大!!一見の価値あり!!


_E0A0968.jpg 

そしてあしがくぼの氷柱。

ここも人工ですが正丸峠と秩父市街の間の国道沿い。

西武の駅も隣接していて立地は三箇所の中で抜群。


_E0A1192.jpg 


右に見える光跡は西武秩父線の電車です。


まだ5回目と歴史は新しいのですが

年々盛大になってるようです。


_E0A1162.jpg 

ここは金土日にライトアップ。

かなりの人が見物に来ていました。


さて一日一カ所、秩父に三日もかかってしまいました。

実は昨夜のうちに諏訪まで走りこの後は北上です。

いや・・天気次第なので自分でも良くわかりませんが(笑)

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

西伊豆と平塚タンメン 

自宅で書いています。

伊豆半島も先っぽまで行くと遠いですが
付け根からだと近いですね。
高速使わないでも一時間半で帰れました。
温泉沢山あるしラーメン美味しいし(笑)
骨休みがてらの仕事には一番良いかも。
あまり動いてくれませんけどね。

さて昨日の続き。
撮影自体は一昨日です。

この日は朝から夕方まで
富士山に一片の雲もかからない希有な一日。

大瀬崎・戸田・恋人岬・黄金崎と定番の青空写真を撮影。
その中から戸田岬と富士山。

RaC-764-2.jpg 
恋人岬・・あれ誰だ(笑)

RaC-685.jpg 
廻りはアベック(死語)ばかり。
一人寂しく撮影して戻りました。

そして堂ヶ島まで戻ります。
カメラ構えたらいきなり船が飛び出してきた!!

_E0A9697.jpg 
この岩の隙間から天窓洞という海蝕洞に入れます。
いままで何故か荒れた日にしか来たこと無かったので
遊覧船のルート知りませんでした。

天窓洞は上からも眺められます。

_E0A9729.jpg 
光が差してるのわかりますよね。
これ今度条件良い日に船乗って撮りたいな。

最後は黄金崎で夕映え撮影。
でもこの日は日曜日、沢山の人が集まってきた。
三脚立てたら顰蹙っぽいな(^_^;
手持ちで撮れるだけ撮って退散。

RaC-660-2.jpg 
実は水平線に雲があって粘っても仕方ないと
判断したんですけどね。
富士山はきれいに見えるから良いか?

さて今回は麺分が足りない(笑)
帰り道、平塚で堪能しました!!

何も考えず昼頃平塚通過。
どこか美味しい店は?と検索したら
平塚タンメン・ラオシャンとういのがヒットしました。
ん?平塚はタンメン・・野菜ラーメンが名物なのか?
人気店を探し、行ってみると大行列!!
タンメンに行列か・・どうしよう??と思いましたが
運良く駐車場が開いたので行列参加。

並で400円!!安いぞ。
意外と開店は良くそれほど待たずに入店。
えっ・・!!野菜がない??
そっか湯麺、中国読みでタンメンか!!
口上を読むとスープに酢で味がついてますが
ラー油と酢で自分で味付けしてくださいとのこと。
なるほどスープはほとんどお湯か?
麺を味わうのだな、値段からみてもそうだろう。
と勝手になっとく。
そして出てきました!!ちなみに中盛り二玉分で500円。

IMG_20180115_131111-2.jpg 
具はタマネギだけ潔いほどシンプル。
とりあえず一口・・美味い!!

ほとんどお湯なんて間違いでした。
そのままでもの凄く美味しい!!
表現難しいけど優しい味、酢は感じますが
ぜんぜんつんつんしない。
少し食べてラー油投入。

IMG_20180115_131156.jpg 
これはこれで美味しいけど
個人的にはそのままの方が好きかな?
なおチャーシュー(これもうまそうでした)やワカメなどの
具も頼むことはできます。
地元の人はワカメ入りを頼む率が多かった印象。

すごく気に入りました。
平塚周辺に何店も有る模様。
これは通る度に寄ってしまいそう。

さて今回の小取材も無事終了。
冬なので当然とは言え毎日快晴!!
日数の割りには撮影できました。
最後に美味しいラーメンにもたどり着いたし
初取材としては上出来。

次は少し寒いところも行こうと思います。
好き嫌いせずに撮らねば!!
次回お楽しみに!!




写真  :  trackback 0   :  comment 0   

南伊豆から西伊豆 

今日は雲が多く

富士山も半分ぐらいしか見えません。

寒い方も行こうと思っていましたが

一旦帰ることにしました。


ここから家までその気になれば2時間かからず

戻れちゃいますしね。


この数日、南伊豆から西伊豆を

撮り廻っていました。


一昨日は田牛(トウジと読みます)海岸。

サンドスキーで有名。

土曜日と言うこともあって

何人か滑っていました。


_E0A8979.jpg 

ここは最近この洞窟でも有名。

龍宮窟。

上から見るとハート形に見える?


_E0A8767.jpg 

ちょっと季節的にきついかな?

曇りか夏の真昼だな。


西伊豆に廻り雲見海岸から富士山。

あまりよろしくない真っ正面光(笑)

まあ良いでしょう。


_E0A9106-3.jpg 

松崎のなまこ壁通りなどを撮り

堂ヶ島の夕日で締め。


_E0A9168.jpg 

翌日はまた明日にしましょう。


さて家まで安全運転!!

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

東伊豆 

2018年初めの取材に出発しました。

今回は小手調べ。

初めに伊豆を回って条件良ければ山梨へ。

最大で10日ほどの小取材です。


9日にゆっくり出発。

さて初ラーメン・・と思いましたが

連休明け、正月明け、冬休み明け・・・

ようするに狙った店がことごとく休み(T.T)

まあ仕方ないですね・・これからこれから(^_^;


10日は伊東の城ヶ崎海岸から。

前に来た時1月初めなら吊り橋と朝日撮れるな・・

と見当付けていました、結果当たり!!


_E0A7451.jpg 

日が昇ってからも当然撮影。


_E0A7582.jpg 

昼以降は伊東市街や東伊豆をのんびり撮りながら南下。

熱川温泉と伊豆急。


_E0A7755.jpg 

この日は下田で車中泊。

11日つまり今日は爪木崎。

でも勘違いしてたんですよね。

撮影できるの朝一だと思い込んでた。

何度も来たことあるのに(^_^;

もちろん水仙の花は撮れるけど定番風景は午後でした。

待ってても仕方ないので一旦アロエの里へ。


_E0A8095.jpg 

今年はダメって噂聞いてたけど

まあ許せるのでは?例年はもっときれいなのかな?

最近来てないのでわかりません(^_^;


爪木崎に戻り撮影。


_E0A8406.jpg 

正直、水仙の密度は昔に比べイマイチでした。

散策してる人からも

あれ?こんなもんだっけ??とか

昔はもっとすごかったとか聞こえてくる。

時期がずれたか、外れ年か?他に理由があるのか?

どうなんでしょう?


さて今日の最後、奥石廊の夕景撮影。

ずごい風!!おまけにどんどん冷えてくる。

車のすぐそばで撮れるので

サンダル履きで出てしまった・・寒い!!

すぐ終わると我慢して撮ってたけど

こんな時に限って長くなるんだよね。


_E0A8520.jpg 

真面目に冷え切ってしまって辛かった(^_^;

この後温泉に一直線!!

日本人で良かった!!!

写真  :  trackback 0   :  comment 0   

2017年 

毎年この時期になるとその年を振り返る記事を
書くことにしています。

今年も色々あったのですがなんか後半の結石に
すべて持っていかれて
その前のことの印象が薄くなってます(^_^;

とりあえずその結石の報告から。
結論から言いますと石は体外へ出て完治しました!!
結構大きかったので撮ってみました(笑)

_E0A7330-2.jpg 

体外衝撃波破砕術から2週間。
水飲んで薬飲んで運動して・・
そして検査日の前日トイレで何か違和感??
そう違和感程度でした。
尿と共に石を排出!!
翌日検査してもらって体内に残っていないことを確認
無事完治のお墨付きをいただきました!!

発症したのは夏の白川郷。

_E0A4733.jpg 
この写真撮った後だったな・・
車の中で七転八倒(T.T)
痛みの合間を縫って帰宅・・高山ラーメンも食べずに・・

それから半年、体内に石を抱えたままの生活。
大丈夫と思っていてもやはり無理はできませんでした。

そう、そのおかげで海外はドクターストップ。
幸い痛みの再発は秋の取材帰ってからでしたが
もし外国で発症していたら・・考えただけでも恐ろしい(^_^;

結局今年は・・何年ぶりだろう?海外取材ゼロ!!
もう海外メインのカメラマンっていう看板降ろさねばなりません。
飛行機乗ったのも2月の沖縄取材のみ。

_E0A9174_20171227112336d24.jpg 
今帰仁城のカンヒザクラ。

春から夏は主に西日本、秋は北海道から東北。
桜のシーズンは花と天気に裏切られまくりで惨敗。
初夏から夏はぼちぼち。
紅葉の次期は比較的恵まれて満足。
まあ長い目で見るとバランス取れるように
なっているのでしょう。

_E0A2231.jpg 
湯布院のサクラ。

_E0A8834_20171001160415c86.jpg 
層雲峡の紅葉。

国内に専念するとやはり行く場所増えますね。
結局今年一枚訪れた都道府県は
北海道から沖縄まで38都道府県でした!!
行ってないのは四国四県と岩手県宮城県千葉県奈良県和歌山県。
四国四県と千葉県は去年行ってるし岩手宮城も一昨年撮ってる
一番撮影感間隔開いてるのは和歌山県の模様
来年はそのあたりを撮影かな?

いやその前に冬の取材を考えねば。
結石でバタバタしてたので
まだ何に予定も立っていません。
久々に海外も考えてますが
いまからで良いチケット取れるかな?

さて今年も私のつたないブログにお付き合いいただき
ありがとうございました。
写真の発信もSNSがふえ、もう役目は終わった感もありますが
こりずに来年も続けますのでよろしくお願いします(^^)

今年もあと数日を残すのみ。
皆様のご健康とご活躍を祈念して今年の最後にしたいと思います。
ん・・そういえばぴったりの写真がありました。
妙義山の「日本一のだいこくさま」

QGC-284 コピー
では、良いお年をお迎えください。









写真  :  trackback 0   :  comment 0   

尿路結石・体外衝撃波破砕術 

ついに体外衝撃波破砕術の施術日がきました!!
簡単に言うと尿管にある石に向けて
衝撃波を放ち破砕してしまおうという手術です。

そう、メスを入れるわけではないですが
手術に分類されるそうです。
そう聞くだけでちょっとびびってしまう(^_^;

手術前日から終了までの体験記?
興味有る方もいると思うので書いてみようかと思います。
所々写真をはさみますが
大した意味はありません。
一応状況に応じた写真にしたつもりですが
箸休めと思ってください。

QgG-001.jpg
まず前日、特に注意点はありません。
飲食も自由、ただ酒だけ禁止・・さみしい。
翌朝も施術三時間前までは飲食可。
ただし三時間前、今回私の場合は14時開始だったので
11時からは水もダメ。
今の季節は問題無かったですが
夏はちょっときついかな?
車バイク等自分で運転しての通院は不許可。
痛み止めを使うので帰りの運転が危険だとか。
幸い駅から近い病院なので問題なし。

12時過ぎに病院着、すぐにレントゲン。
石があることが確認され正式に手術決定。
落ちていれば・・と一縷の望みを持っていたのですが
甘かった。

13時過ぎに名前が呼ばれ準備室へ。
パジャマのような服に着替えると
いきなり尻を出せ!!と・・
痛み止めの座薬を入れられ(流石のお手並みでした、笑)
点滴も打たれる。
これは当面は薬ではありませんとのこと??
痛み止めを入れるためのものだそうですがどう言うこと?
座薬以外にも使うんだ。

看護師さんにいくつか質問。
痛いの?
痛がる人も多い、特に最後の方は痛み止めの効果が薄れるのか
けっこう苦しがる人いますね・・とのこと。
とにかく個人差が多いと言ってました・・ああ恐い(^◇^;)

前の人が出てくる。
カーテン越しなので見えないけど
なんか苦しそう・・あ〜〜〜恐い恐い(^◇^;)(^◇^;)

14時ちょうど頃手術室へ。
機械はなんというか横から三本のアームが出た
う〜〜〜ん何というか・・
絵心が最悪なのに絵に描いてみました(^_^;

名称未設定 1-2 

わからんな(笑)
つまりアームの下に寝ます。
そして三番目のアームがお腹に押しつけられ衝撃波がそこから出ます。
一番上のアームはおそらく石の位置を探るためのもの。
真ん中のアームは何のためか最後までわかりませんでした、

寝っ転がると血圧計がまかれ心電図撮るためのパッチが胸に
足の指先にも酸素量計る器具(だと思う)もセット。
術中、モニターするそうです。
さらにナースコールのようなものを握らされて
施術中に痛かったらこれを押してくださいとのこと。
うん、やっぱりこれは手術だ・・ちなみに緊張Max!!

最後にクッションを入れたり足を曲げさせられたり
微妙な位置調整。
はじまるか?と思ったら痛み止め入れますとのこと。
おっ注射か!!と身構えてたら
痛みもなくはい終わり??
点滴経由で痛み止め入れたんですね。
このための点滴か!!これなら追加も簡単なわけだ。

QgJ-010.jpg 
手術室に一人残され体外衝撃波破砕術開始!!
希望半分不安半分。

約一秒に一回(1分で70回でした)ほど
指ではじく・・いや軽くゴムパッチンされたような感じかな?
軽い衝撃を感じます。
はっきり言って痛く無い!!

少しすると痛く無いですか?と声がかかります。
大丈夫ですよと答えると
じゃ、少し強くします。

なんだまだ序の口か・・
いや、余裕だぞ?

しばらくすると同じやりとり
おっ・・やっぱり痛くなるのかな?
でもこの種の痛みなら多少強くても余裕で耐えられる。

また同じやりとり・・
えっもっと強くなるの???

結局徐々に強くして5回目ぐらいで
これが最高です、大丈夫ですか?
とのお言葉。

大丈夫ですかじゃないよ・・・
ぜんぜん余裕じゃないか\(^O^)/

本当にまったく苦になりませんでした。
いや正確に言うと一時間弱かかったので
動かけないのがちょっと苦になった(笑)
真面目でその程度。

でも前半何度も大丈夫か聞かれたし
ナースコール握らされてたこと考えても
痛い人は痛いのだと思います。
とにかく嬉しい誤算でした。

QgH-1051.jpg 
さて終了後30分ほど安静にさせられその後尿検査。
うおっ!!どす黒い!!
なんか固形物も出てる!!これが石か??
レントゲンも撮り術後診察。

まず尿検査の固形物ですが血の塊でした。
しかしそんなもの出るんだ・・ちょっと恐い。
そして肝心の石ですが・・完全には破壊されていませんでした(^_^;
こんな感じですね。

名称未設定 3-2 
先生も
あら?あなたの石は硬いのかな??
と言ってました・・は〜〜〜(T.T)

結局昨日は痛み止めと尿管広げる薬
処方されて帰りました。

なんかもやもや・・今日で完治と思ってたのになぁ・・
次の診察は2週間後。
多少は出やすくなってるのでしょう。
がんばって水飲もう・・









健康  :  trackback 0   :  comment 0   

尿路結石の激痛再び、体外衝撃波破砕術へ。 

写真整理に明け暮れる毎日。
しかし例の尿管結石が再発してしまいました!!

SNS等ではもう書いているので
ご存じの方も多いと思いますが参考にしたい方もいるはず
夏からの経過をざっと記しておきます。

7月の取材時に激痛に襲われたのですが
それ以降痛みが出なかったこともあり自然排出目指していました。

一月ほどしてもう落ちたろうと医者にかかるも
まだ有るよ・・との非常な言葉。
8月下旬にCT撮で確認したのですが尿管の上1/3ほどの場所に
しっかり現存。
ただ大きさが5mmから7mmほど
なんでも5mm以下ならまず自然に落ちる
1cm以上だったらほぼ無理なんだとか。
つまり微妙な大きさ。
まあ一月痛んでないし何とかなるだろうと
再度経過観察を選んだというわけです。

最後の痛みから約四ヶ月
今週の月曜、下腹部の違和感で目覚めました。
この時は本当に違和感があるだけ。
普通に朝食を食べて、まあ大丈夫だろうと思ってたら・・

お察しの通り徐々に痛みが増してきた。
この時点で10時。
かかりつけの医院は
午前中の受付が11時までで午後の診療は3時半から。

どうしようか・・まあ少し我慢すれば痛みも遠のくから
午後に行けばいいや、痛み止めもあるし・・後で思えば痛恨の判断ミス!!

我慢できなくなる前にと痛み止め(座薬です)投入。
これで大丈夫・・・じゃない!!!
今回、痛み止めが効かないじゃないか!!!
いやもしかしたらこれでも緩和されてるのかな???

この後昼過ぎまで七転八倒、今までで最大の苦しみ。
ガスが溜まるのか?お腹が張るけど下からは何も出ない。
そのかわり吐き気はとまらず10分おきにトイレで嘔吐するしまつ。
もちろん途中から何も出なくなるのですが
ガスだけでてくる、そしてその時だけ少し痛みも楽になる。

楽になると言えばお風呂に入ると浮力の関係?
多少楽になりました。
でも入ってるとやはり苦しくなり布団へ。

つまり布団で七転八倒→トイレ→風呂の
ローテーションを何度となく繰り返す苦行。

七転八倒・・・結石の痛みは
上向いても下向いても丸くなっても延ばしても
楽な体勢ってものが無いんですよ。
だから必然的にジタバタ転がり回る結果になって
七転八倒になるわけです。
体力的にもかなりの消耗。

昼過ぎに女房が医者に電話してくれましたが
受付時間以外出ない模様・・
近場で他に泌尿器科がある病院探すも診察が午前中のみ。
痛み止めの件で薬局にも聞いてくれたが
絶対に8時間間隔開けろと言われてました。
つまり打つ手無し(T.T)

午後二時、痛み始めて4時間経過・・
今まで最高でも3時間で多少は楽になってたのに・・変わらない。
もう無理・・あと一時間半も耐えられない・・救急車呼んで・・
と言って最低限の着替えとフラフラ立ち上がった時。
あれ??痛みが多少・・??おっ耐えられる!!
救急車呼ぶのちょっと待った!!
女房の手は受話器にかかってました。

少し休み落ち着いてから医者に行き診察。
4ヶ月で落ちてなければ体外衝撃波破砕術にした方が良いでしょうと
設備のある病院を紹介してもらい
先日、精密検査と予約をしてきました。

レントゲンで位置確認したのですが
下1/3ほどの場所に落ちてはいました。
逆に言うとまだ1/3残ってると言うこと。
恐くて取材も行けない・・
費用は三割負担で6万円ほどかかるそうですが
施術は妥当でしょう。

実行日は12月6日です。
けっこう混んでましてすぐにはできない模様。
けっこうこれで悩んでる人多いいんですね。
無事終われば施術の体験記も書きます。
痛いらしいけど・・ご期待ください(^_^;

健康  :  trackback 0   :  comment 0   

新潟県から群馬県 

さて福島県を後にし新潟県へ。

じつはここで大失敗・・いや勘違いを

してしまったんです。


目指すのは星峠の棚田と決めました。

でもここ、新潟県と福島県の県境付近

つまり会津から只見線沿いに新潟抜けると

すぐ近くと思いこんでいたんです。

まさかあんなに遠いとは・・

地図ソフトで検索してもらえば一発ですが

一応言っておきますと十日町の遥か先

福島県より長野県の方がずっと近い場所なんです。


風呂に入った後ナビで検索してひるみました。

でも一度決めたら行ってみるのが私のお決まり。

夕方からゆっくりできるつもりが真夜中着。

早朝起きるつもりだったのできつかった・・



さて星峠に登る途中車は霧の中。

ここは雲海の名所!!よし期待できるぞ。

着いてみると良い具合に雲海が広がってる。

よしよし、明日の朝は最高・・

と起きてみると、あれ雲海どこ行っちゃったの?

遥か先にこちょっと有るだけ??


_E0A6573-3.jpg 

苦し紛れに一枚。

登ってくる車に助けられました。


その後、秋山郷へ。

一回行ってみたかったんですよね。

でもここでも誤算。


苗場山と秋山郷。


_E0A6849.jpg 

ここって狭い場所に山村がある場所と思っていました。

実際は中津川沿いに10キロ・・いやもっとかな

かなり広い地域に点々とある山村の総称。

新潟県から長野県にまたがってます。

ぱっといってちょっと撮ってくるつもりが

一日仕事になってしまった。


まあ何とか終了。

さて明日はどこに行こうか?

考えてみれば新潟にこだわることもない。

一度も行ったことのない群馬県、妙義山に決定。


_E0A7006 のコピー 

そんなわけで昨日は妙義山を撮っていました。

紅葉は良いところもありそうでもないところもあり。


_E0A7216.jpg 

お~~~い落ちるなよ。


まあ一日走り回って歩き回ってきました。

最後の駄賃には良かったかな?


そう、最後の駄賃・・

ついに明日帰宅します。

流石に少々くたびれました。


長い間つまらない話しにお付き合いいただき

ありがとうございました。


次は決まっていませんが

里の秋はこれから、すぐにでるかもしれません。

一応ご期待ください。

ありがとうございました。

写真  :  trackback 0   :  comment 0